パキポディウム・光堂 Pachypodium namaquanum


resize2859.jpg
                  Pachypodium namaquanum in full bloom




桜の花よりひと足早く、パキポディウム・光堂(Pachypodium namaquanum)が満開を迎えました。
種から育てて20年ほどの株で、高さは60cm。温室の特等席に巨体を納めています。
去年の12月に蕾を確認してから、かれこれ4か月かかっての開花です。




resize2868.jpg
                  The buds appeared in December




光堂は、学名のとおり南アフリカのナマクアランドが原産地で、成長期は秋から春(初夏)です。
同じエリアには、リトープス等のメセン類、冬型の塊根植物や球根などが生えています。
グラキリウスなどマダガスカル原産のパキポディウムは完全な夏型ですが、これらとは反対。
光堂が育てにくい、花が咲きにくいと思われているのは、この成長サイクルに理由があります。
夏型コーデックスは休眠期の冬は水を切って休ませますが、光堂にこれはあてはまりません。
一方で、しっかり成長・開花させるためにはマダガスカル原産種以上に冬の温度管理が重要です。




resize2869.jpg
                 In February, the buds are ready to burst !!




この写真は2月に撮影したものですが、12月よりも蕾がぐっと膨らんでいます。
12月から2月という、日本のいちばん寒い時期に、植物が十分な活性を保てるような環境を
維持することが必要です。光堂は耐寒性そのものが強く、氷点下になっても枯れませんが、
それは枯れないだけで、育つという意味ではありません。凍るような環境では灌水が出来ず、
水を与えなければ元気よく育たないし花も咲きません。
この株は、最低温度6度の加温温室で、陽の良く当たる場所に置き、12~2月も2~3週間に
一度灌水しています。それでも、日照時間が短かったり、寒い日が続いたりする年には、
蕾が落ちてしまうことも。この株が最初の花をつけたのは高さ20cmくらいの時ですが、
その後も毎年咲いているわけではありません。




resize2893.jpg
                 Just started blooming in March




今回、咲き始めたのは3月の初旬。満開になった今の時点でも葉は青々と茂ったままです。
これが寒さにあたって褐変したり落葉するようだと蕾も落ちることが多い。
秋から春に成長する冬型種は、休眠する夏型種以上に、冬の日照と暖かさ(暑さではない)が
必要なのです。花は黄緑色で、直立させたホタルブクロのような形状。内弁はあずき色。
短い花梗で群がり咲く感じは、ほかのパキポディウムにはない姿ですね。




resize28f52.jpg

resize2851.jpg

resize2882.jpg
                   In full bloom, late March




光堂は、先週から今週にかけて、満開になりました。ぐるっと一周、輪になって咲く感じが、華やかなさを
引き立てます。蕾のなかには途中で萎んでしまったものもありましたが、合計で30輪以上の花が咲きました。
花弁の外側はもけもけしていますが、内側のあずき色に染まった部分には艶があり、精密な印象。
このままずっと眺めていたいくらいでしたが、今年はもう一株、少し小さ目の実生育成株が咲いていたため、
種とりに挑戦することにしました。私のところでは、光堂が二株が同時に咲くことはめったにないのです。




resize2886.jpg

resize2879.jpg
               Hand pollination with thin line, like whisker of animal or fishing line




花は他のキョウチクトウ科の仲間と同様に独特の構造を持っています。
花弁の奥では雄蕊(付属体)が閉じ合わさったような形になっていて、中の雌蕊は見えない。
授粉は、作業がしやすいように、花弁を切り取りってからはじめます。筆などは使えないので、
細くてある程度の硬さのある糸状のものを中に差し込みます。糸の先に花粉をつけたら、
もう一つの花に同じように差し込んで花粉をつけます。雌蕊は閉じ合わさった雄蕊のさらに奥なので、
切開して露出させる人もいますが、よほどうまくやらないと傷つける恐れがあります。
そのため私はこの状態で糸を差し込んでコチョコチョするだけ。光堂はほかのパキポディウムより
結実しにくいようで、過去には成功していませんが、今回は沢山咲いて、沢山授粉したから・・・。
ちょっと期待しています。




resize2883.jpg
                   This plant is 20years old, grown from seed.




さて、花が終われば、ほどなく葉が枯れ落ちて、次の成長期までのインターバルに入ります。
春だ、成長期だ、と思ってじゃんじゃん水を与えると、実は休眠期に入るところだったりする訳ですね。
といっても、初夏の頃には新しい葉が現れて再び動き出すので、そのあたりが紛らわしいところ。
コノフィツムのように厳密に秋から春に動くのではなく、初夏に新葉を出すところがポイントです。
落葉したらしばらく水を切って、新葉が出てきたら灌水します。梅雨の長雨にはあてないように
温室内等で休ませ、7月下旬から10月までは屋外に出して、直射日光と風にたっぷりあてます。
それで20年、故障なく育ってきました。


さて、あとは結実を期待するのみです。











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

冬を越える。

   
数日前から、アデニア・グロボーサ(Adenia globosa)が花を咲かせています。
こんな季節に?と思うかもしれませんが、ほぼ赤道直下にあるこの植物の故郷には冬はありません。
置いてあるのは、朝の6時から夜中の2時まで誰かが起きているリビングルームです。暖房がずっとついているか、
消しても数時間なので明け方も20度以下にならない。南向きの出窓なので、昼は日が差し込んで30度近くになります。
なかなか咲かないグロボーサですが、この環境なら本来の生育パターンを取り戻して開花するということ。
とはいえ、ここまでの環境をすべての植物に用意することは困難です。



 
resize2666.jpg
               
resize2741.jpg
                    Adenia globosa flowering in February




サボテンにしても、コーデックスやメセンなどの多肉植物にしても、その多くは亜熱帯~熱帯の乾燥地帯から
やってきたものです。といっても、求める温度環境ニーズはさまざまで、それを1つや2つの温室やハウスで
管理しようというのだから、苦労するのも当然です。私の主な栽培場は、関東の山間部にあるビニールハウスで、
重油暖房のような装置は備えていません。なので、育てられる植物はかなり限られます。




resize2721_20170212212959146.jpg

resize2715.jpg
                  Agave,Yucca,and Aloe polyphylla in snow.




まず、最も寒さに強い植物群が、アガベ、ユッカ、オプンチアやケレウスなど一部のサボテンです。
1月に雪が降ったときは、外の棚に放置している植物は冠雪しました。アガベの大半は外でも越冬しますが、
傷んで見栄えが悪くなります。なのでおすすめはできませんが、場所がないので我慢してもらっている状態。
アロエでは圧倒的に強いのがポリフィラ(Aloe polyphylla)で、葉先が凍って透明になっても、株全体が
ダメになることはありません。
これまで、鬼切丸(A.marlothii)、木立アロエ(A.arborescens)、ディコトマ(A.dichotoma)など、
いろいろ越冬を試しましたが、ポリフィラ以外みな凍死しました。アロエは全般に寒さに弱いです。
エケベリアやクラッスラなどベンケイソウ科の多肉も、この場所では屋外越冬できるものはほとんどなし。




resize2728.jpg

resize2729.jpg
              Yucca, Xanthorrhoea and Cereus repandus outside through the winter




ユッカ(Yucca)、ダシリリオン(Dasylirion)、グラスツリー(Xanthorrhoea)などは、地植えで越冬中。
これらは、地植えすることで成長速度が倍以上になるので、実生から育成するなら地植えは必須ともいえます。
オニソテツ類(Encephalartos)なども、大きくするのは最高の方法なのですが、貴重な植物なので、なかなか
踏み切れずにいます。サボテンでは鬼面角(Cereus repandus)は、各地でも地植えされていますが、
ここは越冬限界に近いようで、毎冬先端部分が寒さで溶けてしまいます。




resize2732.jpg

resize2746.jpg
              cacti withstand well below freezing
resize2722.jpg
              left side (near outside of greenhouse) is colder than right side                




上の写真は無加温のビニールハウス内で、この2週間に記録した最低気温です。氷点下5度に下がった夜が、
少なくとも一度はあったことがわかります。ハウスの中の最低気温ですから、外はさらに冷え込んで、おそらく
氷点下7-8度くらいまで下がったでしょう。東京23区よりも緯度は南ですが、3-5度くらい気温が下がります。
住人は主にサボテンで、大半の種は持ちこたえますが、メロカクタスや森林性サボテンの一部は越冬出来ない。
また同じハウス内でも場所によって環境条件が異なるようで、エンセ・フェロックス(Encephalartos ferox)の
葉が片側だけ枯れているのは、ハウスの外縁に近い方が寒かったという証拠です。なので、寒さに弱い種は
なるべくハウスの真ん中に集めています。




resize2719.jpg

resize2718.jpg

resize2745.jpg
            winter growing succulents in unheated greenhouse




冬型植物のハウスも、これと同じ環境です。コノフィツム(Conophytum)、リトープス(Lithops)などは
本当に寒さに強く、氷点下7度になった時も被害ゼロでした。メセン類ではいわゆる草もの葉ものの中に弱いものが
多少あります。一見弱そうな、ユーフォルビアもオベサ(Euphorbia obesa)や多頭キリン(E.multiceps)など
南ア産の冬型種は耐寒性抜群で、氷点下の夜が続く厳冬期も成長しています。
ただし、外見が似ていても東アフリカ産のユーフォなどは一晩でダメになるので注意が必要。と思います。
エケベリア、ハオルチアなども寒さにはそこそこ強いですが、氷点下の夜が続くと葉傷みするので、不織布を
かぶせて少しでも寒さを和らげています。
サルコカウロン(Sarcocaulon)などの枝、ホネものは、寒さで葉っぱが全部落ちることがあり、次の秋に
なっても芽吹かないことがたまにある。この仲間の越冬ギリギリの気温は氷点下3度くらいにあるように思います。
なので、こちらも不織布をかぶせていますが、虐待しているようで申し訳ない気持ち。




resize2723.jpg

resize2724.jpg





人気のコーデックス類は、多くが熱帯アフリカ原産なので、寒さはからきしダメです。
ケニア、ソマリア、マダガスカルなど、東アフリカの植物は最低温度10度を保ちたいので、ここでは厳しい。
アデニア(Adenia)、コミフォラ(Commiphora)、オペル(Operculicarya)などは
無理でしょう。パキポディウムも厳しいのですが、スペースの関係で、ここのハウス内にミニ温室を置き、
その中にサーモのついた電気温風機を設置(1坪=1000W)しています。このハウス内ハウスで
最低気温3度をなんとかキープ。パキポディウムのなかでも、バロニーやブレビカウレはダメですが、
ロスラツム系はなんとか越冬します(ただし毎年数本は落ちる)。意外と寒さに弱いアロエ・ディコトマや、
ボンバックス、なども同じ場所で冬越しさせています。




resize2749.jpg
          caudiciform succulent from tropic Africa keep over 8°C.




私の場合、純熱帯産の多肉植物やコーデックスは、都内の加温設備のある小さいガラス温室ですし詰め状態で
越冬させます。加温設備といっても、冬の明け方は8度くらいを維持するのがやっとなので、ソマリアやケニアから
来た植物にとっては信じがたい寒さだと思います。たちまち葉を振るい落としてしまいます。乾燥ではなくて寒さで
葉が落ちるという状況は、休眠というと自然のサイクルみたいに響きますが、それは間違いで実際は「半殺し」の
めにあっているようなものでしょう。こういうストレスが蓄積し、何年ものあいだに衰弱していく植物もあります。
ドイツにあったコーデックスで有名なナーサリーは、巨大な温室を冬場15度以上に保っていたそうです。
どれくらい重油代がかかったか想像つかないですが、なかなか実現は難しい。




resize2738.jpg
                   



花が咲いたアデニア・グロボーサは、室内のリビングにいるので冬も3週に一度は水をもらって成長を続けています。
ただ、一年じゅう室内では徒長してしまうでしょう。
あれこれの植物が、凍えるハウスで、すし詰めのガラス室で、人と同居のリビングで、もうそこまでやってきている
春を待っています。

(隔週日曜日に更新しています)












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

植物を室内で育てる

     
最近、インスタグラムを始めたこともあって、目下大流行中の多肉植物やサボテンが、
どんな風に楽しまれているのか、目にする機会が増えました。
なかでも、かつては多肉のなかでも極くマイナーなジャンルにすぎなかったコーデックス(塊茎植物)が
ステージの真ん中で光を浴びるようになったのは、驚くべきことです。




resize2411.jpg
刊行されたばかりのコーデックス本!むかしはサボテン本の巻末で数ページしか扱われないジャンルだったのに・・・
魅力的な写真がいっぱいで、取り上げられている種も多数。楽しめる本です





ニ十世紀の後半、私が多肉の会などに顔を出していた頃には、若い世代は自分ふくめ片手に満たないくらい。
早い話が年配者の趣味といった状況でした。よって、育て方楽しみ方も、今とはぜんぜん違いました。
集まりのメインイベントといえばセリ会。いまでいうオークションですが、値段が高いことが正義、
みたいな世界なので、そういう会で自生地の話や学名など持ち出したりすると、学者さんじゃあるまいし
横文字は勘弁してくれよ、などと言われてしまう。アカデミックに深めてこそ楽しい植物趣味なのに。
そしてまた、今みたいに容れもの、鉢にこだわる人はあまりおらず、3本足の黒塗り楽焼き鉢かプラ鉢の二択。
基本、和の世界観なので、部屋(洋室)に置いて楽しむにはマッチしません。値段の高い植物をテカテカの
塗り鉢に植え込んで、品評会で番付をきめるみたいな「旦那衆の道楽」の感覚は、自分のライフスタイルには
どうにもあわないと感じていました。気に入ったサボテンやコーデックスのためには、シンプルな和鉢(これが
案外なかった)や、輸入鉢を苦労して探しましたね。

最近は、鉢の世界が大発展して、現在の生活空間にあう器が圧倒的に入手しやすくなりました。
それにともなって、今と当時で最も違いを感じるのは、植物を温室やハウスに閉じ込めて育てるのではなく、
より生活空間に近づけて楽しむようになったということでしょうか。
そもそも、植物を集めはじめた頃は、出窓や棚の上に手に入れたばかりの宝物を並べて、
朝晩眺めて楽しんだはず。それが数が増えて、温室やハウスを持つようになると、植住分離じゃないけれど、
生活空間からは植物が消えていく。多くはそんな経過をたどった筈です。




resize2413.jpg
昨今人気のアデニア・グロボーサ(Adenia globosa
冬はこんなふうに屋内で過ごしますが、刺枝が場所をとるんですよね





そういう意味で、昨今のトレンド、人が過ごす空間に植物たちを配置して、一緒に暮らす、という行き方は
とても素敵なことだと思います。ただ、一方でなんだか心配な気持ちも頭をもたげてきました。
スタイリッシュな鉢に植え込まれ、室内栽培に供されるのは、多くがコーデックスとよばれる、
塊茎・塊根植物です。多肉植物のなかで、同じく大変人気のあるエケベリアなどはあまり見かけません。
コーデックスの質感や存在感などが、室内調度と馴染みが良いということも大きな理由ですが、
もうひとつ、これらが植物のなかでもとりわけ静的で、成長変化が遅鈍だということがあるでしょう。
つまり、一般の草本などと比べても徒長しにくいため、飾った状態で「長持ち」するということです。
しかし、「長持ち」というのは、別の言い方をすれば緩慢な死を迎えているに過ぎないのです。




resize2407.jpg
こうした雨林植物のなかには、周年屋内の人工的環境の方がうまく育つものもあります
最近人気があるアグラオネマや、ジュエルオーキッドなどはその代表





たとえば、今最も人気があるパキポディウムはじめ、多くのコーデックス(塊茎多肉)の自生環境は、
通常の室内とは真逆と言っていいくらい異なります。照りつける直射日光、吹きつける強風、
昼夜の激しい温度差。そうした過酷な環境があの独特のフォルムを生み出し、育ててきた訳です。
極端に言えば、人間にとって快適な環境は彼らにとって不健全で、彼らが健全に育つ環境は
人間にとっては耐え難い、という側面があるわけです。パキポディウムなどは無遮光の温室でも
徒長するくらいの植物なので、半日程度、窓越しの光線があたるだけの環境で長く育てることは
困難と言わざるを得ません。LEDやメタハラなど照明機材の進歩によって、室内栽培の環境が
飛躍的に進歩していることも事実ですが、光だけでなく、日中の高温や、風の通りなども不可欠です。
それらすべてを人工的に満たすのは、屋外に栽培場所を確保する以上に大変なことでしょう。

いま、市中では多くの野生由来の多肉植物が、輸入販売されています。長い間、原産地の環境で
育まれたそれらの株は、多少不本意な環境に置かれても、すぐさま音をあげることはないタフさを
持ち合わせています。部屋に飾れば最高のオブジェになることも確かです。しかし、十分な設備の
ない室内に据え置かれた場合、2年、3年と経てば、やがて破局が歩み寄ってくるでしょう。
皆さんの室内環境がコーデックスなど乾燥地の多肉植物にどの程度適しているか、ひとつの目安は、
それらの小さな実生苗が順調に育つ環境かどうかです。あたりまえですが、実生苗が育たない環境では、
大株も次第に衰弱していきます。他にも、より環境変化に敏感な葉もの多肉植物、たとえばエケベリアや
メセン類などが姿を乱さずに育つかどうか、というのも目安になるかも知れません。




resize2412.jpg
こちらも窓辺で春待ちのパキポ・ビスピノースム(Pachypodium bispinosum)と
木の葉サボテンのペイレスキア・ブレオ(Pereskia bleo)。赤い帽子はメロ・マタンザヌス(Melocactus matanzanus





では、室内でコーデックスやサボテンを育てるのはやめたほうがいいのか?と問われれば、そんなことは
ありません。先にも述べたように、身近に植物がある暮らしは素敵です。それに、コーデックスやサボテンは
タフですから、過剰な無理をさせなければ、一定期間ヒトとの同居にもたえてくれます。
ただ、動物のように動くことはもちろん、声を出すこともできませんから、人の側が彼らのコンディションを
推し量ってやることがとても大切です。室内環境は、今の時期なら冬場の寒さをしのぐという意味もありますが、
成長シーズンに室内で過ごすことは、いわば我慢の時間になります。そこで、植物を室内に飾る期間と、
より望ましい環境(庭やベランダ、温室など)でのびのび育てる期間とを、交互に、できれば3交代くらいすれば
理想的です。実際、私のところでも、冬は室内、夏は屋外で十年以上元気に育っている植物が多々あります。




resize2415.jpg
私のところでは、大半のパキポディウムは、5~9月のあいだ、露天雨ざらしで栽培
屋内やハウスでは、枝がひょろ長く伸びて姿が乱れますが、直射日光と風で、幹も丸々太ります





ここ数年、数多く入ってきている山採り輸入株も、無尽蔵ではありません。多くの種は、限定的に分布する
稀少種ですから、いずれは絶滅してしまうか、その前にワシントン条約等で輸入が規制されればまだ幸いでしょう。
コーデックスの黄金時代ともいえる今の時代。でも、五年後、十年後には、そこらじゅうに干からびた亡骸が
累々と転がり、もう二度と手に入れることは叶わない・・・みたいな事態になったら、悲しすぎると思いませんか。
原産地からはるばるやってきた稀少な植物を、切り花のように消費しないで、末長く一緒に過ごして、
そしてできれば種をとって次世代に繋げて・・・大ブームのその先に、そんな未来が拓けることを願っています。













テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる