多肉本とサボテン本。

                                      
ブックレビュー、2冊紹介します。
いずれも比較的最近刊行されていて、通販などで入手可能ではないかと思われる本。

1冊目は、Fred Dortort 著 「Succulent Plants of the World」 。



resize0842.jpg

resize0857.jpg



いま手に入る多肉植物本の決定版、ではないでしょうか。コストパフォーマンスも良い。
国内でも海外でも、サボテンと、それ以外の多肉植物全般、という括り方が有効のようですが、
この本は後者、サボテン以外の多肉植物を各科各属カラー写真で紹介しつつ、自生地の環境や
栽培についても詳しく解説したもの。写真豊富ですが、読み物としても情報量濃密です。
多肉本は国内でもしばしば刊行されていますが、だいたいは紹介されている種類が少なく、
栽培についてもざっくりで、むしろ植えつけレイアウトや飾り方に力点が置かれています。
なので、珍奇な姿の植物を追い求めたり、栽培の深みにはまりつつあるマニアには物足りない。
日本の本では、ISIJの「多肉植物写真集(1巻2巻)」が、網羅する範囲や写真の数など随一の
素晴らしい内容の本ですが、あくまで写真集なので、文章での解説はそれほど厚くない。
それに既に大変なプレミア価格になってしまいました。この本も早めに手に入れた方が良いかも。



resize0858.jpg

resize0849.jpg



本の構成は、イントロで多肉の自生環境や栽培技術、楽しみ方などを概論としてまとめています。
続いてすぐに各科・各属の解説に入りますが、基本は属ごとに一章を設けて、代表種を中心に、
鑑賞のポイントや育て方などが属ごと(場合によっては種ごと)に書かれています。
例えばエケベリアの項では、かつてしばしば混同されていたカンテ(Echeveria cante )と
サブリギダ(E.subrigida)について、「カンテの方が美しい種類だが、栽培はより難しい。
サブリギダには青葉、白葉、葉の中央の溝の深さなど色々なタイプ違いがあり、極上のタイプは
カンテをも凌ぐ・・・」等々とあります。私はベンケイソウ疎いのですが、なるほどと思いました。
著者はカリフォリニア大の植物園で教鞭をとっていて、30年以上の多肉歴があるそうです。
紹介されている写真は、栽培品より自生地で撮影されたものが多いのですが、鉢植えにすると
こんな感じでカッコイイでしょ、みたいな写真もあったりします。
学者というより園芸家の目線で書かれた本ですね。



resize0848.jpg

resize0853.jpg



先に述べたように、多肉ファンが栽培対象にする全ての仲間をカバーしようという意思が感じられ、
ベンケイソウ科、トウダイグサ科、メセン科などのメインどころから、ガガイモやブロメリア、
塊茎多肉まで細かく取り上げられています。



resize0852.jpg

resize0855.jpg



アデニア・バリー(Adenia ballyi)、塊茎はまるで見えずほとんど藪!なるほどこれが本来の姿か。
てな感じの、こんなインパクトある自生地の写真、多数あり。
嬉しかったのはヒガンバナ科などの球根類とか、いわゆる多肉趣味の端っこ?にある仲間も
ちゃんと紹介してくれている点。栽培方法など、疑問が浮かんだおりに読み返すと参考になります。
とりあげられている種類はおよそ2000。多肉図鑑、かつ栽培ガイドとしてとても便利な本です。



そして、もう一冊はサボテン本。



resize0862.jpg



Ken Preston-Mafham著 「500 Cacti Species & Varieties in Cultivation」。

その名のとおり、数多あるサボテンの中から500種に絞って、写真つきで解説した本。
絞って、と書きましたが、一般的なサボテン入門書でも、500種類以上とりあげているものは
多くないので、幅広く色々なサボテンが登場します。。
著者はサボテン図鑑の定番として有名な「Cacti The Illustrated Dictionary」を書いた人物で、
写真には多少かぶりがありますが、この本では解説にも重点が置かれています。
前の図鑑もそうだったのですが、栽培向きの種類を取り上げる、というのが基本姿勢なので、
難物はあまり扱われていない。例えば月華玉(Pediocactus simpsonii)は載っていますが、
英冠(Echinomastus johnsonii)や白紅山(Sclerocactus polyancistrus)は登場しません。



resize0867.jpg

resize0865.jpg



掲載はアルファベット順で、アカントカリキウム属(Acanthocalycium )からはじまるのは
「Illustrated Dictionary」と同じ。網羅する属、種の配分が日本のサボテン界の感覚とは
かなり異なるのが面白いところです。たとえば牡丹類の掲載は岩牡丹(Ariocarpus retusus)一種だけ。
アストロフィツムも瑞鳳玉(Astrophytum capricorne)とランポー玉(A.myriostigma)が代表として
登場しますが、兜(A.asterias)は載っていない。手厚いのはエキノケレウス(Echinocereus)、
マミラリア(Mammillaria)などで、後者は実に104種類!もとりあげられています。
かつて「シャボテン誌」が全種網羅的なマミラリア特集を掲載していて、当時は日本にも"種類を集める"
愛好家がそこそこいたと思うのですが、最近は趣味の世界でも横並び傾向が強まって、我が道をゆく人は
減ったようです。マミラリア・コレクターの方がおられたら、ぜひ実物を拝見したいと思うのですが・・・。
マミだけでなく、柱やウチワサボテンもしっかり網羅。日本の愛好家のハウスではなかなか見ることが
出来ない種類が沢山出てくるのがかえって新鮮です。その中で、面白いと思ったものをいくつか。



resize0869.jpg

resize0875.jpg



上の写真は、"赤花金鯱"ではありません。茜丸の金刺タイプ(denmoza rhodacantha 'diamantina')。
最近はこの型の輸入種子が出回っているので国内でも見かけますが、この姿はちょっと魅力的では。
スルコ・スタインバッキー(Sulcorebutia steinbachii)は、花色違いが仲良く並んだ自生地の様子を紹介。
レブチアやスルコは、スペースをとらないし花も綺麗なのでもっと人気が出ても良さそうです。
そして、南米塊根ウチワ、プテロカクタス・アラウカヌス(Pterocactus araucanus)の自生地写真。
日本では黒竜くらいしか普及していないマイナーサボですが、比較的最近になって、茎節がボール状になる
面白い種が普及しはじめています。この本は最新種という観点からか、プテロカクタスを6種類も掲載。



resize0870.jpg



以上、2冊については本の魅力の紹介という観点からスナップ写真を何枚か紹介させて戴きました。


最後にひとつ、以前ここでも紹介した「The New Cactus Lexicon」。
サボテン全科全属を網羅した本ですが、長らく品切れ状態でとんでもないプレミア価格がついたりしましたが、
やっと増刷されたようです。しかも今回はペーパーバック版で写真集のみ(もともとは写真集+記述書の2分冊)の
販売もされていて、価格的にも十分リーズナブルになっています。
入手の機会がなかった方はぜひ今回お求めになることをお勧めします。




テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

ギムノ図鑑の決定版

ここ5年くらい、ギムノカリキウムをやたら沢山蒔いています。
扱いの多い kakteen Piltz や チェコの業者から種を取り寄せてあれこれと実生するのですが、
見たことのない珍しげな名前のモノは、正直どんな顔の植物なのかも判らないままとりあえず頼んでみることも。



IMG_2882S.jpg
               Gymnocalycium nataliae 'morroense' LB 326,Sa.del Moro SanLuis,Arg


そんななか、いい本が出たということで早速取り寄せたのがこれ、ギムノ図鑑の決定版です。
といっても、もう2年くらい前になりますから、新刊とは言えないかも知れませんが、
まだ余り知られていないと思うのでご紹介。。



IMG_4376S.jpg

IMG_4382S.jpg


タイトルは「Gymnocalycium in habitat and culture」。
その名のとおり、栽培環境下と野生状態のそれぞれの環境で植物を見つめていて、写真も両方載っています。
著者は英国のアマチュア愛好家Graham Charles氏。凄いのはほとんどすべてのギムノについて、
自生地を自分で歩き、かつ種からの栽培も試みているところ。日本では、大御所栽培家であっても、
「分類だの学名だのは学者さんに任せとけばいいんだよ」と仰る方が大半ですが、よく考えてみればサボテンの
分類のような産業的価値の乏しい?領域では、専門の学者も少ないし活動条件も厳しいのです。
勢い、アマチュアのボランタリーな研究活動こそが新しい知識領域を切り開く力になる筈。
実際、サボテン分類のバイブル的な存在、New Cactus Lexicon におけるギムノの分類も、かなりの部分は
G.Chareles氏の見解に基づいています。

では、さっそくページを繰ってみましょう。


IMG_4409S.jpg

IMG_4412S.jpg


地図がいっぱい出てくる本で、こんなふうに自生地の気候区分もからはじまります。どんな環境なのか、
それぞれの典型的な風景も写真で示されていて、なるほど~こんなところが故郷なのか、と想像が拡がります。

それからちょっとややこしいですが、彼のギムノの分類は主に種子(semineum)の特徴から属を5つの亜属に分けます。
以下、それぞれに属す種の代表的なものをあげると、
1)Macrosemineum 海王丸、天王丸のなかま(G.denudatum and ssp)などが含まれます。
2)Gymnocalycium 九紋竜(G.gibbosum)や緋花玉(G.baldianum)など。新しいberctiiもこのグループ。
3)Microsemineum 新天地(G.saglionis)、魔天竜(G.hosssei)、光琳玉(G.cardenasianum)、
  天平丸(G.spegazzinii)・・・といった人気種が揃っている。たしかに皆種が細かいですね。
4)Trichomosemineum 怪竜丸(G.bodenbenderianum)、バッテリー(G.ochoterenae'vatteri')など。
5)Muscosemineum 翠晃冠(G.anisitsii)、瑞雲丸(G.mihanovichii)など。

これだけ見ると学術書っぽいとっつきにくい印象をもたれるかも知れませんが、そこは著者も栽培家。
育て方についても土づくりから日常の管理、繁殖法まで、丁寧に数ページが割かれて説明されています。

こうした前説が終わると、種ごとのレビューが始まります。


IMG_4396S.jpg

IMG_4400S.jpg


こちらは'蛇竜丸'(G.denudatum)のページですが、19世紀に記載されたときの絵図、自生地での写真とあり、
さらに各産地ごとのタイプ違いを栽培下でずらっと並べた写真があります。
まんなかの地図は自生地を示したもので、これまた役立ちもの(いつの日か行ってみるときにね^^;)。
日本では海王丸のオリジンは、パラグアイエンセ(G.paraguayense)とする見方が主流ですが、
また、種類ごとに栽培法も書かれていて、これもとても参考になります。
私にはどうもこのdenudatum系が元になっているようにも思えてなりません。
いろいろな産地の種を集めて蒔いていますが、艶々の肌にはりつくような刺姿はなんともいえない。
園芸的には行くところまで行ってしまった感のある「海王丸」ですが、野生種の素朴さを残した味わいもまた良し。


IMG_44155S.jpg

IMG_4421S.jpg


ギムノ最大の人気種、天平丸(G.spegazzinii)に関しては、タイプ違いの写真がズラリと掲載されていて、
さすが愛好家が書いた本だなあと感心させられました。縦長の分布域地図と見比べてみると、南北で刺タイプが
どう変遷していくかなど、興味深く読むことが出来ます。昨今、その刺のすばらしさから、園芸改良の元親としても
活用されている Quebrada del Toro 産天平丸の写真も素晴らしい。ここの種はなんども蒔いていますが、まだこの
レベルの個体は出てこない。たぶん、山でもピカイチの個体を写真に収めたのでしょうね。

このほか、まだ日本では普及していない比較的新しいギムノたちも、余すところなく紹介されています。
名前だけを便りに'みずてん'で種を蒔いてきたギムノたちも、この本で、どんな植物なのかを知ることが出来ました。
たくさんある異学名を割愛すれば全種がもれなく掲載されているのですが、この本を読んでいると、
あれこもこれもと種まき欲がさらに掻きたてられてしまいそうです。



IMG_2921S.jpg
               Gymnocalycium heidiae=baldianum GN925-3028 Humaya,Cat



来週は奇跡的に短い休暇がとれたので子ども孝行。更新はお休みしますが、なにとぞご理解を・・・m(_ _)m。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

サボテン本、決定版・・・「ザ・ニュー・カクタス・レキシコン」

サボテンのサイトなんぞをやってると、これは何という種類ですか?というお訊ねがしばしばあります。
たしかに、サボテン科は園芸種も含めれば数千種に及ぶ科ですから、いちいちを全部覚えるなんてことは
容易じゃないけど、数多あるサボテンたちの顔と名前を識っていくことは、この道楽の尽きない面白さの
ひとつではありますよね。

しかし、多種を網羅した手応えのある日本語のサボテン図鑑は、最近ではあまり見あたりません。
インターネットで代用できるせいもあるでしょうが、分厚い図鑑を膝にのせて、写真満載のページを繰る
楽しみは、なかなか捨てがたいものがあります。

で、きょう紹介するのは、現在、サボテン図鑑の最終決定版、といえるこの本「The New Cactus Lexicon」。
建前としては、人工交配種等を除くサボテン科の種をすべて、写真もあわせて記載している、というものです。


IMG_1523S.jpg


カクタスレキシコン、と言えば、その昔のバッケベルグの大著「CACTUS LEXICON/CURT BACKEBERG」が有名で、
むかしの日本のサボテン本などにも「バッケベルグによれば・・・」とか「バッケ流の分類だと・・・」なんていう
表現がよくみられたように、当時のサボテン分類の世界標準、基準書でした。
今、その同じ表題を名乗るということからして、この時代のサボテン分類のオーソリティたらんとして、出版
された本ということでしょう。


IMG_1544S.jpg


著者は英国のDavit Hunt氏で、「CITES Check List Cactaceae(キュー王立植物園刊)」を編纂した人物。
現時点での、サボテン分類の世界最高の権威といってよく、栽培家には評判のよくない、なんでもまとめて
しまう昨今の統合分類の推進者であり、どのサボテンを種として認め、どのサボテンを認めないかなど、
世界標準を決めている人物。ワシントン条約で、なにを保護対象とするかなどなど、国際条約にも決定的
影響を与えています。世界をまたにかけ、ありとあらゆるモノを集めまくった、いにしえの大英帝国の栄華の
名残りが、植物分類の世界にはまだ色濃く残っているわけですな。


IMG_1547namesS.jpg


で、この人のもとに、世界の植物研究者、愛好家が結集して、写真や資料などなど提供した結果できあがったのが
この本というわけ。ちなみに、共著者として名前のあげられているGraham Charles氏は、英国のアマチュア愛好家
ですが、南米サボテンなどに深い識見があって、本を何冊も書いている人。この人以外にも、世界各国の愛好家
から、写真提供などがあるのですが、日本人の名前がひとりもないのは残念なところです。

とまあ、かように、かなり権威主義的な本ではあるのですが、胸はって威張るだけあって中身も凄く濃厚です。
英語だし、相応に高価な本ですが、最上級の園芸カブト1鉢の値段で、世界の全サボテンを手元に置けるのだから、
安いもんだと考えられなくもない。


calexicon-texttext.jpg


本は二分冊になっていて、種記載のテキストと、その植物の写真図鑑の2冊。あわせて900ページにも及ぶ
大書です。このなかにおよそ120属1800種が写真こみで、記載されています。分冊のテキストの方は、
文字通り種を区別するための特徴など学術記載がえんえん続き、上の写真のように文字だけ。
眠りにくい夜に最適です。沙漠をスキップする楽しい夢がみられることうけ合い。

対する図鑑のほうは、自生地での生態がわかる写真や、開花時の様子を中心に写真が選ばれています。
この写真の質の高さは特筆すべきもので、実生数年の栽培品の写真が並んでいてもまるで見えてこない、
その種の本来の姿が描き出されています。テーブルブックとしても、数年は楽しめる奥行きあり。

というわけで、以下は図鑑篇の写真がどんな感じか、参考まで数葉をご紹介。


IMG_1548ecers2p.jpg

IMG_1564copi-cap.jpg


ページを見開いていくとこんな感じです。ひたすら写真。先にも書いたように、大半が自生地での様子を
写したもので、しかも開花しています。開花時期の短いサボテンを相手に、野生で花の写真を撮るのは
なかなか努力のいることで、そんな写真をこれだけ集めるだけでも頭が下がります。
どの写真にも簡潔なキャプションがついていて、それで最低限、用が足ります。
たとえば、このコピアポア・ソラリスの写真の下には、チリ産であること(CLの表記)、自生地が、チリの
アントファガスタの標高105mで、2001年の5月27日に写された写真であることなどなどが記されています。


IMG_1570em-scleroS.jpg

IMG_1573punaclava.jpg


上は、“スクレロカクタス(Sclerocactus)”のページ。英冠と月想曲が並んで写っています。私たちには
英冠はまだエキノマスタス(Echinomastus johnsonii)のほうがしっくりきますが、Hunt氏の分類では、
エキノマスタス属はスクレロカクタス属に統合されています。なので、月想曲(Sclerocactus mesae-verdae)と
一緒に載っている訳ですね。
もう一枚は、塊根もバッチリ学術資料として抜きあげ撮影されたクラバリオイデス(Maihueniopsis clavarioides)。
これも最近までプナ属(Puna)として記載されていましたが、この本ではマイウエニオプシス属(Maihueniopsis)。
ちなみにプナ属は消滅し、有名なボニアエ(Puna bonnieae)はテフロカクタス属(Tephrocactus)に編入されてます。
とまあ、南米ウチワ類の分類は、この本でだいぶ変更されていて、ややこしいですが、これからはこれが標準に
なっていくんでしょう。


IMG_1579ripsS.jpg

IMG_1581strophoS.jpg


日本では馴染みがない、森林性カクタスや、木の葉サボテン、柱ものなども、玉サボテンとまったく平等に
扱われています。このあたりが、いわゆる園芸本とは決定的に違うところで、ほかにない魅力。
サボテン科の植物の、まさに千変万化の適応放散ぶりがまざまざと伝わってきます。
たとえばこのストロフォカクタス(Strophocactus)、有名なアマゾン熱帯雨林の着生サボテンで、ながねん
欲しい欲しい手元で育ててみたい、と思って来たけど、今なお手に入らない種。でも、きっと温室で育てても、
この動物的な着生感とか表現できないだろうし、やっぱり図鑑でこそ楽しめる植物かなあ、とも。

・・・・・

その昔、私がサボ道に迷い込んだきっかけは、少年時代、祖父に植木市で買ってもらったひと鉢の寄せ植えでした。
植わっていたのは、エビの宇宙殿の交配、ノト・青王丸、接ぎ緋牡丹、なにかの玉型メセン(おそらく魔玉)と、
クラッスラの青鎖竜だったと思います。
30年以上もむかしのことを、なんでこんなによく覚えているかと言うと、当時、必死で調べたからです。
持ち帰った寄せ植え鉢には、「サボテン」と書かれた札が立ってましたが、こんなに全然違う形のものが
同じ種類である筈はないし、ちゃんとした名前を識ったうえで、育て方もわかっておきたいと思ったのでした。

なので、寄せ植え鉢を手にした数日後には、本屋さんの棚のまえで、サボテン本を漁っていたわけです。
で、最初に買ったのが「サボテンと多肉植物(誠文堂新光社)」という本。全体の1/3くらいが栽培法等で、
後が品種解説的な内容でした。ところが、この本では、自分の手元にある植物がなんなのかわからない。
紹介されている種類が代表種だけだからです。で、それから先は、サボテンと名の付く本は見つける端から
買っていく日々。龍胆寺翁のドラマチックな表現にあふれた本や、図鑑では伊藤芳夫さんの図鑑など、
繰り返し繰り返し眺めたものです。今では、本棚一架ぶんが、サボテン多肉はじめ、植物本で埋まっています。

しかしこの「ニュー・カクタスレキシコン」は、今はまだその本棚には収まっておりません。
買って随分経ちますが、テーブルの上、ベッドサイド、と移動しながら、ヒマがあればめくって見・・・という状態。
まだまだ、その深みを見極めていないと思うからなのです。



プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる