アロエ・ハエマンティフォリア

いちばん好きなアロエに、この春、蕾があがって来ました。
正確に思い出せないのですが、種を蒔いたのは十年少し前だったと思うので、結構な歳月が経っている。
何年か前にも花茎があがりましたが、そのときは途中から植物本体の調子が悪くなって咲かずじまいでした。
日に日に膨らんでゆく蕾。“アロエ最高稀品”という思いを映して見るからかも知れませんが、
複雑な色合いが重なり合う、なんとも妙なる趣です。今度こそ、咲いてくれ。



resize0368.jpg

resize0367.jpg
                        Aloe haemanthifolia with buds



アロエ・ハエマンティフォリア(Aloe haemanthifolia)。
アガベほど痛くないし、ヨーグルトにも入ってたりするし、女性にもたいへん人気がある多肉植物(多分)。
この種はなかでもとりわけ優美で、刺のまったくない柔らかく瑞々しい葉を、扇状に重ねながら展開します。
薄く透きとおった葉先は切なげに赤く色づき、上品ななかにも艶やかさを加えている。
そのむかし、某Y園のカタログには、ウン万円もする輸入株がときおり掲載されていましたが、嘆息するのみでした。
いわば図鑑のなかでだけ会えるアイドルみたいな存在だったんです。で、のちに種を入手したときは嬉しくて嬉しくて。
握手会に行ったらお食事に誘われちゃったくらいの勢いで育て始めたのです(意味不明)。



resize0342.jpg

resize0344.jpg
                    Aloe haemanthifolia 2-3years from seed                    



この種が、それほどまで珍重されたのには、美しさ以外にも理由があります。アロエ属の植物の大半は
栽培がやさしく成長も早いものが多いのですが、この種は栽培が難しく育つ速度もゆっくり。というか一進一退。
実際に何株も種から育ててきましたが、じつに気難しい姫です。子吹きは相当大きくならないと期待できないし、
茎がないので胴切りも不可能。従って実生頼みなんですが、自生地でも大変稀少なため種の供給も滅多にない。
運良く種が買えて蒔いたとしても、発芽率は低く歩留まりも悪い。さらに、大きく育てるのはかなり難しいので、
たまに市場に出るのは実生からまもないひ弱な幼苗くらいです。インターネットでいろいろ検索しても、
栽培下の立派な標本株や開花株の写真はほとんど見つかりません。
なぜか?



resize0343.jpg
                    Aloe haemanthifolia 10 years from seed



この植物の故郷は、南アフリカのケープタウンから少し山の方に入ったところで、標高は1500mくらい。
年間降水量は1000mm以上で、雨の季節は冬。沙漠的な乾燥地ではなく、比較的湿潤な気候と言えます。
いわゆるフィンボス(Fymbos)と呼ばれる植生で、エリカとか、プロテアなんかが生えています。
なかでハエマンティフォリアが好むのは、急斜面の岩場で、雨水が流れ落ちていく水みちのような、
常に水気のある場所なのだそうです(学名で検索すると幾枚か自生地の写真が出てきます)。
同じエリアのもっと山の麓の方には、姿の似たアロエ・プリカティリス(Aloe plicatilis )が
生えています。こちらは樹木状に育つアロエで、栽培はそれほど難しくない。
ハエマンティフォリアの自生地はとても冷涼で、氷点下になることも屡々のようですが、日本の厳冬期の
感じとは少し違うようです。涼しい気候が続いても甚だしい寒気に長期間晒されることは少ないと思われます。
一方でこの種は高温多湿をとても嫌います。日本の蒸し暑い夏がたいへん苦手。しかし、この難物を、
条件的に厳しい関東の平野部で、立派に開花株まで育てている方もおられます。私もなんとか花が見たいと
長年悪戦苦闘を続け、少しずつですが、気難しい姫とのつきあい方がわかってきました。



resize0354.jpg

resize0361.jpg
                    plant with pale striped variegated leaf



ところで、かつてアロエ属の植物には「○○錦」という和名があてられることが多く、この種は「眉刷毛錦」と
呼ばれていました。双方向に展開する葉姿が、ヒガンバナ科の球根植物ハエマンサス(Haemanthus)に
似ているがゆえに、学名もハエマンティフォリアとなったのだと聞きますが、そのハエマンサスの和名が
「眉刷毛万年青(マユハケオモト)」なので、アロエの方は「眉刷毛+錦」となったのだと推察されます。
ですが、私はどこかで何かを読んだのか、ある誤解をしていて、この種には刷毛ではいたような薄い斑が
入るためにその名がつけられた、と思い込んでいたのです。アロエには葉に地模様がある種類がたくさん
ありますからね。ところが、この種を育ててみると、ハッキリした地模様の斑は見られません。
なーんだ勘違いか、と思っていたら、何本もの実生苗のなかで1本だけこんな個体が出現しました(上と、下の写真)。



resize0358.jpg



葉の全体に、うっすらと刷毛ではいたような斑模様がうかびあがっているのわかるでしょうか。
季節により濃淡が変わるのですが、いちばん元気な時は、逆光に透かすとまさに刷毛斑で、もちまえの透明感が
引き立って実に美しい。本当に綺麗で感動しました。ネットでたくさんのこの株の写真を見ると、同じような
葉模様の個体もあるようです。一定の割合でこうした特徴の個体が出るものと思われますが、数十本蒔いたなかで、
こんなハッキリした斑入りはこの1株だけ。この株に花が咲けばよいのになぁ、と切に願ったのですが、
今回蕾を上げてきたのはこの株ではありません。



resize0341.jpg

resize0340.jpg
                      seedling of Aloe haemanthifolia



では、どうやって、ハエマンティフォリアを育てるか?そのノウハウを、お話しします。
まず、日本での成長期は3-5月と、10-12月。この時期は常に水をやり、根を乾かさないように育てると、
瑞々しく美しい姿を見せてくれます。しかし、梅雨後半から残暑の頃まで急激に元気がなくなる。
いわゆる真夏日、熱帯夜の季節には気息奄々といった感じです。このとき、鉢から抜き上げてみると、
根がほとんど腐ってダメになっている。自生地でこの植物の根方を流れていく水は、渓流のようにいつも
ひんやりとしているのでしょう。水をやったあと鉢内が高温になると間違いなく根がダメになってしまいます。
一方で断水しても根が枯れます。仕方ないので、なるべく涼しそうな夕暮れにそおっと水をやる(気分ね)。
でも、結局どうやっても夏場には根の大半が枯れてなくなります。鉢を倒して生きている根(黄色いの)が
数本でもあれば良い方。根がやられるわけだから、当然植物は弱る。この季節のダメージ次第で、最悪は枯死。
そうでなくても、外葉が何枚も枯れ込んで、残った葉も痩せて汚れてみすぼらしい姿になってしまう。
そして秋、夜が肌寒いくらいの季節になると、ようやく新しい根を出しはじめ、徐々に復活します。
しかし、1-2月の冷え込みが厳しい季節には、またもや生育ストップ。サボテン温室内で管理すると、
冬でも昼の高温でダメージを受けるので、私は屋外で越冬させています。ただし、東京の冬は暖かいから
良いのですが、寒冷地では葉先が痛むと思います。
そんなこんなで、成長はつねに一進一退、なかなか大きくならないし、鑑賞上ベストな状態である期間も
極く短い。ハッキリいえば日本の気候条件、大半のサボテン多肉愛好家の栽培環境にはあわないのです。
このあたり、同じアロエの難物、ポリフィラ(Aloe polyphylla)にも通じるところがありますが、
ポリフィラがかなり傷んでも体力で持ち直すのに対して、ハエマンティフォリアは、そのままお亡くなりに
なることが多く、たくさん実生苗をつくっても、年々減っていくのです。3歩進んで2歩戻る・・・の繰り返し。
結論、たくさん蒔いて、1本でも生き残らせて、開花を夢見る。ノウハウは辛抱、辛抱、ひたすら辛抱。
その甲斐あってようやく・・・



resize0372.jpg

resize0369.jpg

resize0373.jpg

resize0376.jpg
                   in bloom, after 10years and more from seed



蕾の複雑な色合いからすれば、スッキリしすぎるくらいの、コーラルピンクの花です。
この株は、上の方に掲載した大きめの株とおなじものです。撮影後数年が経っているのですが、
比べていただければわかるように、葉数は増えていない。ここ数年の猛暑の夏を生き延びてくるなかで、
むしろ小さくなってしまいました。おまけに開花に体力を使ったので、葉先はボロボロ。

次に咲かせるときは、是非とも葉先まで整った本来の美しさを発揮できる姿で・・・と念じています。
また、今回はひと株だけの開花だったのですが、このつぎ二株開花してくれれば、種が採れます。
最近は種も売り出されないし、このままでは我が家でも絶種の心配があるので、自家採取種子からの
実生で、是非ともの世代に繋げたいと思っています。欲張り過ぎかな?



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

アロエの種まき(ポリフィラとハエマンティフォリア)

今回はアロエの話。

じつは、ユリ系多肉のなかでは、アロエがいちばん好きなのです。ハオルチアも綺麗だけど、やっぱドカーンと
そそり立つデコトマ(Aloe dichotoma)とか、オトコの植物でしょ。
うちがサンディエゴあたりのゴー邸だったら、庭に植えてやるのに・・・。あのビカビカ輝く太幹が最高す。
・・・しかし、どうしてこうかさばるものばっか好きなんだろ。

とまあ、妄想世界にそそり立つ巨大ランドスケープアロエは別にすると、惹かれるのはやっぱり、手に入れ
難かったり、多少育てることがチャレンジングな種類。
アロエで難物というと、ポリフィラ(Aloe polyphylla)と、ハエマンティフォリア(Aloe haemanthifolia)の
2種類が昔からあげられますね。関東以南では育たないとか。でも、そう言われると、やってみたくなる。

むかしは業者さんでもなかなか売っていなかった種類ですが、たまに海外の種子リストに種が出ることがあって、
折々に実生してきました。最初は発芽にも苦労しましたが、最近はだいぶコツが呑み込めたという感じです。

去年の秋も、この2種類を実生しました。下の写真が、この2種類を蒔いた鉢です。


apolyman1S.jpg


蒔いたのは9月の半ばで、この写真は11月下旬くらいです。
たくさんある丸い葉っぱがポリフィラのほうで、1本だけあるツンとした立葉がハエマンティフォリアなんだけど、
ポリフィラのほうが沢山あるのには理由があって、単純に、こいつの方が早く発芽する。

どちらも、寒いところの原産なので、高温多湿な日本の夏は苦手だけど、関東なら屋外でラクラク越冬しちゃう。
暑い温室やハウスでは、夏場にダメになりやすい、という性質なので、種まきは当然、秋。というわけで、去年の
9月、この鉢に双方の種を同じくらいの数、蒔きました。

するとポリフィラの方は、10~11月くらいにどんどん発芽た。
ところがハエマンの種はほとんど沈黙を守ったまま。芽が出てる1本は調子っぱずれな奴つうわけです。

で・・・

apolyman2S.jpg


これは年明け2月の、同じ鉢のようす。ハエマンティフォリアがゾロっと生えてきてます。
芽を出したポリフィラは既に別鉢に移したあと。私の経験では、ポリフィラは最低温度摂氏10度くらいになると
発芽しはじめ、ハエマンティフォリアは氷点下近くになってから発芽をはじめるように思えます。

だいたいのアロエが、暖かい時期に播種し発芽までにさほど時間がかからないことに比べると、かなりヒネくれた
性質で、低温を経験すると発芽するとはいえ、発芽率は決して高いほうではない。
過去平均で、30-40%くらいじゃないかと。

私の場合、芽が出た株は、ある程度のサイズになったら1本ずつ植えてやり、最初の年は水切れなく育てています。
土は酸性を好むので、以前は水苔使ってましたが、値段が高いのでいまは鹿沼とピートモス。

ポリフィラ、発芽して1年あまりで、↓このくらいまで育ちます。


apolyman3S.jpg


この写真の個体は、トゲトゲが目立つ勇ましいタイプ。実生すると色々タイプ差が出て、トゲトゲほとんどなしという
個体も出現して、それはそれで透明感があって綺麗です。

ポリフィラの故郷は、南アフリカの中にあるレソト(Lesotho)で、標高2000~2500mくらいある山裾の草っぱら。
こんな感じの場所で冬季には氷点下に下がり、雪を被ることも珍しくないそう。雨量も年間1000mmくらいあり
それなりに湿潤です。
だから寒さにはやたら強いんだけど、夏場はよく、鉢の中で根が溶けてなくなっちゃって下葉が枯れあがったり。
本来は直径50cmくらいになる大型種なんだけど、スパイラルの巨大株に仕上げるのは結構大変です。


apolyman4S.jpg


こっちは同じくハエマンティフォリアの実生1年苗。高さ6-7cmくらいで、冬は特に元気で、みずみずしく膨らんで
ます。原産地は南アフリカのケープタウンから少し山の方に入ったところで、プロテアなんかが沢山生えてるところ。
近くには景勝地の滝なんかがあって、年間雨量が2000mmくらいある、湿っぽい岩場に生えてます
同じく冬は氷点下になるでしょう。

どっちかと言えば、ハエマンティフォリアよりポリフィラの産地の方が寒そうですが、発芽温度はポリフィラの方が
高いのはなぜか。いろいろ推理してみる。
①ポリフィラの産地の方がより冬の気象条件が厳しいため、気温が極端に低下する前に発芽を開始する。
②ハエマンティフォリアは氷点下を経験したあと、ごく早春に発芽する性質をもっている。
なんてことが考えられますが、自生地を訪ねてみたいことには、正確なことはわからない。
どちらの産地も、厳重に保護されていて、容易には近づけないみたいですが、いつか行ってみたいね。

2年目以降の栽培ですが、ポリフィラもハエマンティフォリアも、生育期は早春と晩秋。この期間は、鉢が乾くこと
がないよう、毎日のように水をやってますが、元気元気。
だけど、6~9月に水をやっていると、関東の私のところでは、根が溶けてなくなる。かといって水をやらなくても、
根が干涸らびて、なくなる。じゃ、どうすりゃいいんじゃい、って感じだけど、なくなった根も秋になればまた出て
きます。でも、そんな具合で成長の効率が悪いので、大きく育てるのに時間がかかるわけ。毎年夏場に何枚か
下葉が枯れ込んじゃうし。もし、ふつうのアロエみたいに、春~秋に水をやって、秋から水を絞ったりすれば、
まずダメになっちゃうでしょう。


apolymanS.jpg


↑写真は、実生から7-8年を経たハエマンティフォリアで、株の径で30cm近くありますが、まだ花は咲きません。
このヒトは、温室やハウスに暮らしたことがない。ずーっと軒下で育ってきました。
去年、夏場に日なたに放り出したものだから、葉先が痛んでますが、関東海岸部でも、このくらいには育てられるつ
うことです。

ポリフィラとハエマンの実生苗と、ピランスィー実生(デコトマと違って、種を見たことないけど)とか綺麗な交配
アロエとかと交換なぞは如何でしょ?



プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる