FC2ブログ

つかの間の春。

 
 すっかり春らしくなってきて、栽培場ではいろいろ動きが出てきました。多肉ハウスではバビアナ(Babiana rubrocyanea)が咲いていました。ここはメセンやケープバルブ、冬型コーデックスなどを中心に置いているので、秋から春が賑やかです。といっても、厳寒期はちょっと動きが止まり、春先のこの時期にまた一瞬だけ動きが出てきて、花が咲いたり、結実したり。つかの間の春です。




resize5419.jpg
     Babiana rubrocyanea
resize5424.jpg
     Haemanthus with fruits




 実は、例の珍奇植物本「ビザールプランツと生きる」の作業がけっこう忙しくなっています。私が主に担当しているのは、サボテン科(カクタス)、メセン類(コノフィツム・リトープス)、ケープバルブなど。あと、アロエ、アガベやユーフォルビア、パキポをはじめとするコーデックス類にも関わっています。やることは、載せる写真のセレクトをしたり、ライターさんが書く説明文の内容を確認したりですが、けっこう煩雑なもんですね。
 とにかく「珍奇植物」ならなんでも盛り込むというコンセプトなので、各科各属の人気種だけでなく、魅力的なもの、変わったもの、あまり見かけないものもピックアップしています。サボテン多肉とその仲間といっても幅広いので、沢山のドアを用意して、読者の方に次々と開けてみてもらう。そこで「面白い」と思う植物があったら、おのおの深堀りしてもらればいいかなと思っています。そんなわけで、入門書なのにマニアック、という不思議な本になりそうです。




resize5422.jpg
     Dudleya brittonii
resize5420_20190323221806eef.jpg
     Kumara haemanthifolia (Aloe haemanthifolia)




 そんなこんなでブログはお休みしようかとも思ったのですが、言ってみれば本のほうもこのブログのスピンオフみたいなところもあります。なので、本末転倒にならないよう、しっかり書かなきゃと思い直しました。今回は春のハウスの雑感。動き始めたサボハウスじゃなくて、あえて休眠前の多肉棟にしました。乱雑にしているので、栽培場の写真はいつもあまり載せないのですが、草ぼうぼうの感じも面白いかなと割り切って紹介します。
 ダドレアはいまが一番元気で、花梗を盛んにあげてきています。カリフォルニアの海岸あたりに生えているダドレアは、明確な冬型植物です。夏はどうしても傷むので、いまから5月くらいがいちばんきれいですね。この仙女盃は勝手に種がつくので、ことしは採ってみようかなと。同じように、アロエのハエマンティフォリア、ポリフィラといった種も、この時期がいちばん元気です。ハエマンの花があがってきたら、是非種を採りたいと思っているけれど、今年はどうか。なかなか咲かない種類です。そういえば、この種はアロエ属の再編でクマラ属(Kumara)に移されています。いまのところ、アロエの方が馴染みが良いですけどね。




resize5427.jpg
     various species of genus Bulbine
resize5418.jpg




 ここから先は眠るだけ、という種類も多い。先週もご紹介したメセンたちの大半は、今週末が最後の水やりになる見込み。これから約半年、ほぼ飲まず食わずで凌いでもらいます。ブルビネなんかは、いまこうして青々としていても、まもなく、地上からは影も形もなくなってしまう。秋にちゃんと起きてくるのか、まいど気をもむ植物です。まもなく、このハウスには50%の寒冷紗をかけて、サイドも全開にして、極力涼しい環境をつくって夏を待つことになります。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

真っ赤な多肉ツリー。

年の瀬が近づくと、赤い花がやけに気になる。
ジングルベルが鳴り出すと、なんだかソワソワする。バブル時代に青春を過ごしたせいかな。
むかしほどは盛り上がらないけど、今もこの時期になれば赤と緑のクリスマスカラーが街に溢れます。
栽培場に入っても、自然と目が行くのは赤い花。というわけで、まずはこんなの。



IMG_0792S.jpg

IMG_0799S.jpg
                  Haemanthus sanguineus


ヒガンバナ科球根のハエマンサスです。少し前のエントリーで白花を紹介しましたが、こんどは赤花。
ハエマンサス・サンギネウス(Haemanthus sanguineus)。種小名は血のような赤という意味らしい。
おそらく花の色を指しているのだと思いますが、もしかすると葉の赤い縁取りのことなのかも。
南アフリカ原産の冬型球根で、秋口の開花後に出葉し春まで成長。初夏には葉が枯れて休眠します。



IMG_0801S.jpg



アップでもう一葉。
この種は花だけでなく幅広肉厚の葉姿にもたいへん鑑賞価値があり、むしろその部分で多肉ファンを
惹きつけてきました。だるま葉で有名なロツンデフォリウス(H.rotundifolius)も本種の異学名とされます。
写真の株は“サンギネウス”で入手の株で、ほかに“ロツンデ”で入手の個体もありますが、花はほぼ同じ。
とか言っても、葉っぱのある姿をご覧戴かないとピンときませんね。失礼・・・。

つづいてこちら。



IMG_5709S.jpg

IMG_5701S.jpg
                 Crassula perfoliata M2340.4 Baviaanskloof


めちゃめちゃスタンダードな多肉植物です。私のようなヘンクツ者がこれを育てていることにもビックリ。
クラッスラの尖刀(Crassula perfoliata M2340.4 Baviaanskloof)です。
いつからうちに住みついているのか定かでないのですが、わーっと咲き群がっている様子が目につきました。
ごく近縁の神刀(ssp.falcata)は花ものとしてもさらに有名ですが、じつにに綺麗な花ですね。



IMG_5704S.jpg



これ、ひとつひとつは小さくて形も素朴な花なのですが、星くずが数多集まって星雲となるように見応えあり。
里山の青い空をバックに撮ってみたのですが、日本の花木みたいに見えないこともない。馴染んでます。
花屋さんで売っているくらいなので栽培も容易で、私のところでも完全放置、つまりほかの植物に灌水する時に
水がかかるくらいですが、立派に咲きます。ただし、葉っぱちょいと汚れ気味ですが・・・。
でもあまりクリスマスっぽくはないか。

じゃ、最後はクリスマスツリーにしても良いくらい、この季節にベストマッチの植物。



IMG_1093S.jpg
                 Monadenium spectabile


モナデニウム・スペクタビレ(Monadenium spectabile)。タンザニア原産の多肉植物です。
ユーフォルビアなどと同じ、トウダイグサ科の植物で、おなじく有毒な乳汁を含みます。
この属は塊根系の多肉が多いのですが、これは根も肥大するものの枝モノです。
ギザギザ不規則な突起に覆われた幹は径3-4cmほどで、体色はクリームがかった特異な緑色です。
葉は肉厚でゴムっぽい弾力があり、葉裏が赤みを帯びています。これだけでも鑑賞価値はじゅうぶん。



IMG_1099S.jpg

IMG_1103S.jpg



しかしなんといっても見所はこの花です。「蟹の爪(Crab claw)」などとも呼ばれる奇妙な花の形と、
にごりのない透明感のある赤。植物体の緑は淡い色ありですが、いちおうクリスマスカラー。
しかもちょうど今の時期に咲くので窓辺にでも飾りたくなります。
むりやり解釈すればトナカイの角に見えなくもない(見えないってば)。
そう言えば、クリスマス飾りの定番、ポインセチアもユーフォルビア(Euphorbia pulcherrima)ですね。
スペクタビレは、花の色づきに個体差があるようですが、この個体は朱色成分の少ない甘い色合いの赤です。
栽培は、寒さに弱い(最低温度で5度くらいは保ちたい)ことをのぞけば丈夫。成長も早いので、うちの株は
私の身長を超えたところでいちどカットしました。なので挿し木株ですが、発根も容易です。ただし毒液には注意。

大株の方を我が家のクリスマスツリーにどうか、と妻子に提案したところ「痛くて毒なんてダメ」とあえなく却下。
なのでリビングにはホムセン出身のコニファーツリーが明滅してます。これだってチクチクするじゃんか・・・。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる