FC2ブログ

吸血昆虫を惹きつける花たち。

   
 ゲイッソリザ・ラディアンズ(=ゲイソリザ Geissorhiza radians)は、数あるケープバルブのなかで、花のインパクトでは一二を争う有名な植物です。ワインカップの名で親しまれ、広く栽培されています。自生地は南アフリカのケープタウンにほど近いダーリング(Darling)近郊ですが、開発などでその数は少なくなっており、絶滅が危惧される植物のひとつ。栽培では冬生育型で、落葉、休眠する前のちょうど春のこの時期に開花します。自生地は冬場、ぬかるむほど水分が多い場所なので、成長期は水を切らさないように管理します。凍らさなければ寒さにも強く育てやすい植物です。




resize0338_20200322210544c1b.jpg
   Geissorhiza radians



 濃い紫色の花弁は、中心部がクッキリ縁どられたワインレッドになっていて、眼を射るようです。いったいどうしてこんなに激しい色彩のコントラストになったのか。ゲイッソリザには、このラディアンズのほかにも、Geissorhiza eurystigma 、
Geissorhiza mathewsii というよく似た花の植物がありますが、色彩はよく似ていてます。こうした花の真ん中が目立つ花は、ポリネーターを奥へ、中心部へとに誘うため、と説明されることが多いのですが、このラディアンズの送粉者はいったい誰なのか。




resize0336_202003222109383b1.jpg

resize0328.jpg




 ゲイッソリザの花はハナバチに授粉されるものが多く、なかにはmonkey beetlesと言われる甲虫を送粉者として持つ種もあります。ところが、このラディアンズの主な送粉者は、horse flies 、Tabanid fly と呼ばれるアブ(馬蠅)の一種で、Philoliche属の昆虫です。一般にアブ類は青~紫、スミレ色の花に誘引される傾向がありますが、ゲイッソリザ・ラディアンズは、青紫の花弁の、中心部が熟したように赤い。この強烈な色彩のコントラストで、horse flies を誘引するのです。
 実はこのアブが曲者で、長い口吻で花蜜を吸うだけでなく雌は動物から吸血します。実際、ゲイッソリザ・ラディアンズの花時に自生地の蒸し暑い草原を訪ねると、ブユの大群につきまとわれたうえ、このアブにも刺されることがあるそうです。そのことから、花弁の中央が切り裂かれたように赤いこの花は、動物の身体に刻まれた生傷に見せかけてアブを誘引するのだ、という見解を述べる人もいます。真偽は確かめられませんでしたが、ちょっと面白い見方ではあります。そしてもう一つ、ゲイッソリザには本種とよく似た花を咲かせる種が2つありますが、加えて他属に見間違えるほどそっくりな花があります。




resize0349_20200322211113783.jpg
   Babiana rubrocyanea



 それがこれ、バビアナ・ルブロキアネア(Babiana rubrocyanea)です。実にそっくりだと思いませんか。写真の株は、二十年くらい前に南アから不明種球根として送られてきたもので、私は当初、花をみてゲイッソリザ・ラディアンズだと思っていました。バビアナもアヤメ科の球根植物で、観賞植物として園芸的に改良されたものも多くあり、ゲイッソリザよりも普及しているかも知れません。このルブロキアネアは原種ですが、生育期はたっぷり水をやれば、無加温のハウス(関東)でも楽に越冬し、よく咲いてくれます。




resize0352.jpg

resize0345.jpg




 このバビアナ・ルブロキアネアは、ゲイッソリザ・ラディアンズと近接した地域に自生していて、重なり合うように生えているところもあります。でも、二つの花がそっくりだと思うのは人間だけではないようです。先に登場したPhiloliche属のアブは、ゲイッソリザ・ラディアンズだけでなく、このバビアナの花も同じように訪れるのです。
 逆にいえば、このよく似たゲイッソリザやバビアナの花は、特定のアブの送粉様式に適した形に収斂進化を遂げたものとも考えることが出来るので、これらの花たちのあり方を“Pollination Guild”などとも呼んでいます。いずれも、青紫の花弁の中心部が、赤く染め抜かれた、他にあまりない花です。少しショッキングな“生傷擬態説”の真偽はともかく、このサイケデリックな花が、特定のアブを強く惹きつけることは間違いありません。

 ともあれ、私の栽培場には恐ろしい吸血アブはやってこないので、ポカポカとのどかな花見を楽しんでいます。




resize0368_20200322211422b9e.jpg
  



 












シルバーヒルのラケナリア。


 ラケナリアは、花のきれいな育てやすいケープバルブとして、親しまれていますが、いわゆるビザールプランツの範疇に入るものはそう多くないと思います。ほとんどの品種は丈夫で土もあまり選ばず、関東ならば無加温のハウスでも楽に越冬してよく咲きます。私のところにあるものは、かつて南アフリカのシルバーヒルシード(Silverhill seeds)のリストからランダムに注文、播種したもので、たいして調べてもいなかったので、咲いてみてはじめてこんな花だったか、という感じ。そんなに派手なものではないですが、花の少ない厳冬期に開花してくれるので、なんだかほっこりします。先週、ハウスで咲いていた2種を紹介します。




resize0292.jpg

resize0290_202002162020521fb.jpg
   Lachenalia carnosa



 カルノーサ(Lachenalia carnosa)は、ナマクァランド原産のコンパクトな種。自生地では丘陵地で岩の隙間などを好んで生えているようです。写真の株はまだ若い株で、日陰で水多めに育ててしまったせいか葉が立ち上がっていますが、本来は地を這うように葉をひろげる姿になるようです。壺型で先端が青紫に染まる花を鈴なりにつける姿が印象的ですが、これも本来はもう少し短く密生した感じになるはず。開花サイズに達したので、来年からは無遮光の場所で厳しめに育てて、ナマクァランドの植物らしい姿に仕立てたいと思います。




resize0283_20200216202343260.jpg

resize0287_20200216202349741.jpg
   Lachenalia flava



 つづいてはフラヴァ(Lachenalia flava)。その名のとおり小学生の雨傘みたいな黄色の花が鮮やかです。さまざまな花色があるアロイデス(Lachenalia aloides)の亜種とされることもあり、たしかに葉姿は似ています。広い範囲に分布し、花色、姿の変異の多い仲間です。アロイデス系は適応性が高いのか、丈夫なラケナリアのなかでもとくに性質が強く、植えっぱなしでも毎年よく咲きます。写真の株はまだ若い実生苗ですが。




resize0285.jpg




 こうしたラケナリアはじめ、南ア多肉やケープ球根の多くの種を、シルバーヒルシードから輸入して育ててきました。しかし、園を運営してきたサンダース夫妻(Rod and Rachel Saunders)が、2018年の採種旅行中にテロリストの襲撃で亡くなってしまったのです。夫妻とは、メールなどでのやり取りだけでしたが、育て方の指南もしてもらい、リクエストで種子を集めてもらったこともあります。園はいまも後継者によって存続しているとのことですが、検疫制度の変更などもあり、ここ数年は種子を購入していません。
 冬の日を彩る南アフリカの野草。この素朴な花たちにはそんなストーリーがあります。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

マッソニア/ダウベニア(ケープバルブ)


 マッソニアが出回るようになってから二十年くらい経つでしょうか。丈夫で育てやすく、花もよく咲きます。よく種子をつけて殖えるので普及もすすみ、いまではケープバルブの入門種ともいえる存在になりました。インパクトある草体、葉模様のバラエティ、独特の花。そしてまだ普及の進んでいない種もあります。今回はその魅力の一端をお伝えできればと思います。




resize0213_20200118150922204.jpg

resize0221_2020011815093617d.jpg
   Massonia depressa 'red striped' Kamieskroon



 まずはマッソニア・デプレッサ(Massonia depressa Kamieskroon)で蒔いた株。のっぺり、つるつるした肉質の葉を地面に張りつくように対生しています。このクローンは、赤紫色の葉模様がハッキリ入る型で、それもまた魅力。ただしその年によって葉模様は濃淡が異なるので、環境による影響も多くあるものと思われます。出葉の時期に十分日光にあて、水もたっぷりやり、葉幅を広く模様がハッキリ出るように育てるのがポイントです。




resize0149.jpg

resize0150.jpg
   Massonia pustulata JAA1498 Koppies,Swellendam



 つづいてはプスツラータ(Massonia pustulata JAA1498 Koppies,Swellendam)。暗緑色の葉には小さな突起が密生して独特の質感です。おそらく日本で最初に普及したマッソニアですが、当初はこれにロンギペスという名前がついていたと思います。マッソニアの分類、同定はなかなか難しくいので、国内はむろん、南アの業者でもラベル名は仮のものと思ったほうがいいくらいです。なので入手時の産地情報などは大事にしておくと、あとで名前が変わった際などにも参照できます。そしてこの仲間の植物の大きな特色は、ちょっとクラっとするくらいの強烈な芳香を放つ花です。概ねどの種も一株咲いているだけで、ハウス全体がツンとする甘い香りを放ちます。


 さて、マッソニア属は、古くはユリ科に置かれていましたが、APGIIではヒアシンス科となり、さらにAPGⅢの考え方ではキジカクシ科のなかのツルボ亜科に置かれています。ここには、ケープバルブではおなじみのアルブカ(Albuca)やドリミア(Drimia)、ラケナリア(Lachenalia)やレデボウリア(Ledebouria)など、おなじみの属が含まれています。そのなかで、かつてマッソニア属にあっていまは同じグループ内のダウベニア属に移されたのがの次に紹介する二種です。




resize0181.jpg

resize0196_202001181513098ee.jpg

resize0222_20200119194441888.jpg
   Daubenya marginata



 マルギナータ(Daubenya marginata)は、この属で最も有名なアウレア(Daubenya aurea)と同じ北西ケープのRoggeveld周辺に分布していますが、より小ぶりで、密生する黄色い花糸に特徴があります。マッソニアの普及種に比べると小ぶりで性質がやや弱く、小さい球根は夏越しに耐えられないこともあります。秋に出葉してからは、水を切らず日によくあてて育てると、小さなサイズでもよく開花します。落葉後は断水して、鉢内の温度が高くならない環境で夏越しさせます。3枚目の写真はフルに開花したところ。





resize0165.jpg

resize0161.jpg
   Daubenya zeyheri



 ゼイヘリ(Daubenya zeyheri)は、上記のマルギナータとよく似ていますが、よりファンタスティックな花を咲かせます。オレンジレッドの花糸(filament)とレモン色の葯(Anther)が目に鮮やかですが、加えて花の中心部、蜜のたまる部分は青紫色で、そうそうない極彩色の花です。隠れて見えにくいですが、2枚目の写真で少しブルーが覗いています。美花揃いのケープバルブのなかでも一二を争う珍花、美花です。栽培は、マルギナータに準じます。


 今回紹介した株はいずれも種子から育成したものです。播種から2~5年ほどで開花サイズに育つので、そんなに気が遠くなる作業ではありません。草花感覚でも楽しめる珍奇植物かなと思います。


























テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる