FC2ブログ

続・花咲くオプンチア。


今回は、最近メジャー路線驀進中??のオプンチアです。タネマキストの皆さん、発芽状況は如何ですか?!
さて、オプンチア類の大半は綺麗に花が咲いてこそ、という植物なのですが、私のところではせっかく咲いても
撮影機会を逃してしまうことも多くて、なかなかここに載せられません。
これから紹介する3種類は、ことし私のめったにない休日にあわせてうまく咲いてくれたキトクな子たちですが、
同時に日本ではあまり知られていないマイナーサボの極み、でもあります。



resize0402.jpg
                    


まずはごらんの黄花のオプンチア。すっきりレモンイエローではなくって、微妙にくすんだ色合いが南米ぽいです。
クムロプンチア・スファエリカ(Cumulopuntia sphaerica)です。
かつてはテフロカクタス(Tephrocactus)として扱われていたので、皆さんの栽培場にもテフロの名札が
ついたこの種があるかも知れません。チリからペルーにかけての広い範囲に分布しているため、サイズや刺などの
バラエティも様々で、数十に及ぶ異名が存在します。しかし、南米の玉型ウチワで、長短大小は違ってもこんな
球形~長卵型の茎節に、刺座が均等に散らばったちょっと粗雑な雰囲気のサボテンは、みなスファエリカと思って
良いでしょう。mirusとか、dimorphusとか、berteriとか、kuehnrichianaとか、rauppianusとか、
このあたりの異名はいまも使われていますが、園芸的なタイプ差を楽しむためには便利です。



resize0398.jpg

resize0403.jpg
                    Cumulopuntia sphaerica "KK1831"??



栽培するうえでの性質は丈夫ですが、この種は花つきが極端に悪い。うちに幾つかのクローンがありますが、
毎年咲くのはこの子だけ。写真は花一輪ですが、これは今年の二巡目の開花で、その前はもっと咲きました。
これはペルーの業者 Karel Knizeから"KK1831"のラベルがついて送られてきたものだけど、このナンバーに
該当するのはCumulopuntia dactyliferus 。スファエリカとはちょっと顔が違う筈なのでラベルのつけ間違いかも
知れません。このクローン、開花性は良いのですが、茎節がかんたんにもげてしまう性質があり、気づかぬうちに
シャツの袖口にぶら下がっていたりする。花がないと到底美しいとは言い難いし、刺の凶暴性もかなりのものなので、
人気種になる可能性は乏しいでしょうね。

続いてはナゾの南米オプンチアです。



resize0410.jpg



現時点では未記載種ということになっていて、世界に数百人!は存在するであろうコアなオプンチアマニアの間では、
Austrocylindropuntia sp.Baker5/30 という名前で流通しています。この株はドイツの愛好家から
分けてもらったもの。園芸種かと思ったら、そうではなく未記載の野生種で、Baker氏(誰かわかんないけど)の
コレクションにあったもの、だそうです。
見た感じからすると、Austrocylindropuntia verschaffeltii の、刺がないタイプのように見える。
細くて華奢な茎節を連ねていく感じはよく似ています。



resize0409.jpg

resize0421.jpg
                    Austrocylindropuntia sp.Baker5/30



長くて痛そうな刺がないので強面な印象はありませんが、バシラリスなどと同じで微少なチクチク刺が密生する
Glochid(芒刺)があるので、わし掴みにしたりしてはいけません。この株は刺座が黒く汚れてしまっていますが、
綺麗な状態だとなかなか鑑賞価値があります。花も小輪ですが、ショッキングピンクが目に飛び込んでくるので
インパクトあります。花付きは頗るよく多花性です。長く育てたら、しだれてきそうなので吊り鉢におあつらえ向き。
ウチワ人口の層が厚いヨーロッパでは、普及が進みつつあるサボテンだそうです。

最後はオプンチアの王道。兇悪極まる、刺しゃもじ。



resize0390.jpg

resize0389.jpg



花は最高です。輝くグラデーションのアプリコットオレンジに、少しフリルのかかった大輪。実にゴージャス。
同じくドイツ愛好家から分けて貰ったもので、オプンチア・キモフィラ(Opuntia cymochila)という。
あまり聞いたことがない名前だと思いますが、19世紀に記載された由緒ただしいオプンチア。この株は、
花の綺麗なクローンをセレクトしたものではないかと思われます。
いまの最新分類、New Cactus Lexicon ではトルチスピナ(O.tortispina)のシノニムとされていて、
そのトルチスピナはマクロリザと(O.macrorhiza)とポリアカンサ(O.polyacantha)のハイブリッド
ではないか?と指摘されています。まあ、ほとんど暗号の羅列ですね。
いずれもアメリカ合衆国中西部を中心に分布するウチワサボテンで、私の難物サボテン探しの旅ではしょっちゅう
出くわす面々ですが、これらを同定するのは至難。花を見て綺麗だな-、で終わってしまう。
で、花だけを眺めているととっても素敵なんですか、全体像で見ると、



resize0395.jpg

resize0393.jpg
                    Opuntia cymochila 'apricot flower'



恐ろしく攻撃的な刺です。この鉢に雑草が生えてきても、手出しすることが出来ない。鋭く尖った長い刺の根もとには、
しつこいチクチク、芒刺がびっしり生えています。およそ触りたくない。よって、この株も最初に大きい鉢に
茎節1枚だけ植えて、以降は植え替えせず。栽培そのものはきわめて容易。ニューメキシコ原産(とされる)なので、
寒さにはきわめて強く、氷点下8度まで下がる場所で、屋外雨ざらしで越冬させています。寒いと、茎節が
赤茶色になって縮みますが、これは自生地でも同じ。そもそも花付きは良いですが、春先に温度のあがるハウスに
取り込むと一枚の茎節にひとつ以上の蕾がつき、一斉に開花するので圧巻です。ちなみに今年は花時期に雨が
重なったこともあり、バラバラ断続的な開花になってしまいましたが、その分、2週間以上楽しむことが出来ました。
花の美しさでいえば、我が家のオプンチアでも、随一ですが、刺の恐ろしい様相は、この種の普及を長期間に
わたって妨げることになるでしょう。


はてこのエントリー、オプンチアの魅力を伝えることになったのかな。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

オプンチア・フラギリス


いわゆるシャモジ型のうちわサボテン、数多あるなかでどれか選んで育てるなら・・・と問われたら、
真っ先にあげたくなる種類がふたつあって、そのひとつがバシラリス(Opuntia basilaris )。
そしてもう一方が、このフラギリス(Opuntia fragilis)です。
前者は青肌短刺に濃ピンク花の素晴らしい植物ですが、栽培がやや難しいところがあります。
対して、このフラギリスは大変丈夫で花つきも抜群です。しかもコンパクトで場所をとらない。
なんといっても見て下さい、この豪華な花!これで、野生手つかずの原種ですよ。



resize0208.jpg

resize0203.jpg



フラギリスは純然たるオプンチアですが、その茎節は2-3cmくらいと小さく、シャモジやウチワというより
豆とかウズラの卵といった様子です。また茎節は簡単に脱落するので、学名もそこから来ています。
刺は長短いろいろありますが、用心深く扱わないと痛い思いをするのはこの仲間の他種と同様。
地面に平伏するように育ち、丈高くは育たない。大半のオプンチアがそこそこ大株にならないと咲かないのに
対して、この種は4-5寸鉢くらいで群開するので、圧倒的に扱いやすいです。植え替えなどもそれほど苦に
なりません。ちなみに、オプンチアの植え替えには革手袋(ホムセンで売ってる、300円くらいのでじゅうぶん)が
チクチクが刺さらず、具合良し。



resize0202.jpg

resize0209.jpg
                    Opuntia fragilis SB1423 Nebraska,USA



フラギリスはアメリカ中西部からカナダ・アルバータ州の北緯58度!までの極めて広い範囲に分布しています。
上の写真の個体は SB1423 というフィールドデータのついた植物で、米・ネブラスカ州(Nebraska)産。
ネブラスカとか言われても、スプリングスティーンの唄くらいしか思い浮かばない寒そうな処ですが、
サボテンも生えてるんですね。あときっと北極丸(Escobaria vivipara)も近くにあるでしょう。
とにかく寒さに強いのが特徴で、氷点下20度くらいへっちゃら。おそらく北海道でも露地で越冬するのでは
ないかな。厳寒期に露地に放置すると、寒さで縮こまり色つやも極端に悪くなりますが、それが本来の冬の姿。
とにかく北米の広い範囲に生えている、まあ雑草みたいなサボテンなのでタイプ差もさまざまで、近縁他種との
交雑も多く見られます。



resize0213.jpg


resize0219.jpg


resize0216.jpg

resize0195.jpg

resize0194.jpg
               Opuntia fragilis in habitat, N of Bicknell, Wayne County, Utah



上の写真は米ユタ州中部の高原地帯にあるコロニーです。同じ場所に月華玉(Pediocactus simpsonii)も。
ここでは、近縁のポリアカンサ(Opuntia polyacantha)と一緒に生えており、様々な顔つきの交雑種が
混生しています。殆ど刺のないコロコロした茎節の、ほぼフラギリスそのものと思われる個体から、
平べったい茎節に長い刺を密生させたポリアカンサっぽいものまで、ごちゃまぜです。さすがにこの種のタイプ違いを
コレクションする人はいないだろうけど、自生地で顔を見比べるのは面白いです。ここでは、茎節や刺姿は
実に様々なのに、どれも同じ様な黄色花を咲かせていました。



resize0196.jpg

resize0198_20130501022406.jpg

resize0200_20130501023035.jpg
                    Opuntia fragilis cv."Freiberg"



フラギリス、日本では推定栽培者数は下手するとヒト桁くらいしかいないかも知れませんが、欧米では
耐寒サボテン(Cold Hardy Cactus)として一定のファンがいます。寒さに強いので、屋外のロックガーデンなどで
育てる人も多いのですね。それで、美花作出を目的として、さまざまな園芸改良種も作られています。
上の写真はそのひとつ、赤花のフラギリス“cv.Freiberg”。なにかの血が混じっているかも知れませんが、
刺の短い丸々した茎節と、豪華な赤花は見ごたえがあります。日本ではなかなか手に入らないですが、
ウーリヒなどはいろいろ扱っていますね。



resize0207.jpg



最後に栽培について。とにかく丈夫で、枯れる心配、腐る心配はあまりしないのですが、花をよく咲かせる
ためには、冬に寒さにあてつつ、春先の成長初期にたっぷり水をやり元気良くスタートダッシュさせること。
私は冬場は雨のあたる屋外に放りっぱなしにしています。そのまま露地で春を迎えても花は咲きますが、
春先の急な温度上昇が出蕾のカギなので、2月下旬にハウスに取り込むというのが効果的です。
テフロカクタスなどと違って、早くに水をやると花芽が茎節に変わってしまう、ということはあまりなく、
勢いをつけてやることのほうが肝心なようです。耐寒性バツグンで、花サボとしてもなかなかゴージャスな
フラギリス。鉢植え庭植えに是非おひとつ、如何でしょう?




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

げんこつサボの子どもたち。

オプンチアといえば、もっとも不人気の類であって、およそサボテン園芸の範疇から除外されており、
せいぜい接ぎ台か、屋外植裁用くらいのもの・・・長年そんなふうに理解し、だからこそ天の邪鬼な愛着も感じてきました。
でも、最近はそうでもないようで、変わったモノ、珍しいモノを求めて、海外から種をとりよせて蒔いている方も
結構おられるようです。世に変人、我独りにあらず。
私は数年前からウチワサボをあれこれ蒔いてきましたが、今年はブーム到来?に気をよくして南米種を中心に
数十種類を播種。やりすぎです。もっとも、芽が出たのは数えるほどでしたが・・・。


IMG_4304bS.jpg


この類は周知のとおり発芽率がとっても悪い。新しい種ならよく生えるかといえば必ずしもそうではなく、
数年経って突然一斉に芽を出したりするけど、その理由はわからない。
そんなわけで、ウチワ類の実生バッドは、いまの季節になっても屋外に置いたままです。

今回は去年蒔きの苗からいくつか、南米テフロなど、げんこつ系サボの小苗を紹介します。


IMG_5752S.jpg

IMG_5753S.jpg
               Tephrocactus alexanderi ssp.geometricus JN513 Loro Huasi,Catamarca,Arg.
IMG_5760S.jpg
               Tephrocactus alexanderi ssp.fiambalensis KP612 Fiambalá 1684m,Catamarca,Arg.


今年あたり、国内各地の栽培場で「コロニー」が形成されつつある、南米ウチワ・テフロカクタスの仲間、
ゲオメトリクス(Tephrocactus alexanderi ssp.geometricus JN513 Loro Huasi,Catamarca,Arg.)。
これは去年蒔きなので、発芽1年数ヶ月経っていて、すでに親株の雰囲気が出てきています。
同じロットの種ですが、刺の具合には個性があるようで、2枚目の写真の株はほぼ無刺。
大きくなってもこのままでいくのかどうか、興味が湧くところです。
ちなみにこの種については性懲りもなく今年もまた蒔いてしまいました。発芽も良いんですよ、なぜか。

ちなみにいちばん下の写真、刺ツンツンのは同じアレクサンデリ系の産地違い、フィアンバレンシス。
Tephrocactus alexanderi ssp.fiambalensis(KP612 Fiambalá 1684m,Catamarca,Arg.)。
刺ありのアレクサンデリも、なかなか鑑賞価値は高いのですよ。

つづいてもテフロ。


IMG_5742S.jpg

IMG_5744S.jpg
               Tephrocactus papyracanthus xinermis intermediade KP622 La Rioja 952m Arg.


こっちは十数粒蒔いたんだけど、出たのは一本きりでした。
Tephrocactus papyracanthus x inermis intermediate (KP622 La Rioja 952m Arg.)
って記載なので、昼のミサ×松笠団扇のインターメディアフォームってことになる。なるほど。
たしかに両者の中間的な姿をしてます。この極短の紙状刺がこの先どのくらい長くなるかで、印象がかなり変わるけど、
出来るなら松笠っぽい、刺ナシな感じが残るといいなぁと思ってます。
あと、これ1本しかないから、枯らさないようにしないとね。

次のは何か、わかりますか?


IMG_5731S.jpg
               Tephrocactus bonnieae=Puna bonnieaeIMG_5734S.jpg
                Maihueniopsis mandragora Piltz-5490 yellow flower                              
IMG_5725S.jpg
               Miquelopuntia miquelii (=Comulopuntia miquelii KP789 W Coquimbo,Chile)


この3株は別種です。それぞれ1本ずつしか発芽しなかった。
上の写真のやつは、なんとなく親株の雰囲気が出てきてるので、わかる人にはわかるでしょう。
テフロ(旧プナ)・ボンニアエ(Tephrocactus bonnieae=Puna bonnieae)です。
最近とっても人気があって、ゲオメトリクス同様、国内で急速に分布域を拡大中の南米ウチワサボ。
ボール状で刺が痛くないところはゲオメトとよく似てるけど、それってポピュラリティ獲得の条件なのかも。
こいつはまだ1歳なので、ひょろひょろしてますが、茎節に張りついた刺の感じは、親株と一緒です。

真ん中の写真はマイウエニオプシス・マンドラゴラ(Maihueniopsis mandragora Piltz-5490 yellow flower)。
なんだかおどろおどろしい名前ですが、こちらも大きな塊根を持ち、刺の痛くない丸っこい茎節がポコポコ群生する。
面白い姿なので人気が出て良さそうですが、似た種でヤマコケシと呼ばれるサボテンが流通しています。
いまのとこ、細長くてなんのサボテンか判らないけど、たぶんあってるんじゃないかと。

いちばん下は、おそらく最もマイナーな南米ウチワのでしょう。ミクエロプンチア・ミクエリィ。横文字で書くと、
Miquelopuntia miquelii(=Comulopuntia miquelii KP789 W Coquimbo,Chile)。和名たぶんなし。
姿は粗雑、トゲ凶悪、しかも丈が伸びてデカくなる。およそ栽培向きではありませんが、珍しいことは珍しい。
発芽しにくく、これまで何度か蒔きましたが、苗が得られたのは初めてです。
まだ小さいので恐怖を感じるまではいきませんが、密生した芒刺(glochid)が将来の凶暴さを予感させるね。


最後はちょっと綺麗めのやつ。


IMG_5727S.jpg

IMG_5736S.jpg
               Austrocylindropuntia floccosa Puno Peru


南米ウチワ最高の美種のひとつ、フロッコサ(Austrocylindropuntia floccosa Puno Peru)です。
去年、発芽したものですが、成育が比較的早く、大きいものは高さ5cmくらいに育ってます。
すにでフワフワの白い毛髪状刺が出てきて、雰囲気が出てきました。
この種は、南米アンデス山麓の標高3500-4000mの高地に分布し、寒さには強いけれど夏の高温多湿時期には
とっても徒長しやすい。丈低くがっしり、白毛豊かに仕上げるのはなかなか困難なサボテンなのだ。

また、発芽も困難で、これまで何度も蒔いては挫折。この株の種は3年前業者から購入したもので、
どうやっても出ないから諦めて外に放りっぱなしにして忘れていたら、11月の末になって突然ゾロゾロと
芽が出てきました。それから冬のあいだいっぱいぐんぐん育って、夏は休ませた。
経験では、大株を夏に動かすとデローっと間延びして見苦しくなります。
発芽時期からみても日本では初冬~春に育てるのが良いサボテンなのかも知れません。

実はこのフロッコサについては、貴重な産地採取の種をある方から戴いてこの春蒔いたのですが、発芽せず。
新鮮なら発芽するというものでもないことが分かります。これから寒くなる時期、外に放置して霜にあてれば
芽が出るのでは・・・と期待しているところです。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる