ある植物園の話。

               
私の栽培場がある方面に、といっても、小一時間くらいは離れているのですが、
「南房パラダイス」という植物園があります。正確には、ありました、というべきなのか。
そもそもは1970年に県営の施設として開業したそうですが、長年にわたり赤字が続いたことから、
運営主体が幾度かかわり、ついには民間に売却され、去年「アロハガーデンたてやま」という名称で
リニューアルオープンしました。いまも、地元の人は昔の名前で呼んでいたりしますが。
私は“南パラ”時代も幾度か訪ねていたので、どうかわったのか、見てきました。
なぜかハワイアンソングが流れる場内。でも、展示内容はそれほど変わっていないようです。




resize0854.jpg

resize0855_2015021522512077e.jpg

resize0747_20150215225429522.jpg

resize0756_201502152252504a8.jpg

resize0753.jpg




施設は廊下のように数百メートルも続くガラス温室、そして大型のヤシ類が植えられた巨大なドーム温室と、
植物園としての設備は充実しています。いまや導入不可能とさえ思われる枝打ちした巨大な鬼ソテツが何株もあり、
サボテン室には開花サイズの金鯱がずらりと植わっています。ドーム温室にも、大きな旅人の木やトックリヤシが
そびえています。おそらくこれらの大半は開園当時からの生き残りと思われ、他の多くのゾーンではブーゲンビリアや
ハイビスカス、ドラゴンフルーツなどがずらっと植えこまれていたり、あるいは季節の花鉢が雛壇上に空間を埋めて
いたりします。それらを季節で入れ替えていつも花いっぱいという演出でしょう。かつての、博物学的に熱帯植物が
配置された図鑑的空間から、よりガーデニング寄りランドスケープ寄りの展示に変わりつつあるのだと思います。
しかし、悪く言えば園芸センターの花鉢コーナーに近づいてしまった、という気もする。




resize0781_20150215225547dfb.jpg

resize0783.jpg

resize0768.jpg

resize0759_20150215230441334.jpg




入場者を観察していると、大半の人たちは一度も立ち止まることなく温室を通過していきます。“廊下”なので、
先を急ぎたくなる心理も働くのかも知れませんが、足を止めてなにかをじっと見る、という人があまりいない。
ハイビスカスやブーゲンの花を、風景としては眺めていても、仔細に鑑賞する姿を見ないのです。
こんなに色々なハイビスカスを見られる場所はそんなにないと思うのだけれど、みんなそこには気づかない。
他にも、ブロメリアのコーナーもあるし、さまざまな果樹花木、チランや洋ランの展示などもある。細かく見れば
植物好きなら一日かかる。そして、これだけの施設の運営コストを考えれば千円そこそこの入場料も安いものです。
なのに、なぜ人が集まらないのだろう。




resize0771.jpg

resize0788_20150215230254721.jpg

resize0773.jpg




私が子どもの時分、高度成長期の終わり頃までは「熱帯植物」という言葉には、なにか特別の響きがありました。
見たこともない熱帯のジャングルや沙漠の植物が生きている状態で植わっているなんて、それだけでスゴイみたいな。
けれど、「熱帯」が週末パックツアーの圏内になって久しい昨今、そのエキゾチズムだけで人を集めるのは難しい。
非マニアックな人々、つまり温室を立ち止まらずに歩き過ぎる人々にとっては、これらの植物は、それを見るために、
わざわざ房総半島の突端まで足を運ぶほどのものではないのかも知れません。
かつて、泊まりがけで伊豆のシャボテン公園に連れて行ってもらうのが夏休みの一大行事だった時代。
もちろん、植物園を見ることがメインイベントでした。ちなみに、そのシャボテン公園を大人になってからも訪ねたけれど、
同じような展示でもなにかが違う印象を受けた。私は子どもの頃から“マニア”だったわけですが、その当時感じた、
サボテン好きが思いのままに作った疑似沙漠のような光彩が、植栽から薄れたような気がしたのです。
植物から動物に、あるいは博物館的空間から公園的空間に展示の重心が移ったからかも知れません。
しかし、そのシャボテン公園も経営をめぐってゴタゴタが続いているという記事を、どこかで読みました。

では“南パラ”のサボテン室はどうでしょうか




resize0814.jpg

resize0805.jpg

resize0821.jpg

resize0810.jpg

resize0817.jpg




感想はさまざま、あるでしょう。でもいまや、サボテン専門温室があるだけでも、私などは嬉しい。
古くからあると思われる大きな金鯱や、マミの白珠丸の大群生に開花サイズの毛柱サボテン。
しかし、これらの丈夫な大型サボテン以外は長く維持できないようで、前来た時と違うサボテンも地植えされています。
兜に鶴巣丸に光山・・・これらを植物園の環境で地植えして長く元気に育てるのはそもそも難しいから仕方がない。
他には、ちょっと物悲しいロフォフォラなどの鉢植え・・・どなたか愛好家からの寄贈品でしょうか。さらに、やれた感じの
ノトカクタスがずらっと並んでいたり、植え替えられた痕跡のない接ぎ木のパキポ・ブレビカウレ群など、不思議です。
このサボテン室は、熟達したマニアからすれば、名品も珍品もない、ということになりそうですが、子どもたちや、
鉢植えサボテンしか知らないマニア予備軍の人たちにとっては、混沌ぶりがかえって、奥行きを感じさせてくれる
素敵な展示だと思います。私など、金鯱たちがデンと居座っているというだけで、この場所にずっといたくなりますが。




resize0802.jpg

resize0800.jpg

resize0812.jpg




さて、この“南パラ”、「アロハガーデン」に改装されたいまも、場内はすいていてゆっくり植物を見ることが出来ます。
熱帯植物温室だけでなく、動物とのふれあい空間も楽しい。原色のインコを肩や手に乗せたり、動物や水鳥に
直接給餌する体験もできます。少し残念なのは、かつてあった「蝶の温室」が閉鎖されていたこと。ぜひ再開してほしい。
もっとも、ジャポニカ学習帳から“気持ち悪い”という理由で昆虫の図柄が消されてしまう時代ですから、蝶がそこらじゅうで
羽化している温室なんか、入りたくない、という人が多いのかもしれない。うーむ難しい。さらに気がかりなのは、
“南パラ”の民間譲渡の際の条件が、今後10年間の運営存続だったということ。裏返せば、今のように“すいている”
状態が続けば、その先はどうなってしまうのか定かでないということ。植物園より儲かりそうな、別の用途に転用される
可能性があるかも知れません。現状、園の存続のために、より広く集客するために、マニアックな個別展示よりも、
インパクトのある花絨毯やデザインされた庭園風景に力点が移るのは当然なのかも。




resize0737.jpg




それでもなお、私がいまも感じる“南パラ”の魅力は、植物園の原風景のようなもの。
景観化、一般化されない固有名の世界がそこにあり、知的探究心の入り口がなおたくさん残されているところです。
観光客の大半が素通りする温室のそこここに、それはあるはず。
機会があれば、ぜひいちど訪ねてみてください。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

タイサボ。


前回につづき、タイ・バンコクの花市。今回はサボテンです。



IMG_7646S.jpg

IMG_7632sS.jpg

IMG_7614S.jpg

IMG_7592S.jpg



園芸的な嗜好性はやっぱりアジア的です。そのままの原種や花の美しい南米サボテンなどが一定の人気を集める
欧米とは異なり、姿形の特異なもの珍妙なものを見出して極端にまで改良を進める風で、日本ともよく似ていると
思いました。白点びっしりの兜やアリオカルプスの優形種などは人気のようです。また、気候があうのか日本では冬が
苦手なディスコカクタス、メロカクタスも目立ちました。こちらは接ぎ木が盛んなようで、アストロの園芸改良種などは
台付きが幅を利かせていましたが、なんだかウイルス罹患っぽい肌の汚い株もけっこう目につきました。
そんな中、「お!」と思ったのが、このキリンドロプンチア。刺が痛いので日本では敬遠されますが、なかなか綺麗だと
思いませんか?



IMG_7623S_20121002181648.jpg

Bangkok03S.jpg



一目で「日本直輸入」とわかる(日本語の名札が刺さってる)サボテンをずらりと並べたお店も。お値段は
「輸入品」だけあって、日本の市場価格よりちょっと高いくらいですが、けっこう見ている人多かったです。
そしてちょっと面白いと思ったのがこれ。姫ヤマカル柱?でしょうか、子吹きモンストした小型柱サボテンの上に、
緋牡丹などのカラフルな斑入りサボテンが色違いでいくつも接ぎ木されています。これらは元来「和モノ」のサボテン。
いまや様々なカラーバリエーションがアジア各国で大量に生産されていますが、こんな楽しみ方もあるんですね。



IMG_7734S.jpg



同じ日に、バンコクの町中にあるサボテン・多肉の小売業者さんも訪ねました。屋号は、「DEAWCACTUS」さん。
日本でいうと都内の鶴○園さんみたいな感じのところ。栽培場は広くないですが、マーケットには出ていないような
高級種がビッシリ並んでいます。比率はサボテンと多肉が半々といったところ。ただし、常夏の気候ゆえメセンは皆無。
ベンケイソウ科の多肉もほとんどありません。ユリ科では、ガステリア、アロエはあっても、ハオルチアは少ない。
ユーフォルビア科、ガガイモ科、キョウチクトウ科等々の熱帯産のコーデックスは年中成長期のようで幸せそうです。



IMG_7756S.jpg

IMG_7757S.jpg

IMG_7743S.jpg



日本では冬が心配な熱帯多肉、ユーフォのギムノカリキオイデス(Euphorbia gymnocalycioides)や、
プセウドリトスのクビフォルミス(Pseudolithos cubiformis)などの希少な多肉がずらっと並んだコーナー。
熱帯ガガイモなど日本ではちょっと油断すると落としてしまうのですが、どの株も健康そのもの。実もついていましたから、
どんどん増えていきそうです。
このユーホ・ツルビニフォルミス(Euphorbia turbiniformis)は実根です。日本では接ぎ苗しか見かけませんが、
これらは接ぎ苗をカットして挿し木発根させたとのこと。実は私も同じこと試したことがあるのですが、細っそい根しか
出なくて、次の冬を越えられませんでした。故郷では冬を経験しない植物ですから、バンコクの方があっています。



IMG_7761S.jpg

IMG_7772S.jpg

IMG_7771S.jpg



コーデックスも元気です。アデニア・グロボーサ(Adenia globosa)、アデニア・バリー(A.ballyi)、
いずれも日本では冬に水を切るのでシワシワになり、肌が傷んだりするのですが、ここならその心配もなし。
こちらウンカリーナの桃花、欲しいなと思ったのですが、作出したばかりで非売品と言われてしまいました。
私が食指を動かす植物は、どうしてか売ってもらえないものが多いです。
このほか、パキポディウムやアデニウムは立派な株がたくさん。オニソテツの大株も置いてありました。
マダガスカルからの輸入株をおぼしきものもありましたが、この気候なら実生してよ、と思わなくもない。

つづいではサボテン。



IMG_7762S.jpg

IMG_7748S.jpg

IMG_7764S.jpg



お約束のアリオカルプス(Ariocarpus)とアストロフィツム(Astrophytum)。
兜は2寸5分鉢植えの小苗がびっしりと並んでいます。ひとはち3-700バーツ。それほど高くはありません。
アリオカルプスなどは、接ぎ下ろしっぽい苗が多かった。園芸改良の進捗具合では、兜やランポー、牡丹類の顔を
見る限りでは、この手の育種はまだ日本の方が先を行っているようです。そして、園芸多肉と言えば、ハオルチアの
玉扇・万象ですが、これらはあまり置いていませんでした。やっぱり環境があわないのかも知れません。
タイではモンストっぽいものが特に人気のようで、色々な種類があります。この鬼面角?のまきまき螺旋稜のものは
1万5千円くらいしたかと思います。日本では、こういう仲間はマニアは喜ばないので、かえって新鮮に映りました。



IMG_7742S.jpg

IMG_7776S.jpg



こちらはちょっと驚いた、チリ産のコピアポア原産地球。KK(ペルーの業者)から引いたのか?と訪ねたら、
違うそうで、チリのアマチュアみたいな人から送ってもらった苗なんだそう。値段は2万円強だったので、
日本で最近出回っている価格より少し安いくらいかな、と思いました。実生からこの風格を生み出すべく、
私など30年計画で奮闘しているのですが・・・。
そして下の写真はユーベルマニアの最新種エリオカクトイデス(Uebelmannia pectinifera 'eriocactoides')。
まだ日本でもあまり出回っていない稀少種もちゃんと置いてありましたが、非売品とのこと。

そしてさらに驚いたのが・・・



IMG_7770S.jpg

IMG_7767S.jpg

IMG_7769S.jpg



私が愛してやまない北米難物サボテンもしっかりあったことです。
ペディオ斑鳩(Pediocactus peeblesianus ssp.fickeisenii)に、月の童子(Toumeya papyracantha )。
さらには黄金刺の白虹山(Sclerocactus polyancistrus 'fulvispinus')まで。冬季マイナス20度を
耐えるかわりに高温多湿が苦手なこれらのサボテンが、バンコクで育てられていることが驚きでした。
同じ棚に炎天のソマリア産多肉、クラサ(Whitesloanea crassa)が並んでいるのがシュールな眺め。
これらの苗、根元を見てもらえばわかるように、エキノケレウス(Echinocereus)などに接ぎ木されています。
とはいえ、日本でさえ栽培至難なこれらのサボテンにチャレンジする人がいることに感動しました。



IMG_7733S.jpg

IMG_7785S.jpg



最後に、園の外の路上で目についた灌木。これはペイレスキア・ブレオ(Pereskia bleo)というサボテンです。
いわゆる木の葉サボテンの仲間ですが、耐寒性が乏しいこの仲間のうちでもとりわけ弱い。日本で栽培する場合でも、
最低摂氏10度以上をキープしないと枯れてしまいます。杢キリン、桜キリンなどが越冬する環境でも、ダメになる。
ブレオは、赤~オレンジの鮮やかな花をたくさん咲かせ、かつトゲがとっても痛いので、バンコクではそこここで生け垣に
利用されています。下の写真はその果実。これがまたコマのような形と、みずみずしい質感が魅力的なんですが、
囓ってみたら、酸っぱいばかりでとても美味しいとは言い難かった。中には大きくて黒い、艶々の種が入っていました。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

バンコク花市。


夏休みに、家族接待がてら、弾丸ツアーでタイまで出かけました。
仕事以外でサボテンの生えていない国に旅するのは久しぶりでしたが、なんのことはない、
やっぱり植物を見ている時間が長かったです。



IMG_7645SS_20120920103940.jpg
                   Chatuchak flower market


バンコクについた初日が水曜。有名なウィークエンドイマーケットが開かれるエリアで、花市がひらかれる日です。
ヂャトヂャックのウィークエンドマーケット(Chatuchak)は、その名の通り週末に開かれ、衣類生活雑貨
その他膨大な品物が商われる巨大縁日のようなものですが、平日の水・木には、メインのマーケットの空き地を使って
花市が開かれるのです。



IMG_7585SS.jpg

IMG_7578SS.jpg

IMG_7589SS.jpg

IMG_7640SS.jpg

IMG_7586S.jpg



狭い道路沿いにところ狭しと鉢が並べられ、その隙間をヒトと車がせわしく行き交うようすは、
まさにアジアのマーケットという風情。そこで売られている植物は実にさまざま。色とりどりの花鉢や
観葉植物がずらり。熱帯スイレンにソテツ類、ブロメリアなど、熱帯ならではの植物が目を惹きます。



IMG_7663S.jpg

IMG_7581SS.jpg

IMG_7679S.jpg



山採りのランやビカクシダなどがぞんざいに山積みされていたり、果実のサンプルを吊したバナナ苗の専門店も。
これほど多種多様な園芸植物が一カ所でみられる場所は日本には存在しないでしょう。2日でも3日でも
楽しめそうな場所ですが、今回は数時間でわーっと見て回り、気になったものをスナップしてきました。



IMG_7688SS.jpg

IMG_7588SS.jpg



このマーケットに限らず、どこでも目につくのがこちら、アデニウム(Adenium)です。キョウチクトウ科のコーデックスでは、
日本では塊茎の芸に幅があり、寒さにもやや強いパキポディウム(Pachypodium)が人気ですが、タイでは
塊茎部分を丸々と盆栽的に作ったアデニウム(これはすでに日本にも随分入ってきていますね)のほか、
花改良がとても盛んです。寒さに弱いかわりに、暑い季節にはとても元気な植物で、花も長く咲き続けうので、
常夏のタイにぴったりなのでしょう。色変わりに段咲き、葉変わりに斑入りと、続々新しい園芸種が生み出されています。



IMG_7682SS.jpg

IMG_7684SS.jpg

IMG_7685SS.jpg



もうひとつ、タイで特に人気があるのがサンスベリア(Sansevieria)です。アガベの仲間ですが、やや寒さに弱いので、
日本の無加温室での栽培には注意が必要ですが、様々の形をとって展開する重厚感のある濃緑の葉は、サボテン好き、
多肉好きにも強く訴えてくるものがあります。葉幅が広く、ダルマ型の詰まった感じのものはやっぱり人気のようで、
それに斑入りが加わるとビックリするようなお値段になります。真ん中の写真、Sansevieria mafinga の斑入り株、
35000バーツ、の値札が見えるでしょうか。その下のピングイクラ(S.pinguicula.)でしょうか?
この極上の斑まわりの株は、もっと高かったかと思います。飛びきりの個体には大枚をはたいて惜しまない、という
園芸熱の高さを感じました。
にしても、洋の東西を問わず、斑入り植物の世界は経済的に敷居が高いですね(汗)。



IMG_7664SS.jpg

IMG_7656SS.jpg



こちらは「お芋屋さん」。
家内は「これ食べられるの?」と真顔で聞いていましたが、実際に薬用植物として売られています。
ズラリと並んだショウガの仲間の塊茎など、実に魅力的でしょう?どんな葉っぱが出るんだろう?
どんな花が咲くんだろう?と好奇心が膨らむばかりです。
私には食欲のツボにではなく、サボ欲のツボに訴えてきましたね。



IMG_7673SS.jpg

IMG_7676SS.jpg



圧巻だったのがこれです。なんだか分かりますか?
タイなど東南アジア原産の塊茎インパチェンス、ミラビリス(Impatiens mirabilis)の斑入り。
実は、この植物の自生地を見たい、と言うのもタイを旅先に選んだ理由のひとつでした。
この個体はおそらく山採りの株でしょうから、まさに一点モノということになります。
私は斑入り植物に特段のこだわりを持つ方ではありませんが、緑色の岩石のような迫力ある
巨大コーデックスとの対比もあいまって、純白の斑色が目に焼きつきました。
アジア原産のこれら塊茎インパチェンス自体がまだまだ珍品で、日本での流通も少ないものですし、
そのまた斑入りとなると、大変な貴重品です。挿し木で増やすことは出来そうですが、この塊茎の迫力は
再現困難でしょう。こころみに値段を聞いてみましたが、売り物ではない、とのことでにべもない。
タイも日本同様、極上の観賞植物には凄い値段がつきます。この塊茎インパも、野球とサッカーが
同時に出来るくらいの人数の諭吉さんを揃えない限り落掌不可でしょうね(ため息)。



IMG_7651SS.jpg

IMG_7652SS.jpg



と、2時間ほども歩き回ると、猛暑の東京で慣らしてきたはずの身体もグッタリ。本場の暑さは違います。
マーケットにはところどころジューススタンドが出ていて、このザクロの生絞りジュースで、生き返った心地がしました。

次回は、この市場と、市内の専門園で会ったサボテンたちをご紹介しようと思います。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる