アガヴェの転生。


朝に紅顔あつて世路に誇れども、



IMG_2429bSS.jpg

IMG_2443S.jpg



暮に白骨となつて郊原に朽ちぬ・・・。



IMG_6158S.jpg



すっかり秋です。早暁の露を踏めば、肌寒さに思わず我が身を抱きたくなるような日々です。
去りし日、天を突いて黄金の花穂を高々とかざしていた
アガベ・エボリスピナ(Agave utahensis ssp. eborispina)。
これはつい数日前の、その姿。花が咲いてしばらくの間はロゼットの中心部に青みを残していましたが、
灼けつく夏の日々を過ぎてみれば、まさに白骨。わずかの水気もない変わり果てた姿になりました。



IMG_6162S.jpg

IMG_6172S.jpg



数え切れないほど沢山の花をつけていた立派な花穂には、懸命の指先授粉の甲斐あってか膨らんだ果実が多くありました。
しかしそれらも、いつしかポロポロと脱落してゆき、かろうじて残ったのは僅かこれだけ。
かつて自生地で見たユタエンシスの花筒には、熟した実(といっても、こんな乾いたやつですが)が
ビッシリくっついていました。やっぱり別クローンの花粉がつかないと、正常な果実は出来ないようです。
となると、なんとか形だけは稔ったこの果実にも、いったいどれだけの種が入っているのか。
しかもちゃんと熟した発芽可能な種がどれだけ入っているのか。



IMG_6179S.jpg

IMG_6180S.jpg



慎重に果皮を剥がしてみると・・・。
中から出てくるのは、瓜の種みたいな、白くてペラペラした種子ばっかり。これは間違いなくシイナ(不稔種子)です。
なかに正常に発達した胚がないため、発芽しません。サボテンでも自家授粉ではこういう種が出来ることがよくあります。
でも、よく見ると、なかに黒い種がごく僅か、まじっているじゃありませんか。



IMG_6184S.jpg



紙みたいにぺラペラのシイナの山から、ひと粒ひと粒、黒くて正常そうな種子を選り分けていきました。
結局、ぜんぶで20粒。シイナとの比率は1:25くらいでしょうか。おそろしく歩留まりの悪い結実状況です。
やっぱりこのアガベは限りなく自家不稔性と考えるべきなのでしょう。見かけはまともなこれらの種子も、
果たして本当に発芽能力があるのかどうか・・・。

このエボリスピナ、前にも書いたように、とっても素敵なタイプの株だったのです。
刺の長さこそ、超長刺という訳ではなかったですが、象牙色の縁刺が葉の全周をとりまいて、エボリらしいエボリでした。
のちに自ら原産地を訪ねたときにも、これほどの株は見られませんでした。なんとか、遺伝子を残せなかったものか・・・。
花など見たがらずに、花筒が伸びきらないうちにバッサリ刈っておけば、たぶん脇芽が得られただろうに・・・と、
後悔の念にかられつつ、刈れ株の根方に目をやると・・・



IMG_6190S.jpg






IMG_6186S.jpg



!!

思わず声が出るほど驚きました。ウソみたいなホントの話。
完全に朽ち果てた親株の根方から、極く小さな緑色のシュートが顔を覗かせていました。花が咲いている当時は
まったく見あたらなかったものです。遺伝的には当然、本体と同じものなので、エボリスピナは死んだ訳ではなく、
種子を散らしつつ、リサイズしただけ、ということになります。もっとも、私の想念に棲んでいた「死んだエボリ」を
再現するには、軽く20年はかかろうかと思いますが、それはそれ。遠い未来を想像するのは楽しくないこともない。

そして、シイナに埋もれていた黒い種も、試験的に1粒だけ湿った瓶のなかに転がして置いたところ、発芽しました。
枯れてしまう、ついえてしまう、絶えてしまう・・・と、愛培してきた植物との別れを嘆きつづけた数ヶ月でしたが、
生きものの摂理は我が妄執とは関係なく、淡々と輪廻の歯車を回していたのでした。





テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

Lonely Agave

ようやく満開を迎えました。

以前ご紹介した、我が家のアガベ・エボリスピナ(Agave utahensis ssp.eborispina )。
巨大なアスパラガスに、黄色い鈴を無数に吊り下げたような、不思議な花です。
でも、5月の澄んだ青空に、とっても映えます。
切り落とさずに咲かせてやって良かった、と思います。


IMG_2429bS.jpg


春先に、なんとなく成長点の様子がおかしいな、と気づいてから、ここまでふた月くらい。
その後、花梗はどんどんどんどん伸びて、ついには高さ2mあまり。軽く私の身長を超え、
先端部にはとても手が届きません。いっぱいに伸びきるまでは、蕾は硬く閉じたままでした。


IMG_6634S.jpg

IMG_1542S.jpg


そしていまは、我が家の前の通りを歩く人が、いったい何?と覗きこむくらい、目立っています。
花をアップで見ると、こんな感じ。


IMG_1922S.jpg

IMG_2438S.jpg


ほとんど、雄しべと雌しべだけから成るような花です。
展開したばかりの雄しべには、花粉が着いていませんが、数日経つと、触れた指先がまっ黄色に
なるくらい、花粉が充溢しています。これが遠目にも、陽光にキラキラ輝いて美しい。
香りはあまり感じませんが、蜂がけっこう集まってきます。でもおそらく、我が家の周辺に開花中の
エボリスピナが他にあるとは思えないので、彼らも花粉の運び屋さんとしての仕事は果たせないでしょう。


IMG_1913S_20110526141601.jpg


全体としての様子はこんな感じです。我が庭では狭すぎて、全体を画面に納められるほど、
植物と距離をとることが出来ません。よって道路に運び出して撮影したため、なんだか野暮ったい写真に
なってしまいました。縮尺感がつかみにくいですが、アガベ本体のロゼットは、差し渡し40cmほど。
重心が不安定で、長い竿が風になぶられるたびに、株もとまで一緒にグラグラと揺れています。

エボリスピナの花梗は、小型アガヴェとしてはかなり長い部類だそうで、縁結びの虫たちを少しでも
沢山集めようという必死の思いが形になったものと言えそうです。


IMG_2463S.jpg


立派な花を咲かせる一方で、精力を吸い取られた植物本体はみるみるやせ衰え、
下葉から枯れこんできています。花が終わったあと、生き長らえることはないでしょう。
この株は十年くらい前にまとまって入荷した株を購入したもので、幾度か脇芽が出たと思いますが、
見てくれが悪いのでごく小さいうちに掻き取ってしまっています。
今回、花梗があがってきた段階で、これを切断すれば沢山の仔が得られたと思いますが、
なんだか可哀想に思えて、それに開花にあたって子を出すかも知れないという期待もあって、
咲くに任せました。しかし、結果は仔吹き皆無。もちろん花仔の類もありませんでした。
象牙色に厚く縁取られた刺姿が実に風格ある株だったので、これで絶えるのは残念です。


IMG_2434S.jpg


どうやら関東では、まもなく早い梅雨入りを迎えそうです。
エボリスピナの故郷、ネヴァダの灼けた岩山では、長い雨降りの日々など考えることも出来ないでしょう。
あと幾日保つのだろう、という5月の青空の下で、この黄金色に輝く花を眺めていると、
一世一代の大花火を唯ひとり打ち上げて逝く姿に、哀れを感じそうになる瞬間もあります。
でも、余計な感傷はよしてくれ、という声が聞こえて来るような気がしないでもありません。
目の前では、黄金色の花穂が、音もなく風に揺れている。

身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留置ましアガヴェ魂。



テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる