テロカクタスの兄弟。

    
  
resize2754.jpg




兄弟というのは、大概においてよく似ているけれど、ある点では決定的に異なったりもするもの。
このふた株、花が咲くまではどっちがどっちか区別もつかないくらいでしたが、いまは歴然。
こうして並べて眺めると二倍以上に?楽しめます。




resize2752.jpg

resize2756.jpg
                  Thelocactus conothele  Dr Arroyo, Nuevo Leon




天照玉(Thelocactus conothele)は、たぶん戦前から親しまれている古典的なサボテンです。
いちども舞台の中央には立ったことがないけれど、脇役の、そのまた脇役くらいではあるけれど、
どこかの温室の片隅ではいまもきっと見つけることが出来るでしょう。"古木化"してる可能性大ですが。
そもそも、テロカクタス(Thelocactus)という属そのものが、脇役ばかり所属する劇団みたいなもので、
なかではまあ、緋冠竜あたりがちょっと名が出たくらいでしょうか。
この種は、なかでもとくに地味で、つかみどころのない風情ですが、早春から咲く花はとても美しい。
同じ種からは、この兄弟の中間みたいな曖昧な色合いの株も出ました。
栽培については、とりわけ丈夫ということもないけれど、気難しくもない。これまた特徴が淡い。
寒さはあまり好きでない気がします。といっても氷点下6度まで冷えるハウスで生きのびていますね。




resize2757.jpg

resize2758.jpg
               Thelocactus panarottoanus  M.1275.9  Cialtinacada,SLP




もう1種類テロカクタスです。このパナロットアヌス(Thelocactus panarottoanus)は、
脇役どころか、まだデビューもしていないような状況。国内ではネットもふくめ見かけたことがない。
さらに、今後これ以上メジャーになる見通しもありません。ですが、黒っぽい艶肌に、焦げたような
茶色の刺を振りかざす姿はそこそこ迫力があって、ほどほど味わい深い。
花は、レモンイエローで、これもちょっとくすんだ感じが良い。名前からして、先月このブログで紹介した
ツルビニカルプス・パナロットイと同じパナロットさんが発見したか導入したと思われますが、
これまたマイナーなトゥレンシス(T.tulensis 地久丸)の地域変異みたいな位置づけになると思います。
栽培については前者同様、可もなく不可もなく、です。




resize2759.jpg

resize2755.jpg




とまあ、脇役特集みたいなエントリーになりましたが、テロの花の、春らしい緩んだ良さが伝わればいいなと。
3月ともなると、晴れた昼間の温室やハウスは40度くらいまで気温が上昇します。人間には厳しい暑さですが、
この高温がサボテンたちを冬の眠りから一気に目覚めさせます。テロカクタスは早咲きのサボテンですが、
ほかの種類も続々花をつけ、新刺を伸ばし始めるでしょう。












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

夏サボテン。

        
今年は梅雨もけっこう中抜けして晴れてくれるんですが、難物サボテンはすでに店じまい。
かわって、メキシコ産やアメリカ南部産のサボテンなどが次々咲いています。
これらは、真夏も水やりを続けて大丈夫そうな夏サボテンたちです。




resize1125.jpg

resize1126.jpg
                           Geohintonia mexicana over10 years from seed



ゲオヒントニア・メキシカーナ(Geohintonia mexicana)。
こういう一般的というか、広く好まれるタイプのサボテンも多少は育てています。もともと、新種とか珍種とかいうのに弱い。
当時、本来入ってくるはずのない山採り株が売り出されたものの、バカ高いし後ろめたいしで、かわりに種を買って蒔いた。
種なら罰は当たるまいと思ったのですが、後日、種の採集業者が株を引き抜いて、頂部をえぐって採種した・・・なんて
記事を読んで後味の悪い思いをしました。それから十余年、この種は実生でも山木でもあんまり雰囲気変わりませんね。
花が同時に咲いてくれたら、種をとりたいところです。




resize1136.jpg

resize1137.jpg
                          Copiapoa tocopillana



コピアポア・トコピラナ(Copiapoa tocopillana)。
実は、なかなか珍しいコピアポア。いくつかの専門書に迫力ある刺で武装した野生個体の写真が出ているけれど、
種のデリバリーはめったにありません。これは7-8年まえ、ドイツの種子業者ピルツが、Schwartz園にある標本より、と
リストアップした種子を蒔いたもの。humilis系のコピですが、黒い刺の感じに、ちょっと強そうな雰囲気が出てきた。
うーんこれはトコピラナ、と呼んでもいいのかな、と思っている次第。栽培のやさしいコピアポアのなかでも、とくに
育てやすくて、あれほど過酷な環境に生えている植物なのに不思議な気がします。




resize1128.jpg

resize1129.jpg
                       "赤花鶴巣丸"(Thelocactus rinconensis ssp. freudenbergeri



"赤花鶴巣丸"という和名は、存在しないけれど、この種を説明するにはいちばん分かりやすい。
フラウデンベルゲリ(Thelocactus rinconensis ssp. freudenbergeri)という名前で、割と最近入ってきたテロ。
メキシコ・ヌレボレオン州のGrutas近くの丘だけにしかないとされる。実はこのサボテンが濃ピンクの花を咲かせることを
今まで知らなくて、今年開花している場面に行き当たってびっくり。鶴巣の刺にピンクの花、なかなかのもんです、これ。
プランターに寄せ植えしたまま数年放ったらかしでしたが、この夏じゅうにちゃんと鉢上げしてやるつもり。

といって、夏場の植え替えはしんどいだよねぇ。









【急報】牡丹が腐る。

     
週末にハウスを訪ねて、衝撃の光景を目の当たりにしました。
2週間前に訪ねたときには満開の美花で楽しませてくれた牡丹類が、いくつも腐っている。
これも、これも、これも・・・。あまりのショックに、その時は写真も撮れませんでした。

というわけで、今回は楽しい話ではありません。
ですが、栽培体験のひとつとして共有しておくことで、同じようなトラブルを回避できるかも…と
考えて、苦い思いを綴ってみます。




resize0407_20141205022200f98.jpg
                    こんな元気に開花していたのに・・・




腐ってしまったアリオカルプス(Ariocarpus)は、ハウスのあちこちに置いてあり、特定のエリアある植物が
集中してダメになったけではなく、被害は散在しています。寄せ植えでも、すべてが駄目になる訳ではなく、
腐った株に囲まれていても、大丈夫なものは大丈夫。
やられた株はひと目でわかります。球体が気分の悪いくすんだ色に変わり、きもち膨らんでいる。触ると、ぶよぶよ。
成長点からずぼっと指がめりこむくらい、なかはドロドロです。



昇天した株は、11月29日の時点で、

亀甲牡丹  古い輸入株×2
同     実生開花株×3
黒牡丹   実生開花株×6
同     古い輸入株×1
姫牡丹   実生開花株×2
アガベ牡丹 実生開花株×4



ぜんぶで何本だ?20本近いですね。とくに亀甲や黒の輸入株は、30年近く育てているもので、
これまでなんの故障もなかった株。突然のことにショックで立ち尽くしてしまいました。
いったい何が起こったのか?いわゆる赤腐れのように、ジワジワ逝く感じではなくて、
数日のうちにグシャっと腐ったように見えます。水をやり過ぎた覚えはないけど、根腐れか?

抜きあげてみると、太い蕪根の下の方は組織も固いままで、切っても腐りの痕跡はなし。
どの株も同じです。どうも腐りは上から来たようにみえる。
そこで閃く。駄目になったのはすべて開花株。しかも、この秋に花を咲かせた株ばかりです。
開花したあとの、いわゆる花ガラにカビがつくか、細菌がつくかして、それがそのまま成長点から
球体内に侵入したように思えます。




resize0408_201412050226055fd.jpg

resize0409_20141205022626076.jpg
                   アガベ牡丹に亀甲牡丹。腐敗は花のあと、頂部から侵入した模様。




思えば、過去にも同じような牡丹類の腐敗をこの季節に体験したことがあります。
しかし、シーズンに1本、2本といった数なので、あまり鮮烈な記憶は残っていませんでした。
では、なぜ今年に限ってこんなに数多くの犠牲が出たのか?
よほど、病害の出やすい条件が揃っていたのか?

で、今年の11月の、私のハウス付近の気象データをあらってみました。
月の日照時間は130時間と、平年の145時間を下回っていますが、雨量は65ミリと、平年の半分ほど。
しかし、花の咲いたあとの時期、この2週間ほど(11/16~11/29)でみると、雨降りの日が6日あり、
日照ゼロの日が3日ありました。一方気温は、平年だと最高温度17度程度が平年の値ですが、この期間は
18度以上の日が6日でした。また、今朝もそうでしたが私のハウスは谷あいにあるため、朝方は霧に包まれます。
11月としては、比較的、多湿で蒸した環境が続いたとはいえるかも知れません。




DSC_0063a.jpg

DSC_0066a.jpg

DSC_0069a.jpg




こちらは後日、ダメになったアガベ牡丹を記録用に撮影したもの。
花が咲き続けてるとなりには、ダメになった株があります。切ってみると、やっぱり根腐れではない。
いわゆる赤腐れでもなさそう。成長点付近に、カビのようなもの侵されたような痕跡があります。
そこを中心に、球体全体がゆるっと、熟しすぎた果物のようにとろけている。悪臭はありません。
しかしなぜ、こんなことが多発したのか。今のハウスで栽培をはじめて、ことしで8年目になりますが、
同じ程度、ムシムシした秋はあったようにも思えますが、こんな経験ははじめてです。
以前、出展は失念しましたが、ネット上で牡丹類の花後腐敗が増えている、という記述を拝見しました。
ここ数年で「牡丹頭腐り病」が蔓延しはじめた・・・とは思いませんが、異常気象続きの気候トレンドで、
ハウス内が病害を招きやすい環境に変わっているのかも…?などと被害妄想的な気分にもなりそうです。
まあ、実際は花後の通風不足と、たまたま雨が続いたことが原因なのでしょう。

ともあれ、遠隔地の栽培場ゆえ、こまめに花ガラを摘み取ってやることなどできませんから、この腐りを防ぐのは、
かなり難しい。来年は、牡丹の花ガラが完全に乾くまで、サイドの巻き上げも全開にして通風を最優先にするのが
まず第一。それでも心配なので、たまたま目にした花は、スパッと切り取って腐る部分をなくしてやる。
・・・うーん、でも、それはそれでなんとも切ない対策ですね。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる