FC2ブログ

クレイジージャーニー、カリザレンシス。


 エキノマスタスクレイジーだったことがあります。
 刺、花、稀少性、そして栽培難度。色々な意味で最高峰のカクタスが揃う一群で、手に入るすべての“マスタス”を育ててみたくて片っ端から種を蒔きました。なかで、英冠とならんで、マスタスのなかのマスタスと呼ぶべき桜丸・英丸(Echinomastus intertextus)は、early bloomerと呼ばれ、春を告げる早咲き種のひとつ。私の栽培場でも、いまが花盛りです。




resize0313.jpg
   Echinomastus intertextus 'carrizalensis' SB725 Luna Co, NewMexico, USA



 産地違いでさまざまなタイプがある桜丸のなかでも、少し濃い色の花を咲かせるこの個体は“カリザレンシス” (Echinomastus intertextus 'carrizalensis')と呼ばれる型で、ずっと昔、メサガーデンのリストに掲載されていたものです。その頃蒔いた株はすぐに枯らしてしまい、そのうちリストからも消えてしまいました。そのため今世紀に入って長らく手に入りませんでしたが、2014年に再びリストアップされました。この株はそのとき入手した種を育てたものです。




resize0296_20200308132027313.jpg
   'Carrizalillo Hills' near the Mexico–United States border




 実は、私がこの植物の実物を最初に見たのは、温室やハウスではなく自生地でした。師匠だったメサガーデンのスティーヴン・ブラック氏にあれこれの自生地を教わって、毎年アメリカ南西部の沙漠を旅行していた頃のことです。その年はメキシコ国境に沿って東に旅しながら植物を見ていました。太平丸や亀甲牡丹、様々なエキノケレウスとともに、マスタスも目当てのひとつでした。なかで、ただ一か所でしか見られない、と説明されていたのが、この“カリザレンシス”。ニューメキシコの南にあるルナ郡(Luna county)のさらにその南端、ほぼメキシコ国境にある Carrizalillo Hills と呼ばれる山(丘陵)の特産だと言うのです。
 その場所を具体的に説明しましょう。まずルナ郡の町、ハチタ(Hachita)からハイウェイ9号線を東へ向かいます。25マイルほど走ると、北から下りてくる331号線と合流する。そこからさらに東へ1マイル弱進んだところで、南に下る小さなダート道があります。このあたりでハイウェイの南側には自生地の山塊が見えているはずです。ちなみにいま、このダートの入口をグーグルストリートビューで覗いてみると、いかめしい警察官が検問をしている様子を見ることができます。 




resize0300_20200308132507d9d.jpg

resize0308.jpg
   Echinomastus intertextus 'carrizalensis' in habitat



 当時もメキシコからの不法入国は厳しく取り締まられていましたが、ダートには自由に入ることができました。違法なことをするわけではないし、問題ないだろうと山に入ったのです。人の頭くらいもある石がゴロゴロしているかなり酷い道で、時速5キロくらいしか出せません。それでも、山裾がすぐそこという場所まで入ることができました。車を降りて岩場を探すと、苦もなくマスタスには出会えました。赤褐色の刺を荒々しく密生させたカリザレンシス。タワシにような刺に覆われて、植物本体はまるで見えません。たしかに、他の産地の英丸・桜丸とは違う雰囲気もある。整然と籠を編んだような刺の桜丸、すこし目の粗い英丸、それよりもさらにワイルドな印象で、別名で呼びたくなる気持ちはわかります。岩の隙間に点々と生えていて、それなりに数もある。しかしここ、ほかに目立つカクタスもなく、かなり荒涼とした場所です。ところどころ、スペイン語の書かれた空き缶なんかが散らばっている。





   dangerous locality??



 ともあれ、はじめて出会った植物を夢中で撮影していると、突然頭上が騒がしくなってきました。ヘリコプターがバリバリ音を立てて近づいてきています。おまけに、スピーカーから何やら怒鳴っている声も聞こえてくる。呆然として固まっていると、こんどは地上からサイレンの音も。砂埃をあげて2台のパトカーがこっちに走ってきます。ボーダーパトロールです。まじか?いったい何と勘違いされたんだ?よくわかりませんが、とりあえず両手を上げる。警官が近づいてきて身体を触る。「ここで何をやってるんだ?」「ここにしかないレアカクタスを撮影してたんだよ」足元にあるカリザレンシスを指し示し、カメラを見せます。「どこから来た?」「日本だ」「パスポートを見せろ!」「ほら、これだよ」・・・。このあたりで、緊張が少し緩んだのを感じます。おっかない顔が、呆れた顔に変化しました。・・・まあ、こんな体験なかなか出来るもんじゃないですね。

 まさにカクタスクレイジーのクレイジージャーニーでしたが、あとで聞くと、この山を超えて密入国者が入ってくるだけでなく、実は麻薬の密貿易の場所で、両国の売人がブツと金のやりとりをするのだそうです。エキノマスタスもえらいところを選んだもんです。こんなとこに入ってくると、撃たれて死ぬぞ、みたいなことを言われて、その場所を後にしました。もう二度と、カリザレンシスには会えないんだろうなぁ、と後ろ髪をひかれつつ。じつはこの旅では、国境沿いダートを何時間か走ってエスコバリア・ロビンソルムも見に行こうと思っていたのですが、気持ちが萎えて断念しました。いまではこのあたりにはトランプさんの壁も立ちはだかって、ますます近づきがたくなっているんでしょう。




resize0311.jpg

resize0310_20200308135454d5c.jpg




 ところで、このカリザレンシス、色々調べてみても、正式な記載があるのか、ないのか判然としません。インターネット上にはvar.扱いで掲載されているケースもありますが、おそらくは愛称のようなものと理解すべきでしょう。園芸的にみれば、タワシのようなワイルドな刺、ピンクの花と、基本種との区別はあっても良いかと思います。育てている人がどのくらいいるのか、世界で数人?数十人?かも知れませんが。個人的には、映画の一場面のような光景とともに記憶に焼きついた思い入れ深い植物。あと5年も育てれば、野生株のような荒々しい刺姿になってくれるんじゃないかと、楽しみにしています。













テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

再び沙漠の旅に。

 
 明けましておめでとうございます。

 パポソ(Paposo)という町の名は、三十年も前から知っていました。憧れの植物が生えている場所。その風景を幾度も想像しました。グーグルマップには宿の表記もあったのですが、行ってみると寝るところはおろか、食事をするところもない。町から南にはハイウェイがタルタル(Taltal)まで通っているのに、北へ向かう海岸沿いに舗装路はなく、店やガソリンスタンドはおろか、人里もありません。コピアポア・ソラリス(Copiapoa soralis)が生えるエル・コブレ(El Cobre)を経てアントファガスタ(Antofagasta)の町まで200キロ以上。パポソから南のタルタルまでも50キロ以上。つまり南北300キロ近く宿泊施設がないので、このエリアのコピアポアを見るためには野営は必須です。

 


resize0147.jpg
   Copiapoa haseltoniana 5km North of Paposo



 逆鱗玉(Copiapoa haseltoniana)のコアエリアは、パポソの5キロ北にあるリンカン渓谷(Quebrada El Rincón)周辺にあります。アタカマの海岸沙漠のなかでも特異的に霧と雨が多い地点で、ここより南に行っても、北に行っても、乾燥は厳しい。通常は標高の高いFogZoneに生えるユーフォルビア・ラクティフルア(Euphorbia lactiflua)が海岸ギリギリまでびっしり生えていて、このあたりが水分に恵まれていることがよくわかります。ここで見た逆鱗玉は多頭の群生となり丸々太っているものが多い。長い黄色刺の型から、ほとんど刺のない型まで、いろいろな顔があります。どれも頂部にはコピアポアの健康のシグナルである羊毛(この種の場合は琥珀色)をたっぷりと蓄えています。青々として国内の実生株のような若苗も見られました。

 ここ10年近くは仕事が忙しくてまとまった休みをとることができませんでしたが、それ以前は毎年1回か2回は沙漠を旅していました。アリゾナ、ユタ、ニューメキシコ、コロラド。同じ北米のフォーコーナーばかりを10回は旅してきました。植物観光ではなく、そこの住人たちであるカクタスと同じ肌感覚を共有したかったからです。栽培困難といわれるスクレロカクタス、ペディオカクタスを育てる手だてを知りたいというのもあったけれど、3回目くらいからは、車で見慣れた沙漠に走り出すと故郷に帰ってきたような解放感がありました。春の花どきに、実りの初夏に。灼熱の盛夏に。秋、そして雪の季節にも彼らに会いに行きました。メキシコ、南米、南アフリカ…ほかの色々な場所でも植物を見たかったけれど、フォーコーナーの風景が心身に刻み込まれたかのように、いつも引き寄せられていたのです。
 去年、久しぶりに沙漠の旅に復帰しました。北米ではなく、南米チリの海岸沙漠、アタカマへ。沙漠のただなかへ車を走らせていくだけでもう楽しい。植物を見るのと同じくらい、何もない誰もいない場所を走るのが好きみたいです。アタカマの海岸沙漠には、めぼしい植物はコピアポア属のカクタスといくつかの球根くらいしかないけれど、そういう禁欲的な旅も自分にはあっています。去年、1週間の旅で十種あまりに会うことが出来ましたが、まだ入口に立っただけのように感じます。僕はまだコピアポアの友人にはなれていない。彼らのことをもっと知るために、今年も、来年も、朝の霧に濡れなくては。

 そして、沙漠の旅はつづく。

 2020年、新春に。











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

2019年1月1日

  
明けましておめでとうございます。


砂漠の旅から遠ざかって、十年近くになります。
出かけると、必ず会いたくなる植物というのがあって、アメリカ西部に分布するアガベ・ユタエンシスもそのひとつ。なんども見ているのに、なぜか足が向いてしまう。岩が露出するような急斜面を息を切らして登っていくと、意外な場所でコロニーに出くわします。生えている山によって、それぞれ顔も違うので、それもまた面白い。




sssssresize5091.jpg
   Aagave utahensis ssp.eborispina, Clark County,Nevada



これは、エボリスピナ(Aagave utahensis ssp.eborispina)と呼ばれる型。するどく尖った葉先の刺は、象牙のようなやわらかな白。ギザギザ具合には個体差があります。ラスベガスから2時間くらい走ったところにある、近くにはスキー場もある場所で、土がほとんどない岩山にしがみついていました。なかなかハンサムな植物が多かったのでよく覚えています。


基本種のユタエンシス・ユタエンシス(A.utahensis ssp.utahensis)は葉のグリーンがやや濃く、尖端の刺は短い。青磁炉とよばれるネバデンシス(Aagave utahensis ssp.nevadensis)は葉が細みで尖端の刺が漆黒に染まって美しい。でも、典型的な個体は数が少ない。アリゾナ産のカイバブエンシス(A.utahensis ssp.kaibabensis)は、刺がおとなしく、側刺がない個体も見られ、別種のよう。この仲間は最近人気があるようで、国内にも沢山入ってきているけれど、なかには野生株と思しき株もあって、自生地から剥ぎ取られたのかと想像するとちょっと痛ましい。種からでも十数年すれば立派な標本になります。いろんなタイプが出現して面白いので、種が手に入ったら、ぜひ実生してみてください。


という私は、毎年春にサボテンや多肉植物の種を蒔く様になって二十五年くらい経ちました。切れ目のない日常に追い立てられるうちに、植物も、子どもたちも、いつのまにか大きく逞しくなってる。それで自分の方がどうなったかというのは、あまり考えたくないけれども。でもまあ、自転車と一緒で、人生も下り坂の方が楽にスピードに乗って、風をうけて気持ちよく走れるのかな。きっと、砂漠の旅にも出かけやすくなるだろうし。


ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。





2019年1月1日
Shabomaniac!
https://www.instagram.com/shabomaniac/












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる