FC2ブログ

コノフィツム・リトープス 玉型メセンの栽培


 コノフィツム(Conophytum)やリトープス(Lithops)など、高度に多肉化した玉型メセンは、人気がひろがる多肉植物のなかでも、ひときわ目を惹く存在です。この仲間の代表格になったブルゲリ(C.burgeri)や独特の紋様をもつコノフィツム、カラフルなリトープスなどを、いまや多くの人たちが手にするようになりました。人気を反映して値段もかつての数倍以上になっているものも少なくありません。
 しかし、灌木型の多肉や塊根類、また肉質の硬いサボテンたちを同じ感覚で育てようとすると、うまくいかないことが多いものです。なので今回は、彼ら彼女らとのつきあい方について、最低限気をつけたいことを書いてみます。




resize4598.jpg
       Conophytum pellucidum ssp.pellucidum SB1059



 玉型メセンの多くは大変長寿な植物で、リトープスもコノフィツムも数十年以上生きるものが大半です。けれども、そのライフスタイルは「木」ではなく「草」と考えた方が良く、鑑賞の対象になる葉の部分は、ほぼ毎シーズン入れ替わるため、組織としては脆いものです。陽当たり、通風など、彼らがのぞむ環境でなければ、すぐに徒長したり腐ってしまいます。
 コーデックス多肉などは、明るさの足りない室内でも数年程度は生きてくれますが、メセン類は数週間で調子を崩してダメになってしまう。人間のライフスタイルに無理に組み込むのではなく、人の方が植物にあわせるというつきあい方が必要で、植物本位の栽培環境をつくれば、見違えるように美しく育ちます。もっともこれは、本当はすべての植物にあてはまることですが。




resize4645.jpg
       Lithops bromfieldii v. glaudinae 'ruber roseus' C393A
resize4616.jpg
       Lithops julii ssp.fulleri 'Fullergreen'  C056A



 リトープスはみな形が似ていて、色と窓模様が違うくらいと思う人も多いですが、分布範囲はとても広く、成長時期や寒暑への耐性なども種により異なります。よくカラフルに色とりどりの種を寄せ植えにしているのを見ますが、あれを長期間維持するのは案外難しいんじゃないかと思います。
 栽培で大事なのは日照と通風、それに成長サイクルの把握です。一年に一度、晩秋から初冬の頃に新しい葉が顔を覗かせ、リトープスの脱皮が始まります。それから桜が咲く頃までかけて、古い葉の水分が新葉に移行して脱皮が完了しますが、この脱皮期間中は水やりを控える、ないしは断水するのがポイントです。この間に水をやると二重脱皮して見苦しくなることが多い。脱皮が完了したら水やりを再開し、梅雨から盛夏の頃はまた水を控える。秋、涼しくなったらたっぷり灌水すると、開花して次の脱皮の準備が始まります。この繰り返しです。




resize4695.jpg
       Lithops optica 'Rubra'  C81A
resize4682.jpg
       Pleiospilos nelii  MG.1830 Seekoeigat



 ただ、種によって脱皮の時期が微妙に異なるし、脱皮前の秋によく動くもの、脱皮後の春から夏に動くもの、と違いがあります。多くの種は寒さ暑さにも強く、丈夫な植物ですが、難しいもののひとつに紅大内玉(Lithops optica 'Rubra')があります。これは脱皮時期が他種より遅く、完了して成長が本格化するのが日本の初夏の頃になります。しかし、その頃の日本は梅雨で、水やりをすると乾かないので腐りやすいのです。もっとも難しいと感じるのが留蝶玉(Lithops ruschiorum)の仲間で、寒い冬も蒸し暑い夏も苦手でこじれやすい。また、リトープスに似た綾燿玉や南蛮玉などディンテランタス属(Dintheranthus)の各種も、同様の管理ですが、これも夏場に腐りやすく難しい部類でしょう。花屋さんでも売っているプレイオスピロス属の帝玉(Pleiospilos nelii)なども、夏の水やりで一夜にして溶けてしまうことがあります。暑い時期は蒸らさないようにすることが必須ですね。




resize4608.jpg
       Conophytum pellucidum var terricolor  SH1252



 コノフィツムは、形態も様々でひとくくりにできませんが、リトープスとは脱皮の仕方が異なります。成長期は秋から春で、陽射しが強くなってくると、古い葉が乾燥して枯れたような姿になり、明確な休眠期に入ります。夏場は遮光して風通しよく、出来る限り涼しく過ごさせます。夏に閉め切った室内の窓辺などに置きっぱなしにしたら、まず枯れてしまいます。晩春から秋までの休眠期、私はほぼ水を与えません。秋風が吹いて涼しくなってくる頃に水やりを再開すると、カサカサの旧皮を破って新しい葉が現れて開花、成長します。秋から春までは、水はあまり切らさず与え続けます。凍らない環境なら問題ありません。ポイントは夏の休眠期の管理で、遮光の塩梅や成長スタート(最初の水やり)のタイミングなどが種によって異なるので、そのあたりが難しいところです。




resize4629.jpg
       Conophytum praesectum  ARM320       
resize4728.jpg
       Conophytum maughanii PV201 East of Eksteenfontein



 なかで、ブルゲリに代表されるCheshire-feles節の各種や、旧オフタルモフィルム属(Ophthalmophyllum)は、一見繊細そうな見かけに反して、実は栽培しやすい部類に入ります。マウガニー(C.maughanii)、ラツム(C.ratum)、リンピドゥム(C.limpidum)など、どれも透明感にあふれ、日光に透かすとゼリーのようで美しい。これらの多くはいわゆる窓植物で、自生地では頂部だけをのぞかせて埋まって暮らす仲間です。日射には強く、秋から春は無遮光で陽晒しにしたい。反対に、室内の間接光環境では、細長く間延びして本来の美しさが発揮できません。夏場も50%程度の遮光で十分で、あまり遮光が強いと球体が上にのびて見苦しくなります。ただし、サボテンが喜ぶような40度を超える蒸し暑い環境は無理です。温室ならば全開で通風をはかる必要があります。ペルシダムなどの窓のあるコノフィツムも似た性質で、成長初期に日照が不足すると間延びしやすいものです。




resize4690.jpg
       Conophytum pubicalyx  MG.1448.6 Kliprand       
resize4677.jpg
       Conophytum angelicae ssp tetragonum       



 小型のコノフィツム、例えばアンゲリカエ(C.angelica)、スルカツム(C.sulcatum)、ステファニー(C.stephanii)などは、ブルゲリなどに比べるとずっと繊細です。夏の温室やビニールハウスでは干からびてしまうことも多く、私は夏場は棚下に置いて扇風機をあてています。日の当たる場所で遮光するなら70%くらいカットしたい。また、夏に水をあたえて乾燥をふせぐ人もいますが、旧皮に水がたまって腐るリスクもあります。なので私は断水しています。これらは、9月下旬から2月までの成長期は水を切らさず、土が乾かない状態を好みます。厳寒期も凍らない限りは水をやりつづけています。




resize4626.jpg
       Conophytum burgeri with 'clothes' on        
resize4722.jpg
       Conophytum burgeri 'naked'                



 玉型メセンの栽培で、いつも迷うのは、脱皮後の乾いた皮(旧皮)をどうするかです。むかしの本には秋に植え替える時に取り除くべし、と書かれていました。実際、花ものとして多く育てられるタビ型コノフィツムなどは、旧皮が硬く新葉の成長を阻害するので、取り除いた方が元気に育つ傾向があります。ただ、小型種の多くや皮の薄いオフタルモ系などは、皮むきの必要をあまり感じません。多くの種では、脱皮とともに古い皮は乾いて下部にまわり、株を下支えする役を担っています。無理やり剥がすと群生がバラけてしまったり、球体を傷つけて腐敗の原因にもなります。
 人気のブルゲリは特異な例で、自生地では旧皮を被ったまま、そのレイヤーが日よけ砂埃よけの役割を果たしています。スティーブン・ハマー氏は「ブルゲリの皮をとるのはバカ」と批判していますが、私もツルツルの肌がみたくて、何本かに1本は剥いてしまいます。ただ、それがブルゲリ本来の姿でないことは確かで、植物にとっては不本意なストリップかも知れません(ゴメンナサイ)。




resize4750.jpg
       Conophytum praesectum SH n.n. Tafelkop       



 今回は、リト、コノを中心にざっくりと栽培法を書いてみましたが、いずれも種から育てやすい植物です。サボテンやコーデックスよりはずっと早く、3年~5年も育てれば、花も咲く美しい姿を見せてくれます。多くは冬成長型の植物ですが、工夫しだいで夏型のサボテンや多肉植物と同居させることも可能です。秋から春のいちばん美しい時期は、窓辺に置いても育つと思いますので、人の暮らしへの“最接近”も、実現可能ですよ。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

窓のある植物 Genus Fenestraria

    
多肉植物のなかには、「レンズ植物」「窓植物」といわれる一群があります。
葉の一部などが透明なレンズ、ないし窓状になっていて、ここを通って植物体の
内部に到達した光で光合成を行う植物を、そう呼んでいます。
こうした形態の植物は、オブツーサや玉扇・万象などのハオルチア属、
リトープスをはじめとするメセン科に多く見られ、いずれも透明感あふれる美しさで
人気があります。




resize3819.jpg




フェネストラリアは、Fenestraria rhopalophylla 1種だけからなる特徴的な属で、
レンズ植物の典型的な例です。ほぼ無茎で、根部からロゼット状に棍棒状の葉を
展開しますが、この棍棒の先端部が透明な窓(レンズ)に、なっています。
属の名前も"窓のある"、という意味ですが、植物全体の姿はイソギンチャクのようです。
欧米では、“baby toes”(赤ちゃんのつま先)と呼ばれますが、これは上側でそろった
葉先をそう見立てての愛称でしょう。




resize3815.jpg

resize3812.jpg
          Fenestraria rhopalophylla ssp.rhopalophylla H4715 Chamais Gate,Namibia




自生地は南アフリカ・ナマクァランドからナミビアにかけての海岸沙漠で、冬に雨が
降る地域。よってフェネストラリアの生育期は秋から春で、典型的な冬型多肉植物です。
日本での栽培では、だいたい真冬の寒い時期に開花します。分布地域によって、
植物のサイズや花色などに変異があり、白花が基本種(Fenestraria rhopalophylla)で、
「群玉」という和名がついています。




resize3837.jpg

resize3822.jpg
       Fenestraria rhopalophylla ssp.aurantiaca M1507.5 Beauvallon,Northern Cape,SouthAfrica




一方、黄色花の亜種もあり(Fenestraria rhopalophylla ssp.aurantiaca)、
こちらは「五十鈴玉」と呼ばれています。実際には、中間的なコロニーもあるようで、
同じ種の地域変異の範囲と考えるのが適切かも知れません。
また園芸種でオレンジイエローの大輪花を咲かせるファイアーワース(cv.Fireworth)も
とても魅力的な植物です。
同じメセン科には、よく似た姿、生態のフリチア属(genus Frithia)があります。
小さめのフェネストラリアという姿ですが、夏型(夏に水をやる)なので、
管理はまるで異なります。

でも、いったいなぜ葉っぱの先っぽだけが透明な窓になっていて、そこから光を取り込む
必要があるんだ?と思う人も多いと思います。実は多くのレンズ植物、窓植物は、
自生地では栽培下とはまったく異なった状態で生育しているのです。




resize3803.jpg

resize3807.jpg




上の写真は、自生地でのフェネストラリアの姿です。
と言いたいところですが、実際は栽培環境を自生地の状態に近づけてみたものです。
植物体のほとんどは砂の中に埋まっていて、「窓」の部分だけが地表に覗いています。
じつは、多くの「窓植物」は、暑熱や乾燥の過酷な環境から植物本体を守るために、
地中にからだをうずめ、地表にちらりとみえる窓の部分から光をとりこんで暮らしているのです。
リトープスや、窓のあるコノフィツム、ハオルチアなども、自生地では土中にあらかた埋まった
状態で生きています。なので、根元から見えているような鉢植えでの状態は、
ちょっと恥ずかしく思っているかも知れません。イソギンチャク状に育ったフェネストラリアの
姿はたいへん面白いですが、じつは鉢植えならではの不自然な状態ということになります。




resize3826.jpg

resize3832.jpg
                 Fenestraria rhopalophylla ssp.aurantiaca cv.'Fireworth'




実際、リトープスでもハオルチアでも、一定以上の深さの鉢にうえて、長く育てていると、
いつのまにか球体は地中に埋没していきます。しかし、フェネストラリアは、植え替え時に
埋めても、いつのまにか立ち上がってきてしまう傾向があります。徒長しやすい、ということ
かも知れません。そもそも雨量のとても少ない地域に生えているので、栽培するうえで
念頭におくべきことは「水少なめ」。とくに夏の休眠時期の水やりはとても危険で、腐敗に
繋がります。成長期も水やりは2週に1度程度でよく、多いと身割れが生じやすい。
夏の断水期を乗り切る上では、直射日光にさらすより、おそらく埋めたやった方が有利
だと思います。野菜のように根際から露出させるのは避けた方が無難です。

余談ですが、リトープスやハオルチア、また塊根植物などでも、日本で栽培する場合は
埋めると腐りやすい、という説明をよく見かけます。しかし、私の経験ではそうしたことは
滅多にありません。お芋は埋めたほうが元気に形よく育つし(鑑賞はできませんが・・・)、
リト、コノも変な時期に水やりなどしなければ腐ることはないと思います。




resize3830.jpg




フェネストラリア、透明な窓も美しく花も豪華なのに思いのほか普及していないようです。
休眠期は水を切り、成長期にはよく陽に当てる。気立ての良い植物なので、栽培場に、
ナミビア海岸沙漠のジオラマを是非作ってみてください。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

もっと、コノフィツム!

     
最近、日本ではコノフィツムを育てる人が少なくなったんじゃないか、と思うことがあります。
かつては、多肉のど真ん中で、いまのエケベリア、ハオルチアに勝るとも劣らない人気でした。
しかし、インスタグラムなど眺めていても、「#多肉」で圧倒的に数多く出てくるのはエケベリア。
ハオルチアやコーデックスに比べても、コノフィツムはじめ、メセン類をポストする人は少ない様子。
といっても、韓国・中国からのポスト数はかなりあるので、日本では人気を失っているのかな、と。




resize3501.jpg
               Conophytum pellucidum ssp.pellucidum SB1059 East of Soebatsfontein
resize3539.jpg
               Conophytum irmae B&H2318 West of Anenousberg
resize3492.jpg
               Conophytum ectypum ssp. ectypum LAV29584 5km South of Umdaus



その理由を推察すると、ひとつは栽培が簡単ではないということ。秋~春が成長期で、この期間に
じゅうぶんな日照を確保する必要があり、風通しも求めることから、置き場所をかなり選びます。
また、ガーデニング、インテリア的な視点からは、どの植物も小さすぎて、生活空間に飾るのには
あまり適していないこと。環境が悪いとすぐに徒長したり腐るので、展示販売型の業者さんは
敬遠する傾向もあるでしょう。さらに昨今の関東関西の平野部では、夏の暑さがひときわ厳しくなり、
そもそも夏越しが難しくなっています。




resize3519.jpg
               Conophytum burgeri SH409 Aggeneys
resize3548.jpg
               Conophytum maughanii PV201 East of Eksteenfontein
resize3473.jpg
               Conophytum maughanii M1430.411 East of Pofadder



しかし、コノフィツムについて、昭和の時代から日本の栽培家は、世界に先駆けて新種を導入し、
繁殖させる知識と技術を持っていました。有名なブルゲリも、いち早く栽培法を確立して饅頭ほどの
巨大サイズに育てる名人が続々現れました。信州で数多作出された渦巻咲きなどの美花改良種は、
世界にも類を見ません。コノフィツムは、白点の美しい兜や玉扇・万象と並んで、多肉園芸における
「日本のものづくり」の象徴的な存在だったのです。それがいまや、日本で育てられる人がいなくなり、
韓国中国のコレクターのもとにどんどん流出しているのは、なんとなく寂しい気がします。




resize3481.jpg

resize3482.jpg
               Conophytum obcordellum 'ursprungianum' TS603 Lokenburg
resize3485.jpg

resize3488.jpg
               Conophytum cubicum NE of ksteenfontein(TL)               



コノフィツムの楽しみ方は、多くの種類や産地ごとの顔違いなどを集めて、コレクションしていくと
いうのがメインになると思います。ただ、ハオルチアのようにタイプの良否で選んでいくというより、
それぞれの趣味家が自分の好みを追求する傾向が強い。しかし、生産業者も時間とコストをかけて
多品種を育てて揃えるのは大変なので、基本はアマチュアの栽培家が自分で種から育てる園芸でした。
著名なハマー氏は、アマチュア出身の研究者兼栽培業者で、彼のような人たちが自生地を訪ね歩き
新種を次々導入しました。英国のアマチュア団体、MSG(メセンスタディグループ)も年に一度、
そうした種子の配布をしていて、これを目当てに会報を購読するのもセオリーでしたね。
米国の種専門業者、メサ・ガーデンが多種多量の種子をラインアップしていて、私にとってはこれが
最大のソースでした。いずれにしても、お金をかけるより、知恵を絞って時間と手間をかけないと
楽しめない園芸なので、ほんとに植物マニアっぽい人たちの世界でもあったと思います。




resize3532.jpg




ところが、そうした牧歌的なコノフィツムの世界も、じつは大きく様変わりしてきているようです。
先に日本では昨今不人気かも、と書きましたが、先日の某オークションをのぞいてみたところ、
ちょっとビックリするような価格(しかも入札されている)で、かつての市場価格の数十倍くらい。
これはどうやら国外、おもに中国・韓国の趣味家のニーズを反映したもののようで、去年あたりは
粒紋系の一部くらいが異様な高値をつけていたのが、ことしはさらに幅が広がっています。
メサガーデンも今年から園主がかわり、コノフィツムの種子はかつての5倍くらいに高騰しました。




resize3475.jpg

resize3476.jpg
               Conophytum obcordellum 'ursprungianum stayneri' RR992 North of Ceres



そんな状況ゆえ、コノフィツムは入手難となり、気軽に育てるのはかなり難しくなってしまいました。
サボテン、多肉、ソテツに塊根、熱帯植物・・・長くいろいろな植物とつきあってきましたが、コノフィツムは
鑑賞の面でも、栽培技術の面でも、栽培者に知的な想像力を求める、とても奥行きのある仲間です。
小さくて栽培面積もとらないし、種から増やせるので万金を投じて完成品を集める植物ではありません。
人気が集中する種類は種子も入手難なので、多様な個性のなかから、自分だけのお気に入りを探して
育ててみるのがよいやり方かなと。私も、いま手元にある植物を大事に継代していきたいと思っています。












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる