FC2ブログ

一点モノ⑨パキポディウム・バロニー・バロニー

  
 我が家の一点モノ、今回はパキポディウム属で唯一の赤花種、バロニーです。この一週間、ちょうど満開を迎えて梅雨空に花をそえてくれました。バロニー種には、2つの亜種が記載されていて、ひとつは真ん丸な塊茎で人気があるウィンゾリー(Pachypodium baronii ssp.windsorii)、そしてもうひとつがこちらのバロニー(Pachypodium baronii ssp.baronii)で、ウィンゾリーとの対比で「バロニー・バロニー」とも呼ばれる植物です。現在、日本で流通しているものは「ウィンゾリー」とラベリングされたものがほとんどで、このバロニー・バロニーと呼ばれるタイプは稀少なようです。うちにも、ウィンゾリーは何本かありますが、バロニー・バロニーの成株はこれだけ。ぱっと見てわかる両者の違いは、ウィンゾリーの塊茎がボールのように丸く肥大するのに対し、バロニーはバット状というか、棍棒状というか、そういった感じに育つことです。




pppresize5748.jpg
   Pachypodium baronii ssp.baronii  in bloom 




 どちらのタイプも、マダガスカル北部の限られたエリアにのみ分布していますが、とくにウィンゾリーの自生地は長らく、その名の由来でもあるアンツィラナナ州(Antsiranana)の「ウインザー砦(Windsor Castle)」の岩山、ただ一か所しか知られていませんでした。現在、この個体群は採取によって絶滅したか、それに近い状態と報告されています。「ウィンゾリー」の自生地は、その後今世紀に入って2か所、新たに見つかりましたが、こちらも個体数は多くないとのこと。一方バロニー・バロニーの方は、もう少し自生範囲が広いようです。




ssresize5705.jpg        
   Pachypodium baronii ssp.baronii grown over 25 years
resize5699.jpg
   Upper part grown outdoors, interval between the spines is narrow



 さて、この株ですが、実は四半世紀ほど育てている輸入球で、おそらくは山木です。うちに来たときは、太めのマジックペンくらいのサイズで、根際がねじ曲がり土がこびりついた、お世辞にも美しい姿の植物ではありませんでした。いま、根元から先端までの高さは1m弱。基部の太さは15cmくらいあります。2枚目の写真で、茎節の刺の間隔が上部の方が詰まっているのは、そこから露地栽培にしたからです。温室内では無遮光でも間延びすることが顕著にわかります。そのまま温室で育てていたらだらしない姿になって、枝が自立できなくなったかも知れません。
 ウインゾリーとの違いですが、ぱっと見ての違いは、このフォルムと、葉のサイズが1.5倍くらいあり、色も濃く皮革のようなツヤと質感があること。かつて、ウィンゾリーの山木も育てていましたが、比べるとまるで違う植物のようでした。塊茎のフォルムや葉の特徴以外で、両者の識別点として示されるのが花の違いです。バロニー・バロニーは花茎が長く、花弁のフリルが強く、花の中心部の「目」の部分が車輪型。ウィンゾリーは、花茎が短く(~8cm程度)、花弁のフリルが目立たず、「目」の部分は五星型。というものなのですが・・・。




dddsssresize5702.jpg

resize5703.jpg
   flower of baronii ssp.baronii, 'eyes' are round like a wheel   
resize5689.jpg
   flower of baronii ssp.windsorii, 'eyes' are star shaped



 実際に両者を比べてみましょう。我が家のバロニー・バロニーの花は、ごらんのとおりフリルは強く出ています。色合いはウィンゾリーとかわりません。花の中心部の「目」は、車輪型でバロニー・バロニーの典型株と一致します。一方で花茎は極端に短く、わずか数センチしかありません。これは、典型的な株とは一致しない。ただ、数年前に咲いたときは倍くらいの長さだった記憶もあるので、花茎の長さは条件によって変わるものでもあるようです。比較したウィンゾリーは、かつて育てていた山木から殖やした株で、兄弟間で多少個体差はありますが、ウィンゾリーの特徴と呼ばれるものをほぼ兼ね備えています。花茎はアベレージでこちらの方が長いです。これをいったいどう考えるか。




resize5746.jpg




 バロニーの仲間はマダガスカル北部の一定の範囲に、様々な特徴を備えた個体群が散らばっているものと思われます。そのなかで、とりわけ顕著な、人の目につきやすい特徴(丸いコーデックス)を持つ「ウインザー砦」の個体群にのみ、ウィンゾリーという名前が与えられたのではないでしょうか。ウィンゾリーと、それ以外のバロニー、といった具合に。でも、それ以外の個体群にも、タイプ産地のものとは異なる特徴を持つものが、実は色々あるのだと思われます。花茎のやたら短いこのバロニー・バロニーは、記載のもととなった基準産地のバロニー・バロニーとは異なるコロニーから来たものかも知れません。
 最近、「ウィンゾリーの山採り株」とされるものを、しばしば見かけます。ネットなどで画像を見る限り、根際こそ膨らんでいますが、かつて入ったウィンゾリーとは違った顔立ちの個体が多い。バロニー・バロニーとの中間型という雰囲気のものも。これらが「ウィンザー砦」の“最後の生き残り”を掘りとったものなのか、後から見つかった2か所の「ウィンゾリー」産地で採取されたものなのか、あるいはウィンゾリー寄りの「バロニー・バロニー」なのか、わかりません。いずれにせよ、バロニーのタイプは、典型的なウィンゾリ以外にも、中間的なタイプも含めて色々あるんだと推察されます。




resize5752.jpg
 



 この種の栽培ですが、バロニー・バロニーとウィンゾリー、どちらもマダガスカル産パキポディウムのなかで特に寒さに弱いものです。冬期、摂氏10度程度の最低温度を維持していてもダメージがあるようで、春に目覚めてこない株が出ます。日本では自然の木々も秋には葉を篩うので、自然なサイクルに感じてしまいますが、マダガスカルでは寒さで落葉することはなく、乾燥で落葉する植物です。葉が落ちるほどの冷え込みは堪えるに違いありません。むかし、ドイツの某園に訊ねてみたら、最低温度20度を維持し、断水もしない方が良い、という答えでした。我が家ではなかなかそんな環境は用意できません・・・。
 そんなわけで、この冬もすっかり葉を落として越冬した、我が家のバロニー・バロニーですが、今年はやたら沢山の蕾をつけて、赤い花を次々と咲かせ続けています。久々の開花だったので、セルフで種がつくか、授粉も試みてみました。結実すれば、また次の楽しみがひろがります。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

一点モノ⑧黒牡丹群生


 長いつきあいの黒牡丹です。
 その昔、世の中がバブル景気に浮かれていたころ、サボテン界も高級種を中心に投機的な盛り上がりを見せていました。その中心になっていたグループのひとつが、牡丹類、アリオカルプスです。日本の業者がメキシコから大量の山木を輸入し、選抜された疣の大きいもの、変わった特質を持つものは百万円を超えたこともあったと思います。ちょっと、いまのマダガスカル植物をめぐる状況と似ていますね。
 当時、私はまだ中高生で、当然何万円もする玉牡丹や象牙牡丹、連山などは手が出ません。ですが、黒牡丹、姫牡丹はタイプ差があまりないこともあって割安でした。この株も当時5cmくらいの株でしたが、数千円だった。ずらりと輸入球が並んだ当時の通販カタログ(当然、紙に刷ったもの)のなかで、数少ない手が届く宝物でした。それが、この株です。




resize5001.jpg
     Ariocarpus kotschoubeyanus 'elephantidens' old imported specimen 
 


 たぶん、四半世紀くらい育てていると思います。いつのまにか、子だくさんの群生株になりました。黒や姫は、その後も少しずつ買い足していったので、いちばん多い時で山木が10本くらいありました。だいぶ自生地を荒らしてしまったことになります。せめて大事に育てて、種もとって絶やさないようにと心がけてきましたが、それでも少しつずつ減って、今は黒牡丹の山木は3本しか残っていない。やはり、長く育てていると次第に活性が衰え、花数も減ってきます。この株と同じ頃買った最古参のもう1本は、立派な綴化になりましたが、5年ほど前に枯れました。天授を全うしたように見えました。そしてこの株もいちどは肌が茶色くなって、もうダメかと思いましたが、根部を大きくカットして再発根させたら元気が出てきた。ちょっと冒険だったけど、やはり根の再生は大事ですね。




resize4998.jpg

resize5005.jpg




 実は、ここ数年、うちでは数多くのアリオカルプスがダメになっています。もちろん大半は種から育てたもので、開花株まで順調に育ってきたもの。原因は、秋の長雨です。とくに、私の自宅から離れた栽培場は、もとが田んぼなので湿度がもともと高い。アリオカルプスは秋咲きですが、咲いたあと萎れた花が、晴れていれば干し固められるのですが、雨ふりが続くと腐ったりカビたりして、そこから成長点が冒されて、数日で腐ってしまうのです。萎れた花をドライヤーで乾かしでもするほか、防ぐ手だてが思いつきません。なので、この黒牡丹は、東京の乾いた温室に避難させていました。特別待遇の甲斐あってか、この秋もたくさん花を咲かせて、そのまま静かに休眠に入りそうです。




resize5006.jpg




(追記)
 ところで、5年ぶりか、もっとそれ以上になるかも知れませんが、ヤフオクへの出品を再開する予定です。家族からの、「植物がこれ以上増えると、人のいる場所がなくなる!」との声に、それでも増やすことがやめられないので、減らす姿勢も示さざるをえなくなりました。。自分で種から育てた植物は全部手元に置きたい派ではありますが、「(泣く泣く)手放す」ことを決意した次第。順調にいけば、初手は冬型の多肉植物を1ダースほど、今週半ばより出品する予定です。
オークション名、URLは、そのときにこちらにも記載します。

→12/5出品開始しました。
出品IDはsoteyashi   以下のURLからよろしくお願いします。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/soteyashi


resize5017.jpg











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

一点モノ⑦白ランポー玉(白鸞鳳玉)

             
白鸞鳳玉(Astrophytum coahuilense)、といわれてもピンと来ない人も多いかも知れません。
ランポー玉(Astrophytum myriostigma)と、どこが違うの?と言う声も聞こえてきそうです。同じ5稜の星形シェイプ、肌を覆う白い星点、確かに一見、同じ植物にも見えます。
でも、白ランポーは、ランポーとは実はかなり異なる特徴を持つ植物なのです。




resize4539.jpg
          Astrophytum coahuilense ex.habitat plant imported 30years ago.



写真の植物は、私が中学生の時に手に入れた、古い古い原産地球です。球形が15cmくらい、高さは40cm近くあります。
手に入れたときは、球径と高さが同じくらい、グレープフルーツくらいの大きさの山木でした。
当時から育てている植物のうち、今も手元に残っているものは多くありません。
この白ランポーが私の温室でいまも特等席におさまっているのは、手に入れたときの思い入れもさることながら、その後も大切にせずにはいられない魅力を放っているからです。




resize4533.jpg

resize4548.jpg
          
resize4541.jpg
          flowers are yellow with a characteristic orange to red throat
resize4545.jpg
          white flecks that cover the plant are very thick



まずは、このフォルムです。ランポー類は数多く育てて来ましたが、私の感性には、この株が一番美しい。たおやかで、豊満な印象を与える絶妙の曲線。上からこの見たシルエットは、栽培30年間、変わりません。稜線は分厚くアレオーレも大きい。これがずっしりした重量感を醸し出しています。
そして、白鸞鳳のレゾンデートルとも言える星白点は、フェルトのように分厚く、年月を経ても脱落せず、ランポー玉の白点とは、まったく違います。白さの質は違うけれど、コピアポア黒王丸と比べたくなる、骨のような白さです。花が咲いていなかったら、生きている植物には見えないくらい。
そして、ランポー玉とのもうひとつの違いが花の特徴です。ランポーの花がすべて黄色なのに対し、白ランポーは濃淡の幅はあるものの、花底の部分がオレンジまたは赤色に染まります。この株は色は薄い方ですが、底部はオレンジです。




resize4576.jpg
          Astrophytum coahuilense 10 years from seed
resize4573.jpg
          left:Astrophytum myriostigma  right:Astrophytum coahuilense



ここでちょっとややこしい話をすると、白ランポー玉とランポー玉は、外形的特徴の近似性から、同一種とする見解、文献も存在します。上の写真、3つ写っているのは、すべて白ランポー玉です。その下の2つ写っている写真、左側はふつうのランポー玉です。違いがわかりますか?
実は古くから園芸家はこの二つが異なる植物だと実感してきました。というのも、兜やランポー、瑞鳳玉、そしてこの白ランポー等を含むアストロフィツム属=有星類(Astrophytum)では、それぞれを掛け合わせて、様々な種間交配種が作られて来ましたが、その際に、瑞鳳玉(A.capricorne)×兜(A.asterias)、白ランポー玉×兜が容易に結実するのに対して、ランポー×兜、般若(A.ornatum)×兜、という組み合わせは、なかなか結実しないのです。このため、瑞鳳兜、白ラン兜はよくあるのに、般若兜、ランポー兜はまず見かけません。
当然、ランポー×白ランポーも、純種同士はなかなか結実しません。最近の、分子系統学的見地からの研究の中でも、アストロフィツム属を<兜・瑞鳳玉・白ランポー>と<ランポー・般若>の2群に分ける見解が示されていて、上述の園芸家の経験知と一致しています。前者のグループは底紅の花を咲かせ、後者は単純な黄色花を咲かせます。この見解に則れば、白ランポー玉は視覚的に似ているランポー玉よりも、兜の方により近いということになります。白ランポーはランポーの白点の多いタイプではなく、実は別種ということですね。




resize4540.jpg




さて、この白ランポー玉ですが、日本のサボテン界ではある時期まではランポーの高級品種的に扱われ、わりと珍重されていました。一方で変異に乏しく、ランポーのように様々な園芸改良種を生み出す母体にはなりにくくかった。
また、成長速度が遅く、栽培も少し難しいので、次第に栽培家の棚からは姿を消していきました。
最近は、かかりにくいランポーとの交配からの戻しなども進んで、白ランポーをベースにした園芸サボテンも作出されているようですが、原種はあまり見かけません。
私がこの株を入手した当時でも、実生育成の白ランポーは数が少なく、売っているのは輸入株が多かったと思います。当時の山木もふくめて、オリジナルの白ランポーを育てている人がいまどれだけいるでしょうか。




resize4535.jpg




ともあれ、この端整なフォルムと、サボテン界で他にないフェルトの肌。観賞植物としても、最新の園芸種に勝るとも劣らない存在感があります。しかもこの風格は、原野で生きていきた野生植物そのもの。
私のもとに来てからも、30年を生き抜いて、今も毎年多くの花を咲かせています。まさに人生の同伴者と言える植物です。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる