FC2ブログ

メセン色づく


 resize5414.jpg
    some are turning red in early spring
 


 早春のころ、多肉植物温室では、メセンたちの紅葉が始まります。まだ、外を歩くにはコートが必要な季節でも、晴れた日のガラス室のなかは、汗ばむくらい暖かくなって、すっかり春です。アフリカ南西部原産の多肉植物は、その多くが秋から春にかけての季節に動く。なかでもコノフィツム(Conophytum)属に代表されるメセン類(Aizoaceae)は、夏に休み、冬に動くという、明確な成長-休眠サイクルを示すものが大半です。秋口から元気に開花、成長してきたコノフィツムは、日に日に強くなる陽射しを敏感に感じ取って休眠の準備を始めます。




resize5417.jpg
     Conophytum burgeri and Conohtyum moughanii   



 その変化を顕著に示すのが、色彩。マウガニー、ラツム、ブルゲリなどの透明窓系のコノフィツムの中には、成長期の終盤に紅葉するものがあります。これらの種でも、成長期の初めに旧皮の下から出てきた新球は、ほぼすべて瑞々しいグリーン。マウガニーなどの一部は、秋のうちから肌を赤く染めるものもありますが、多くは年明け、陽射しが強くなってきてから色づきはじめます。




resize5380.jpg
     Conohtyum moughanii 'Witsand'
resize5376.jpg
     Conohtyum moughanii ssp..armeniacum 'Augrabies'



 もっとも赤色が強く出やすいのがマウガニーです。産地ごとに色づき方が異るので、そこもコレクションでは面白いところ。写真上の透明感ある赤は、古くから有名なWitsand産。これは、次第に赤くなっていくタイプ。Harras産のアルメニアクム型(C.maughanii ssp.armeniacum)は、脱皮して陽射しを浴びるとすぐに赤くなりますが、典型的なアルメニアクムは、Harrasよりもてっぺんがつぶれた形に育ち、写真のAugrabies産タイプのように、濁ったオレンジ色に染まるものが多い。ラツム型(C.maughanii ssp.latum)にも、真っ赤に染まるタイプがあります。かつては、赤くなるマウガニーが大雑把にルフェスケンス(rufescens)と呼ばれていましたが、実際にその名で流通している株は色合いもまちまちで、産地も定かでないことが多いです。




resize5392.jpg

resize5402.jpg
     Conohtyum moughanii 'Eksteenfontein'



 変わっているのは、このEksteenfontein産で、種をまくと、赤い個体と緑の個体が半々くらいで出現します。中間の色は出ません。自生地にも、赤と緑が交じって生えているそうです。この産地の赤は、Harras産に匹敵する濃赤色で、脱皮直後から色づくので、とても美しいものです。さらに、春先のこの時期にはブドウのような赤紫色に熟して、およそ生きている、これから先も生き続ける植物とは思えない色彩を呈します。




resize5361.jpg

resize5371.jpg
     Conophytum burgeri



 マウガニー以外で、強く色づくのはブルゲリ(Conophytum burgeri)です。産地がそもそも一か所しかなく、色づきの個体差もあまりありません。春先にはだいたい赤くなります。ただし、野生下同様に乾いた旧皮をそのままにしていると、うっすらと色づく程度で、これをツルツルに剥いてよく陽に当てると、かなり色濃く染まります。しかし、ブルゲリと同じボディの形でもハメリ(C.hammeri)は真っ赤になることはなく、だいたいグリーンのままです。一方で、同じく近縁のRラツム(C.rartum・・・C.maughanii ssp.latumとは別種)も、よく陽に当てると休眠間際には赤くなります。




resize5364.jpg
     Conohtyum moughanii 'Smorenskadu'
resize5411.jpg




 いったい彼ら、彼女らは、なぜ赤く色づくのか。明確な理由はわかっていません。メセン類やサボテン科など、ナデシコ目の多くの植物は、ベタレイン色素を合成します。これは野菜のビートの赤と同じ色素です。おそらく、ブルゲリやマウガニーの赤も、このベタレインによって染まったものと思われます。しかし、多くの植物に含まれるアントシアニン系の色素に比べて研究実績も少ないようで、ベタレイン色素が、コノフィツムにとって、どういった生理機能を有するのかは、定かではないようです。先に紹介した、Eksteenfontein産の個体群のように、緑と赤が半々で交じって生えている例をみると、環境適応における決定的要素ではないとも考えられます。一方で、生育期の終盤に色素が濃くなること、強い日光にあてることで合成が促進されることなどから、紫外線から細胞を保護する、とくに植物体内で形成される新葉を守るなど、一定の役割があることも想像できます。
 理屈はともかく、メセンたちが紅葉すると、栽培棚は秋の開花期と同じくらい、とても華やかになります。梅が咲き、桜がほころび、日本の野山に春に彩られるころ、コノフィツムたちは、その身を赤く染めながら、眠りにつくのです。また秋まで、ゆっくりお休み。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コノフィツムがいてくれる。

  
 もし、コノフィツムを育てていなかったら。
 秋から春まで、サボテンやコーデックスの大半が、休眠したり、動きが鈍る季節は、植物生活もかなり退屈なものになるでしょう。でも、日本の野山が枯野一色になるころ、メセン栽培場では、まるで春のようにコノフィツムたちが動き始めます。




resize5236.jpg
     Conophytum pellucidum ssp.terricolor M.1443.29 Rietberg



 写真は9月に撮影した、ペルシダム(Conophytum pellucidum ssp.terricolor)です。
 蒸し暑い日本の夏を、乾いた旧皮を被って乗り越えると、水もやらないのに花を咲かせました。夏場に水をやっていれば、この時点で新球が吸水して膨らみ、皮を突き破って育っていますが、この株は水を切ったままだったので、ミイラみたいな状態のまま、開花しました。これはこれでビザールな眺めです。でも、3月半ばから半年間、一滴も水を与えていないのに、これだけ花を咲かせる力を蓄えていることに感心します。




resize5252.jpg

resize5249.jpg
   Conophytum pellucidum ssp.terricolor SH1252 Krymekaar Junction



 上の写真は、一度だけ水をやったあと、開花したペルシダム(C.pellucidum ssp.terricolor SH1252)。独特な窓模様から「バッドウィング(蝙蝠の翼)」と呼ばれる有名なタイプです。旧皮こそ突き破ったものの、開花に力を使ったため、新球はじゅうぶん膨らんでいません。でも、その分、紅い宝石のような窓の透明感、色合いが深くて美しい。その後、しっかり水を吸い上げて膨らんだのが、下の写真です。ペルシダムは、夏場に日陰で休ませているときに水をやると徒長しやすい。日陰では断水し、水を吸って動き出したらしっかり強い光線にあてることで、丈低く形のよい群生株に仕上がります。




resize5244.jpg

resize5245.jpg

resize5250.jpg
     Conophytum cubicum N Eksteenfontein(TL)



 その名のとおりキュービックなコノフィツム、クビクム(Conophytum cubicum)。半分溶けて柔らかくなったキャラメルみたいな、微妙なひしゃげぐあいが魅力的です。四角いコノは他にもアンゲリカエとかクルシアツムとか、いくつかありますが、たぶんこれがいちばん丈夫で育てやすい。乾いた皮も薄くて自然に剥がれます。この種は、やはり成長期のはじめの秋口に、長い花筒を伸ばして純白の花を咲かせます(写真下)。みかけたらぜひ手に入れてもらいたいコノフィツムです。




resize5255.jpg

resize5253.jpg
     Conophytum regale Ratelpoort(plant from TS)



 白い花が続いたので、こんどはピンク花のコノフィツム、レガレ(Conophytum regale)。古典的なタビ型フォルムなのに、まんなからへんに窓があります。というか透明な部分がある。ペルシダムやマウガニーのようにほとんど地中に埋まって育つわけではないので、窓がここにある決定的な意味はわかりませんが、とてもチャーミングです。たぶん、ここに窓があるとかわいいからそうなってるに違いない。茎の部分が弱いのか、頭数が増えると倒れてしまったりして、大きな標本に育てるのはなかなか難しい。




resize5247.jpg

resize5248.jpg

resize5242.jpg
     Conophytum minimum 'wittebergense' M1472.5 Klein Spreeufontein



 こちらは最近人気があるアラベスク模様のコノフィツム、ウィッテベルゲンシス。中国などでとても人気になっていて、最近は毒々しいくらい濃色の紋様の株も出てきています。紋様が濃色で派手だと驚くような値段になるみたい。この株は無選抜の平均的な顔で、うちにはこういうあっさり顔しかいません。花は几帳面な夜咲きで、夕方も朝も開いてない。このときもカメラを構えて待っていましたが、結局まっくらになるまで咲きませんでした。花粉つけをしなくても種が採れるのですが、蒔くと発芽しない。顔違いを殖やしたくなったら、夜更けに懐中電灯で授粉しないといけませんね。




resize5259.jpg




 そんなコノフィツムたちも、陽射しが強くなっていくにつれて、少しずつ眠たげな表情をうかべるようになります。球体の成長が止まり、肌も陽射しにやけて赤味が強くなってくる。それから徐々にハリがなくなって、しわっぽくなる。そうなれば、もう水をやっても膨らみません。また半年間の、お別れの時期が近づいてきています。もうすぐ春なのに。いや、もうすぐ春だから。

















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コノフィツム・リトープス 玉型メセンの栽培


 コノフィツム(Conophytum)やリトープス(Lithops)など、高度に多肉化した玉型メセンは、人気がひろがる多肉植物のなかでも、ひときわ目を惹く存在です。この仲間の代表格になったブルゲリ(C.burgeri)や独特の紋様をもつコノフィツム、カラフルなリトープスなどを、いまや多くの人たちが手にするようになりました。人気を反映して値段もかつての数倍以上になっているものも少なくありません。
 しかし、灌木型の多肉や塊根類、また肉質の硬いサボテンたちを同じ感覚で育てようとすると、うまくいかないことが多いものです。なので今回は、彼ら彼女らとのつきあい方について、最低限気をつけたいことを書いてみます。




resize4598.jpg
       Conophytum pellucidum ssp.pellucidum SB1059



 玉型メセンの多くは大変長寿な植物で、リトープスもコノフィツムも数十年以上生きるものが大半です。けれども、そのライフスタイルは「木」ではなく「草」と考えた方が良く、鑑賞の対象になる葉の部分は、ほぼ毎シーズン入れ替わるため、組織としては脆いものです。陽当たり、通風など、彼らがのぞむ環境でなければ、すぐに徒長したり腐ってしまいます。
 コーデックス多肉などは、明るさの足りない室内でも数年程度は生きてくれますが、メセン類は数週間で調子を崩してダメになってしまう。人間のライフスタイルに無理に組み込むのではなく、人の方が植物にあわせるというつきあい方が必要で、植物本位の栽培環境をつくれば、見違えるように美しく育ちます。もっともこれは、本当はすべての植物にあてはまることですが。




resize4645.jpg
       Lithops bromfieldii v. glaudinae 'ruber roseus' C393A
resize4616.jpg
       Lithops julii ssp.fulleri 'Fullergreen'  C056A



 リトープスはみな形が似ていて、色と窓模様が違うくらいと思う人も多いですが、分布範囲はとても広く、成長時期や寒暑への耐性なども種により異なります。よくカラフルに色とりどりの種を寄せ植えにしているのを見ますが、あれを長期間維持するのは案外難しいんじゃないかと思います。
 栽培で大事なのは日照と通風、それに成長サイクルの把握です。一年に一度、晩秋から初冬の頃に新しい葉が顔を覗かせ、リトープスの脱皮が始まります。それから桜が咲く頃までかけて、古い葉の水分が新葉に移行して脱皮が完了しますが、この脱皮期間中は水やりを控える、ないしは断水するのがポイントです。この間に水をやると二重脱皮して見苦しくなることが多い。脱皮が完了したら水やりを再開し、梅雨から盛夏の頃はまた水を控える。秋、涼しくなったらたっぷり灌水すると、開花して次の脱皮の準備が始まります。この繰り返しです。




resize4695.jpg
       Lithops optica 'Rubra'  C81A
resize4682.jpg
       Pleiospilos nelii  MG.1830 Seekoeigat



 ただ、種によって脱皮の時期が微妙に異なるし、脱皮前の秋によく動くもの、脱皮後の春から夏に動くもの、と違いがあります。多くの種は寒さ暑さにも強く、丈夫な植物ですが、難しいもののひとつに紅大内玉(Lithops optica 'Rubra')があります。これは脱皮時期が他種より遅く、完了して成長が本格化するのが日本の初夏の頃になります。しかし、その頃の日本は梅雨で、水やりをすると乾かないので腐りやすいのです。もっとも難しいと感じるのが留蝶玉(Lithops ruschiorum)の仲間で、寒い冬も蒸し暑い夏も苦手でこじれやすい。また、リトープスに似た綾燿玉や南蛮玉などディンテランタス属(Dintheranthus)の各種も、同様の管理ですが、これも夏場に腐りやすく難しい部類でしょう。花屋さんでも売っているプレイオスピロス属の帝玉(Pleiospilos nelii)なども、夏の水やりで一夜にして溶けてしまうことがあります。暑い時期は蒸らさないようにすることが必須ですね。




resize4608.jpg
       Conophytum pellucidum var terricolor  SH1252



 コノフィツムは、形態も様々でひとくくりにできませんが、リトープスとは脱皮の仕方が異なります。成長期は秋から春で、陽射しが強くなってくると、古い葉が乾燥して枯れたような姿になり、明確な休眠期に入ります。夏場は遮光して風通しよく、出来る限り涼しく過ごさせます。夏に閉め切った室内の窓辺などに置きっぱなしにしたら、まず枯れてしまいます。晩春から秋までの休眠期、私はほぼ水を与えません。秋風が吹いて涼しくなってくる頃に水やりを再開すると、カサカサの旧皮を破って新しい葉が現れて開花、成長します。秋から春までは、水はあまり切らさず与え続けます。凍らない環境なら問題ありません。ポイントは夏の休眠期の管理で、遮光の塩梅や成長スタート(最初の水やり)のタイミングなどが種によって異なるので、そのあたりが難しいところです。




resize4629.jpg
       Conophytum praesectum  ARM320       
resize4728.jpg
       Conophytum maughanii PV201 East of Eksteenfontein



 なかで、ブルゲリに代表される旧オフタルモフィルム属(Ophthalmophyllum)は、一見繊細そうな見かけに反して、実は栽培しやすい部類に入ります。マウガニー(C.maughanii)、ラツム(C.ratum)、リンピドゥム(C.limpidum)など、どれも透明感にあふれ、日光に透かすとゼリーのようで美しい。これらの多くはいわゆる窓植物で、自生地では頂部だけをのぞかせて埋まって暮らす仲間です。日射には強く、秋から春は無遮光で陽晒しにしたい。反対に、室内の間接光環境では、細長く間延びして本来の美しさが発揮できません。夏場も50%程度の遮光で十分で、あまり遮光が強いと球体が上にのびて見苦しくなります。ただし、サボテンが喜ぶような40度を超える蒸し暑い環境は無理です。温室ならば全開で通風をはかる必要があります。ペルシダムなどの窓のあるコノフィツムも似た性質で、成長初期に日照が不足すると間延びしやすいものです。




resize4690.jpg
       Conophytum pubicalyx  MG.1448.6 Kliprand       
resize4677.jpg
       Conophytum angelicae ssp tetragonum       



 小型のコノフィツム、例えばアンゲリカエ(C.angelica)、スルカツム(C.sulcatum)、ステファニー(C.stephanii)などは、ブルゲリなどに比べるとずっと繊細です。夏の温室やビニールハウスでは干からびてしまうことも多く、私は夏場は棚下に置いて扇風機をあてています。日の当たる場所で遮光するなら70%くらいカットしたい。また、夏に水をあたえて乾燥をふせぐ人もいますが、旧皮に水がたまって腐るリスクもあります。なので私は断水しています。これらは、9月下旬から2月までの成長期は水を切らさず、土が乾かない状態を好みます。厳寒期も凍らない限りは水をやりつづけています。




resize4626.jpg
       Conophytum burgeri with 'clothes' on        
resize4722.jpg
       Conophytum burgeri 'naked'                



 玉型メセンの栽培で、いつも迷うのは、脱皮後の乾いた皮(旧皮)をどうするかです。むかしの本には秋に植え替える時に取り除くべし、と書かれていました。実際、花ものとして多く育てられるタビ型コノフィツムなどは、旧皮が硬く新葉の成長を阻害するので、取り除いた方が元気に育つ傾向があります。ただ、小型種の多くや皮の薄いオフタルモ系などは、皮むきの必要をあまり感じません。多くの種では、脱皮とともに古い皮は乾いて下部にまわり、株を下支えする役を担っています。無理やり剥がすと群生がバラけてしまったり、球体を傷つけて腐敗の原因にもなります。
 人気のブルゲリは特異な例で、自生地では旧皮を被ったまま、そのレイヤーが日よけ砂埃よけの役割を果たしています。スティーブン・ハマー氏は「ブルゲリの皮をとるのはバカ」と批判していますが、私もツルツルの肌がみたくて、何本かに1本は剥いてしまいます。ただ、それがブルゲリ本来の姿でないことは確かで、植物にとっては不本意なストリップかも知れません(ゴメンナサイ)。




resize4750.jpg
       Conophytum praesectum SH n.n. Tafelkop       



 今回は、リト、コノを中心にざっくりと栽培法を書いてみましたが、いずれも種から育てやすい植物です。サボテンやコーデックスよりはずっと早く、3年~5年も育てれば、花も咲く美しい姿を見せてくれます。多くは冬成長型の植物ですが、工夫しだいで夏型のサボテンや多肉植物と同居させることも可能です。秋から春のいちばん美しい時期は、窓辺に置いても育つと思いますので、人の暮らしへの“最接近”も、実現可能ですよ。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる