信州にて①

もうふた月くらい過ぎてしまいましたが、夏の終わりに信州へ出かけたおり「西沢サボテン園」さんを訪ねました。
私の栽培場は、ほとんど自分で種から育てたものばかりで、業者さんから購入したものは殆どないのですが、
それでも、小さい頃からのならいで業者さんの通販カタログや、ネット販売を眺めるのは楽しいもの。
時には実生からの育成が待ちきれなかったりして、衝動買いもします。西沢さんのところは、日本の業者さんでは珍しく
フィールドナンバーのついた苗を扱っていたり、面白い輸入苗が入ることもあったりでよくお取引させてもらっています。


IMG_4262S.jpg

IMG_4261S.jpg


サボテン屋さんを訪ねて、いちばん楽しいのは、こんなふうにカラフルなサボテンたちが賑やかにひしめく空間を歩くこと。
私の場合、同じ種類ばかり整然と並んでいる栽培場よりも、あれこれとりまぜてディスプレイされている方が
楽しい気持ちになります。こちらでは信州の園だけあってフェロカクタス(Ferocacatus)の色鮮やかな刺がまっさきに
目に飛び込んできました。赤、オレンジ、鮮黄色…どの刺も濁りなく、どの個体も根元まで鮮やかな色あい。


IMG_4198S.jpg


私の住む関東沿岸部では、湿潤な気候ゆえフェロカクタスの刺座を黒いカビで汚さないように育てるのは至難の技。
それでも、サボテンの王たる「強刺類」をなんとかして綺麗に育てられないか、20年近くあれこれ試みてはきました。
刺の強さ(長さ太さ)は強い光線や昼夜の温度差などである程度実現できます。
しかし、刺座の黒いカビ…こればかりはどうにも。屋上温室など、地面の湿気から隔絶した場所で育てるしかない、
というのがただいまの結論。これについては、いつかまた書いてみたいと思いますが、サボテン栽培では環境要因が
いかに決定的か、思い知らされました。特別の装置を使わずとも、ふつうのビニールハウス栽培で、こんなに美しく
刺ものが育てられる信州は羨ましい限りです。


IMG_4196S.jpg

IMG_4259S.jpg


刺モノだけではなく、ギムノの人気種、光琳玉(Gymnocalycium spegazzinii ssp. cardenasianum )の
刺の良いタイプや、真っ白な兜(Astrophytum asterias)など、選ばれた綺麗な株がところどころ集結しています。
兜にしても、私が栽培をはじめた頃には考えられなかった凄い白点密度、アレオーレの大きさですが、今やこのくらいが
平均的なんでしょう。中学生のころ、大決心をして購入した「テキサス兜」というのが、この写真の右側に写っている
白点が少なめで蕾の出ている兜みたいな、ほんわか顔でした。それでも、当時は「特濃白点」なんて但し書きが
あり、凄い個体だと思ったものです。・・・懐かしいなあ。思わず欲しくなる(もちろん右側の「テキサス風兜」)。
でも、こういう白点の少ないのはうちでも実生してたっけね。真っ白兜軍団の中にあるから、目を惹いたんだわな。


IMG_4245S.jpg

IMG_4273S.jpg


この園ではネットのカタログにも時々出ますが、いわゆる難物サボテンの姿も。見知らぬ大都会の雑踏で友だちに
出会ったみたいな、少しほっとした気持ちになりました。この環境なら接ぎ木せずとも元気に育ちそうですが、
そこまで手はかけられないということでしょう、黒虹山ブライネイ(Sclerocactus spinosior ssp.blainei )、
綺麗な刺が出ていました。英丸やラウイなどのエキノマスタス(Echinomastus)は正木で育てられているようでした。


IMG_4269S.jpg

IMG_4193S.jpg


最後に目にとまったのは、これも刺モノに入るのかな?テロカクタスの赤刺園芸種です。
緋冠竜(Thelocactus hexaedrophorus ssp.fossulatus)や紅鷹(T.bicolor ssp. heterochromus )は、
関東でも綺麗に育つ刺サボテン?として人気があります。我が家にも色々な産地の種子を実生した苗がありますが、
それら野生種は、ど派手なメイクで着飾った園芸改良種に比べると、いかにも楚々としていて、あっさりした感じ。
物足りなく感じる人が多いのもわかります。かくいう私も、この日はド派手メイクのキャバクラ嬢軍団?に惑わされて、
ひと鉢お持ち帰り。といっても、これ見よがしに太い刺とか、不自然に長すぎる刺とかは食傷気味で、
目にとまったのはこんな株。数ある中で、↓この子にいちばん惹かれました。


IMG_4272S.jpg


刺と姿のバランスも悪くないのですが、気に入ったのは刺のいろ。
この種のもうひとつの和名である「多色玉」ということばを思い起こしました。紫がかった赤と、象牙色のグラデーションが
素敵です。とくに、色が移り変わっていくあたりのニュアンスが絶妙。
西沢園の親爺さんは「綺麗なの見つけましたね」と言ってくれましたが、こういう私の好みが一般的かどうかわかりません。
値段は並だったと記憶。でも、好きでやってる道楽なんだから、世間の好みに左右される必要もないと思っていて、
自分が気に入れればそれが最上の品です。まあ、わざわざ白点の少ない兜のタネを取り寄せて実生している変人の
言ってることですけど…^^;。


というわけで、サボテンはこのくらいで、来週は多肉植物を。実はこの園、塊茎植物や蘇鉄の品揃えも素晴らしいのです。


プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる