FC2ブログ

ブーファン・ハエマンソイデス(Boophone haemanthoides)と、その亜種。

  
 今週ご紹介するのは、ケープバルブ。なんで今の時期に秋冬球根なんだ?と思うかも知れませんが、ちょうど花が咲いて、疑問に思って、調べたら、新たな発見があったからです。で、それがこちら、ブーファン・ハエマンソイデス(Boophone haemanthoides)。例の本、「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」にも載せて貰った、わりと大きな標本株。端正なボトル型の球根から、秋から春にかけて出るパウダーブルーの葉は、ウェーブがかかったようでとても美しい。この写真は冬に撮影したもので、いまの季節は葉を落として休眠中ですが、花が咲くのは夏で、ちょうど今なのです。




resize5776.jpg
   Boophone haemanthoides in bloom




 それがこの花。すこしくすんだ白い花です。お茶の香りに、ふんわり甘さを加えたような、素敵なフレグランス。私の妻はジャスミンを超えてると絶賛してました。花姿はコンパクトにまとまって、ハエマンサスのような佇まいです。ブーファンといえば、もう一種ディスティカ(Boophane disticha-ブーファン・ディスティチャとも)がとても有名ですが、こちらは赤~ピンク花で、アフリカ南部の広い範囲に分布していて夏型と冬型の双方があります。葉も波打たないものが多い。太閤秀吉という愛称もありますが、歴史上の人物の頭部が思い出され、少し可笑しくなります。
 さて、このハエマンソイデス(Boophone haemanthoides)の方は、南西アフリカ~ナミビアに分布が限られ、すべて冬成長型です。花色はベージュ~白で、パウダーブルーの葉は概ね波打つ。ディスティカより珍重され園芸的には高級品として扱われます。ところがディスティカにも、葉が波打ったり青みがかる型があったりするので花を見ないと実は区別が難しい。で、この個体はやや地味な白い花が咲いたことで、ハエマンソイデスであることが明確に証明されたわけです。




resize355802.jpg
   It may be 'ssp.ernesti-ruschii'
resize5798.jpg
   flower having small bracts and shorter tepals, distinctive features for ssp.ernesti-ruschii




 ところが、ここでひとつ疑問が生じました。
 ハエマンソイデスには、実は2つのタイプがあります。ひとつは通常のハエマンソイデス(Boophone haemanthoides ssp.haemanthoides)で、もうひとつが、エルネスティ・ルスキーと呼ばれる亜種(Boophone haemanthoides ssp.ernesti-ruschii)です。このエルネスティは、当初はディスティカの変種として記載され、後にハエマンソイデスの下に移されました。このエルネスティは、そもそもはナミビアのWittputz近郊で標本が採集され、長らくその一か所にしか生えていない稀少植物とされてきました。栽培下ではウルトラ珍品で、たまにその名前で輸入される植物は、高価なハエマンソイデスよりもさらに数倍のお値段で、容易に手が出せるモノではありません。で、このWittputz産のエルネスティが基本種のハエマンソイデスとどう違うかと言うと、花の苞がとても短い。そしてブルーの葉はやや短くほとんど波打たない。さらに、栽培も難しいとされています。
 ここでもういちど、我が家の株です。この個体はそもそも、ハエマンソイデスの名前で輸入された株で、おそらくは山木です。ところが、今回咲いた花を見ると、苞はごく短く小さく、花は露出していて、これはエルネスティの特徴に合致します。念のため基本種のハエマンソイデスの画像をネットで検索してみると、苞は花を包むように大きなものが殆どで、花被片も長く、うちで咲いている花とは異なる。一方で、我が家の個体は葉が甚だしく波打つので、タイプ産地のエルネスティとも明らかに違います。いったい、おまえはどっちなんだ??と新たな疑問が頭をもたげてきました。
 



resize5799.jpg

resize5778.jpg
   bluish leaves are strongly wavy




 そこで、おなじみSANBI(南アフリカ国立生物多様性研究所)のHPをひらいて、両種についての記述を確認してみます。曰く、エルネスティは、苞が小さく、花被片が短い。また、葉のウェーブにはコロニーによる違いがある(エルネスティには波打たない型もある)と記載されています。また、ハエマンソイデスは海岸よりに分布し、エルネスティはより内陸に分布するという説明もあり、添えられた写真の“自生地のエルネスティ”は、葉が著しく波打っています。おそらくタイプ産地のものとは異なるでしょう。
 あわせて、最近刊行されたこの類についての大著「The Amaryllidaceae of Southern Africa (Graham Duncan/Barbara Jeppe/Leigh Voigt)」も参照してみました(余談ですが、この本は実に素晴らしい内容で、そのうち書評も書きたいと思ってます)。やはり、上記SANBIとほぼ同じ見解が示されていて、ハエマンソイデスとエルネスティの相違を花、とくに苞の大きさに見出しています。そして、エルネスティの自生地はナミビアの一か所ではなく、ナミビア~南アフリカ北西部に複数示されています。




resize5788.jpg
   smaller one grown from seed, 20 years.




 ここまで調べて、どうもうちにあるこの個体は、エルネスティ・ルスキー(Boophone haemanthoides var.ernesti-ruschii)と見るべき植物ではないか、という認識に立ちつつあります。ただし、基準産地Wittputzの、短直葉の特異なタイプではなく、SANBIのサイトにアップされているような異なる産地のものです。そもそも、エルネスティを亜種として認ず、ハエマンソイデスにまとめてしまう考え方もあるので、それほどこだわるところではないかも知れません。様々あるハエマンソイデスのタイプ差の範囲、とも言うのが妥当なところなんでしょう。だけど、なんだか、ちょっとだけ・・・嬉しいような気がして、この株への愛着が深まってしまうのは、稀少種をありがたがる園芸人の習い性なんでしょうか。そして、短直葉のタイプ産地のものも、いつか育ててみたいと思えてきたり・・・。




resize5785.jpg




 そうそう、エルネスティは難物、と言われますが、このタイプに限っては難しいとは感じません。9月半ば頃、涼しさを感じる頃に灌水をはじめると、すぐに青々とした葉が姿を現します。以降は、霜の当たらない陽あたりの良い場所で管理し、春まで、2週に一度くらい水をやり続けます。晩春、葉が黄色くなってきたら、水を切り、涼しい半日陰で夏越し休眠させます。うちには、他に実生のハエマンソイデスや、夏型、冬型、双方のディスティカなど数本のブーファンがありますが、どの株も枯れたり調子を崩したことはありません。たいへん丈夫な長命の植物で、ずっとそばにいてくれる相棒です。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

萌えるエネーション~エリオスペルマム考。

      
エリオスペルマム(Eriospermum)。
名前も舌を噛みそうだし、球根は不格好で花は地味だし、かつては変わり者が好む植物の典型でした。
私ですか?変人に間違いないですね。むかしからこれ、好きだし。

いまは、かなり人気があるみたい。
チャームポイントは、奇妙な突起、ケバや羽毛に覆われた小さな葉っぱです。ユニークなデザインで
見飽きることがない。種によって葉の形も大きさも異なるのだけれど、どこか「エリスぺっぽさ」は
通底していて、鉢を並べるとしっくり収まる。個性的な顔ぶれの家族のようです。




resize3741.jpg

resize3755.jpg

resize3743.jpg
                    Eriospermum dregei




この属の植物の見どころは変わった形の葉ですが、葉そのものと言うより、そこからたちあがる突起や
ケバに魅力があります。この部分を趣味家は「付属器」「エネーション(enation)」などと呼んでいます。
上の写真、ドレゲイ(Eriospermum dregei)は典型的な姿のもので、鹿の角状に分岐し、ケバに包まれた
突起が、それにあたります。下の方に、本来の葉っぱのようなものが見えていますが、これだけだったら
特に面白くないですよね。この種はキラキラと輝く銀色のケバが魅力で、結露をとらえるために発達した
もの、などと推察する人もいます。




resize3729.jpg

resize3730.jpg
                    Eriospermum cervicorne




こちらの種(Eriospermum cervicorne)は、上のドレゲイのエネーションがさらに大きくなった形で、
魔女がまたがる箒のように見えます。育て方が柔弱なので、寝そべってしまいました。ドレゲイとどちらが
面白いか、好みがわかれるところです。

エリオスペルマムは、分類学的にはキジカクシ科(Asparagaceae)に置かれることが多く、南アフリカを
中心に百種以上があると言われています。多くは冬型ですが、最近導入された東アフリカ産もののように
(別属という見方もある)、夏型もあります。属名は綿毛に包まれた種子、といった意味で、種をつけると、
なるほどと頷けます。写真がありませんが、根茎(リゾーム)は不整形で、芽点もランダムに散らばって
います。上下や、どこから葉っぱが出てくるかわからず、植えつけるとき困りますが、もし逆さに植えても
葉っぱがぐるっと回って出てきます。最近、この属の塊茎を露出して植える人がいますが、かなり前衛的な
印象になりますね。植物の側にたって眺めると、わりと痛々しい。




resize3734.jpg

resize3739.jpg

resize3736.jpg
                    Eriospermum proliferum




プロリフェルム(Eriospermum proliferum)は、細く伸びた葉軸から房状にエネーションを拡げます。
ひとつひとつが細かいので、地上の植物というより水草のような印象。しかし、重力のある環境で
この立ち姿を維持出来るのは、見た目の印象とは異なり葉軸も付属器もかなり強靭だからです。
休眠期に枯れたあとも手では引きちぎれないほど。また、根茎も成長旺盛で、あちこちから芽を
吹いてきます。ケバや毛がないので、静かな印象の植物ですが、生命力に満ちています。

エリスぺのエネーションですが、この属のすべての種に生じるわけではなく、また備わっている
種であっても、コンディション(ごく若いとか、発根が少ないとか)によっては発生しないこともあり、
そうなると実に淡泊な姿になります。
私はアペンディクラツム(eriospermum appendiculatum・・・付属器ありの意 )の付属器を欠いた
わりとガッカリ?なクローンも栽培しています。




resize3745.jpg

resize3747.jpg

resize3753.jpg
                    Eriospermum aff.capense 'namaquanum'




こちらは、元々エネーションがないナマクアナム(Eriospermum aff.capense 'namaquanum')。
萌え萌えはついてませんが、カップ状のビロード質の葉は、葉軸と葉裏がワインレッドに染まり、実に
美しい。この種は古い山採りでナマクアナムの札で送ってきました。カペンセに近いもののように思えます。
成長旺盛な種で、何年かに一度鉢から出すと、ご覧のように根茎が鉢と同じサイズになっている。
外せる根茎を外して、植え替えてやります。エリオスペルマムは、こうして株分けで増やすのがいちばん
簡単ですが、たまに単株でも結実するので実生も出来ます。

姿は変わっているけれどエリスぺの栽培は難しくありません。秋、涼しくなったら水やりを開始し、
陽当たりの良い場所で、春先まで「乾いたらすぐやる」ペースで灌水します。寒さは苦手と言われますが、
氷点下5度まで冷える私のハウスでも凍害を受けたことがありません(ブルンスビギアなどは葉が傷む)。
南アから輸入されたばかりの株は、季節が逆転しているのでなかなか葉が出てこなかったり、数年間、
ペースがつかめないこともありますが、馴化すれば問題なく育ちます。ただ、種によりますが花つきは
いまひとつという印象です。


ほかにも、面白い種が色々あるエリオスペルマムですが、最近は人気があるようで、入手難のようです。
ですが、見かけよりはフレンドリーで長生きな植物なので、良い株を見かけたらぜひ育ててみてください。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

この花、なんの花?

     
秋から春にかけ成長する冬型球根のなかでも、シーズンの終わり、つまり春を迎える今頃開花するものがあります。
多肉、コーデックス界隈では、球根といえばブーファン(Boophane)やハエマンサス(Haemanthus)など
ヒガンバナ科が人気ですが、これらの多くは、夏の終わりや秋口、葉の出る前に咲くものが多い。
きょうは春の陽ざしを浴びて花盛りを迎えているアヤメ科やユリ科の球根をいくつかご覧ください。




resize2774.jpg

resize2776.jpg

resize2764.jpg
                    Babiana rubrocyanea




まずはアヤメ科の球根、バビアナです。花色の鮮やかさ、バラエティでは、ケープ球根のなかでも傑出しています。
葉っぱはふつうの草花なので、多肉マニアからはあまり注目されませんが、これが野生そのままの植物なのか、
と思うほど鮮やかな花を咲かせます。このルブロキネア(Babiana rubrocyanea)は外弁が青紫で中央部はピンク。
寒さにも強く、氷点下5度以上に冷え込む無加温ハウスでもあまり葉枯れせず、花もよく咲きます。
バブーン(ヒヒ)が好むという球根の成長はゆっくりですが、少しずつ分球して増えていきます。夏は完全断水。




resize27825.jpg

resize2781.jpg

resize42782.jpg
                     Ornithogalum pruinosum




こちらも多肉というより花もの球根として知られているオーニソガラム・プルイノサム(Ornithogalum pruinosum)。
花弁は純白で、中心部のレモン色が冴えて美しい。白い花ってやっぱり綺麗だなぁ、って思わせてくれる上品さ。
小ぶりのニラみたいな葉っぱは、ほんのり青くて質感もいいですが、肉厚ではありません。しかし自生地は南アフリカの
Steinkopfあたりの過酷な乾燥地帯です。自生地画像を検索すると多肉植物と混生していたり、ブーファンみたいに
大きな球根を地上に露出していたり、じつに魅力的あふれる球根。もっと大きくしたいな。




resize2768.jpg

resize2766.jpg

resize2786.jpg
                   Ornithogalum sp. 'Neopatersonia'




最後は、謎の球根です。十数年まえに南アフリカからまとめて球根を輸入したときに入ってきたものですが、開封時、
ハエマンサスだのブルンスビギアだのに気をとられて、名札をロストしてしまいました。以来ずっと名無しなのですが、
花はなかなか面白い。アルブカ・ブラクテアタ(Albuca bracteata 海ネギと言われるやつ)に形は似ていますが、
あんなマッシブな球根は出来ません。十年以上経っても数センチの小さい球根。葉っぱは細長く自立できない感じで、
海ネギに似ています。で、この花です。ちょっと蝋細工みたいな硬い感じもあって、エビ茶の目立つ花です。

同定できるかた、ぜひご教示ください。

→ ご指摘戴いて調べたところ、アルブカとともにオーニソガラムに包摂されることが多い
  ネオパターソニア属(Ornithogalum sp. 'Neopatersonia')の花に大変よく似ていることが判りました。
  ただし、臙脂色の花はネット上でも見つけられませんでした。

















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる