FC2ブログ

エリオシケ・フルーツ



 サボテンの仲間には、花だけでなくフルーツの色合いが美しいものもあります。エリオシケ属(Eriosyce)には、そんな種類が多くあり、秋から冬にかけて熟す赤い果実は澄んだ空気によく映えます。こちらはタルタレンシス・フロッコサス(Eriosyce taltalensis ssp.floccosus)。赤い風船のように膨らんだ果実は、じつは中が空洞になっています。いわゆる"balloon like fruit"と呼ばれるタイプです。




resize0225_20200201180147b5c.jpg

resize0230_202002011801564bf.jpg
   Eriosyce taltalensis ssp.floccosus RMF45 Blanco Encalada, Chile



 こうした風船状のフルーツは、同じエリオシケのなかの旧イスラヤ属の仲間にも多くみられます。イスラヤの果実は花よりも大きくて、7~8㎝になることもあり、風にとばされて遠くまで転がっていくためにこうした形になったと言われます。タルタレンシスの実も、小ぶりながら同じ機能があるように見えます。
 



resize0243.jpg

resize0227_20200201180527b9f.jpg
   



 今回3つの果実がつきましたが、なかに種子が入っていたのはひとつだけ。あとは空っぽでした。授粉していないので、自然に花粉がかかったか、セルフなのか、わかりません。種子が入っているといっても、びっしり詰まっているわけはなく、赤い果皮の内側にこびりついている感じで、数は多くない。フロッコサスは白い毛髪状の刺をまとう独特の植物で、赤い実がとても引き立ちますね。




resize0253.jpg

resize0256.jpg
   Eriosyce occulta JA81 Las Breas, Taltal, Chile



 もうひとつ、こちらはオクルタ(Eriosyce occulta)の果実。雷頭玉とも呼ばれ、最近はこの暗色の肌と刺がなく扁平な姿が人気を集めていますね。果実はあまり紹介されていないようですが、ご覧のように本体の渋さを引き立てる美しいもの。旧テロセファラ(Thelocephala)系統らしく、チリチリした毛をまとっているところも珍なる印象です。自生地では植物本体はほとんど埋まっているので、花と同様、果実だけが目につくのだと思います。




resize0255_20200201181212cbf.jpg

resize0279_202002011812192a6.jpg




 二株を植えているので、自然に花粉がかかったのかな?と期待しましたが、中身は空っぽでした。エリオシケはこういう空っぽの果実をつけることがとても多い。植物にしてみればそれなりにコストのかかることなので、いったい何のためなのか、不思議に思います。ちなみに口に入れてみても、微かな酸味があるくらいで、ほとんど味はしませんでした。











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コピアポア属 その自生環境

  

 インスタグラムをはじめてから、どうもこのブログとのすみ分けが曖昧になっているようで、ブログへの反応は薄くなっている気がしています。ビジュアル的な打ち出しではインスタグラムが先行するので仕方ないところですが、今後こちらでは、インスタでは伝えにくい長めの解説や物語的な内容に注力していこうと考えています。

 その手始めに、今回は人気のカクタス「コピアポア属」についてまとめた記事をアップします。実は15年ほどまえに、今はほぼ休眠状態にある私のホームページに記載していたものですが、その後の栽培経験や自生地での観察などを踏まえて、若干加筆改稿しました。いま、この属の植物はサボテン科のなかでも際立って人気があり、貴重な野生植物も導入されているようです。しかし生育環境や栽培の基本情報など、参考になる日本語の記事が案外少ないようなので、改めてアップしてみました。なお記事中引用している写真等は、著作権者の許可を得ているものです。特に記載ないものは筆者撮影。



   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆




resize0145.jpg
   Copiapoa cinerea in habitat (Taltal, chile)



 泣く子も黙る南米サボテンの王様。「コピアポア」は、古今東西つねに最高の人気種です。なかでも風雨に晒された頭蓋骨を思わせる灰白色の球体を、真黒な刺で武装した黒王丸(C.cinerea)とその一群は、およそ生きものと思えぬ風格で私たちを惹き付けてやみません。これらはときに数メートルにも及ぶ大群生となり一木一草はえぬアタカマの荒野で偉容を誇っていますが、同じコピアポア属には、ラウィ (C.laui) のように僅か数センチの小さな球体を地中に埋めて生きる種もあります。しかし見かけ上の形態の違いに比して、遺伝的には大変近縁なグループであり、他のサボテンと隔絶されたアタカマ沙漠で共通の祖先種から独立して進化を遂げてきたと考えられています。実際に自生地を歩くと、コピアポア属は同じ種とされるものでも個体差が大きく、野生の自然交雑個体も数多く見られるなど、種と種がボーダーレスにつながっている印象があります。このあたりは、Rudolf Schulz 氏の著作「Copiapoa in their environment」とその続編「Copiapa2006」に詳述されています。数多あるサボテン本、多肉本の中でも大変に素晴らしい内容で、機会があればぜひご一読いただければと思います。




copia20060034.jpg    copia20060011.jpg
   自生地の黒王丸群落 Copiapoa cinerea at E of Taltal (photo by Rudolf Schulz)    (2枚目の写真)R.シュルツ著「コピアポア2006」



 さて、このコピアポア属のサボテンにはいくつかの「謎」が存在しますが、その代表的なものが海から生じる「霧を吸って生きている」というもの。それはどういうことなのか。まず、コポアポア属の故郷、南米チリのアタカマ沙漠は、地上で最も雨が降らない地域のひとつです。チリは南北に細長い国ですが、アタカマは西岸の太平洋と東のアンデス山脈に挟まれた細長い帯条の沙漠で、場所にもよりますが雨は降っても年間数ミリ~十数ミリ。何年間もまったく降らないことも珍しくない。およそ植物の生存を支えるだけの雨水は滅多に期待できません。しかし、雨は降らなくとも霧は頻繁にかかるのです。それはなぜか?
 アタカマ沙漠は緯度的には南回帰線付近(通常は亜熱帯~熱帯となる)に位置しますが、沿岸に近接して北上する寒流(冷たい海流)の影響を受け、一年を通じて比較的冷涼な気候となってます。標高にもよりますが、夏の最高気温でも摂氏30度程度まで、冬も10度以下に下がることは稀という平板な温度環境です。また、海に近いため沙漠でありながら湿度は高いのですが、海からの湿った空気は、気温が低く上昇気流が発生しないため、雨を降らせないまま内陸へ通り抜けてゆきます。このとき、雨にはならないものの、一定の標高では恒常的に霧が発するのです。実際、沿岸の山々は、朝夕にはどこかしらが霧に包まれています。この霧の発生は季節的にはやや温度の下がる秋~春に多いようです。また、有名なエルニーニョ現象(寒流が蛇行して一時的に海岸から離れる)はこの地域にイレギュラーな雨をもたらし、いっとき沙漠をお花畑に変えることでも知られていますが、そのような大雨がアタカマ全体に降ることはまずありません。




copia246799317_9b9054397c2.jpg   copia246799608_dbadcc11963.jpg
標高1400mから見下ろすアタカマ沙漠。左右(上下)の写真はほぼ同じ場所で撮影されたもので、白の↓は同じ山です。右(下)の写真は朝で、霧が谷あいを覆っていることがよくわかります。標高300-800mの範囲がfog zoneと呼ばれる霧の濃い標高帯 (photo by Juan Pablo )。  



 では、そんな雨が降らない環境で、コピアポアはどうやって生きるのか。やはり、「霧を吸って」生きているのか。上の写真は、標高1400mから見下ろしたアタカマ沙漠で、左右の写真はほぼ同じ場所で撮影されたもの。白い矢印が同じ山です。右の写真は朝で、霧が谷あいを覆っていることがよくわかります。標高300-800mの範囲がfog zoneと呼ばれる霧の濃い標高帯です。季節にもよりますが、海岸山脈の中腹付近は、ほぼ毎日のように霧に包まれるのです。コピアポアはこの霧ゾーンにも生えていますが、それより下の海岸沿いや、より標高の高い山の上にも生えています。また、霧ゾーンのように恒常的ではないものの、海岸沿いや山の上のほうも、ときには霧がかかることがあるようです。
 黒王丸はじめ、コピアポアの大型種の多くは球体表皮に蝋質をかぶり、骨のように白く見えます。この白い肌は、球体(表皮)から霧の水分を吸って生きるための進化だ、と昔の本には書いてありました。たしかに、アタカマにはチランジアや地衣類など、大気中の水分を根ではなく表皮から吸って生きる植物が多くあります。特に霧がかかる標高帯にはこれらの植物が多い。ではコピアポアたちはどうか?朝晩たちこめる霧を吸って生きる仙人掌…なかなか浪漫がありますが、「霧を吸う」という表現が正確かといえば、どうもそうではなさそうです。
 前述のSchulz氏は、野生個体群の入念な定点観測によって、表皮や刺からの吸水は確認出来ない、と指摘したうえで、おそらく霧はコピアポアにとって、蒸散から植物体を守ることに最も貢献しているだろう、と述べています。また、濃い霧がかかる標高帯は他の植物との競合が厳しいため、かえってコピアポアの数が少ないことも明らかにしています。
 一方、チリ在住の研究家Juan Pablo氏は、コピアポアは根を地表面すれすれに浅く広く張りめぐらせ、この根で稀に降る極くわずかの降水のほか、夜間の結露や朝方の霧が地表微かに湿らせた水分を吸収しているのではないかと言います。実際、自生地のコピアポアは、まっすぐ地中に伸ばして球体を支える根のほか、地表下1㎝くらいを横に這う細い根を広範囲に伸ばしています。こうしたことから、コピアポアは、仮に霧がもたらす水分に一定程度依存しているにせよ、他のサボテンと同じく主に根から水を吸っていることは間違いなさそうです。さらに、コピアポアが生存するうえで、霧や夜露の水分だけでは発芽や成長には不十分と推測されます。年に数回、ときには数年に一度の僅かな雨を待って、成長開花し、発芽するのでしょう。そして、気候の変動であまりに長期間雨を見ない地域では個体群がそっくり死滅しつつあります。
 コピアポアの白肌は霧を吸うのでなければ何のためか?白い蝋質の肌は結露しやすく、霧の水分を表皮から根際に流し込んでいるのでは、と考える人がいる一方で、むしろ蒸散を防ぎ、紫外線から組織を守るために役立っているのだろう、と考える人もいます。私は朝晩結露のあるハウスでサボテンを育てていますが、白肌コピと一般のカクタスの結露しやすさの違いは見出していません。なので、後者の立場です。ただ、結露のあるハウス(フェロカクタスの刺がかびる)で、コピアポアが順調に育つこともまた、実感しています。




copcinereahabit015.jpg  cinereacult060393.jpg
左(上)写真は自生地の黒王丸(C.cinerea)で、右(下)写真は実生苗の黒王丸(7年生)。これは実生のなかでは白くなっている個体。ここで灌水を止めて10年待てば真っ白になるのだろうか(left photo by Juan Pablo )。



 Schulz氏はまた、定点観測で、コピアポアは、雨がふらなければ何年間、何十年間もまったく成長しないことを明らかにしています。野生株の成長には大変な時間がかかり、10センチ足らずの株でも数十年は経過してるようです。上の写真の黒王丸など、10年足らずでこのサイズに育っているのは、超促成栽培ということになります。ほんとうならこのサイズまで少なくとも二、三十年はかかるところでしょう。このとき、「コピアポアは成長が遅い」というと、ゆっくりゆっくり毎年ごく僅かずつ育つという印象を与えます。しかし実際は、数年に一度ないし十数年に一度訪れる、まとまった雨の年に成長開花し、それ以外の乾いた年にはまったく動かない、という間歇的な成長のイメージが、実際に近い。今年新刺を伸ばしても、次の5年はまったく動かない、というような。エリアにもよりますが、自生地のコピアポアは、おそらくそんなふうに動いているように思います。
 「COPIAPOA2006」に興味深い写真が載っています。これは約40年前に撮影された野生の黒王丸を、再び現地で探し出して撮影し、新旧二葉の写真を比較しているもの。驚くべきことに、40年の時を経てその黒王丸は殆んど成長していないのです。見た目の違いは見いだせない。むしろ小さくなっているようにも見えます。また、同じ写真に納まっている何本かのサボテンはこの間に枯れていますが、一方で新しい個体の出現もありません。Schulz氏は、ここまでの乾燥(による休眠)は必ずしもノーマルではなく、気候変動の影響で自生地の環境が生育不適に変わりつつあるのではないか、とも指摘しています。また別の写真では、同じ個体を約10年の間隔をあけて撮影していますが、やはりまったく成長の形跡が見られないかわりに、肌の蝋質の白さ(いわゆるコピの白肌)だけが増していることがわかります。10年間、新刺のひとつもあげず、じっと沙漠に蹲って骨のような白さだけを増していく…人生の間尺からすれば、なんとも超越した生き様に感嘆するほかありません。




cinereacrhabitat.jpg  coplauiandernapina.jpg
左(上):孤竜丸綴化(C.cinerea ssp.columna-alba 'crest') 右(下):ラウイ(C.laui)…写真の左側、沢山の小さな球体が地面に埋っている。ちなみに右側の大きなサボテンはErisyce napina 写真はいずれも自生地。(Photo by Juan Pablo )



 ここまで黒王丸の話ばかりになってしまいましたが、このグループには実に色々な種があります。ざっと紹介すると、多稜で頂部の綿毛がオレンジ色の美種、コルムナ・アルバ(孤竜丸 C.cinerea ssp.columna-alba)や、大群生する黒士冠(C.dealbata)などは、硬質の白肌が偉容を醸し出す、黒王丸に勝るとも劣らない美種です。
 黒王丸の兄弟種には、刺が白い剛毛に変化した稀翁玉(Copiapoa krainziana)、さらに飴色刺の逆鱗玉(C.haseltoniana)や、その大型フォルムのギガンティア(C.haseltoniana 'gigantea')、などもあり、いずれも大変魅力的です。学名が黒王丸と似ている竜牙玉(C.cinerascens)は、小型の球体を大群生させる種で、肌は黒王丸のような灰白色ではなく淡いグリーンで、刺もまるで違います。最近、この竜牙玉として輸入されているものは、ほぼすべて黒王丸か孤竜丸(種名誤認)です。
 これらと同じエリアには、一見コピアポアとは思えない、小型で球体の肉質の軟らかい種のグループも分布しています。いずれも地上部より巨大な塊根を地下に持っていて、それで厳しい乾燥に堪えています。地上部の大きさが最大でも径2cmほどまでしか育たないラウィ(C.laui)を筆頭に、フミリス(C.humilis)やヒポガエア(C.hypogaea.)などで、それぞれ多様な地域変異種があり、興味深いグループです。どれも育てやすく花付きもよい植物ですが、交雑しやすいため、市場の苗は名前と実物が正しく対応していないものが多い。できれば産地情報のしっかりした個体を手に入れたいところです。 




resize0136_201912142144311e6.jpg
  Copiapoa solaris in habitat (El Cobre,Chile)



 白肌にならない大型コピアポアにも素晴らしいものがあります。日本ではドゥラの名前で人気があるエキノイデス(C.echinoides)は鋭い稜に錐のような尖った刺を突き立てる迫力ある種です。最近次々と新タイプ(新種としても扱われる)が報告されるコクインバナ(竜爪玉 C.coquimbana)は、分布域の南端を占め、様々な刺や肌色があります。
 そして、最後にあげておきたいのが、恐竜カクタスとも呼ぶべき、コピアポアの王者、ソラリス(C.solaris)です。強壮な黄金色の刺で武装する大型種で、群生の径は数メートルに達します。アタカマ北部の最も乾燥したエリアに広大な自生地を持ちますが、大半のコロニーが気候変動で死滅しつつあります。若苗、実生苗は自生地でも極めて稀であるため、輸入球の入荷は昔からごく少ない。今は皆無でしょう。加えて自生地でもほとんど開花結実しておらず、種子の採取さえ困難です。なので、栽培個体数も少なく入手しにくいですが、もし手元に育てている方がおられたら、あるいは出会いがあったなら、恐竜たちの最後の生き残りだと思って、一生かわいがってほしいと思います。ほんとうに最高のカクタスです。




   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆




 元の記事には、栽培下のコピアポアについても多少言及があるのですが、その後十数年の栽培で、当時と評価が変わってきた点などもあり、今回の転記では割愛しました。これについては、いつかまた稿を改めて書いてみたいと思っています。












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

エリオシケ その3。

    
 コピアポアのブームにともなって、最近ジワリと人気が集まりつつある南米チリ産カクタス。エリオシケです。このブログで取り上げるのは、第1弾第2弾につづいて3回目。エリオシケ属の大半は自生地がコピアポア属とほぼ重なり、チリの海岸沿いにひろがるアタカマ沙漠です。極端に雨が少ない地域に産するものも多く、過酷な環境を生き抜いてきたその姿は、コピアポアとも重なるところが多い。私にとっても、北米高地の難物種とならんで、最も愛着のあるカクタスです。きょうは、今シーズン撮影した写真から3種を紹介したいと思います。




resize0039b.jpg

resize0038_2019111402263867a.jpg
   Eriosyce taltalensis ssp.paucicostata FR521



 まずはこの属の古典とも言える黒冠丸(Eriosyce taltalensis ssp.paucicostata FR521 Paposo)。青みのある肌と、黒い刺。名前も含めて、コピアポアに通じる味わいの、この属としては大型種。このクローンの自生地は、コピアポア・逆鱗玉(Copiapoa haseltoniana)の原産地でもあるパポソ(Paposo)周辺です。自生地ではコピアポアは集団で生えていてとても目立ちますが、エリオシケは少数の個体が散らばって岩の隙間などでかろうじて生きているので、野生株を見つけるのはとても難しい。コピアポアよりも、ぐっと稀少な植物だと実感します。
 この個体は15年ほど栽培しているもので、古木感も出てきました。栽培は難しくなくて、水をどんどんやればわりと早く育ちます。しかし、エリオシケはコピ同様、瑞々しく元気な株よりも、逆境に堪えやつれた風合いの方が味わいがあります。この株は植え替え5年おき、水やり年5回で暮らしています。




resize0043_2019111402291470d.jpg

resize0050.jpg
   Eriosyce aerocarpa = E.napina ssp.aerocarpa  FK63




 続いては、極小型種のアエロカルパ(Eriosyce aerocarpa = E.napina ssp.aerocarpa FK63 Canto de Agua)です。有名種ナピナ(豹頭)の亜種とされることもあり、姿はよく似ていますが、本種の方がより稠密に刺が密生します。錆びた金属のような肌に暗色の刺と実に渋い姿。そこから本体より大きな金属光沢の花が咲くさまは、なかなかのスペクタクルです。地中には地上部よりも大きな塊根があり、これをカットしない方が元気に育ち開花しやすい。根を地上に出すのは好ましくなく(出すとしても極く一部にした方が良い)、深鉢植えが不可欠です。植え付けると、大きな鉢に対して、見えている部分は極く小さい。でも、地中に植物体の大半があるこの種の生態をイメージすれば、アンバランスな鉢姿も楽しめると思います。
 また、このタイプのエリオシケについては、かつての属名テロセファラ(Thelocephala)でいまも流通することがあります。さらにこの種については、分類・名付けに諸説あり、タイプによっては、オディエリの亜種レイチェイ(E.odieri ssp.reichei)だ、という人や、レイチェイ亜種デュリプルパ(E.reichei ssp.duripulpa)だ、などと言う人もいたりします。この個体も、球体が細く疣のピッチと刺が細やかなのでデュリプルパとも呼べそう。
 はやい話、この属の各個体群には色々な人が様々な名前をつけていて、混乱があるということです。よって、種名でなく原産地と採取者に紐付けられたフィールドナンバー(この場合はFK63)を押さえておくことが大切です。ちなみにこのFK63の産地はコピの黒士冠の自生地でもあるジャノス・デ・チャレ国立公園(Llanos de Challe)あたりですね。




resize0060.jpg

resize0066_201911140231460ed.jpg
   Eriosyce napina subs. challensis
 


最後はこの属でもっとも魅力的な種のひとつ、チャレンシス(Eriosyce napina subs. challensis)。2005年に記載された、まだ新種の範疇に入るカクタスです。やはりナピナの亜種とされていますが、基本種とは一見して違う顔をしています。密生するアレオレには白い羊毛を貯え、植物体はほぼ真っ白。北米産でエリオシケとは類縁性の乏しい小型種、エピテランサ(Epithelantha)の月世界や小人の帽子と見まちがえるほどです。花はフルーティなイエローで、純白の球体にとても映えて美しい。地中にはやはり大きな塊根が発達します。原産地は上記のアエロカルパと同じ、チャレ公園ですが、より海岸に近い他にほとんど何も生えていないような荒涼とした場所とされています。本種は極めて特徴的な外見なので、呼称の混同などは見られません。
 はじめてこの種の貴重な種子を入手したときは、特異な姿から、さぞや栽培難度も高かろう、とドキドキ播種したのですが、ほかのエリオシケに比べて特段気難しいところはなさそうです。少ない種子数でしたが、無事に開花株を育てることが出来ました。この先は自分のところでも種がとれそうです。ただ、成長はゆっくり。また栽培下では球体がふっくらと盛り上がりやすく、野生株のような、半ば地面に潜り込んだような姿にはなりにくいですね。まだ、種子は割高ですが、みかけたら是非入手して育ててみて貰いたいエリオシケです。










テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる