FC2ブログ

夏型多肉、充実の秋 /9.16 BB出品のお知らせ


 夏型の多肉植物は、生育期のラストスパート。開花のエネルギー消耗から回復し、酷暑を乗り越えて新たな葉を茂らせて、緑を濃くしています。多くは、この時期に一年で最も充実している様子です。私のところでは、大半の夏型多肉植物を、9月いっぱいまで屋外で雨曝し陽晒しの環境で育てています。この育て方のメリットについては何度か書きましたが、やはり太くガッシリした、野生株のような姿に育つという点に尽きます。温室育ち、ハウス育ちとは確実に違う姿になります。




resize6185.jpg

resize6143.jpg
   夏を越え、通年で最も充実した時期を迎えたパキポディウム



 近年、マダガスカル等から大量に植物が輸入されるなかで、長い年月をかけて育った野生株がとても安い値段で売られていることに驚きます。値段の安いものは大事にしてもらえないので、輸入されても枯れていく植物も多いでしょう。原産地国の人たちにとっては、山に生える雑木に過ぎず、もしかしたら畑の野菜よりも価値の低いものに感じられるのかも知れません。実際に種子から育てると、時間も手間もかかって輸入するよりコストがかかるし、なにより今の盛り上がりに供給が間に合わない。それゆえ業者さんは輸入に精を出しても繁殖に力を入れる人は多くない。しかし、これだけ多くの植物が流通する今は、育成派の人にとってもチャンスと言えます。




resize1236151.jpg
 この写真には山木が1本だけ写っています。あとはすべて実生育成株
resize1236149.jpg
 これらはすべて種から育てた植物
resize6144.jpg
 実生3~4年苗



 たとえでいえば人気のパキポディウム。私のところにも長年栽培している輸入個体がありますが、その数は片手くらいです。十年ちょっと前までは、山木の入手はとても難しかったので、目的は種親の確保でした。だから、なるべく特徴のある、その種の魅力を発揮している株を選びました。既に枯れてしまったものもありますが、それらを種親に自分で育成した株が、いまは栽培場を埋めています。ある程度の大きさに育った株は、どれが山木でどれが内地球か、なかなか判らないでしょう。山木の姿は、自生地で種が落ちた場所が決定しますが、自分で育てる時にはその環境も変えていくことが出来ます。実生苗、若苗は、適応力も高いので、それぞれの顔を見ながら、理想の姿に育て上げていく楽しみがありますね。




resize6182.jpg

resize6177.jpg
 ユーフォルビアやガガイモも実生から育てやすい
resize6179.jpg
 奇想天外は種子からしか育てられない



 もちろん、それには時間がかかる。でも、私たちアマチュアは、一刻も早く親木にして手放したいわけではないので、育てるプロセスそのものを楽しむことが出来ます。というかそれが一番面白い。手に乗るような若苗が、少しずつ立派な株に育っていくプロセスそのものが興奮の連続です。子どもを育てるのと同じで、幼い苗や若い苗には、その時代にしかない可愛らしさや魅力があって、ずっとこのままでいてくれよ、と思うことさえあります。とはいえ、こういう植物との向き合い方には、コストもかかります。これも子育てと同じです。完成した標本株を棚1つ分育てるには、その数倍の圃場、バックヤードが必要になります。完成株を買って来れば、素敵な鉢に植えつけて飾ればおしまいですが、それを自分で育てるとなると、場所も時間も数倍かかる。不経済な生産活動そのものです。でも、それだけの魅力があって、やめられないでいます。


 ところで、9月16日(月祝)に東京都 五反田TOCビルで開かれる国際多肉植物協会(I.S.I.J.)のビッグバザール(BB)に、私と、河野忠賢さん(@tadayoshi_kono)で、共同出品することになりました。繁殖した植物を中心に、私が面白いと思うものを、流行りのものも、流行っていないものも、持っていこうと思います。数は多くありません。お時間あればぜひお立ち寄りください。




shabomaniac logo




●CACTUS AND SUCCULENT BIG BAZAAR IN TOKYO
9月16日(祝)午前9時00分(予定)〜16時 東京都 五反田TOCビル
http://www.ne.jp/asahi/isij/japan












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

一点モノ⑩ ヤトロファ sp.ソマリア(Jatoropha sp.Somalia)

  
 我が家の一点モノ、今回は銀色の太い枝を、低く横に這わせるヤトロファです。その姿は、まさに“Bonsai succulent”そのもの。枝振りの良い銀色の幹に太鼓型の緑葉が生えて、この属の中でも抜群の鑑賞価値です。



  
aaa5901.jpg
   Jatoropha sp. Somalia



 じつは、二十年ほど育てているのに名前がわかりません。ネットでもリアルでも、同じ植物を見たことがない。入手時の名前は、Jatoropha sp. Somalia。ソマリア産のヤトロファ、という以外に情報がないのです。EXOTICAから自分で輸入したものですが、ESナンバーもついていなかった気がします。詳しい自生地を聞いても、わからないと言われた記憶があり、おそらくSPECKS氏自らが採集したものではないのかも知れません。ヤトロファ属じたいがマイナーな扱いなので、当時国内の業者さんは入れなかったようですし、これをわざわざ買ったのは私くらいなのかな。




aaa5903.jpg

resize5893.jpg

resize5981.jpg

resize5987.jpg
   What's the name of this plant ??



 見たところ、同じソマリア産のペラルゴニフォリア(Jatropha pelargonifolia)に近い植物に見えますが、より大柄です。最大の特徴は横へ横へと伸びていく銀色の幹で、枝振りはコミフォラのエイル(Commiphora sp. 'Eyl' )のような雰囲気です。丈夫な性質のようで、初夏から秋までは陽ざらし雨ざらしで問題なく育っています。ただし、最低温度が20度くらいに上がらないと元気に動かず、秋も早めに落葉するので、眠っている期間は長めです。寒さには強くないでしょう。断水休眠期、枝だけになった姿はまさに燻し銀の枯れ木のようで、それはそれで美しい。成長はかなり遅い方で、この株は横に伸びすぎた枝を幾度か剪定していますが、20年育てても目立った変化はありません。




resize5891.jpg

resize5911.jpg

resize5908.jpg
   3years from seed



 花はとても地味なので、咲いていても見過ごすことが多いのですが、気まぐれに自家授粉を試みたら数年前に一度だけ結実しました。そのとき、たった3粒!得られた種子を蒔いたのが、上記の株です。これで実生3年目。幹肌の銀色や、枝が横に這う性質がすでにあらわれてきています。




resize5991.jpg




渋い味わいですが、ビザール感たっぷりの沙漠の木。現状、同じ植物を育てている方が世界にどのくらいいるのかもわからないので、親子ともども、大事な標本として維持に努めています。もし、このヤトロファをお持ちの方、種名がわかる方がおられたら、ぜひ教えてください。



追記:本日、またヤフオクに植物(コーデックス・カクタス・アガベ等)を少しだけ出しました。興味ある方はID:soteyashi で検索してみてください。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

パキプス ストーリー


 オペルクリカリア・パキプス(Operculicarya pachypus)。いまや日本中に何百、いや千本くらいあるのか、もしかしたら原生地のマダガスカルよりもたくさんあるんじゃないか、というくらい普及したコーデックスプラントですが、二十年前くらいまでは幻の植物のひとつでした。私がこの植物を最初に識ったのはそれよりさらに十数年前。専門業者「山城愛仙園」が発行していたモノクロ写真集で出会ってしまいました。カタログと一緒に数ページずつ送られてくるリーフレットで、あまり写りの良くない写真でしたが、ごつごつ、ボコボコした切り株のような幹と、山椒を思わせる小葉の絶妙な対比に、それまでのサボテン・多肉という概念を打ち壊され、衝撃を受けました。
 早速電話して在庫を確認しましたが、もうとっくにないし、買える値段じゃないよ、と言われました。当時の私はまだ中学生。でも、この植物の実物が見たくて、いろいろ調べてみると、東京農大の進化植物研究所の標本温室に大株があるよ、というので見せて貰いに行きました。1mほどの小灌木でありながら、巨樹のような風格をあわせもつ、想像と違わない姿に、嘆息しました。その後も、輸入される株があれば、ぜひ手に入れたいと念じ続けていましたが、見かけることもなく十年あまりが経過しました。サボテン・多肉の会などで訊ねてみても、識らない人が多かったし、識っていても「ただの木だよ」とか、関心は低かった。




resize5821.jpg
   Operculicarya pachypus old mother plant with red berry



 パキプスをついに入手したのは二十年ほど前です。信州・西沢サボテン園さんが、マダガスカルから多数の多肉植物を輸入した際に、パキポ・恵比寿笑いやグラキリウスとともに入って来たのです。実はそこまでの十数年は、マダガスカル政府の輸出規制が厳しく、当地からの山木の入荷はほぼストップしていましたが、政情変化をつかんだ西沢さんがいち早く導入。まずオペルを引いたというセンスが光ります。私はリストが届いた翌日に電話をかけましたが、オペルを識る人がそんなに多くはなかったのか、まだ何本も残っていました。で、なかで形の良さそうな、拳骨サイズの塊茎の株を購入しました。しかしこれは残念ながら発根せず、私が枯らした唯一のパキプスになりました。捨てるのが惜しくて、いまも枯れ木を部屋に飾ってあります。そして、私があまり残念がったからか、西沢さんは次便入荷のなかで、幹径15cmほどもある丸々と太った良株を、前の株と同じ値段でわけてくれました。こちらは、無事に発根して、その後20年近く私の温室の主になっています。




resize5849.jpg

resize5854.jpg




 前置きが長くなってしまいましたが、オペル・パキプスはそのくらい思い入れのある植物なのです。いま、大変な人気になっていることは嬉しい反面、自生地から掘り採られた株が、輸入時に大量に枯れてしまう話などを聞くにつけ、悲しみも感じます。私も1本、枯らしていますが、その後ドイツ経由で輸入した複数の山木は、どれも根のない状態からしっかり発根活着しているので、活着率2割などというのは、採取する株のサイズや時期、その後の処理の問題とも思われます。水分をたっぷり蓄えた新しい株は、そんなに枯れるものではないと思います。そして山木一辺倒ではなく、プロのみなさんには、今後は実生による生産供給も進めて貰えたらと思っています。 
 パキプスはひとたび活着すれば大変丈夫な植物で、冬は落葉したら7~8度を維持してほぼ断水、春から秋の葉のある季節は陽射しも水もたっぷり。特別な工夫はいらないようです。ただ成長はとても遅く、春に葉をつけ枝を僅かに伸ばし、秋に葉を篩うのが目立った動きで、塊茎の部分は目に見えてわかるほど太ることもない。いってみれば置物的な植物ではあります。私は剪定をしないので、枝葉の拡がりは1mほどにもなってものすごく場所をとりますが、わっさわさに茂った姿が好きなので仕方ない。
 



resize5875.jpg
   male flowers of Operculicarya pachypus
resize5878.jpg
   female flowers of Operculicarya pachypus
resize5856.jpg
   male(right) & female(left) plants of Operculicarya pachypus




 そして、その伸び放題の枝から、春先に葉が出てくる頃に、1cmに満たない目立たない花が咲きます。色も黄緑でよく見ていないと見逃しそうな地味な花。写真上は雄花です。小さいながら、おしべが見えますね。そして写真中が雌花。花被の付け根よりも上に子房があり、丸く膨らんだ部分がそれ。いわゆる上位子房なので、花が開いた時点で真ん中に球状の子房があれば雌花です。その子房をさらによくみると、突起状の雌しべにあたる部分も見えます。ここに花粉がつけば結実するわけです。この仲間は雌雄異株で、雄株には雄花、雌株には雌花しか咲きません。比率的には雌の数がだいぶ少ないようですが、西沢園から来た株はラッキーなことに雌株でした。あとでドイツから来たもののうち、手元に残した2本は雄株です。これらを並べて栽培しているせいか、毎年わずかな種子は実っていました。ですが、今年はひと花ひと花、手で授粉してみました。雄花をピンセットで取り、雌花にこすりつける、という作業です。効果はてき面で、子房の部分がすぐに膨らんできました。




resize5883.jpg

resize5825.jpg
   mature fruit turns red



 受粉しなかった花は2~3日でぽろっと落ちてしまいますが、成功すれば雌花の中心にある子房が丸く膨らんできます。実の径は6-7mmくらい。最初は緑色ですが、熟すと赤くなります。赤くなった実はすぐに脱落するので、うまく回収する工夫が必要です。ひとつの実には種子がひと粒だけ、入っています。今回は、授粉を丁寧にしたおかげで、100粒以上の種子を採ることが出来ました。




resize5832.jpg
   all harvested from one plant



 さて、種子がとれたら蒔きたくなるのが植物好きの本能。嬉しいことにパキプスの実生は、簡単です。これまでも、結実した数粒を幾度か蒔いたことがありますし、親株の根元に勝手に生えたこともある。輸入種子は芽が出ないと言われますが、カギは種子の鮮度だと思います。その年の取り蒔きでは7~8割が発芽しますが、翌年だと3割くらい、2年経つと殆ど出ない、というのが私の体験。なので、今年もとれた種はすぐに蒔きました。とくに消毒もせず、赤い果皮もとらず、水分保持性が高いバーミキュライトに蒔きます。覆土はしません。腰水もせず、1日1回たっぷり灌水。温室内のちょい日蔭、みたいな場所に置いています。




resize5829.jpg
   just germinated!
resize5841.jpg

resize5865.jpg
   seedlings of O.pachypus



 発芽は4~5日ではじまり、3週間くらいで完了します。まずは双葉が出て、そこからは大人のオペルと同じ形の葉が出てきます。丁寧に育てるなら発芽次第1本ずつ植えかえてやります。この根は地上部より大きくなるので、培養土を入れた大きく深い鉢が良いでしょう。もっとも、無精な私は最初の数本は植え替えても、残りはだいたい1年このままです。夏に蒔けば、秋には高さ10~15cmまで育ち、細いながらも「幹」らしい部分が出来てきます。鉢のなかでは塊根が成長します。最初の冬はなるべく暖かく、できれば完全に断水せずに育ててやるのがベストです。 




resize5870.jpg
   O.pachypus grown from seed (10 years).
resize5872.jpg
   'Family portrait' the mother and the son (or daughter?) of O.pachypus



 パキプスは、本来地上部よりも地下の方が発達する植物だと思われます。鉢植え栽培でも、3年生くらいの鉛筆より細い苗が20cm鉢いっぱいに塊根をのばします。塊根が大きいほど、幹も太くなります。もし、沖縄以南の暖地か、地植えできる加温栽培場をおもちの方は、2年めからは地植えして、巨大な塊根を伸び放題にさせてやれたら、幹もぐんぐん太ると思います。4-5年で拳骨サイズになるんではないかな。鉢植えオンリーの私のところでは、10年育てて3cmくらいですが、ゴツゴツとした幹肌の雰囲気は出てきています。目の前にあるのは小さな株でも、その未来を想像力で楽しめるのが園芸の良さですね。
 いちばん最後の写真は、母株と、その息子(または娘)。パキプスの親子の肖像というのは案外ないんじゃないかと思うので、記念の一葉です。
















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる