野生の兜。

     
兜といえば、サボテンのなかのサボテン。知らない人はいないでしょう。
扁平な球体を飾る白点、幾何学的に連なる毛疣状のアレオレ。
ただメキシコの自生地に生えている原種の兜は、いま世界の愛好家が
栽培しているものとは、顔立ちがかなり違います。




resize4038.jpg
       Astorophytum asterias original wild form (seed grown), from Gonzales, Tamaulipas




上の写真の兜は、白点も疎らで、毛疣も小さい。実に地味な顔立ちです。
名人のハウスではまず見かけないタイプで、競りに出しても、値段がつかない。
ですが、人の手の加わっていない野生そのままの原種の兜はこんな感じです。
びっしり球体を覆った白点や、巨大な毛疣が隙間なく連なった最近の兜と
見比べると、同じ植物とはちょっと思えないくらいですが。




resize4029.jpg
          Astorophytum asterias classic elegant specimen (picture taken in 1970's)




こちらの写真はむかしの専門誌に載っていた、昭和の時代の最高タイプの兜。
白点の密度にアレオレの大きさ、当時の水準では、素晴らしい標本でした。
同じころ、メキシコからは沢山の兜の山木が輸入されはじめました。それこそ、
何千本単位で、最近のグラキリスみたいな感じです。愛好家は先を争って
特徴の顕著な株を求め、なかにはスーパー兜のような特異な個体もありました。
そしてその頃から、白点が密で、大きなアレオレが連なったタイプを追求する
本格的な育種改良も始まったのです。

その頃小学生だった私も、お年玉をかき集めて1本3万円もする山木の兜を
買ったことがあります。郵便小包で届いたのは、乾いた煎餅みたいな代物でしたが、
発根して膨らんだ時、そして最初の花をつけたと時の感動は忘れられません。
3年くらいたって枯らしてしまったときは、涙が出たなぁ。




resize4041.jpg

resize4036.jpg

resize4034.jpg
          Astorophytum asterias original wild form (seed grown), from Gonzales, Tamaulipas




この兜は、その当時と同じ、原種のままの兜、素朴な顔の兜が欲しくて、
種をとりよせて育てたものです。星を散りばめた夜空のような青肌で、
アレオレもひとつひとつ手で置いたように並んでいます。
白さとインパクトを追い求めて来た日本の兜とは別物のようです。
兄弟それぞれ、ちがった雰囲気をまとっていて、淡泊な顔立ちだけど、
なかなかハンサムだと思います。
かつて、たくさんの兜を日本にも送り出したメキシコ・タマウリパス州の
ゴンサレスの自生地を、ヨーロッパの愛好家が訪ねて採取したもので、
市場に出回らないという意味では、真っ白な兜より得難いかも知れません。




resize4055.jpg

resize4050.jpg
          Astorophytum asterias from Heinz Swoboda's collection, near the shore of Tmaulipas



こちらの兜も、上のものとは異なりますが、山採りの親株同士で稔らせた種として
入手したもので、まあ野生兜といっていいかと思います。同じタマウリパス州の
もっと海に近い産地だということですが、親株を交配するときに多少園芸家の意思が
働いたのか、白点が多めです。このくらいの白点のつきぐあいは許せるけれど、
個人的な好みでいえば、最初に紹介したタイプの方が、なんか気持ちいい。
日本でも、当時たくさん入ったカイエス産の兜を純系保存している方がいると聞いた
ことがあります。いつまでも大切に残してもらえたらと思います。




resize4033.jpg




実はまだ、私は兜の自生地を見に行ったことがありません。テキサスで生えている
場所の近くまで行きましたが、住宅地に近い場所なので撃たれるぞ、と脅かされて
訪ねずじまいでした。アメリカで見る方が易しい、と昔の本には書いてあったんだけど。

地面にうまった煎餅みたいなサボテンに、会いに行ける日はいつのことか。
はじめて出会った時と同じ、素顔の兜に会いたい。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

春を告げるサボテン(ツルビニカルプスⅡ)

   
先週はえらい雪が降るわ積もるわ、今世紀最強の大寒波がやってくるわで、
春の訪れも一気に遠のいたような気もしますが、健気に咲き続けてる彼ら彼女らに
報いてやりたいとこの稿を書いています。




resize3763.jpg

resize3764.jpg

resize3757.jpg
             Turbinicarpus ellisae = Turbinicarpus schmiedickeanus ssp.schwarzii var.rubriflorus




ツルビニ・エリサエ(Turbinicarpus ellisae)。
この属でも屈指の美しい種でありながら、あまり知られていない種です。
分類の上では、
・赤花昇竜丸(Turbinicarpus schmiedickeanus ssp.rubriflorus)、
・赤花烏城丸(Turbinicarpus schmiedickeanus ssp.schwarzii var.rubriflorus)
とされる場合もありますが、
栽培した上での感覚からは、後者の烏城丸赤花変異と考えると理解しやすい。
記載は1993年と比較的最近で、自生地はメキシコ・サンルイスポトシ州の
Cerros Blancos とされていますから、栽培下での交雑種ではないようです。
昇竜丸系の刺の魅力と、精巧殿やバラ丸の艶やかな花をあわせもった魅力的な
カクタスであることは間違いありません。




resize3801.jpg

resize3797.jpg
                 Turbinicarpus graminispinus




グラミニスピナス(Turbinicarpus graminispinus)は、2011年に記載された
本属ではもっとも新しい種ですが、育てやすさも手伝って、種子からの繁殖苗が
比較的容易に手に入ります。特色は枯草に擬態しているとされる長い紙状の刺で、
老成した株では7-8cmの長さまで伸びて絡み合います。
原産地はメキシコ・ヌエボレオン州の南部の狭い地域で、ライムストーンの割れ目に
生えていて、枯草のように見える。所見の印象は北米難物種のトウメヤ・月の童子と
似ているな、というものでしたが、比べるとはるかに育てやすく、今後の普及が
期待できそうです。




resize3787.jpg

resize3782.jpg
               Turbinicarpus booleanus = Turbinicarpus mandragora ssp.booleanus




最後は、これも分類上はややこしいブーレアヌス(Turbinicarpus booleanus)。
地下には肥大した塊根があり、サボテン本体は下部が細い軸のようになっているため、
塊根の本体、ふたつの玉を棒でつなげたような奇妙な姿になります。
私は根を埋めていますが、最近の流行のように塊根を露出させたら、かなり面白い
オブジェになるでしょう。原産地はヌエボレオン州のSan Roberto周辺とされています。

さて、ここからがややこしい話です。
ブーレアヌスに良く似た種に、有名な美針玉(Turbinicarpus mandragora)があります。
ハリーポッターにも出てくる魔術的植物、あのマンドレイクの名を頂く珍無類のカクタス。
その亜種とされる場合、Turbinicarpus mandragora ssp.booleanus ということに。
一方で、美針玉としばしば混同されるサブテラネウス(Turbinicarpus subterraneus)、
という種もありまして、ブーレアヌスはこちらの亜種として、
Turbinicarpus subterraneus ssp.booleanus と表記されることもあり、ややこしい。




resize3781.jpg




いったいどちらなのか。そもそも美針玉とサブテラネウスもしばしば混同されますが、
種子の形態などから、明らかな別種とされています。栽培するうえでは、本物の美針玉は、
メキシコ産のサボテンはいちばん栽培が難しいもののひとつで、お宝級の稀少品。
ブーレアヌスは、塊根と球体のバランスや、刺の生え方など美針玉にとても似ています。
花も透明感ある美しいピンクで、美針玉よりもあでやか。そして、ずっと育てやすい。
しかし、その育てやすさは、サブテラネウスにそっくり・・・。

・・・とかなんとか、頭が混乱してくるのは、マンドラゴラの魔術にかかってしまったからも。
ツルビニツルビニ、マンドラゴラ。ツルビニツルビニ、ブーレアヌス・・・。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

エスコバリア3種。

              
今週もサボテンです。
小型で地味で滋味深い、北米原産の小型種、エスコバリア属からいくつか。
まずはこちら。




resize3000.jpg

resize3001.jpg

resize3003.jpg
               Escobaria laredoi SB289 GeneralCepeda,Coah,Mex.




エスコバリア・ラレドイ(Escobaria laredoi SB289 GeneralCepeda,Coah,Mex.)。
いわゆるガラス白刺の系統ですが、この種の刺はあまりに細かくて、遠目には羽毛のように見えます。
雪のように白い刺のあいだから、濃い桃色の花が咲きます。小輪ですが、中心部にかけてグラデーションで
黄緑色になっていて、単調な色合いではありません。多花性なので、花殻をマメにとらないと汚くなっちゃう。
よく子吹きしますが、白系マミラリアのような整った群生株に仕立てるのはなかなか難しい。
肉質がやわらかく、日照が足りないとすぐに型崩れしやすいのです。
ただ、園芸植物として、そもそものポテンシャルはとても高いので、名人なら品評会で賞を獲るような
作品にも作りこめるんじゃないかと思います。




resize2996.jpg

resize2994.jpg

resize2998.jpg
               Escobaria missouriensis ssp.marstonii RP150 Mohave Co.Arizona, USA




つづいては、全サボテンのなかで最も広い分布範囲をもつ給分丸の小型のバリエーション、アリゾナ産の
マルストニー(Escobaria missouriensis ssp.marstonii RP150 Mohave Co.Arizona, USA)です。
基本種のミズーリエンシス(給分丸)の分布範囲は、北は極寒のサウスダゴダ州から南はメキシコまで。
驚くべきことに、この種から分化したとみらえる近縁種、キューベンシス(Eescobaria cubensis)は、
カリブ海のキューバ原産です。この種の赤く大きな果実が鳥によって広範囲に拡散されたために、
分布域が極端に広がったと言われています。

このマルストニーはアリゾナ州で難物サボ、飛鳥(Pediocactus peeblesianus)と一緒に生えています。
寒暑の厳しい環境にたえるため、小型化し夏や冬は地中に潜りこんで生活するところは、飛鳥と同じです。
自生地を何度か訪ねましたが、見つけられたためしがない。花が咲いてないとまずみつからないでしょう。
鉢栽培でも、写真のような成長開花期は瑞々しく膨らみますが、夏冬は地表面より下に潜り込みます。
その姿がまた、面白く、かわいらしいサボテンです。




resize2984.jpg

resize2982.jpg

resize2987.jpg
                Escobaria robbinsorum SB464 Cochise Co.,Az,USA




最後は、ロビンソルム(Escobaria robbinsorum SB464 Cochise Co.,Az,USA)。
エスコバリアのなかでは難物的に語られることもありますが、成長が遅いだけで丈夫なサボテンです。
小さいながらマッシブな球体に、自生地の石灰岩に同化する真っ白で太い刺が風格を与えています。
この株は実生20年くらい経っていますが、10年目くらいからあと、ほとんど大きさが変わっていません。
成長したぶん、古い組織が縮んで下部にまわっていきます。
自生地はアメリカ・アリゾナ州の最南端にあり、メキシコ国境沿いのダートロードを延々と走らないと
たどり着けないのですが、国境警察が警戒を強めている道なので外国人旅行者は簡単に入れて貰えない。
そのうち、トランプ大統領の「壁」建設でこの種の自生地が壊されなきゃいいな、なんて。

エスコバリア、場所はとりませんので、ぜひお手元に。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる