種蒔く人は、

2月も後半になると、「早春」って言葉が似つかわしい、
ぽかぽか暖かい日がありますね。

あー、春が近づいてきたなぁ!と思うと、とたんに実生・・・種蒔きがしたくなります。。

とかいって、こないだ真冬に種を蒔く話を書いたばっかりだけど^^;。

いま、私の栽培場には、ずいぶんいろんなサボテン、多肉植物、その他もろもろの植物があるけれど、
そのうちの7割、いや8割は、じぶんで種を蒔いて育てたもの。
たまーに業者さんから、種が手に入らない種類とか、園芸的に改良された特殊なものとか、気まぐれで
買うこともあるけれど、基本は自分で種から育てる。


seedlingsS.jpg


野菜でもサボテンでも、ともかく植物を育てるときに、実生にまさる楽しみなし。ちっぽけな、ゴマ粒みたいな
ものから(ゴマ粒も種ですが^^;)、電柱みたいにデッカイ柱サボテンや、岩石みたいなアリオカルプスが
それぞれちゃんと育ってくる不思議!

サボテンの場合、発芽したばかりの時にはどれも似たりよったりですが、2年、3年と経つうちに、それぞれの
種類の「らしさ」が出てきて、個性が伸びてきます。この時期を見るのが、なにより楽しい。

たとえばこれは、


IMG_5384S.jpg


フェロカクタスのジョンストニアヌス(Ferocactus johnstonianus)というサボテン。
そもそもは、ビア樽みたいに大きくなる金色の刺サボテンで、とても美しい植物ですが、メキシコの
バハ・カリフォルニア半島沿岸のアンヘル・デ・ラ・グアルダ島(Isla Angel de la Guarda)という無人島にしか
生えておらず、めったに種が出回りません。その名前で種を見つけて買って蒔いても、違うものが育ったり。

おととし、十数年ぶりに産地データのついた種が手に入ったので、蒔いたものがこれ。
2年経ちました。どうやらホンモノのようです。
このサボテンの生える島を、いつか訪ねてみたいと思うんだけど、ヘリをチャーターして上陸し、そこから数日間
キャンプしながら岩山を登らないと会えないそう。種まきで、そんなワイルドな気分をちょっとだけ味わえるかなと。


IMG_5383S.jpg


これは、日本の愛好家にもお馴染みの、テロカクタスの紅鷹(Thelocactus bicolor ssp. heterochromus)。
ふつう見かけるものは、園芸的に色々な産地のものを交配し、改良されたもの。すんごいゴッツイ刺の
ものが出回っていますが、これは自生地で野生株から採取した種を戴き、蒔いてみたものなので、おっきく
なっても刺はナチュラルな感じでしょう。でも、刺の太さもまちまちだし、黄刺~赤刺まで色々あるのが
面白いなと。

だいたい、自生地で採ってきた種は、蒔くとバラエティ豊かに育ちます。というのも、蜂(だいたいはね。
ときにはハチドリだったり蛾だったりもするけど)ががんばっていろんな親株を飛んでまわって、いろんな親の
花粉で結実するので、遺伝的多様性が高い、ということなんだそうな。


IMG_5382S.jpg
IMG_5387S.jpg


このふたつはなんとなく綺麗だから載せてみた。
上は、日本ではあまり知られていないけど、エビサボテン(Echinocereus)のなかで、とびきり綺麗な金色の
刺をもつ、ルーサンタス・ウィーデニィ(Echinocereus russanthus fa. weedenii) 。
画像検索してもなかなか出てこないよ。珍しいんだから。

なんでもむかしテキサスのデービス山のてっぺんで見つかった個体がオリジンだとかで、親株は目が覚める
くらい綺麗なんです。その昔、ニューメキシコのサボテン師匠に「種とって増やすから!」といって親株×2
をわけてもらって、それをなんとか結実させて、蒔いて、ここまで育ちました。

うーん雰囲気出てきたな。滅多にないぞ。珍しいぞ。
とおもったら、最近、師匠の種リストに載ってましたけど^^;。


で、下の白い髭モジャみたいなサボはこれも最近は見かけなくなった、翁丸(Cephalocereus senilis)。
海外では、オールドマン・カクタス、なんて言いますね。実は、高さ15mとかに育つ巨大な柱サボテンで、
でっかくならないと花も実もつかないから、自生地で種を拾って蒔くしかないらしい。種も滅多に出回ら
ないから、カタログで見つけたら、即買うべし。

この苗は実生して2年で、高さ3-5cmくらい。

おし。電柱みたいにデッカクしてみせよう。


ということで、楽しいことずくめの、実生ですが、恐ろしい落とし穴もあります。
はまったら、二度とはい上がれない、最悪の落とし穴です。

怖いよ。家族も犠牲になるからね。

種はみな、どれも、ごく小さい。
その上、そーとーに珍しいものでも、値段はそれほど高くない。
1粒100円なんて言えば、ビックリするほどの高級品ですな。ふつうはそれで20粒買えます。
だものだから、あれも、これも、そいでもって、そっちのあれも、てな具合でどんどん買って蒔くわけです。
20粒30粒と蒔いても、7cm角の鉢に収まるから、場所もたいしてとらない。最初のうちは。

そう、最初のうちは・・・。
最初のうちだけだけなんだけどね。

そのうち、大変なことになってくるわけです。
7cm角の鉢が1年でいっぱいになった時は、15cm角の鉢に植え替えて、次の春には、それもいっぱいになって、
30cmのバットに植え替えて・・・。
あとは、ああもう、信じられない! 
ってなことになりますな。
そりゃもう、ジンバブエの財政赤字と同じくらいの天文学的な勢いで、栽培スペースは破綻に向かうことになります。

それなのに、この春も、えーと、蒔く予定の種がたぶん300種類くらいあるな。どーするんだ??
















プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる