長いお別れ。


今年も残すところわずか。
正月には首都圏もドカ雪に見舞われ、夏はお約束の猛暑続き。台風の直撃もあったりして、
とにかく激しい気象現象に見舞われた一年でした。

いま、大半のサボテンや多肉植物は冬休みの状態で、温室内ははしんと静まっていますが、
なかには、ことし永久の眠りについた植物たちも。原因は、極端に振れた気象現象のストレスもこれあり、
でも一番は私の気配りが足りなかったからですね。いくら忙しくても、そんなのは言い訳にならない。
ここであらためて、彼ら彼女らにお別れをしておきたいと思います。



resize0721.jpg

resize0724.jpg
                    Astrophytum capricorne ssp.niveum die full of years



白瑞鳳玉(Astrophytum capricorne ssp.niveum)、として手に入れた古い輸入株です。
その当時は中学生でしたから、今を遡ること30年以上も昔のこと。最初は大人のゲンコツより
少し大きいくらいの小さな株でしたが、それでも球体はねじれ、根ぎわなどもゴツゴツして、
野生株というのは風格あるものだ、と感動したのを覚えています。それからの長い歳月、
機嫌を悪くすることもなく、巨大な花を毎年たくさん咲かせ、高さ50cmを超える柱のように育ちました。
ですが、何の前触れもなく、突然頽れるように逝きました。こんなに大きくても根元は1cmくらいで、
よくこの巨体を支えていたと驚きました。なんとか助けられないかと胴切りしてみたところ、
球体の下の方はほとんどコルクのようになっており、切っても切っても健康な部分が出てこない。
結局助けることが出来ませんでしたが、もはや天寿を全うしたようでもあり、心静かに合掌するのみ。



resize0738.jpg

resize0742.jpg
                    Maihuenia poeppigii succumbed to the heat



マイウェニア・笛吹(Maihuenia poeppigii)。
南米パタゴニアの寒冷地に産する、木の葉サボテンに近い仲間です。
実生から十数年を経て、尺鉢にこぼれる群生株となり、私のすべての栽培品のなかでも、
屈指の貴重品と大事にしていました。温室で暮らしたことはなく、通年屋外栽培で元気に
育っていたのですが、寒さには強いけれど暑さには弱かった。この夏の猛暑で、鉢内の水分が
煮えてしまったようです。株のてっぺんが黄色いのは、中央の主幹が根元から腐ってきたためで、
このあとバラバラにほどけるように死にました。一度でよいから、花が見たかったなぁ。



resize0720.jpg

resize0748.jpg
                    Puya raimondii rotten to the core



プヤ・ライモンディー(Puya raimondii)。
こちらはアンデス高地原産で、巨大なロゼットとなるたいへん貴重かつ有名なブロメリアです。
自生地採集の種から育てられた実生苗を戴いて、大事に育てていました。一見、枯れていないように見えますが、
ロゼットの中心がいじけたようになり、まったく動かない。1ヶ月経つと、下の写真のようになってしまいました。
抜き上げてみると芯がやられている。上から腐ったのか、下から腐ったのか。いずれ上の笛吹と同様、猛暑で
ダメージを受けたと見られます。こうした高地の植物は夏場の温室が苦手なので、雨よけをして外で育てていますが、
台風で雨が吹き込んだし、そもそも今年の暑さは厳しかったのでしょう。一般的に丈夫なはずのプヤ属にあって、
このライモンディーは別格。大変な難物と改めて痛感した次第です。同じ症状で倒れた株がもう1本ありました。



resize0713.jpg

resize0726.jpg
                   Ariocarpus fissuratus ssp.hintonii die unexpectedly in summer



亀甲牡丹ヒントニー(Ariocarpus fissuratus ssp.hintonii)。
毎年綺麗に咲いていた丈夫なサボテンも、今年は花の季節を待たずに褐変してダメになりました。
10年ほど前に、関西の某園から、ほかのサボテンのおまけでついてきた苗です。といって、大事に
していなかった訳ではありません。牡丹類としてはペースよく育ち、ロゼットがくるくる螺旋を巻くのも面白く、
気に入っていた株です。これも夏の終わりに、突然死のような感じでした。もうひと株あるヒントニーとの間で
なんどか種をとって蒔いてきたので、子孫はたくさん残っています。



resize0735.jpg

resize0743_20131222162413a57.jpg
             Copiapoa cinerea ssp.columna-alba  "self-mummified monk"



コピアポア・コルムナアルバ(Copiapoa cinerea ssp.columna-alba KK611)。
これは実のところ、いつ死んだのかもわからないのです。十年ほど前に、ペルーのKK園に大枚をはたき、
サイテス取得など苦労して輸入した株です。植え込んでから(十年で)十数回しか水をやっていないし、
成長らしい成長もしていないのですが、灌水すると膨らんだり、花が咲いたり、生体反応がちゃんとあった。
今年はなぜか春先から膨らむかわりに縮こまってきました。変だと思って植物体を触ると、なんかベコベコする。
で、そのまま放置して今に至ったのがこの姿。おそらく死んでいますが、見たところ、輸入直後の縮んだ状態と
さほど変わらない。まさに即身成仏を遂げた高僧のミイラのようです。
その姿にもなにがしかの風格を感じてしまうので捨て難く、そのまま棚に鎮座しております。



resize0747.jpg

resize0746.jpg
                    
resize0714.jpg
              Pediocactus sileri SB473 died at the age of 20, from seed



最後は、死せる天狼(Pediocactus sileri SB473)。
今年、私にとってもっとも衝撃的だったのが、この株の昇天でした。
難物サボテンの実生をはじめたばかりの'90年代半ばに蒔いたもので、ほぼ20年くらい経っていました。
直径で6cmくらいで高さはもう少しある。球体下部には古い刺座が折り重なるように畳まれています。
花は未だ見ず。しかし、天狼をこれだけ長く生かしてこられたこと自体、私にとって奇跡のようなことで、
毎春、象牙に紅を差したような新刺が出てくると、嬉しくて仕方なかった。水やりは年3回と決めていましたが、
今年、5月下旬の雨の前の灌水が命とりになったか。猛暑の夏を越えて、秋の訪れとともに昇天しました。
濃緑色の肌は数日で瑞々しさを失い変わり果てた姿に。こちらも鉢に植えたまま捨てることが出来ませんね。
天狼、我が家にはこの株の兄弟がひと株と、さらに数年後に蒔いた2株が生き残っています。
その後も幾度も実生しましたが、世話が行き届かず生き残っていません。他は接ぎ木のカキ子苗だけ。
書庫を探ったら、元気だった頃に新刺を勢いよくのばす写真が見つかったので、添えておきます。
まだ日暮れとは思わないけれど、難物開花の道、遠し。

さて、年のおわりに亡骸づくしではあんまりなので、最後に少しだけ元気な植物の姿を。



resize0732.jpg

resize0729.jpg

resize0730.jpg



笛吹。腐りが入らなかった枝のひとつが、なんとか挿し木で生き延びました。あの大群生の再現には
ここからまた十数年待たねばなりませんが・・・。
そして、プヤ・ライモンディー。元気な兄弟と、戴いた種の残りから得た小さな実生苗です。
次の夏は、猛暑対策を考えてやりたいとおもいます。おっと、その前に寒波襲来にも備えねば。

そんなわけで、今年の更新はこれで仕舞いです。少し気が早いですが、皆さま良いお年を。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる