Annoying Conophytum

さて、町にはイルミネーションがキラキラと輝く季節ですが、
残念ながら綺麗な写真が並ぶとか、そういうエントリーじゃありません念のため。
というかその反対で、毎年ユーウツな気分にさせられるコノフィツムの栽培上のトラブルについて。
クリスマス向きじゃないことはご勘弁いただいて、まずはこちらの写真をご覧下さい。


IMG_9251S.jpg


これは、秋口、2~3回水を与えた段階のコノフィツムの鉢のようすです。
言い訳めいてるけど、これは極端にひどい状態の鉢を選んで並べたもの。
もちろんまともに育っているものもありますが、毎秋、幾鉢かはこんな状態になります。
すでに吸水して膨らんで来ているんだけど、一頭一頭が伸び切ってしまったような感じで、群生の隙間も
だらしなく拡がり、まるで美しくない。それでもってだいたいこんなふうに、群生の真ん中に隙間というか、
穴があきます。


IMG_9238S.jpg
                C.pellucidum ssp. neohallii Winghoek

このような状態になりやすいものの筆頭はペルシダム系(C.pellucidum)など、体高が比較的高い種類です。
特に人気のバッドマンマスクなどテリカラー型(ssp.terricolor)などは美しい群生に仕上がったためしがない。
まずもって、うちでは多くのコノを休眠期の夏のあいだ、サボ棚下の直射があたらないところに置いているため、
休眠明けが早いこの類は成長初期に徒長してしまうのです。
加えて、もうひとつ問題があります。それは幾重にも株もとに折り重なった脱皮後の旧皮です。
そのせいで、低くまとまった群生になるはずの鞍型種さえも、この始末・・・。


IMG_9293S.jpg
                 C.obcordellum 'mundum' BM 7923 Pakhuis pass

古くから栽培の指南書では、コノフィツム栽培の必須作業として脱皮後の「皮剥き」・・・つまり旧皮を
引き剥がすことを推奨しています。一方でコノ研究の大家、スティーブン・ハマー(Steven Hammer)氏は、
ある種類の解説で「皮むきなど余計なお節介で、愚か者のやることだ」なんて書いています。
私は生来の無精と不器用を正当化するため、ハマー見解を拡大解釈して「お節介はやかない」主義で
長年やって来ました。さて、皆さんのところでは、どうされていますか??


IMG_9257S.jpg


しかしその結果・・・どうでしょう、この小汚いガピガピの旧皮・・・。
折り重なった旧皮が球体の付け根を締め付けるために、新球が上へ上へと伸び上がり、細長く育ってしまって
いることは間違いありません。自生環境では皮むきなど行われない、というのがハマー氏の論拠でもあるのですが、
現地写真などを見るかぎり、旧皮がこんなにゴテゴテとまとわりついている株は見あたりません。
虫などが持っていくのか、もっとカサカサに乾いて自然に剥がれるのか・・・。
いずれ栽培株の株元の旧皮は自然な状況ではなさそうなのです。

ならば仕方ないかと、大きなお世話の皮剥きをやってみると・・・


IMG_9234S.jpg


ありゃりゃ・・・。

もちろん私が不器用(サボテン接ぎ木の糸かけが出来たことがない)であることが主因とは思われますが、
皮を剥がすときに群生がほどけ、あらかたバラバラになってしまう。
各頭は、幾重にも重なった旧皮のしたの細い糸のような茎だけで繋がっている状態で、旧皮の
支えなしには、すでに形を保つことの出来ない状態・・・。群生中央の「穴あき」も、重力に従って
各頭が外側に倒れ拡がっていた結果です。さらに、バラバラにしても皮むきの過程で茎がちぎれてしまったり、
うまく皮を剥けても球体がヒョロヒョロに変形、徒長し、まるで使い物になりません。


IMG_9270S.jpg

とほほ・・・。こりゃダメだ。挿し穂にもならない(涙)。

IMG_9259S.jpg

くぅぅ、あんな大株で、助けられたのはこれだけ・・・(また涙)。

・・・というような訳で、私にはコノフィツムの群生株を長年美しい状態で維持するのはたいへん難しいのです。
難しいのはペル全般。小さいものではMinuscula節。swanepoelianum など小さすぎて皮むき不可で、
群生径があるサイズを超えるとダメになります。
反対に割とうまく育ってくれるのは、皮がとても薄いアンゲリカエや、プビカリックスなどのごく小型種で、
皮むきをしませんがなんとかなっています。また大型で丈夫なマウガニーやブルゲリなどCheshire-feles節や
Ophthalmophyllum節も皮が自然と剥がれるのでなんとかなる。
またローディアエなど難物は、3頭以上なったら強制株分けしているので、こうした問題は起こりません。

・・・年も押し迫って、こんなガッカリ失敗写真ばっかりじゃ申し訳ないので、最後のお口直しにマトモな株を。
あの、うちでも割とまともに育ってるやつです。はい。


IMG_8683S.jpg
IMG_8701cS.jpg
               C.lydiae M1810.26 Geselskopbank
cacsuc1014067S.jpg
cacsuc061014069bS.jpg
               C.angelicae ssp tetragonum M.1410.654 Oemsberg 


枯らさず花も咲くけれど、どうも納得いく作柄にしあがらないもの、多々あるメセン栽培について、
きょうは正直ベースで告白させて戴きました。皆さんのところでは、こんな問題が発生しているのか、いないのか、
対処はどうされているか・・・などなどコメント戴ければありがたいです。





プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる