難物サボテン「天平丸」

      
ひさしぶりに難物サボテンの話題です。
といっても、ペディオ・スクレロといった北米サボテンではなくて、今回は南米の難物。
ギムノカリキウムの天平丸(Gymnocalyium spegazzinii)です。
え?このサボテンが難物なの?という方もおられると思うのですが、そういう方にぜひ教えを乞いたい、
というのが本稿の趣旨です。南米高地原産のこのギムノ、私にとってはかなりハイレベルの難物で、
北米種でいえば、エキノマスタスあたりに比肩する印象。ただ、その難物としての性格は、
かなり異なっています。




resize0235.jpg
                    Gymnocalyium spegazzinii (old imprted plant from Karel Knize)



こちらは、十分大きくそだった天平丸。10年あまり昔、南米の業者から輸入の、おそらく山木です。
来た当時は扁平でしたが、いまはかなり丈高くなっています。ただ、故障らしい故障もなく、毎年開花もする。
うちにはもうひと株、古い輸入株がありますが、こちらもまずまず元気です。
天平丸の球体に沿うような曲刺には、ほかのどの種にもない美しさがあり、またそれぞれの株に個性があります。
昔はそれらをみかけ上、A型、B型、などと分けて楽しんでいましたが、近年は様々な産地で採取された種子が
入手できるので、個性あふれる様々なタイプをイメージしながら実生するのはとても楽しみです。

ところが・・・。




resize0210.jpg

resize0209_20140913141223147.jpg

resize0218.jpg
               Gymnocalyium spegazzinii 2years old seedling, 50% of them are not healthy



輸入種子の発芽はおおむね良好です。しかし実生2年目くらいには、はやくも異変が現れます。
上の写真では、半分くらいの苗が変調をきたしています。①成長点がカサブタ状になり、生育が止まる、
②球体の色が褐変、または赤変して、成長が止まる。
①は、いわゆる南米病(ホウ素など微量要素欠乏によっておこる成長障害)とみられますが、それなりに
気を使って液肥など与えていても、不調を避けられません。この段階で、実生苗の三分の二くらいは駄目に
なってしまう。同じ時期に実生して、同じ用土に植えこみ、同じハウスに並べているほかのギムノには起きない
トラブルが、天平丸では顕著に発生するのです。3枚目の写真はその一例。右側のグラウカム(G.glaucum)は
元気なのに、左側天平の様子はおかしい。もともとはいちばん左の列にも天平が並んでいたのですが、
小さいうちに全滅して空き地になっています。




resize0184.jpg
                    G.spegazzinii  STO-924  Cafayate, Salta
resize0193.jpg
                    G.spegazzinii FK621 Punta de Balasto, Catamarca
resize0196_20140913142031970.jpg
                     G.spegazzinii 'Slaba'  Quebrada del Toro, Salta         



残った株はやがて、そこそこのサイズに到達して美しい刺を見せはじめてくれます。産地ごとに刺の色や長さ、
カーヴの具合など個性があり、実に魅力的です。しかしこのサイズになっても安心することはできません。
過去に某名人が育成された古来型の天平丸など、いくつかの国内実生株を駄目にしてしまった苦い記憶があります。
もちろん、自ら実生した苗も例外ではなく、開花目前というところで、またもやバタバタと逝くのです。




resize0195_2014091314225412e.jpg

resize0200_201409131423290c4.jpg

resize0238_20140913142949b9d.jpg
                         They get worse gradually...



突然成長がとまり、成長点がカサブタ状病変に覆われたり、球体全体がミイラ化したりして、やがて枯死。
写真上から順に、違う鉢ではありますが、病変の進行を時系列に並べてみました。
植え替えがきっかけになる場合もありますが、元気に育っていた寄せ植え鉢が徐々に駄目になることも。
ただ、いわゆる根腐れのようにグシャっと腐ることはなくて、拗れたあげく水気が抜けるように枯れていく。
また、天平丸の中でも、主産地のひとつで刺の美しい個体が多い、Quebrada del Toro周辺の個体群が
もっとも駄目になりやすい印象があります。このあたりの自生地はおおむね標高3000m付近の
たいへん乾いた場所ということで、同じエリアに生えるロビビアや、ヒルホカクタス(Pyirrhocactus)も、
似たような栽培上のトラブルに見舞われることが多い。ことに旧ヒルホの寒鬼玉(Eriosyce umadeave)は、
発芽も栽培も天平丸以上に困難な種と感じます。また、同じような育てにくさを感じるサボテンには、
旧エリオシケの極光丸(Eriosyce ceratistes=aurata)があげられます。これらは植え替えを極端に嫌い、
元気に育っていた株が植え替え後にパタリと動かなくなってやがて枯死する。
一方で、天平とは兄弟種(亜種)にあたる光琳玉(ssp.cardenasianum)にも似た症状が出ることがありますが、
基本種の天平丸よりはずっと素直で育てやすい。

横道にそれてしまいましたが、では次々と駄目になる天平丸に、いったい何が起きているのか。




resize0220.jpg

resize0225_20140913143327fb5.jpg

resize0227.jpg
                       cutting section of sick plants




写真のふた株は、いずれも同じ症状で、進行の度合が違うように見えます。いずれも植え替えて1年くらいで
健康な状態が徐々にこのようになってしまったもの。左の株は、そもそも根が完全に駄目になっていて、
球体全部がすでに枯死しており、どこからどうなったのか、よくわかりません。
右の株をカットしてみると、根は健康そうに見えますが、成長点付近は醜いカサブタ状の病変が内部まで進行
していて、回復は難しそうです。これはやはりいわゆる南米病なのか。




resize0231_20140913143515249.jpg

resize0232_20140913143540168.jpg
                    Both growing point and root are lesioned




病変の出た別の株をカットしてみました。こちらは成長点の病変だけでなく、根部にも異変があります。
ブヨブヨ根腐れしている訳ではないのですが、色が悪くなり、周辺部にはカサブタ化もみられ、成長部の病変と
類似する点もあります。この成長点、根部双方からの病変が、最終的には株全体の枯死につながっていくようです。
腐っている訳ではないので、なんらかの生育障害の結果、植物体そのものが生きる力をなくしていく過程のように
思えます。




resize0236.jpg

resize0237.jpg




一般的には、天平丸は生育速度は遅いが、栽培はとくに難しくない、という見方をされているようです。
拙文ごらんいただいているなかでも同感される方が多いかも知れません。一方で、ギムノのなかでは特異な
栽培困難種であり、アルカリ性の土を極めて嫌う、といった見解も示されています。
高pHの用土では微量要素の欠乏障害が起きやすいですし、南米サボ(とくにアンデス東側原産)全般に、
自生地同様の弱酸性の用土を好むというのは通説でもあります。
私は栽培用土の主な素材に赤玉土を使っています。この用土はpHこそ高くありませんが、リン酸の吸着性が
強いので、リン酸欠乏障害なのか、とも考えられるのですが、液肥を十分与えても改善されないことも多く、
解決策が見えません。天平丸をうまく育てられる方の栽培環境と、私のところでは何が決定的に違うのか。
ひとかけらのレシピでも、ご助言を頂ければ幸いです。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

地図のない深い森。

今回はまったく華のない地味~なネタ。

ギムノカリキウム属(Gymnocalycium)といえば、サボテンのなかではポピュラーな種類です。
刺の立派な光琳玉、天平丸、色鮮やかな緋牡丹錦・・・と人気種も多数。でも結論からいうとこのあたりは出てこなくって、
も少しマイナーで(というかかなりマイナーで)、刺の弱い小型のギムノがこれからはカッコいいのです(根拠なし)。
というわけで、見れば見るほど味わい深い連中を紹介しましょう。


IMG_1286S.jpg

IMG_1924S.jpg
               Gymnocalycium berchtii GN158-430,Las Chanares SanLuis,Argentina

まず筆頭はこれ。黒い石みたいでしょ。
ギムノ・ベルクティ(Gymnocalycium berchtii GN158-430,Las Chanares SanLuis,Argentina)。
アルゼンチンのサンルイス州が産地で、1997年に記載された新しい種類です。なので、和名もついていないし、
国内ではあまり知られていません。私は、コイツの自生地での写真を見て、なんとも言えない肌の色と質感に
魅入られてしまいました。幸いマニアックなヨーロッパの愛好家がアルゼンチンのこの辺りをよく回っているらしく、
種はけっこう出回っています。
この実生苗も、焼きを入れた鉄みたいな鈍い光沢を放ち、肉質もとても硬くて黒碁石みたいな雰囲気です。
刺の生え方は実生苗も成球もとても無愛想。飾りのない実に無意匠なところが、全体のストイックさにあってる。
ご覧のように栽培下でも、平べったく地面に潜るように育ちます。花も綺麗なんだけどまだしばらくかかりそう。
え?どれも小さ過ぎてなんだかよくわからん?でもこれで実生3-4年は経っているのだよ。
ちなみにリンクさせて戴いてるsileriさんサイトに素晴らしい個体の写真があります。


IMG_1915S.jpg

IMG_1916S.jpg
               Gymnocalycium nataliae 'morroense' LB 326,Sa.del Moro SanLuis,Arg

続いてナタリアエ・モロエンセ(G.nataliae 'morroense' LB 326,Sa.del Moro SanLuis,Arg.)。
ナタリアエは上のベルクティと産地も近く、同種とする見方もあります。これはそのナタリアエの亜種に
なっている新しい種。ことほど左様に、この系統のギムノは名付けが混乱していてややこしいです。
たしかに肌の雰囲気や扁平な姿はベルクティ似ですが、刺の生え方に多少芸があり、その分、"媚び"を
感じないでもないけど、ゴムっぽい感じの質感と稜のうねり具合はなかなかいい感じです。
日本人は、かつて大量の野生ギムノから「海王丸(Gymnocalycium denudatum cv.'Kaioumaru')」を
見出したくらいで、刺や球体の微妙な曲線やうねりに妙味を感じるセンスがあるはず。
そういう意味ではこういうオトナ向けの「弱刺ギムノ」にもっと人気が出ても良いんではないでしょうか。

この仲間は光琳玉や天平丸ほど山あいではなく、もう少し南よりの高原地帯で、礫の多い草っ原みたいな場所に
生えています。日本のビニールハウスみたいな環境にはよく馴染んで、育てやすい。


IMG_1314S.jpg

IMG_1317S.jpg
               Gymnocalysium parvulum HV664 Panaholma,Córdoba,Arg.

これは、パルブルム(G.parvulum HV664)の名前でPiltzから入れた種の実生。産地はPanaholma とありました。
なんて書き方をするのは、これもやっぱり名付けが多少こんがらがっていて、同じ植物に色々な名前がついてます。
parvulumは、G.calochlorum ssp.proliferum(唐子丸)と同一種ともされているので、そちらの名前で
これを育てている人もいるかも知れない。
なんてややこしい事情はともかく、こいつはなかなかの美種です。優雅にカールした象牙色の刺が、濃緑色の肌を
包んで、球体はごく扁平。小型ですが、花筒がすーっと高く伸びて大きく咲きます。
小さいですが、海王丸の風格と羅星丸( Gymnoccalycium bruchii )のかわいらしさを合算したみたいな雰囲気。


IMG_1289S.jpg

IMG_1925S.jpg
               Gymnocalycium paraguayense 'fleischerianum' P453 Chololo-i,Paraguay

話が海王丸に振れてきた流れで、こんどはこちら。
海王丸の原種はdenudatumともparaguayenseとも言われますが、これは後者の一タイプで、
paraguayense 'fleischerianum'(P453 Chololo-i,Paraguay)です。
肌はツヤツヤで美しいですが、刺は素っ気ない。それがシンプルで良いといえば良いんだけど。
も少し大きくなれば、多少いい感じになるのではないかな。
パラグアイエンセのもう一タイプ、paraguayense ssp.paraguayense の方はより海王丸チックな刺ですが、
こちらは産地では絶種したとされ、オリジンの確かな種はなかなか入手出来そうもありません。


IMG_2084S.jpg

IMG_2089S.jpg
               Gymnocalycium denudatum Gf18 Minas do Camaqua,Rio Grande do Sul.Brazil

海王丸の源流と目されるもう一種、denudatum(GF18 Minas do Camaqua,Rio Grande do Sul.Brazil)。
見て下さい。この球体のうねうねヌメヌメした三次元曲線。この質感とテクスチャ。なんとも言えぬ。
デヌダーツム=蛇竜丸は、昔から種を見つけたら取り寄せて蒔いてきたので、けっこう色々あるのですが、
いまのところこれが私的には絶品。海王っぽく刺が長い方より、刺が粗な感じのクローンの方が、球体の曲線美が
際だって素敵な感じ。
これで、素のままの原種です。こんなふっくら土饅頭みたいなのが、歩いてて足下にポックリ転がってたら、
あなた、どうしますか?? え?どうもしない?・・・まあ、このへんは完全にお好きな方にはたまらないって感じの
多少やばい世界なのかも知れませんねぇー。


IMG_2090S.jpg


とまあ、延々と行きつく先のない感じにマイナ~な植物ばかり並べました。最後まで読んでくださった方には感謝。
数年前から、G.Charles氏のギムノ本の影響もあって、こんなマイナーギムノを色々実生しています。
しかし花も咲かない実生苗ばかりじゃ良さがあんまり伝わらないですね(涙)。であればギムノの大家、島田さんの
サイト
でもっと素晴らしい自生地の写真などがたっぷりご覧戴けます。リンクからご覧ください。

ギムノにはまだまだ色々あって、しかも分類が錯綜しているから、その世界は地図のない深い深い森のようで恐ろしい。
入っちゃいけないアブナイ場所と知りながら、なぜか惹きこまれ気づけば家路ははるか。またも途方にくれるのでした。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

野草の顔。

ギムノカリキウムといえば、光琳玉や天平丸の刺の凄い個体がいつも人気です。
でも、私はこの2種もふくめて、ギムノ属のいちばんの魅力は、刺の豪壮さよりも、
なんというか、手垢のついていない野草っぽさみたいなところにあると感じています。
アンデスの山懐の草原や岩山で、やむことのない風にいつも吹かれているような…そんな感じ。


cacsuc060506083S.jpg
     Gymnocalycium pflanzii ssp.zegarrae‘riograndense’KK717 Rio Grande,Millares,Bol.

1971年のシャボテン誌83号「銘品鑑賞」コーナーにギムノ・ゼガラエ(Gymnocalycium pflanzii ssp. zegarrae)の
紹介があり、執筆者の河合良一郎氏はこんなふうに書いています。曰く、
「南米の原野の生命をそのまま再現してくれる『野草』としての風貌がまたとない魅力になっている。
 見ているとボリビアの広い自然が想像出来るような気がする」。   
筆者はまた、この類の「肌色にこだわりがある」とも書いていますが、それもまた然り。
新天地一家の魅力は、それぞれの地域変異がもつ、肌色、肌合いのバラエティにあると思うからです。
                                    
読んだ頃、中学生だった私は、鉢植えのゼガラエ(上記一文を読んで手に入れたもの^^)を前に目を瞑り、
行ったこともないアンデスの原野を思い描きました。吹き止まぬ風の音のざわめきが聞こえてきます。
再び目をあけると、ゼガラエのうしろにパンパの風が吹き抜けるのが見えるような、そんな気がしましたね。

と言うようないきさつもあって、ギムノ全般のなかでも、ゼガラエに代表される、いわゆる「新天地」の仲間
…この括りは必ずしも正しくないとは思いますが…への思い入れはことさら深いものがあります。
ギムノカリキウムには数多の「野草の顔」がありますが、きょうは「新天地一家」の顔ぶれを少し紹介します。
先人にならい、肌合いの違いにこだわって・・・。


cacsuc060506058S.jpg

cacsuc060506060S.jpg
     Gymnocalycium saglionis DJF303 La Vina,Salta,Arg.

まずは、ギムノの代表種、というより全サボテンの代表種でもある新天地(Gymnocalycium saglionis)。
こちらはDJF303というフィールドナンバーの種子を蒔いたもの。データでは、アルゼンチン・サルタの
ラ・ヴィーニャが産地(La Vina, Salta,Arg)となっています。
深い緑の、硬さを感じさせる肌色と、黒刺。花はうっすら桃色がかった白。
この写真の撮影時は径15cmくらいでしたが、いまは25cmくらいに育ちました。
大きくなっても形崩れもせず、整然と美しく育ってくれています。

先に、「新天地類」という括りが必ずしも正しくないかも、と書きましたが、一般に「新天地類」と
言われているギムノには、この新天地(G.saglionis)と、その様々な地域変異、タイプ違いに加え、
もう一種の天賜玉(Gymnocalycium pflanzii)と、同じくその地域種群があります。
先に話に出たゼガラエ(Gymnocalycium pflanzii ssp. zegarrae)は後者のグループになります。
それぞれに、たくさんのタイプ違いがあって、色々な名前がつけられているので、結構ややこしい。


cacsuc060506069S.jpg

cacsuc060506072S.jpg
     Gymnocalycium pflanzii‘lagunillasense’KK850 Lagunillas,Bolivia

で、こちらは後者の天賜玉グループのひとつ、
ラグニラスエンセ(G.pflanzii ‘lagunillasense’ KK850 Lagunillas,Bolivia)として実生したもの。
春鶯玉という和名がついていますが、この個体を見る限りは、ウグイス色の渋く際だつ緑肌がその名と
しっくり来ます。花はサーモンピンクで艶消しの肌に映えて美しい。

この個体は同じ天賜玉系の‘marquezii’(こちらは鶯鳴玉という和名がついている)とも似ています。
栽培上は新天地と比べるとやや生育がゆっくりで、もともとコンパクトな植物という印象を受けますが、
園芸植物としても見所が多いと思います。


cacsuc060506078S.jpg

cacsuc060506082S.jpg
     Gymnocalycium pflanzii ssp.zegarrae‘riograndense’KK717 Rio Grande,Millares,Bol.

艶消しの鶯肌から一転して、こちらは鏡のようにピカピカの艶肌のサボテン。
リオグランデンセ(G.pflanzii ssp.zegarrae‘riograndense’KK717 Rio Grande,Millares,Bolivia)です。
渓谷丸、深水玉という和名がついていることを、これを書くにあたって調べ初めて知りましたが、
なんとなく言い得て妙な気もします。今は分類の上では、ゼガラエのシノニムとされています。
このサボテンの艶肌は実に瑞々しい、冴えた緑色で、川沿いの木陰に生えているという自生地の風光を
映すように透明感のある色あいです。同じ種といっても、ゼガラエとは醸し出す印象がずいぶんと違います。

この仲間を含めて、ギムノカリキウム属の多様性はじつに奥行き深く、興味が尽きることがありません。
ご承知のとおり分類も百家争鳴、様々な見解があり、これを侃々諤々議論するのもまた楽しいところ。
インターネット上では、島田孝氏が日本語での詳しい解説をアップされていて、とても参考になります。

ここでは、最近刊行されたGraham Charles氏の「Gymnocalycium in habitat and culture」の見解を基に、
蒔いた種のソースの情報はそのまま信頼して、育った植物について言及しました。
本当ならもちろん、アルゼンチンやボリヴィアの山野を歩き回って、この目で見て確かめたいところです。
最もそれが叶わないからこそ、こうして鉢植えのサボテンを飽かず眺めて、アンデスの碧空に想いを馳せる
わけですが…。


追記:今週末からヤフーオークションに出品の予定です。
    詳細はこちら
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる