FC2ブログ

サボテン・多肉植物の種まき(実生)。


 まいどどうも。種まき教団の伝道師Shabomaiac!です。
毎年、なんらか実生についての記事はポストしていますが、どんな風に蒔いているのか教えて下さい、というリクエストがけっこう来るので、改めてまとめてみました。




resize5656.jpg
   自家採取したパキポディウムの種子   
resize5620.jpg
   頂き物の原産地採取の種子、正確な自生地情報がある種子は貴重




 まず、最初は種子の入手。種子で種類を識別するのはとても難しいので、信頼のおけるサプライヤーから購入、輸入することが大事です。海外の業者は送金して何か月も音沙汰がなかったり、蒔いたら蒔いたで、あれ?と思うものが生えてきたり、期待の珍種新種がゼロ発芽だったり、ということはふつうにあります。まあ、そんあもんかいなー、という気楽な構えがないと、ストレスがたまっちゃいます。
 昨年からは、種子であっても、輸入時は検疫証明書(phytosanitary certificate)の添付が不可欠になっていて、これがないと税関の開封検査で手放すことに。また、この書類を種子業者につけてもらうのもひと作業です。単価の安い種子のために面倒なペーパーワークはしたくない、だから日本には送りません、という業者も多い。さらに、せっかく証明書がついていても記載に不備があるとNG。このあたりは後日また詳しく書こうと思っていますが。

  で、一苦労して種子が手に入ったらルンルンと蒔くわけですが、まずはその時期です。ほとんどのサボテンや、塊根多肉など、春から秋に成長する夏型植物は、気温もあがり、晴天も多い4~5月が適期。反対にメセン類など冬型植物は、9~10月に蒔きます。ただ、幼苗・若苗は適応性が高いので、冬型のものを春にまいたり、夏型のものを秋にまいても、発芽してなんとかなることも多い。真夏に屋外で蒔くなんてやり方も。いずれの場合も、発芽後最初の夏はなるべく涼しく、また秋蒔きでも最初の冬は暖かく過ごさせることが大事です。
 サボテン・多肉・珍奇植物、といっても実に広範なので、属ごと、また種ごとに細かな対応は異なってきます。たとえば同じ科、同じ属のパキポディウムだけとっても、マダガスカル産は夏型、アフリカ産の光堂などは冬型と、正反対の性質です。つまり、パキポディウムだけに限っても、蒔き方・育て方の一般則は存在しないので、何千種類もあるサボテン科となら蒔き方・育て方も千差万別。しっかり書いたらそれだけで本何冊にもなります。なので、ここでは最も汎用性の高い基本的な方法を書くので、あとは応用と工夫をお願いします。その植物の原産地さえわかっていれば、地域の気象条件を調べることで、対応をかなり絞り込んで試すことができると思います。




resize5670.jpg
   毎年恒例の種まき作業。ラベル作りとか、結構手間がかかります
resize5658.jpg
   種まきには、IKEAの大きくて平たいプラケースを使っています


 

 さて、眠っている状態の種子が起動して発芽する基本条件は、水と温度です。ときには光や、ほかの条件が必要な場合もありますが、まずは、しっかり種皮が濡れる状態が一定程度続き、そのとき適温であれば、発芽がはじまることが多い。そのために、鉢に腰水したり、ビニールで覆って高温多湿の状態を作ったりするわけですね。ここも大半の、ということになりますが、夏型植物は30度以上の高温で発芽がはじまることが多い。なかには40度近い高温にならないと芽が出ないものもありますし、その温度ではダメになってしまうものもあります。こうしたことも、自生地の環境から推察できます。
 私の場合、大半の種について、以下のような環境で発芽させます。9cm角のプラ鉢に、培養土(成株を育てるのと同じもの)を半分まで入れて、その上には市販の「種まきの土」を2~3cm程度の厚さに敷きます。この「種まきの土」は、ピートモスの微粉が使われているものを選んでいます。鉢いっぱいに入れると、排水しないような、目の細かいものですね。これは、発芽した苗の根が土に絡みやすいからで、菊水や松露玉などの微細種子は、ピートモスの粉末だけを蒔き土(表土)にしています。
 以前は蒔く前に鉢土を熱湯消毒していましたが、今はそのまま種を蒔き、その後ホーマイと呼ばれる殺菌剤を規定の濃度でたっぷり噴霧しています。この薬剤は、コケの繁茂を抑えるすぐれたものですが、濃度が不適だと発芽した苗が育たないなど薬害も出ます。種は指でばら蒔きです。むらが出るのは仕方ない。大きな種子は半分土に埋めたりしますが、覆土はしていません。蒔き終わった鉢は、浅くて大き目の半透明衣装ケースに並べ、鉢高の半分まで腰水して、フタをしたうえで温室内においています。そのままだと中が高温になって煮えてしまう恐れがあるので、50-70%の遮光ネットをかけています。




resize5630.jpg
   今年の種まき、蒔いて2週間。概ね出揃ったところ
resize5627.jpg
   サボテンは、既に刺が出てきて、特長が現れはじめています
resize5629.jpg
   左はパキポ・光堂、右はウィンゾリ。一緒に蒔けないこともない。ただし、この後の管理は異なる



これで、早ければ1週間程度で発芽がはじまり、1か月くらいのあいだに出るものは出ます。プラケースで密閉していると、白絹のようなカビが出ることがあり、これは一瞬で植物を溶かしてしまいます。ホーマイや、ベンレートなどを追加噴霧することで一定程度防げますが、やりすぎると薬害が出る。私は発芽後3日目に1回、1週間目に1回、2週間目にもう1回、播種時と同濃度の殺菌剤を噴霧しています。また、発芽がある程度進んだら、フタを半分あける、または全部あけてしまえば、カビは生えにくくなります。蒔いて2~3か月たって上からシャワーしても流れないサイズに成長したら、腰水から引き揚げ、潅水管理に移します。また、1か月ほどの間に芽が出なかったものも、いったん乾かして再び同じような環境に戻すと発芽したり、あるいは外で雨に打たせていると発芽することがあります。なので、捨てずにとって、捲土重来を期すのも良いかもしれません。

 とまあ、これはあくまで一般論としてのサボテン・多肉の種まきで、これではうまくいかない種類も多数あります。いわゆる難発芽性といわれる種子で、サボテンでは、スクレロカクタスなどの北米難物種や、ウチワサボテンの仲間は、だいたい発芽しにくい。そこで様々な発芽促進策が試されていますが、確定的な方法はない、と思います。私は、針で種の尖った部分を削り取ってから蒔く方法を、時間があるときは実行しています。たしかに効果はあるけど、面倒すぎますね。また、難物サボテン等は、発芽するまでは腰水が不可欠なのに、発芽した直後からは、根際が乾く時間帯を作らないとすぐに腐ります。しかも、バラバラと時間をあけて少しずつ発芽するため、私は芽が出たものから1本1本別の鉢(腰水ではない)に植え替えています。また、菊水などのようにごく微細な種子の植物は、発芽から1年程度は、密閉したタッパーのなかで湿度を維持して育てる、なんてこともしています。こういった例外はいっぱいあるので、上記の一般的な蒔き方でうまくいかないものは、それぞれの栽培者がいろいろな工夫をしている、というわけです。




resize5644.jpg
   太平丸(Echinocactus horizonthalonius)、実生3年生
resize5653.jpg
   パキポ・グラキリウス(Pachypodium gracilius)、実生3年生(ほぼ2歳)
resize5650.jpg
   白ランポー玉(Astrophytum coahuilense)、実生3年生




 種を蒔いてよかった・・・と、楽しさ、嬉しさを実感するのは、蒔いて2年、3年くらい過ぎてから。すっかりそれらしくなった実生苗たちは、早いものは花も咲かせ始めます。稀には、斑入りや綴化のような変異株が出てくることもあるし、楽しみは尽きません。さらに10年、20年と、その先もずっと、自分のライフステージと一緒に歩んでくれるでしょう。
 実生の方法、今回はざっくりまとめましたが、ピンポイントの、属別、種別の蒔き方については、このブログの過去ログにもいくつかあるので、ご覧いただければ幸いです。もちろん、種まき30年の私でも、まだまだ試行錯誤の種類もたくさんあります。皆さんの経験や発見を共有していければと思います。



(関連エントリー、いくつか)

http://shabomaniac.blog13.fc2.com/blog-category-20.html
http://shabomaniac.blog13.fc2.com/blog-category-20.html
http://shabomaniac.blog13.fc2.com/category20-4.html







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

今年も種を蒔きました。


先週、種まきをしました。
やり方は、ここ十年くらい変わりません。
透明プラのトレイ(衣装ケース)に、鉢を並べて、腰水をして蓋をかぶせておわり。
それでも、衣装ケースふたつぶんの作業で、半日はたっぷりかかります。




resize4006.jpg




まずは名札書きからです。これもむかしはプラの名札に油性マーカーで書いていた。
でも、インクは経年劣化で読めなくなるので、途中からは鉛筆書きにしました。
いまは、上の写真のように、ラベルライターで名札を印刷します。
屋外用のシールを使うと、10年近く劣化なく読み取れる状態を保ってくれます。
今年は、サボテンでは太平丸とコピアポアにほぼ特化して蒔きました。
チェコの業者からの輸入種子です。太平丸だけで、↓これだけ頼みました。
いくつか品切れあったと思うけど、ほぼ届きました。ちょっと面白いので列挙すると、


N0219 Echinocactus horizonthalonius Las Delicias, Durango 10 2,2 
N0238 Echinocactus horizonthalonius VM General Cepeda, Coah. 10 1,4 
N1621 Echinocactus horizonthalonius K? 43 Valle de Rosario, Chih. 10 2,4 
N0082 Echinocactus horizonthalonius JABO 32 Tula, Tamaulipas 10 1,2 
N0150 Echinocactus horizonthalonius JABO 33 Artega, Coah. 10 1,2 
N0191 Echinocactus horizonthalonius KMR 85 Sierra de la Paila, Coah. 10 1,4 
N1628 Echinocactus horizonthalonius VZD 690 Arroyo de Cruces, Durango 10 2
N00472 Echinocactus horizonthalonius VZD 390 Rancho San Geronimo, Coah. 10 1,6 
N00474 Echinocactus horizonthalonius VZD 0063 Saltilo- Toreon km 132, Coah. 10 1,4 
N1626 Echinocactus horizonthalonius VZD 257 NW of Cuba, Durango 10 2
N1705 Echinocactus horizonthalonius VZD 847 La Encantada, Coah. 10 1,4 
N1711 Echinocactus horizonthalonius VZD 932 La Mejorada, Zac. 10 1,5 
N0155 Echinocactus horizonthalonius RC 73 San Rafael, Coah. 10 1,2  
N1703 Echinocactus horizonthalonius RC 95 El Casco, Durango 10 1,2  
N1000 Echinocactus horizonthalonius VM 600 Pozos, Guan. 10 2
N1001 Echinocactus horizonthalonius VM Sandia Chica 10 1,6 
N0090 Echinocactus horizonthalonius v. subikii CH 485 E of Ejido Soledad, NL 10 1,4


ヨーロッパでは、産地データとリンクさせて植物をコレクションする人が多いため、
こうした形で種子が売られています。太平丸は、産地が異なると、まるで顔が違ってくる
サボテンですが、国内ではあれこれ雑交されています。そこで輸入種子を実生して、
オリジナル再現を目指すわけです。ほんとは自分で自生地まで種を採りにゆければ
最高だろうけど、なかなか実現できませんね。




resize4010.jpg

resize4012.jpg
               ready for sowing seeds!



今年の実生は、太平丸、コピアポア、他いくつかのカクタスで、トレイひとつ。
もうひとつのトレイは、すこし大き目の蒔き鉢で、パキポディウムを中心に
多肉・塊根類の種を蒔きます。こちらは大半が自分の栽培場で採種したもの。
むかしは、蒔き土を熱湯消毒したりしましたが、いまは面倒なので、成株と同じ
培養土のうえに、薄く表土を敷いて、そのままバラ蒔きします。
表土は、ピートモスを中心にした市販の「種まき用土」を赤玉細粒(芝目土)で
半分くらいに割ったものを使っています。ピートがあると、根がからんで
小さい種も育ちやすい。




resize4015.jpg
               spraying fungicides(thiuram) after sowing seeds



種を蒔き終わったら、殺菌剤を噴霧します。あらかじめ土を消毒していないので、
これは不可欠。ホーマイを規定量に薄めて使っています。この薬はコケの生育を
阻害するらしく、鉢内にコケがはびこるのを防いでくれます。しかし、量が多いと、
発芽した苗の成長が止まるので、注意が必要です。

それから1週間。きょう、蓋をとって様子を見てみると・・・




resize4023.jpg
               Just hatch out ! a week passed since sowing seeds
resize4024.jpg
               Pachypodium eburneum
resize4022.jpg
               Idria columnaris



パキポディウムは一斉に発芽がはじまっていました。
蒔いたのは、グラキリウス、ブレビカウレ、白花ブレビカウレ、エブレネウム、
バロニー・ウィンゾリ、光堂など。どういうわけがウィンゾリが発芽ゼロ。
なにか種に問題があるのかも知れません。イドリア・コルムナリスや光堂は
秋冬型なので、出揃ったら、すこし涼しい場所に移してやります。
サボテンたちは、まだほとんど発芽していません。もともと太平丸なんかは
発芽しにくいので、2週間くらい経たないと動かないことが多い。気長に待つ。




resize4020.jpg
               Pachypodium brevicaule just one year old
resize4021.jpg
               Pachypodium makayense just one year old



こちらは去年蒔きのパキポディウムです。
ブレビカウレは、まだ1cmにもならないちびっこですが、マカイエンセなどは
既にそれらしい姿になりつつあります。




resize4019.jpg
               Pachypodium rosulatum ssp.gracilis 2years from seed
resize4018.jpg
               Pachypodium brevicaule ssp. leucoxanthum 4years from seed



2年、3年とたてばさらにそれらしくなってきます。うちは露天に放っぽりだして、
水やりも天まかせという育て方なので、成長ペースは遅い。グラキリウスは2年で
このサイズ。すでに鉢上げした白花ブレビカウレは丸4年経っているはずですが、
去年から咲いています。育てば育つほど場所をとるのが悩ましいですが、大きく
育っていくプロセスを間近で眺めるのは実に楽しいものです。

サボテン・多肉植物の種まき、実は1996年から1年も休みなく続けています。
私にとって、植物栽培の最大の楽しみは、種から育てて、野生株にまけない
標本を育成すること。既に栽培場の8割くらいが、自分で種から育てた植物で
埋まりつつあり、二十余年を経て、ようやくゴールが見えてきたものもあります。
そんなに執念深い性格でもないんですが、よく続いてますよね。














テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

この秋の実生苗たち。

     
この秋も、数は多くないですが、多肉や球根の種を蒔きました。自分の家で採った種、
海外から取り寄せた種、頂き物の種、いろいろ取り混ぜて30種類くらい。
まだ2、3か月しか経っていないので、小さくて特徴も出てきていませんが、
記録もかねて、記事にしておきたいと思います。




resize3720.jpg

resize3704.jpg

resize3702.jpg

resize3701.jpg
                3 months seedling of Conophytum and Lithops



秋蒔きといえば、メセンです。ことしは時間が取れなくて、12種類しか蒔きませんでした。
紫色のなる大津絵(Lithops otzeniana 'cesky granat')と、
赤く染まるマウガニー(Conophytum maughanii)。
しかし、今の処どちらもアマガエルのように緑色です。
で、雑な蒔き方を象徴するように、えらいことになってしまったのが、
このブルゲリ(Conophytum burgeri)。鉢の直上でカプセルをすり潰して蒔いた結果。
植え替えることも出来ず、こまった状況です。この状態で夏越しが出来るかはかなり危ういかも。
これらのメセン種子は、みな自家採種したものです。




resize3711.jpg
                   Pelargonium triste
resize3708.jpg
                   Dioscorea sylvatica
resize3714.jpg
                   Bulbine torta



その他の秋冬ものでは、ぺラルゴのトリステ(Pelargonium triste)を蒔きました。
いったい何年育てたら輸入株のように流木状の塊根が発達するんでしょうか。
亀甲竜は発芽しませんでしたが、同ソースのシルバチカ(Dioscorea sylvatica)は
ヤマノイモらしい葉を茂らせてます。球根ではラケナリアやモラエアなどいくつか。
このブルビネ・トルタ(Bulbine torta)は、葉っぱのウネウネに期待してますが、
いまのところ、気持ちよく真っ直ぐですね。どれも写真に撮ってみると雑草にしか見えないなぁ。




resize3698.jpg

resize3697.jpg
                   Brunsvigia bosmaniae x B.litoralis
resize3706.jpg
                   Dudleya pulverulenta
resize3699.jpg
              Othonna hallii germinated around the base of Brunsvigia



こちらは、ブルンスビギアの自家採り。同時に咲いたボスマニアエとリトラリスが
勝手に交雑して結実しました(Brunsvigia bosmaniae x B.litoralis)。
ヒガンバナ球根は種の寿命が短いため、購入することがとても難しい。
フレッシュな状態で播種すると、直ぐにこんな感じで発芽してきます。可愛い。
そしてダドレアも秋蒔きです。最美のプルベルレンタ(Dudleya pulverulenta)等、
みな種が微細なのでコケに呑み込まれないように気をつかいます。
そしてブルンスの鉢では、オトンナ・ハリー(Othonna hallii)が自然発芽。
これは春先の出来事かも知れません。




resize3715.jpg

resize3717.jpg
                  
resize3690.jpg
              8months seedlings of Madagascan Pachypodium
resize3725.jpg
              8months seedlings of Euphorbia symmetrica



さて、春に蒔いた種はどのくらい育ったかというと、こんな感じです。ほとんど落葉した
マダ産パキポ軍団は、成長の早いグラキリスでこんな程度。植え替えてないから仕方ないです。
ブレビカウレはまだ1cmにもなってません。
そしてユーフォ・シンメトリカ(Euphorbia symmetrica)も1cmになるかならないかで、
こちらも肥沃な土に植え替えればもっとペースアップできたでしょうね。




resize3691.jpg

resize3695.jpg
               3 months seedlings of Pachypodium namaquanum



最後は、光堂ベビー、3か月です(Pachypodium namaquanum)。
今年はこの種の開花、授粉、結実、そしてこの秋の播種まで、ずーっと記事にしてきました。
発芽してしまえば秋春型だけあって、寒さにも強く、この時期も無加温のガラス室で水やりを
続けています。マダ産のパキポとは大違い。すでに刺も伸ばして、光堂だと認識できる姿に
なってきました。親株の方は、ちょうどひとめぐりして、蕾が見えてきたところ。
1年、あっという間ですね。






テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる