FC2ブログ

つかの間の春。

 
 すっかり春らしくなってきて、栽培場ではいろいろ動きが出てきました。多肉ハウスではバビアナ(Babiana rubrocyanea)が咲いていました。ここはメセンやケープバルブ、冬型コーデックスなどを中心に置いているので、秋から春が賑やかです。といっても、厳寒期はちょっと動きが止まり、春先のこの時期にまた一瞬だけ動きが出てきて、花が咲いたり、結実したり。つかの間の春です。




resize5419.jpg
     Babiana rubrocyanea
resize5424.jpg
     Haemanthus with fruits




 実は、例の珍奇植物本「ビザールプランツと生きる」の作業がけっこう忙しくなっています。私が主に担当しているのは、サボテン科(カクタス)、メセン類(コノフィツム・リトープス)、ケープバルブなど。あと、アロエ、アガベやユーフォルビア、パキポをはじめとするコーデックス類にも関わっています。やることは、載せる写真のセレクトをしたり、ライターさんが書く説明文の内容を確認したりですが、けっこう煩雑なもんですね。
 とにかく「珍奇植物」ならなんでも盛り込むというコンセプトなので、各科各属の人気種だけでなく、魅力的なもの、変わったもの、あまり見かけないものもピックアップしています。サボテン多肉とその仲間といっても幅広いので、沢山のドアを用意して、読者の方に次々と開けてみてもらう。そこで「面白い」と思う植物があったら、おのおの深堀りしてもらればいいかなと思っています。そんなわけで、入門書なのにマニアック、という不思議な本になりそうです。




resize5422.jpg
     Dudleya brittonii
resize5420_20190323221806eef.jpg
     Kumara haemanthifolia (Aloe haemanthifolia)




 そんなこんなでブログはお休みしようかとも思ったのですが、言ってみれば本のほうもこのブログのスピンオフみたいなところもあります。なので、本末転倒にならないよう、しっかり書かなきゃと思い直しました。今回は春のハウスの雑感。動き始めたサボハウスじゃなくて、あえて休眠前の多肉棟にしました。乱雑にしているので、栽培場の写真はいつもあまり載せないのですが、草ぼうぼうの感じも面白いかなと割り切って紹介します。
 ダドレアはいまが一番元気で、花梗を盛んにあげてきています。カリフォルニアの海岸あたりに生えているダドレアは、明確な冬型植物です。夏はどうしても傷むので、いまから5月くらいがいちばんきれいですね。この仙女盃は勝手に種がつくので、ことしは採ってみようかなと。同じように、アロエのハエマンティフォリア、ポリフィラといった種も、この時期がいちばん元気です。ハエマンの花があがってきたら、是非種を採りたいと思っているけれど、今年はどうか。なかなか咲かない種類です。そういえば、この種はアロエ属の再編でクマラ属(Kumara)に移されています。いまのところ、アロエの方が馴染みが良いですけどね。




resize5427.jpg
     various species of genus Bulbine
resize5418.jpg




 ここから先は眠るだけ、という種類も多い。先週もご紹介したメセンたちの大半は、今週末が最後の水やりになる見込み。これから約半年、ほぼ飲まず食わずで凌いでもらいます。ブルビネなんかは、いまこうして青々としていても、まもなく、地上からは影も形もなくなってしまう。秋にちゃんと起きてくるのか、まいど気をもむ植物です。まもなく、このハウスには50%の寒冷紗をかけて、サイドも全開にして、極力涼しい環境をつくって夏を待つことになります。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
メセンの夏越し参考になります。
当方でもプサモフォラや霊石をなんとか生かそうと
やっきになっていますが中々上手く行きません。
冷蔵庫やワインセラーに入れる、6月は乾燥剤を近くに置く、
朝晩入れ替えの保冷剤と発泡スチロールに同居、
サーキュレーターを使う、二重鉢にする、
台所用水切りに軽石と鉢を同居させ水を軽石に吸わせ気化熱を利用する、
いっそのこと株に自分で超えせるために成長期に肥培する、
夏も遮光や壁からの反射光などでできるだけ光合成効率を上げる、、、

クールオーキッドや山野草の方々の方法からも
学ぶなどしておりますがどうしてもダメで意気消沈です(>人<;)
帝玉すら溶かしてしまいます。

違う植物を同居させられるshabomaniac様をはじめに
名人や「仙人」の偉大さを改めて思い知り尊敬しかありません。
雑誌の編集お疲れ様です。

No title

いつも拝見させていただき、勉強させてもらっています。本が出版されましたら是非購入したいと思います。今私のベランダでは今年抜き苗で購入したペラルゴニウムトリステとアボニアクイナリアがいます。この時期に少しは成長の兆しがみえてくれると良いのですが、、。冬型塊根が未発根or発根不十分の状態で夏越しをするにはどうしたらよいでしょうか?アドバイス頂けると幸いです。

No title

インスタよりもしっかり書き込んでくださるので、いつも勉強になります。
本、とっても楽しみです。
園芸自体が初心者なんで、見たこともない植物に出会うのはワクワクものです。
メセンの夏越しですが、最近はみなさん水やりするようですよね。
水を上げないからこそ枯れるんだというのが定着してるみたいですが、
shabomaniacさんは水断ちで成功されてますよね。
初心者としてはどうしたらいいの??って感じです。
3年以上のブルゲリとこの秋に蒔いたばかりの実生苗でも同じ扱いをしていいんでしょうか?
メサのせいで新たな種子も入手困難なため、今あるものをなんとか守りたいです。
あと、わたしもつい先日コノパラからコノフィツムを購入してしまったので、
春の植えつけがとっても不安です。ご教授お願いします。(o*。_。)oペコッ

No title

Shabomaniac!さん、こんばんは。桜の季節ですね。
近所のソメイヨシノはこのところの寒の戻りで急ブレーキがかかってしまいました。

いっぽうハウスでは、冬型球根のうち気の早いヤツは既に葉を落とし、
完全に休眠態勢に入ってます。
理由は判りませんが、今年はメセンやペラルゴも休眠も早いようで、
例年だと四月末から始める遮光を今年は早めにしようと準備をしています。

珍奇植物本、「入門書なのにマニアック…」というあたり、
いかにもShabomaniac!さんらしくて楽しみです。早く5月にならないかな。

ちなみに私は、夏の玉型メセンは実生一年苗を除き基本は断水派で、
気が向いたときだけ鉢底をちょっとだけ水に浸します(月に1~2回)。
実生小苗はときどき頭からさっと灌水してます。
プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。著書:
「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」
(日本文芸社)
「多肉植物サボテン語辞典」
(主婦の友社)

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
Google自動翻訳
自動WEBサイト翻訳(多言語)
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる