FC2ブログ

海の生きもの、のようなもの。

"怪奇玉"に"玉藻"。そんな名前の多肉植物をご存じでしょうか。属名は、ディプロソマ(Diplosoma)。
で、この属名をネット検索すると同名のホヤの仲間がたくさん出てきます。
ホヤ・・・海の生き物のあれです。うーん、でも、雰囲気は似ていないこともない。

この属(植物のほうね)の透明感の高い葉は、ごく軟質で水分含有量が高く、bladder cell などと呼ばれる
水泡状の組織が多くあり、キラキラと輝く姿は本当に海の生き物のように見えます。


IMG_2784S.jpg


ディプロソマ属を構成するのは2種だけで、ひとつがルックホフィ(Diplosoma luckhoffii 怪奇玉)。
同じメセンのコノフィツム属(Conophytum)にも同名の種がありますが、これはまったく別ものです。
もうひとつがレトロベルサム(D.retroversum 玉藻)ですが、前者の方が有名かも知れません。
といっても、検索しても殆ど日本語の情報は出てこないので、マイナーな多肉には違いないですが・・・。

ルックホフィはかつてモーガニエラ属(Maughaniella)とされていたため、メサガーデンのリストでは、
旧いほうの属名で記載されています(去年まで。今年は掲載なし)。ちなみにこの種のメサの説明書きが
面白くて「休眠期には視界から消滅する」だって。


IMG_2787S.jpg

IMG_2772S.jpg
               Diplosoma luckhoffii M.1778 Holrivier

これはルックホフィ(D.luckhoffii M.1778 Holrivier)の2月頃の姿です。
わざわざ2月、と書いたのは、この仲間は、秋口すずしくなってきた頃に発芽すると、数ヶ月で開花サイズまで
成長します。そして春先のメセンシーズンの終わり頃、たよりない桃色の花を咲かせると、そのまま溶けるように
消えてしまいます。といって、一年草ではありません。小さな黒褐色のサヤ状のものが地中に残され、
再び秋の訪れとともに新葉がサヤを破って姿をあらわします。宿根草のような感じ。
もっとも、夏のあいだにひっそりと死んでいって、秋に再び目を覚まさないこともしばしば。
そもそも短命で、4-5年で枯れてしまうため、種による更新がかかせません。


IMG_5165S.jpg


ルックホフィの故郷は、南アフリカ・西ケープ地方のクナースフラクテ(Knersvlakte)一帯の石英平原と
されています。上写真の植物の産地Holrivier も検索してみるちょうどそのあたり。
このエリア、珍奇なメセン親指姫(Dactylopsis digitata)をはじめ、色々興味深い多肉植物があるところ。
付近は塩性土壌が多い場所ですが、この種の自生地がそうだという記述もあります(親指姫も同様)。
ますます海の生きものっぽいですが、私の栽培経験では、塩を与えても与えなくても育つことは育つ。

ところで、このルックホフィには実はちょっと違ったタイプ(姿)のものがあります。
それがこれ。


IMG_0274S.jpg

IMG_4517S.jpg
                Diplosoma luckhoffii M.1777 "thick blistery leaves"

こちらは、メサガーデンから、カタログ番号M.1777 "thick blistery leaves"という説明のみで
流通している種から育てたもの。先のHolrivier産のコロコロした姿にくらべると、ちょっとタビ型コノフィツムを
思わせる姿で、より大柄です。その分、肉質の柔らかく脆い感じやキラキラ感も強調され、同種としてはかなり
印象が異なります。
栽培上は、先のコロコロタイプよりも大柄なぶん育てやすい。というか、生き延びやすい。
この植物(種子)には、自生地データが与えられていないのですが、かなり顕著な違いがあります。
どなたかこの植物の由来などご存じの方がおられればご教示下さい。


IMG_0288S.jpg


花もこんなふうにやや大きく、花筒が長く伸びる。この属は植物本体の大きさにくらべ花と果実が大きいのですが、
このタイプはそれが顕著です。生きるエネルギーの大半が、子孫を残すことに費やされている印象。
大柄なのに、グニョグニョしているものだから、海中の岩肌にしがみついて揺れているホヤ類のように見えなくもない。
もっとも、ホヤと共通する属名Diplosomaの意味は「ふたつに分かれた身体」といった意味らしく、
両者の珍無類な姿をとくべつ表象するものではないのですが。

そしてディプロソマのもう一種、というか元々のディプロソマ属が、これ。


IMG_5521S.jpg

IMG_5524S.jpg
               Diplosoma retroversum M.1484

レトロベサム(D.retroversum M.1484玉藻)です。こちらは前種よりも多少かたいゴムのような感触の葉を、
地面に這わせるように、横拡がりに展開します。葉には例のキラキラが散らばっている個体と、なくてスベスベの
個体があります。同じサヤの種から双方が発生します。
生育パターンはルックホフィと同じで、秋に目覚めて初葉、春に花が咲いた後は溶けて視界から消えます。
開花の時期は多少遅め。栽培は、ルックホフィより少し大きい分たけやさしい・・・気がします。
自生地は、よりケープタウン側のピケットバーグ(Piketberg)周辺で、さらに局限的に生育しているため、
絶滅が危惧される植物のひとつだということ。


cacsuc070218101S.jpg


写真上は、実生7年まで(多分)育った超大株。次の年は目覚めませんでした。
この種は、自生地の写真などを見ると、真っ赤に色づいていて、それがまた痛い感じで素敵なのですが、
私の栽培環境では常に濃緑色です。光の強さなのか、土壌成分によるものなのかわかりませんが、赤くはならぬ。
踏み潰されたタラコみたいな姿もなかなか魅力的なので、なんとか再現したいものではあります。


cacsuc070218106S.jpg


ディプロソマは、栽培が難しいとよく言われます。なにしろ、毎年ゼロに近いところから葉っぱを伸張させて
開花に至るわけですから、スタート時期がまず大事。秋口になるべく早く涼しくなる場所に置いてやり、
水をやり始める。種蒔きする場合も同様で、秋遅くからの育成では、夏越え出来るサイズまで育たないうちに
休眠時期が訪れてしまいます。また、葉が出ている生育期間中は水切れさせないことも大事。自生地では、
雨に加えて、結露が表土を毎日湿らせている筈です。寒さには強いですが、冬じゅう成長させたいので、
氷点下にならない環境のほうが望ましいでしょう。そして、春、葉っぱが溶けてサヤだけが残ったら、激しい
直射日光は避けて、風通しのよいところで夏越しさせる。水はやらない。私のところでは、一部のコノフィツムと
同じ棚下に置いています。生育期は、もちろん直射日光が必要。
あとは、寿命が短いので、種をとって更新する。幸い自家授粉することが多いので、数株あれば、いくつか
カプセルが出来るはずです。種は、殆ど粉末と言っていいくらいに小さい。でも、ちゃんと発芽します。


IMG_0270S.jpg


サボテンや多肉ばかり育てているので、植物は長い時間をかけて少しずつ育っていくもの、という印象を
持ってしまうのですが、草花には、春に生まれて秋に死ぬ(個体として)、という生活環のものも少なくありません。
涼しくなると、むにゅむにゅと柔らかな葉肉をのばし、早春の頃、柄に見合わぬ大きな花を咲かせたら、
消えてしまう。そんなDiplosomaの生き方には、儚さよりはむしろ、なにか動物的な命の生々しさを感じます。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

雑草メセン、春をうたう。

先週末、ひさしぶりに天気が良かったので、仕事のあいまに大慌てでサボテンの水やりだけ、しました。
秋口から断水している難物サボテンなどにとっては、およそ半年ぶりの水!つうことに・・・。
ともあれ、春夏型植物の季節到来、というわけですが、反対にメセン類や球根など、秋冬型植物はそろ
そろ休眠入りですね。


うちには、葉モノ花モノと呼ばれる“雑草系”メセンがけっこうあるのですが、これらは、お休みまえの
この季節に花盛りを迎えて楽しませてくれます。
てなわけで、きょうはちょっとお手軽に、キレイな花の写真をいくつかご覧下さい。
まず最初は・・・

IMG_5679S.jpg

スケレチウム・ヨウベルティ(Sceletium joubertii)。聞いたことあります?メセンです、一応。
細糸みたいな無数の花びらの、ある種インパクトのある花が群がり咲くんだけど、ザンネン、花いろがやや中途半端。
よくいえば、錦糸たまごみたいだけど、なんだか味が遠そうな感じ。

IMG_5681S.jpg

みずみずしい黄緑の植物体は蕾みたいな形をしていて、休眠期は旧葉が薄皮のようになって来期の新葉を守ります。
とにかく丈夫でよく伸びるので、まさに weedy(雑草)な mesemb は、南アフリカのLittle Karoo産。
この花は、これでもかというくらい沢山咲くし、長持ちするし、なかなかの良品なんですが、同じメセンでも
コノやリトとは違って、かなりマイナーみたいです。かなり丈夫で、野ざらし雨ざらしでも大丈夫そう。

つづいては・・・

IMG_5702S.jpg

デロスペルマ・ロンギペス(Delosperma longipes)。う~ん、こいつもみるからに雑草です。葉っぱのキラキラ
が、かろうじてメセンらしくはあるものの、ヒョロロ~と痩せっぽちの茎と、小さな葉っぱ。
花がないと栽培場のどこに置いたのか、わからなくなる感じ。
でも、そういうところがいいんです、雑草派としては。

IMG_5690S.jpg

ご存じのとおりこの属、デロスペルマ(Delosperma)には、とにかくたくさんの種類があります。
花はみなキレイで「耐寒マツバギク」などとも呼ばれる生粋の雑草メセン。
属中だいたいの種類は屋外放置でいけるんですが、実はこのロンギペスには小さい塊根があったりして
案外デリケート。夏場は茎も枯れてイモだけになったりもするんだけど、そのせいか、ややお弱いようで、
休眠中に根が腐っちゃったりすると秋になっても枯れ草のまま・・・。
スファルマントイデス(Delosperma sphalmanthoides)ほどではないにせよ、ちょっと気位の高い雑草です。

さいごは・・・

IMG_5712S.jpg

レモン色の花を、鉢を覆うほど群開させたリネフィルム・ブルーミィ(Rhinephyllum broomii)。
調べてみたら「稚児祭」なんて和名もついてるらしい。言われてみれば、ちっこい子どもが群れて遊んでるみたいな
風情もありますな。
この個体にはSH2107というハマー氏のフィールドナンバーもついてて、南アの北ケープ州産と。
ごく小さなアロイノプシス(Aloinopsis)みたいな感じで、写真だとわかりにくいけど、植物体も花もとっても小さくて、
花径1cmくらいしかないのです。なんというか、見ごたえある花に改良された園芸植物の縮尺じゃない。
この、いかにも雑草サイズの花が群開しているところが良いんです。
完全な秋冬型植物とはいえないようで、真夏以外はずっと育つ感じ。

IMG_5715S.jpg

こーいう雑草メセンのよいとこは、扱いも雑草なみなら、作柄も雑草なみでよいところ。
モサモサ、ファサファサ、植物の気ままに伸びた、人手のかかってない感じに仕立てたい。
そいでもって、ちょっとコケが生えて、端っこの欠けてる素焼き鉢かなんかに植えて、
雑草に埋もれるような場所に置いといたら、いい味です。

というか、うちでは意図せずそうなってるけど・・・。

花は、国産雑草よりもちょっと派手目で、季節には結構目を楽しませてくれるし、なによりお手軽なので、
メサガーデン(MesaGarden)あたりで、正体不明の草メセンの種でも買って、蒔いてみませんか。





プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる