FC2ブログ

刺サボたちの、その後。

サボテンといえばトゲ、トゲといえばサボテン。
そのトゲ美の最たるもの、フェロカクタス(Ferocactus)属を美しく育てるための
格闘の日々について、以前ここに書きました
カギは、強光、炎暑、乾燥。そして夜間の温度低下。これがすべて達成できれば、自生地ばりの色鮮やかで
雄々しい刺姿が再現できる筈ですが、言うは易く行うは難し。

私の栽培場は都内低地の小ガラス室と、同じく関東南部の田舎にしつらえたビニールハウスと、
2カ所あるのですが、どちらも美トゲ栽培には向いてない。ことに後者は、強い日照や風通しの良さに期待したのに、
これが予想に反してぜんぜんダメ。もとが田圃ゆえに、土から上がってくる湿度が甚だしく高くてうまくいきません。



resize0047.jpg

resize005057.jpg

IMG_2274S_20130421122224.jpg
                  かつての「天蓋フレーム」と、その当時のフェロカクタス


で、刺ものは都会の狭小地に、上のような木造高層フレーム?を構築して何とかこんな程度にはそれらしい刺に
育てていたのですが、その後これが耐震強度の不足で取り壊しになり(このあたり旧エントリーに詳述)、
一から出直しとなったのでした。新たな置き場所は、さんざん迷ったのですが、都内の小ガラス室に移しました。
前に建物があるため、秋~冬は正午前後しか陽が射しませんが、最南面なので春~夏は最も強く陽が当たります。
棚がやや高く、ガラス面に近いところで栽培できるのも長所です。ただ、都内の我が家もかつて沼があった
場所の近くゆえ湿気が多く、また建物が接近しているので風通しもあまりよくありません。



resize0093.jpg
                    現在の、ガラス小温室のフェロカクタス


こちらがその栽培棚雑感。ごくふつうのガラス温室ですね。
出来る工夫として試みたのが、無遮光ガラスを磨き上げ日照を最大限取り込むこと。さらに天窓開放の設定温度を
引き上げ、40度を超えるまでは閉め切ること(高温を実現するため)。以下、あれから約1年半育ててみた、現状。



IMG_2331S_20130421122644.jpg

resize0087.jpg

resize0083.jpg
                  


写真の2枚の赤刺金冠竜(Ferocactus Chrysacanthus)は、同じ個体です。
上は高層フレームでの栽培時。下が現在です。蜜の分泌の多い個体で、以前も多少はスス黴びが出ましたが、
いまは刺座がかなり黒く汚れています。鑑賞上許せるギリギリの感じ。この、刺座がカビて黒く汚れるというのが、
関東低地でのフェロカクタス栽培では最大の困難だと思うのですが、これを防ぐには徹底した乾燥と強光高温環境
しかない、と思っています。実はこのカビが出てしまうのは、9-10月の秋の長雨のタイミング。雨による湿度上昇に
加え、私の栽培場では日照時間がガクンと減り、高温が実現出来なくなります。加えてフェロは、結実期の晩夏~
秋に多くの蜜を分布するため、カビが出やすいのです。もう一枚の写真の紫禁城(Ferocactus diguetii)なども、
新刺は美しいですが、少し下に回ってくると、刺座が汚れてきてしまいます。



resize0075.jpg
                  
resize0088.jpg

resize0086.jpg

resize0095.jpg



一方で、まずまずの状態を維持している個体もあります。
同じ金冠竜でも、上の黄・赤の2株は、蜜の分布量がやや少ないためか、刺座の汚れはさほど酷くなっていない。
刺の出具合も、それほど悪くなっていない。というか、これは元々信州のスゴ刺個体ほどではなかったので
驚くにはあたりませんが、ともかく天蓋→地べたでの、刺落ちは見られません。
下の写真は刈穂・神仙(Ferocactus gracilis)ですが、こちらも刺の強さはまずまず満足の作です。
けれどもよくみると、刺座は少し汚れが増えている。アルコール噴霧なども試みましたが、効果は実感出来ず。
ともあれ、"劣化"をこの程度に留められた最大の理由は閉めきりによる高温維持だと考えています。
夏の最高温度記録は軽~く50度超え。当然、日焼けも続発し、太平丸などはとても置けないことが判明しました。
綾波なんかも、夏の夕方には肌に白いやけどがうかびあがる(翌朝には回復する)。まあ、ギリギリの環境です。



resize0192.jpg

resize0189.jpg
                 「超高温密閉栽培」・・・扇風機を回しても、日焼けの犠牲者が・・・


温室を閉め切りにして激しい高温環境にする、というのは、その昔「伊丹式高温蒸し作り」として伝えられてきた
やり方に少し近い。これは最近の遮光ビニールハウスでの蒸し作りとは異なり、無遮光の丈の低いフレームで、
無遮光高温環境とし、通常なら確実に焼け死ぬところを、度々のシリンジ加湿でなんとか焼かずに育てる、という
かなりハードで、かつ高い技術が求められる栽培法です。この方法では、刺サボもよく育ったそうです。
ですが、私にはそんなことは時間的にも技量的にも出来っこないので、かわりに強力な扇風機を設置しました。
密閉高温下でも、空気が動くことで植物体表面の温度は多少下げることは出来るというわけです。
しかし、上の日の出丸(Ferocactus latispinus)のような、可哀想な例も出てきます。
回復しないレベルの日焼けを蒙っているのに、それでも刺座にはカビがついてる。
この種は蜜が多いので仕方ないところがありますが、まあ、この環境での限界、といったところかも知れません。



resize0186.jpg

resize0187.jpg
                   「ポリカ簡易屋外フレーム」の試行


最後に、もうひとつのチャレンジ。
こちらは、関東南部の田舎栽培場です。日照豊富で、スペースにもゆとりがあるので、大きく育つ刺サボテンには
ぴったりの筈ですが、これがなかなかうまくいかない。元々田圃だった場所のためか、土からあがってくる湿度が
甚だしく高いのです。なので、ハウスにおいた刺ものはあっという間にカビだらけになってしまいます。
ロホの綿毛や兜の刺座さえも黒っぽく汚れてしまうくらい。

なので、屋外にこんなスタイルの超簡易、極く通風のよいフレームを置いてみました。拙ブログにも度々、
コメント頂いている、関西のmasutus名人のアイディアで、透明素材はポリカ板を使っています。
いまのところ、通風がよいせいか、刺座のカビはあまり出ない。ただ、写真(右側のサボ)の鯱頭のように、
刺色がかなり褪せてしまうのです。なぜか?どうも結露が激しいためのようです。地理的環境ゆえなのか、
元が田圃だからか、この栽培場では、春秋の夜温がさがる時期には、草木も栽培棚も、雨が降ったのか?と
疑わせるくらい、結露でぐっしょり濡れそぼります。毎朝毎晩、頭上灌水しているような状態ゆえ、
刺色が褪せてしまうのです。ただ、現在は草地の上に網棚をおき、小さなベニヤ板を敷いた上にサボテンを
並べているだけなので、もっと大面積で土からあがる湿気を遮断するなど、改善の余地がありそうです。
今後このあたりの壁を破れれば、刺サボ栽培に新たな活路も拓けそうです。

きょうは久々のお休みだったんですが、雨で花も見られず、水やりもあたわず・・・で、パソコンのなかで
サボテンと戯れていた次第。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

龍が棲む山。



IMG_1448S.jpg
              Echinocactus polycephalus Habitat above Death Valley(alt.700m), California


せっかくお正月なので、縁起の良さそうなサボテンに登場してもらいましょう。

エキノカクタス・大竜冠(=大龍冠 Echinocactus polycephalus)。
すべてのサボテンのなかでも、その美しさ、野性味、存在感・・・まさに頂点に立つ植物です。
ただし、そこは龍。人馴れしない気高さを持ち、我々の栽培棚に易々と鎮座してくれることはありません。
大粒で頑丈な種は発芽率が極く低く、よしんば芽が出ても落ちが多い。さらにその後もずば抜けて成長遅鈍で、
3、4寸鉢サイズまで育つのに10年を要する。野生株の豪壮な巨躯を温室で実現するのはほぼ不可能です。
運良く見頃のサイズの輸入株を手に出来ても、刺色は褪せやすく・・・到着時の美しさを維持するのは至難。
難物もここに極まれりといった植物なのです。



IMG_1435S.jpg

IMG_1412S.jpg



その龍たちが無数に棲みついている自生地の岩山を、数年前に訪ねました。遠景まで点々と、
巨大な大竜冠の群生株が写っているのがわかると思います。まさに見渡す限り、といった感じでした。
この場所はアメリカ西部、世界で最も暑く過酷な沙漠、デスヴァレー。といっても地の底のような
海抜下の塩だらけの平原にはおよそ植物の姿はなく、そこから這い出るようにハイウェイを登っていくと、
風景は灼けた岩がゴロゴロと転がる山岳地帯にかわってゆきます。標高700mくらいに達したあたり一帯が、
大竜冠のコロニーです。ここには、小さな実生小苗から、メートル級の巨大群生株まで、健康な個体が
高密度に生えています。私は過去に十指に余るこの種の自生地を見てきましたが、なかでも最も美しい
個体が揃った、素晴らしい群落でした。折しも5月の最成長期とあって、新刺の色鮮やかなこと!



IMG_1409S.jpg

IMG_1443S.jpg

IMG_1419S.jpg



刺のタイプは丸刺、ヘラ状の刺、直刺からうねるタイプまで様々な型が同居していて興味深い。
大竜冠はとても自生範囲の広い植物で、アメリカ南西部各州~メキシコ北西部の広い範囲に分布しています。
アリゾナ北部に分布するタイプは、より刺が繊細で黄金色の美しいタイプも稀に含まれていて、亜種の
竜女冠(Ecc.polycephalus ssp.xeranthemoides)として扱われています。こちらの方がやや栽培し易い。
大竜冠は概ね岩がゴロゴロしている山や緩斜面などに生えており、一緒に生えているサボテンとしては、
鯱頭(Ferocactus cylindraceus)やオプンチアのバシラリス(Opuntia basilaris)が定番です。
場所により英冠(Echinomastus johnsonii)や白紅山(Sclerocactus polyancistrus )と
同居していることもあります。この山では他にバシラリスが生えていましたが、乾燥で茎節の傷みが酷かった。
なのに大竜冠はどれもふっくら吸水していて、この灼けるように暑い岩山でご機嫌に暮らしている様子でした。



IMG_1445S.jpg

IMG_1734S.jpg



上の写真はまだとても若い株。まるで鯱頭のような鮮紅色の刺です。栽培下の個体よりも勢いがある感じで、
刺の出具合からして自生地では我々の温室よりも早いペースで成長するようにも思えます。
種を蒔いて数年でこのくらいに育ってくれれば理想的ですが、そう上手くはいかない。
この時のこの場所、5月上旬のお午を回った時間帯。気温は摂氏で35度足らずでしたが、体感的にはもっと
厳しい暑さで、1時間も歩き回っていると頭がボーっとしてきます。黒っぽい岩肌は熱くなっていました。
一方で蒸し暑さはなく、標高もそこそこ高いので、夜は一気に冷え込んで寒いくらいになるのでしょう。
日本の温室でも5月頃に短い成長期を迎えますが、夜温を下げられれば真夏でも育つのではないかと思いました。



IMG_1436S.jpg

IMG_1428S.jpg



美しい若苗はもちろん、この山には巨大な多頭(polycephalus)の龍たちも群れをなしています。
最大のものは群生の径が1.5mくらい。他の植物が殆ど生えていない過酷な場所ですが、この山の個体は
巨大株でも傷み少なく健康そのもの。刺色は成長につれ薄くなるようで、巨大株は黄刺に近い個体も
目立ち、柱状に立ち上がった株も。このあたり同じ強刺サボテンの鯱頭にも同様の傾向がありますね。
見頃は1~2尺くらいの若い群生株で、燃えるように赤い刺をうねらせる姿は、絶句する見事さです。
栽培下では成長が遅く否応なく「超硬作り」になってしまうのですが、出来るだけ勢い良く健康に育てることが、
この難物の美しさを引き出すポイントのように思えます。そのための環境をどうしたら作れるか・・・ですが。



IMG_0711S.jpg
                    Echinocactus polycephalus 10years from seed


最後の一葉は、我が家の実生、大竜冠(写真がほぼ実物大)。
およそ龍の棲み処には相応しくない、都会のバス通りに面したガラス室で生まれ育って、かれこれ10年。
灼熱の岩山で猛る大龍たちには及ばずとも、騒がず動ぜず、じっくり新刺をのばしてくれれば良しとしましょう。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

金鯱の旅。

こんなタイトルをつけると、「おお、ついに見に行ったんですか、メキシコの渓谷まで!」なんて言われそうですが、
もちろんそんなユメが簡単に叶う筈もなく、この場合、旅をしたのは私ではなくて植物のほう。


IMG_2436S.jpg
                Echinocactus grusonii cv. 'short spine'


金鯱(Echinocactus grusonii=上写真はcv.「王金鯱」)。
世界じゅうでもっとも親しまれ、広く栽培されている普及種ナンバーワン。まさにサボテンのなかのサボテンです。
黄金色に輝く巨大な球体は王者の風格。なんて、どの本にもそう書いてあります。
ですが、マニアの間では「駄もの」扱いされ、種から育てる人は必ずしも多くない。確かに住宅事情への配慮を欠いてるしね。
ところが、これから紹介する金鯱にはちょっとした物語があります。まあ基本は同じなんだけど、ちょっと違う。


IMG_2536S.jpg

IMG_2535S.jpg
               Echinocactus grusonii with flower (at botanical garden)


栽培植物は幾千幾万と育てられている金鯱ですが、実は故郷のメキシコで絶滅の危機に瀕しています。
19世紀に発見されて以降長い間、金鯱の自生地はメキシコ・ケレタロ州シマパン(Zimapan,Queretaro)の
とある谷あいの岩山だけが知られていましたが、ここはこの数十年のダム開発で大半が水没し、
あらかた消滅してしまったのです。上の写真はダムに沈む寸前の原産地で撮ったモノ・・・ではなくて、
関東近県の植物園で写しました(スミマセン、うちに花の咲く巨大株を置くような場所がないもので^^;)。
で、この偉大なサボテン界の巨人は、もはや水没しなかった断崖の上部に数本が残るだけと言います。

ところが、21世紀を迎えて、元々の自生地の谷から500キロほども離れたサカテカス州南西部のやはり
切り立った渓谷で、新しい自生地が見つかったのです。これは新種の発見にも勝る、エポックな出来事。
これほど有名で、これほど巨大かつ目立つ植物のコロニーが、今頃になって新しく見つかったというんですから!
前置きが長くなりました。では、ご覧戴きましょう。


IMG_5613S.jpg

IMG_5639S.jpg
               Echinocactus grusonii VZD1153 New Form from Zacatecas

じゃん! ・・・あまりに小さいですね。
蒔いて1年半、。球径はまだ1.5cmほどしかありませんが、これが金鯱であることは取りあえずひとめでわかる。
新しい産地のブランドニュー金鯱であるかどうかは、いくら眺めてもあんまりよくはわからない。
でもこの小さな金鯱はサカテカス州の新産地(San Juan Capistrano)で見つかった金鯱の直系子孫なのです。
実生を極める某名人がチェコから入手した、おそらく産地採取の貴重な種をわけて戴いて、それを蒔いたもの。
Echinocactus grusonii、Zacatecas、で検索すると写真(参考① 参考②)も出てきますが、こちらの産地では
ダム建設の心配もなさそうで、多くの巨大株が小灌木が覆うややshadyな断崖に取りすがるように生えています。
この新発見の金鯱、堂々たる巨躯は旧来産地の植物と変わりませんが、刺は細く長く、球体に沿うようにカーヴし
その数はやや少ない。より優美な印象なんだとか。


IMG_5611S.jpg



なるほど、そう思って眺めていると、きもち長く鋭く刺先を尖らせているようにも見えてくる。いとおしい。
遙かサカテカスの岩山で、今世紀まで人知れず過ごし、小さな種として運ばれた若苗が、いま私の手元にある不思議。

物語はまだ続く。実はさらに数奇な旅を経て私のもとへ辿り着いた金鯱があるのです。



IMG_5713S.jpg
                Echinocactus grusonii grown from seed of old 'Zimapan'plants


ギッチリひしめくように金刺をきらめかせるのは、旧来産地の金鯱。そう、あのダムに沈んでしまった渓谷のもの。
刺はより黄金色で、かつ豪壮な印象を受けます。まあ世界じゅうで栽培されているスタンダードなサボテンです。
新産地のものでもない、あたりまえの金鯱をこんなに蒔いているのはなぜかって?

実は古来の金鯱産地、シマパンの谷がダムに沈むとき、捨て置けないほど立派な大株たちはクレーンで吊りあげられ、
メキシコ・グアナファト州のサボテン保全施設(El Charco del Ingenio)に移植されたのです。この“生き残り”の
金鯱たちが「第二の故郷」に暮らす姿は、有名なサボテン本「The cactus family (Edward F.Anderson)」の
表紙になっているので、見たことがある人がおられるかも知れません。
上写真の実生金鯱群は、ここを訪ねた私の某友人が貰いうけてきた、サバイバーの金鯱の子孫、元野生株同士で
結実した種からの実生苗なのです。いまや本来の自生地を失い「第二の故郷」で暮らすとはいえ、純然たる
野生金鯱を親に持つ第2世代ということになります。
旅に旅を重ねて、わが温室に・・・。考えようによってはサカテカスの新産地金鯱より、稀少かも知れません。
このオールドタイマー金鯱の苗は、写真にうつってるくらいの数があるので、万一欲しい~という方がいたら、
幾人かの方には差し上げられるかと思います。さらに旅してもらうのも良いかと・・・^^。


テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる