FC2ブログ

信州にて②

先週のつづき、西沢サボテン園の訪問記です。
こちらは信州ならではの刺ものサボテンばかりでなく、コーデクス、塊茎多肉(Caudiciform plant)や、
ソテツ類の品揃えが豊富です。しかも大半、直に輸入しているので、数も揃っています。


IMG_4220S.jpg

IMG_4204S.jpg


たとえばズラリと並んだヒネ生姜ならぬエビス笑い(Pachypodium brevicaule)。大きな輸入株がこれだけ揃うと
迫力があります。90年代からの20年くらいは輸入株はまず入らなかったのですが、産地マダガスカルの政情変化か?
ここ数年は結構な数が輸入されているようです。
なかで目に付いたのが、写真2枚目の株。お骨のように真っ白で、形もヤマトイモみたいにのっぺりしており、
妖しい魅力あり。店主いわく「特別な個体」とのことですから、お値段もスペシャルでしょう。


IMG_4217S.jpg

IMG_4234S.jpg


同じくこちら、円盤状の塊茎はウリ科のジゴシキョス属(Zygosicyos)。緑がかった塊茎は扁平で形よく、丈夫で育て易い。
写真下の掌状裂の葉を持つのがトリパルチタス(Z.tripartitus)。もう一種がプベスケンス(Z.pubescens)です。
こちらもマダガスカルからの輸入株と思いますが、こんなに大きいものは滅多になく、迫力あり。
我が家には両方の種類がありますが、後者は20年くらい育てているものです。それだけ丈夫だと言うことですね。


IMG_4210S.jpg

IMG_4207S.jpg


そして、ソテツです。これも最近になって南アフリカからの輸入がし易くなったため、オニソテツ類(Encephalartos)など、
結構な数が入って来ています。ソテツは売れ行きが良いようで、今回訪問時はストックはそれほどありませんでした。
写真下は大きな塊茎が立派なホリダス(E.horridus)。輸入が増えたせいか、かつて大変高価だった青葉ソテツの雄も
ちょっと値崩れ気味ですが、市場価格の乱高下に関わりなく素晴らしい植物、永遠の名品です。

そして、こんな凄いソテツも見つけました。


IMG_4206S.jpg


エンセファラルトス・ヒルスタス(E.hirsutus)です!国内の園で見ることがあるとは思いませんでした。
青葉ソテツ、というか全てのエンセのなかで最高峰といっていいでしょう。ユージンマライシー(E.eugene-maraisii)と
雰囲気が似ていますが、より葉の密度が高く、しかも全体にうぶ毛が密生しているため、実物はぐっと量感があります。
輸入直後とあって葉数が少なめでしたが、しっかり仕上がったら最高のソテツになるでしょうね。
・・・なんて褒めちぎりましたが、実は値段を訊ねる勇気もなし^^;。あとでリストをみたら、価格の欄に「高価」、とだけ
書いてありました。おそろしい。でも、売り切れ、あのあと誰かこれを手に入れた人がいるんですねぇ。

さらに屋外の棚にも凄い塊茎が・・・


IMG_4231S.jpg

IMG_4225S.jpg


上は、パキポディウム・グラキリス(Pachypodium rosulatum ssp.gracilius)の超巨大球。マダガスカルの原野が
目に浮かぶ素晴らしい姿!でも、負け惜しみを言うと、このグラキリスも先のエビス笑いも、種からの育成で野生株に
かなり近い姿に育てられます。ポイントは成長期、温室内に置かないこと。室内では茎が伸び上がってしまう。
野天雨ざらしで育てれば、塊茎太く丈の詰まったワイルド顔負けの株に育ちます。
これについてはいつか書こうと思いますが、西沢園さんもちゃんと屋外に置いてますね^^。
そして写真下は、ちょっと珍しい塊茎でマダガスカル産のマメ科塊茎、デロニクス・プミラ(Delonix pumila)。
赤い幹肌と太鼓のような緑葉が素敵です。うちにも実生した苗がありますが、太さはまだ親指くらいです。

なんや、眺めてばっかでなんも買わんかったんかい、おまいさんただの冷やかしかい、って言われそうなので、
最後は、私がえいやと買ってしまった苗をご紹介。ジミーな植物ですが・・・。


IMG_4205S.jpg


まずは、ユーフォルビアのプリムリフォリア(Euphorbia primulifolia)。
むかーしむかし、当時の私にとっては大枚をはたいて買ったのに、長く育ててやれなかった記憶があって、
トラウマ克服のため?このたびあらためて購入。
こんどは天寿を全うさせてやる決意。ちっちゃいけど可愛らしい花が咲くんですよ。


IMG_4252S.jpg


それからこのモサモサした葉っぱのまんなかのやつ・・・え?キンギョモじゃありませんよ。
メキシコ産の塊茎多肉、フォークイエリア・プルプシー(Fouquieria purpusii)です。この写真だと確かに
キンギョモにしか見えないけど、緑肌のカッコいい塊茎です。実は今年種を蒔いて、3本も出たのに暑さで全滅・・・
悔しいので思わず衝動買い。これも実生苗だろうけど、3年くらいは先回りしたね。
思いのほか高かったけど、抜きあげてから「やっぱなし」とは言えず、買って帰りました。
・・・しかしワシの購入動機ってネガティブな理由が多いな^^;。


とまあ、そんなこんなの信濃路の旅でございました^^。


プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる