抜き苗主義。

         
最近、輸入の多肉植物が数多く入ってきています。
私は実生ばかりやっている人間ですが、子どもの頃から三十年以上も植物とつきあっていますから、
その間には種親として、また実生育成が難しいものなど、様々な原産地からの植物を手にしてきました。
そうした経験から、輸入植物を手にするときのひとつの原則にしているのが「抜き苗主義」。
抜き苗・・・鉢に植わっていない、裸の状態で転がしてある植物を購入するという考え方のことです。




resize3667.jpg
                 輸入の抜き苗  Euphorbia globosa (bare root)
resize3673.jpg
                 植えこんで2か月、活着したとみられる。 




サボテンにしても、塊根などの多肉にしても、野生状態から、また現地のナーセリーから抜きあげられて
送られてくる植物には、大なり小なりダメージがあります。そもそも、日本には植物を土つきの状態では
輸入できませんから、いわゆるベアルート、と呼ばれる状態で日本に到着します。乾燥地の植物の場合は、
細根が生きている状態でやってくることはほとんどない。ひしゃげたり、乾き萎びてしまったものも、
多くあります。そんな状態であっても、腐敗したり枯死していなければ、たくましく蘇るのが沙漠植物です。
荒々しい山木を発根、活着させるプロセスは、実生育成に匹敵する園芸の醍醐味だと思います。




resize3687.jpg

resize3646.jpg
             エキゾチカ(ドイツのナーセリー)から到着した荷をほどく。10年くらい前。
                  Imported plants from Germany(EXOTICA), about 10yrs ago





なかでも海外のナーセリーから採取まもない植物を輸入して、その梱包を解くのは最高に胸おどる瞬間です。
多くの業者は良心的で、ぱっと見て悪い植物ばかりということは多くはない。でも、時期が悪かったり、
そもそも疑問符がつくコンディションの植物を送ってくる業者もないことはない。そういうリスクも含めての
山木の輸入です。で、悪い株というのは、だいたいの場合根部に問題があります。なので、私は到着した苗は、
種類にもよりますが、根部を触り柔らかい部分がないか、干からびていないか、時には根部を少しカットして、
状態を確認します。元気そうに葉っぱが茂っていても、根部はすでに腐り始めている、ということは珍しく
ありません。




resize3671.jpg
           輸入直後のぺラルゴ・トリステ(Pelargonium triste ) 一見、問題なく見えるが・・・
resize3610.jpg
              切ってみると中は完全に腐敗していた。  This plant is totally rotten inside




写真のぺラルゴニウム・トリステは、到着して手に取ったとき、直観的におかしいと感じたので、根先をカット
したら赤くボロボロになっている。さらに切断すると、芯まで腐敗しカビも生じていました。株の上の方からは
新葉も顔をのぞかせていたので、慣れていない人なら元気な株だと思ったかもしれません。ともかく、到着後
すぐだったので、輸出元に写真を送ってその分の代金は返金してもらいました。でも、いそいそと植えこんで、
2、3か月経った後に異変に気づいても、あなたの栽培の結果でしょう、ということになったと思います。




resize3663.jpg
         「抜き苗」で根をチェック。真ん中のユーフォは少し怪しい・・・。 Check the root before potting
resize3675.jpg
           ユーフォはやはり駄目になり、キフォステンマ・ユッタエは発根してパンパンに。
             Cyphostemma juttae just rooted and pumped up  




かつては日本でもサボテンや多肉植物は抜き苗で取引きするのがあたりまえで、通販などで買うと、新聞紙に
包まれた植物がゴロゴロ送られてきたものです。売り手の方も、根の状態をしっかり確認したうえで売らないと
信用にかかわるし、買い手も自分の好みの鉢に、自分の用土で植えつけたいと考える人が多かったからでしょう。
私も、時おりオークションなどに出品する際は「当方は抜き苗で送ります」と記し、そのようにしています。
しかし、近年は多くの業者さんが、植物を鉢に植えた状態で販売するようになりました。その方が発根管理の
難しさを回避できるし、時期を選ばず買えて、そのまま飾れる、などのメリットが優先されているのでしょう。
一方で根の状態が見えませんから、万一根腐れがあったら、ネジラミがついていたら、という心配は残ります。




resize366s4.jpg
        ユーフォルビア・孔雀丸の「抜き苗」  Euphorbia flanagani (bare root)
resize3676.jpg
        健康な苗は、植えつけてほどなく活着する  Healthy plants easily take roots           




私はあまり国内で鉢植えの植物は買いませんが、買う場合は実際に眼で見て、状態に納得してから購入します。
輸入直後のものを鉢に植わったまま購入することはありません。通販などの場合は、「抜き苗にして送って
ください」とお願いします。それでも鉢に植わったまま届くことがあり、その場合も、すぐに鉢から抜いて根を
確かめます。実際にそれで腐敗を発見して返品したことも何度かあります。抜きあげると出始めた根が切れて
しまうので、1年間はそのままで、と言う人もいますが、発根を始めているような活力ある苗なら、多少傷めても
回復する場合が多い。しかし、根腐れしているものは、地上部は元気そうに見てても、数か月後には腐って
しまうので、取りかえしがつかないのです。




resize3682.jpg
       "転がし芋”を活着させて長く育てているコーデックス(Raphionacme procumbens




そもそも山木は、活着までの間に一定の割合で落ちが出るものです。原産地の業者から直に入れる場合などは、
半分くらいダメになることも珍しくありません。国内の良心的な業者さんから購入すれば、日本到着後に根腐れなど
問題のある株は排除したうえで店頭に並べてくれるので、多少割高でもリスクが少ないというメリットがあるのです。
であればこそ、数シーズンを経てしっかり発根活着したものか、抜き苗で上から下まで健康チェックできる苗を
買うのがベターです。いちばんリスクが高いのは輸入直後の苗がそのまま鉢に植えられたもの。転がしの苗よりも
見た目が良いので、こういう売り方もあるのでしょうが、見えない土のなかで何が起こっているかわからない苗は
ちょっと怖いです。半年たってからおかしいな、と気づいてももう返品は出来ません。やはり「抜き苗」の、
“根も葉もない”状態で、上から下まで目で見て健康を確認できる植物を手に入れるのが一番ではないでしょうか。
山から掘ったばかりのイモを、自分の土に植え、自分の栽培環境でじっくり発根させ、本来の野生の姿に復元
していくのは、最高に楽しい作業です。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

「里山越冬隊」

       
首都圏は今夜、厳しい寒気がおりてきて、降雪の可能性もあるそうです。
私の主たる栽培場は、関東南部の山のなかにあるので、東京の町場とくらべると一層厳しく冷え込みます。
たとえば、都内でふつうに露地越冬する木立蘆薈(Aloe arborescens)が、凍結して越冬できません。




resize1713.jpg
                       12月下旬には、ハウス内でも氷点下を記録



暖冬だったこの暮れも、既にハウス内で氷点下を記録しました。メロカクタスや、ディスコカクタスは
毎年犠牲が出ます。多肉塊茎類などは加温した小ルームをハウス内につくってなんとか越冬させている状況。

そんな寒い土地柄にもかかわらず、サボテンや多肉植物の露地栽培・屋外越冬を数年前から試みています。
子どもの頃に「シャボテン誌」で読んだ埴沙萠さんの地植え挑戦記が頭に残っていて、自生地みたいな眺めを
日本の野山に作ってみたいというのがひとつ。もうひとつは、直射日光を一切遮らない露地栽培には、
その種本来の野生的な姿を再現する特性があること。実際に野生株のような風格を実現している人もいます。
でもまあ、現実はなかなか難しい。無茶な思いつきで凍える露地に放り出された植物は実に気の毒です。
鉢植えではなく地植え、というところにさらなる難しさがあります。使っている畑は粘土質なので水はけが悪い。
ネギ類が培地不適で腐ってしまうくらい。梅雨どきには幾日もぬかるんで沼のようになることもあります。
土湿が高く、厳冬期には毎朝霜がおりて一面が真っ白になる。そんな場所で、どんなサボテン・多肉植物なら
屋外越冬が可能なのでしょうか。




resize1718.jpg
                       ネットで囲ってあるのは、防寒ではなくて、獣害対策



このネットの内側が実験場です。なぜ囲ってあるかというと、イノシシが大挙してやってきて、踏み荒らしたり
掘り返したりするからです。ほかにウサギもやってきて、葉っぱを齧ります。
ネットがあっても、被害にあうこともありますが、多少は防げる。・・・こともある。
で、この冬、厳しい寒さに立ち向かうのは・・・




resize1720.jpg
                         ①サボテン・鬼面角(Cereus peruvianus??
resize1738.jpg
                         ②ユッカ・エラータ(Yucca elata
resize1724.jpg
                         ③グラスツリー(Xanthorrhoea sp.
resize1723.jpg
                         ④プヤ・ミラビリス(Puya mirabilis) 
resize1735.jpg
                         ⑤マクロザミア・リーデリ(Macrozamia riedlei
resize1739.jpg
                         ⑥アガベ・コロラータ(Agave colorata




6種類のサボテンと多肉植物。上の写真は、去年の12月に撮影したものです。
一年間元気に育って、生き生きしていますが、このあと待ち受けているのは、里山の地獄の寒さ。

①サボテン・鬼面角(Cereus peruvianus??)
②ユッカ・エラータ(Yucca elata)
③グラスツリー(Xanthorrhoea sp.)
④プヤ・ミラビリス(Puya mirabilis)
⑤マクロザミア・リーデリ(Macrozamia riedlei)
⑥アガベ・コロラータ(Agave colorata)

①の鬼面角は、日本各地で露地栽培されている種類で、これも実際に東京・町田市で数メートルに育っていて
越冬の実績あるクローンからカキ子してきたもの。
②のユッカは、ニューメキシコで種を採取して育てたもので、自生地はおそらく最低温度氷点下10度以下になる。
ただし、乾燥地なので降霜や地面の凍結はめったにないでしょう。
③札落ちさせてしまったグラスツリーは、頂いた種を実生したもの。自生地不詳ですが、同じく氷点下の冷え込みに
耐えられると推察。とても成長が遅いのですが、地植えすると勢いがつくようです。
④プヤのなかでは比較的海岸よりに分布するとみられ、これらの中では寒さに弱そう。草勢は旺盛。
⑤豪州産のソテツで、グラスツリーと同じ程度の耐寒性を期待。鉢植えだとぜんぜん育ってくれないので、
地植えの力で大きく育てたいという狙いもあります。
⑥比較的、寒さに強そうなリュウゼツランです。以前、同じ場所でアガベ華厳(Agave americana variegata)が
ダメになったことがあります。はたしてこいつはどうか。

さて、この中でもっとも寒さに弱かったのはどれだと思いますか?




resize1747.jpg

resize1748.jpg
                       去年4月に撮影。鬼面角やプヤには痛々しい凍害の痕跡が



ここ何年かの越冬で、必ず大きなダメージを受けてきたのが、①柱サボテンの鬼面角と④プヤ・ミラビリスでした。
上の写真は去年の春先に撮影したものです。厳冬期を過ごしてダメージを受けているのがわかると思います。

①は冬が来るたび若い枝幹が溶けてしまい、株元の太い幹以外はなくなってその年に成長したすべてを失います。
この写真では腐った若枝を切り落としたために、小さくなっています。これでは花も咲きません。
④はロゼット外側の葉がほとんど茶色く枯れます。しかし、大変成長旺盛なので、この時点で中のほうには緑の
新葉が覗いています。このあと一気に盛り返し、夏前には元通りの姿になります。
余談ですがこの植物はトゲが大変恐ろしいので、野の獣たちも近寄りません。

③グラスツリーと④ユッカは、あまりダメージを受けないようです。寒い時期に雨が降ったり、積雪もある。
厳冬期は成長こそしませんが、枯れ野にあって青々としています。
⑤の豪州ソテツは葉が枯れますが、日本ソテツでも若い苗は葉が枯れるので、そんなものかと思われる。
これはおととし植えて、去年の秋にイノシシに掘り返されました。なので、今年の冬は少しだけ心配です。
⑥冬場、下葉が枯れこみますが、枯れる事はない。さすがはアガベです。ただ、強烈な刺にもかかわらず、
2本植えてあった1本は去年イノシシに食べられてしまいました。美味しいんですかね?




resize1714.jpg




①~⑥のサボテン・多肉植物のなかで最も越冬能力が足りないと思われるのは、サボテンの鬼面角でした。
自然状態では越冬できないということで、今冬、鬼面角にはビニールのプチプチを巻いてみました。
これで若い枝の凍結腐死を防ぐことができるか。
ちなみに、この囲いの外に団扇サボテンのフィカス・インディカ(Opuntia ficus-indica)もありますが、
こちらはなんの問題もなく越冬します。
また、これまでにアロエ・鬼切丸(Aloe marlothii)、サボテン・金盛丸(Echinopsis calochlora)なども
トライしましたが、前者は最初の霜でとろけて終了。後者は梅雨の長雨で溺死してしまいました。

実際、サボテン・多肉の露地栽培では、冬だけが問題なのではなくて、むしろ春から秋の方が大変。
冬は雑草が枯れるので、こちらとしてはすることがない。寒さに耐えるのは植物まかせですからね。
ところが、春以降は、あっというまに背の低いサボテン・多肉は雑草のかげに埋もれてしまいます。
雨の多い地域なのでなおさらなんですが、隔週で念入りな草取りが必要になり、こいつはなかなか手間です。
ゆくゆくは刺ものはじめ、玉型のサボテンも育ててみたいところですが、土湿の問題は解決がむずかしい。
粘土を砂や礫に入れ替えるのは大工事だし、そもそも雨量が多いのはどうしようもない。




resize1726.jpg




埴沙萠さんが、その昔雨除けなしの露天サボテン園を作ったのは、降水が少なく温暖な瀬戸内海の島でした。
でもその後どうなったのか。手を入れ続けなければ雑草雑木に埋もれて疑似沙漠も日本の野山に戻ってしまう。
その後の便りを聞かないけど、たずねたら金鯱とかリュウゼツランくらいは残っているかも知れませんね。
そうだといいなぁ。










テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

どんな鉢を使うか。


               
サボテンや多肉植物を植える鉢、選ぶのも、買うのも、結構苦労しませんか?
鉢は植物を育てる装置にすぎない、と考えて、見てくれは一切気にしないと割り切るか。
それとも、いやがおうでも植物と一緒に目に飛び込んでくるものゆえ、鉢と植物をセットで鑑賞の対象とするのか。




resize0859.jpg
                       我が家で使っているさまざまなタイプの鉢
               
resize0923_201503011108048ea.jpg
                       価格と性能で、やっぱり主力は黒のプラ鉢に・・・



私は、どちらかといえば、前者でした。
春蘭とか万年青などは、金銀の筆で彩られた錦鉢などと言われるものが使われることもあり、鉢だけでも
ウン万円のものが珍しくない。こうした鉢に植えられた古典植物は、なぜか風格ありげに見えるので、
これはこれで良いのだと思います。
しかし、サボテンの場合はたとえ栽培下であっても、思い描くのは自生地の原野の眺めであり、人工的な
意匠はむしろ夾雑物になる、と感じてしまいます。なので、植える鉢のデザインは極力シンプルな方がいい。
背景として、主張しすぎない、目立ちすぎない方がいい。それから、栽培の上では土が温まる方がいい。
ということで、今も昔も主力は黒のプラスチック鉢です。
昔は乾きのよい駄温鉢(赤茶の素焼きで、上の部分のみ鉢巻のように釉薬がかかっているやつ)が推奨されて
いましたが、今は大半のサボテンがプラ鉢に植えた方が成績良好なことがわかっています。




resize0889.jpg
                       黒プラ鉢(PLポットと呼ばれるタイプ)
resize0896.jpg
                      こちらはラン鉢タイプ。やや深くて根の発達するもの向き




黒のプラ鉢はいろいろありますが、私はこのいちばんシンプルな、やや深めのタイプを多用しています。
だいたいのサボテンにマッチします。「PL鉢」という名前で、5号サイズでも100円ちょっとくらいだったかな。
根の長くなる南米ものや牡丹類などは、ラン鉢型のより深い鉢を使います。ただ、黒のプラスチック鉢は業者向け、
という印象なのか、近くのホームセンターなどではあまり扱われていません。よって、通販で入手することになります。
例外的によく売っているのが「菊鉢」と呼ばれるもので、サイズあたりの値段が安く、8号でも300円とか、そのくらい。
ただ、4号以下の小さいものはありませんね。どちらかというと大型種を植えるのに使っています。




resize0902.jpg
                  さまざまなタイプの黒プラ鉢。栽培本位には具合が良いが・・・
resize0916.jpg
              黒プラ鉢はホームセンターなどではあまり見かけないが、この菊鉢タイプはよく売っている




ただ、実生苗の育成過程はプラ鉢で良いとしても、丹精して大きく(その植物なりに)綺麗に育ったものは、
多少なり、見栄えのする鉢に植えてやりたいとも思ったりもします。眺めるとき、鉢を視界から完全に消し去ることも
できないですしね。
で、サボテンの良さを損なわず、かといってプラスチックの安っぽさもなく・・・というとどんな鉢になるのか。
ちょっと前まで、サボテン界の定番は、猫足(三本足)の黒塗り観音鉢(楽焼鉢)でした。クラブの品評会などに
出展される立派なサボたちは、だいたいはこの鉢に植わっていたものです。思いっきり「和」のテイストですが、
最近のガーデニング流行りでよく見かけるようになったテラコッタの欧風鉢なんかよりもしっくりくる気がします。
しかし、それでも、ちょっとデコラティブ過ぎるというか、園芸改良されたサボテンには合うけれど、野生種にはどうかな、
という印象があってあまり使っていませんでした。値段も高いしね。
あるとき、縁があった陶芸家の方がたいへん凝った渋いデザインの焼きもの鉢をいくつか下さったことがありましたが、
いざサボテンを植えてみると、大袈裟過ぎるというか、鉢に植物が負けるというか、鉢の意匠が滑ってしまうというか、
ともかくいまひとつでした。人間の美意識が先行すると、サボテンに身をかわされてしまうような気がしたのです。
そんなわけで、よく使っているのがこちらです。




resize0861_201503011022327d0.jpg

resize0865_20150301114134894.jpg
                       「烏泥ラン鉢」・・・いまは窯元が減り入手困難に
resize0856.jpg
                  北米難物サボテンには、鑑賞上も栽培上も最適な「烏泥ラン鉢」




凝ったところがひとつもない、プレーンなラン鉢。いってみれば黒プラPL鉢のやきもの版といったところでしょうか。
私はかれこれ二十年以上、気に入った植物はだいたいこの鉢に植えてきました。我が家からさほど遠くない処にある
「エイシン」という鉢屋さんで扱っていて、そこでは「烏泥ラン鉢」という名前でした。シンプルな造形で、鉢高はやや深め。
おもに3~4号をペディオ・スクレロなどに使っています。これらのサボテンは鉢土が比較的早く乾くことを好むので、
焼き鉢が栽培上もマッチするし、見た目もいい。余分な意匠がなくプラスチックの安っぽさもない。素材は土だしね。
鉢屋さんによれば、この鉢はスミレの愛好家がよく使うそうで、そもそもスミレ愛好家がどのくらいいるのか判りませんが、
かなりニッチな市場には違いない。そのせいか、数年前に窯元がやめてしまい入荷がなくなりました。
なので、いまはいぜん買った古いものを大事に使っています。




resize0872.jpg
                       堅焼きの山草鉢と、素焼きのラン鉢
resize0922.jpg
           難物の中でも特に気を使うスクレロ・月想曲などには例外的に素焼きラン鉢も使うが・・・




同じようなもので、素焼きラン鉢や山草鉢の類を代用していますが、前者は乾きすぎるので管理が難しい。
ただ、北米難物のなかでもとくに繊細なもの、たとえば天狼とか、月想曲などには、あえて使っています。ほんとうに
土の乾きが早くて、夏場は水をやった翌日には乾いてしまいますが。
後者の山草鉢はいろいろなタイプがありますが、概して値段が高すぎる。デザインは抑え気味で良いものもあるけれど、
鉢の深さが足りないものが多く、やっぱりいまひとつ。




resize0881.jpg

resize0921.jpg
                       ダイソーの百円均一「角鉢」。育苗用には良好




寄せ植えには、以前は平たい育苗箱を使っていましたが、最近は百均ダイソーで売っている「角鉢(商品名)」をよく使う。
育苗バッドは底網で、棚にベタっと置くことになり、底面から害虫が侵入しやすい。ひと鉢、ネジラミなどがつくと、
灌水でながれて広がるおそれがあるのです。この百均各鉢のすぐれたところは足がついているところで、底面を棚から
離して置けます。上の写真、ダイソー角鉢のとなりで、鉢を並べる受け皿に使っているのが、いわゆる育苗箱ですね。




resize0907.jpg

resize0915.jpg
              黒プラスチックの「観音鉢」に植えた自生地種子実生・大鳳玉(白点ありが一定比率出現する)    




同じような理由で、最近見直しているのが、黒プラの「猫足(三本足)」観音鉢です。形としてはサボテン界定番のやつ。
当然ですがプラスチックなので割れない軽い、値段が安い。足があるので虫もつきにくい。ということで使い始めたたところ、
中サイズくらいのサボテンをこの鉢に植えると、何だかちょっと良いものに見えたりする(気のせい?)。
レギュラーの黒プラ鉢は、100%育成用、という印象ですが、こいつにすると、ちょっと鑑賞価値がアップするような・・・。
感覚が古いのかな。




resize0925.jpg
                    「烏泥ラン鉢」に植えつけた白花姫牡丹




で、いまでも、昔から使っている烏泥ラン鉢を探すのですが、このネット通販全盛の時代であっても、見つからない。
やっぱり窯元がひとつしかなかったのか、園芸センターでもネットでも入手することが出来ません。
烏泥ラン鉢は、サボテンだけでなく、多肉植物でいえばコノ・リトなどメセン類にも最適で、これらにも使っています。
流行のハウォルチアにも合うので、そういう意味でも、まだまだニーズはありそうなのですが。
そもそも焼きものの鉢、とくに和鉢は貴重品となり、烏泥鉢以外でもサボテンにしっくりくる鉢がまるで見つかりません。
ガーデニング系のかわいい鉢は輸入品が売られていますが、これらは草花向けの印象が強い。比較的よく見かける
東南アジア産の濃いめのテラコッタ鉢も、ソテツや塊根類にはあうんだけれど、サボテンには大雑把すぎます。

4~5号くらいで、ちょっと深めで、ツバはあまりひろがっていなくて、濃い色の堅焼き鉢。ないかな~。
皆さんは、どんな鉢をお使いですか?







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる