FC2ブログ

偉いサボテンと2月のお天気。

ぐずついた天気が続いてますな。
週末ごとに雨が降るし。
なので、本日は手短に愚痴ってみることにしましょう。

私がながねん悪戦苦闘してる北米難物サボテンこと、ペディオカクタスや、スクレロカクタスは、ほんらいなら、
2月の半ばくらいに、休眠あけの最初の水やりをして、いまくらいには蕾が膨らんできている筈なんですね。
関東の場合だけど。


IMG_4571S.jpg


この写真は、数日前に映した、スクレロカクタス・月想曲(Sclerocactus masae-verdae)。
半年あまり水をもらってないから、ガッジガジに縮こまって、刺が密になって、それはそれで眺めるぶんには
ワイルドで悪くないです。
いつか書くけど、この月想曲ってサボテンは、みかけは地味?だし、難物愛好者でさえ育てている人は多くない。
だけど、それはそれは偉大なサボテンなんです。
だいたい名前からしてサボテン離れしてるさ。なんとか丸とか玉じゃなくって、「曲」だからね。

話がそれた。で、去年の今頃このひとは・・・


IMG_4170S.jpg


しっかり蕾が出ていましたね。これは'09年の3月10日頃の様子。2月半ばの一発目の水やりの前に、すでに
蕾の先っぽが、顔を覗かせてたからね。この10日後くらいには、不思議ないろあいの白花を、球体が隠れるくらい
咲かせてくれたけど、今年はたぶんムリかなー。

で、こっちは、


IMG_4574S.jpg


また似たような月がつく名前の、これまた偉いサボテンで月華玉(Pediocactus simpsoni)という。

正確にいうと、その亜種で、ニグリスピナス(ssp.nigrispinus・・・黒い刺の意)。さらに詳しくややこしく言うと、
えー読み飛ばさないでね、BB92-3 つう認識番号みたいなモノがついてて、これはフィールドデータと言って、
この個体の種子(あるいは元親株)を誰がどこの山(自生地)で採取したかってことを示しています。
で、それによると、こいつは、アメリカはオレゴン州ウィーラー郡(Wheeler county)がふるさとっていうことになる。
ググ地図で見るとわかるけど、冬五輪やってるバンクーバーあたりからも遠くない、寒そうなところです。
だから日本の冬なんて生ぬるいぜ、って感じでしょう。長い休眠で半分サイズくらいまで縮んで、北海のバフンウニ
みたいになっているところがいい味だけど、そろそろ水が欲しいか。

このバフンウニが、カブト様やタイヘイ様のような、サボテン界の王様たちより、ずっとイカすと思うひとが、
世界じゅうに10人以上はいると思うね。栽培者に想像力を求めるサボテンなんだよ、彼らは。わはは。


IMG_5438S.jpg
IMG_5436S.jpg


若苗も、こんな感じ。まだ眠ってます。これもこれで、眺める分にはいいんだけどね。
写真上は、スクレロカクタス属の黒虹山(Sclerocactus spinosior)で、アメリカはユタ州の生まれ。
より詳しく言うと、シガード(Sigurd)という、ほとんどゴーストタウンみたいな町のはずれの草むらで、
私が種をひろってきて蒔いて育てました。
下はペディオカクタス属の飛鳥(Pediocactus peeblesianus fa.menzelii )。同じくアリゾナ出身。
これはドイツ人のフリッツ・ホッホスタッターさんという気むずかしい親爺が種を送ってきたもの。
このサボテンたちもたいへんに偉いのだが、あんまり偉い偉いという人は偉くなさそうなのでやめときます。
また今後。

みんな、早く水くれ、って言ってるね。

今年は、2月半ばからはスッキリしない天気が続いて、水やりのタイミングを逃しつづけてしまいました。
調べてみたら、関東甲信で平年の69%しか日照がなくて、農作物にも被害が出ているということ。

サボテンにとって、陽射しがだんだん高くなる2月は、とても大事な時期で、夜は寒くなるけれど、昼間は温室、
ハウス内が摂氏30-40度まで暖まる、という環境が成長開始へのバネになります。だから、この季節に
日照不足=昼間の温度不足に見舞われると、生育が悪くなったり花がつかなかったり、ということに。
同じ環境で、毎年育てていても、調子のいい悪いが歴然と出るのは、園芸とはいえ自然相手なのだなぁと。

そういえば、ある年、アメリカのそれはそれは偉いサボテンたちを自生地に訪ねたとき、その春は降雨がゼロだった
とかで、彼らまるっきり成長しておらず、花も咲かず、小さなものは地中に潜りっぱなしで発見不可能、っていう
ことがあったなあ。

野生でもそういうものなんだから、じたばたせずに、今年の花は咲かぬが道理と諦めるか、月想曲。



プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる