新刊書 'Wild Lithops'


resize3602.jpg
                   new book  'Wild LIthops' by Mr. Harald Jainta 


    
話題の新刊「 Wild Lithops 」(著者 Harald Jainta氏 英文) が手元に届きました。
サボテン・多肉植物に限らず、植物関連のモノグラムとしては久々の大著で、約500ページ、写真は2000枚。
10年以上前に出たコール氏の本をしのぐボリュームです。書籍そのものは1万円少々で内容に鑑みれば
相応と感じますが、なにしろ2キロ以上ある重たい本なので、送料も同じくらいかかった。
よく考えれば、少し時間を要しても船便で送って貰えば良かったかなと。以前、島田保彦さんの著書
「生ける宝石リトープス」を買いそびれたので、ちゃんとしたリト本は是非とも欲しかったのでした。
で、届いた箱を早速開封してみると、手にずっしり。読破するまで何ヶ月かは楽しめるなと思いつつ、
先出しのレビューです。




resize3604.jpg
                    
resize3607.jpg
                      All pictures in this book were taken in habitat



ぱらっとめくって見てまず気づくのは、掲載された写真のほぼすべてが自生地で写された植物であること。
ちょっと考えればわかりますが、まとまった栽培品のコレクションを、温室でばばばっと撮るのとは訳が違って、
一種一種、それぞれの自生地を訪ねて、広大な南アフリカを旅しながら撮影された写真ですから、
かかっているコストが違います。著者は、十数年を費して16回の自生地旅行を重ね、その成果として
この本を出版したのだそうです。知られているほぼ全てのリトープスが写真つきで紹介されており、
それらはすべて野生下の植物です。また、自生地を訪ねリトープスを探し歩く過程も丁寧に語られていて、
ある種の植物ロードムービー的な面白さもあります。著者が地面に這いつくばり、リトープスと同じ目の高さで
カメラを構えている姿を思い浮かべると、何とも言えない親近感を覚えてしまいます。
リトープスの分類についても、新たな考え方を提示していて、これも今後さまざまな議論を呼び起こすでしょう。




resize3598.jpg

resize3597.jpg




リトープスの最大の魅力は、複雑で多岐にわたる窓模様の変化ですが、その色彩や紋様が、どのような
自生環境に育まれたのか、種の個性と背景にある物語を、この本は数多くの写真で雄弁に伝えています。
実際、ページをめくると、地形、地質、気候、植生、想像を超える多様な環境に彼らが適応していることに
驚かされる。何枚かの写真では、リトープスがいったいどこに写っているのか、一見してわかりません。
自生地の砂礫に、いかに巧みに擬態しているかということですね。
また、例えば紫薫(Lithops lesliei)の仲間が生えているのは背の高い草も茂る丘陵地です。その地域の
年間降水量は500ミリ以上。写真を見ると、こんなところにリトが生えているのか、と少し驚かされます。
かたや大内玉(L.optica)が分布するのは降雨のほとんどないナミビアの、草木も生えぬ砂の荒野。
この二種の自生地写真を見比べれば、前者の栽培が容易で、後者が難しい理由が一目瞭然です。
そうした意味では、リトープスひとまとめの栽培法解説よりは、よほど得るべき情報が詰まっていると
言えるでしょう。




resize3588.jpg
                 Lithops helmutii from NE Steinkopf (cultivated ) 
resize3590.jpg
                  Lithops hallii SH1353A Zwaartst (cultivated )




一方、タイトル通り「野生のリトープス」に拘った本なので、上の写真のような鉢植えの植物は対象外です。
栽培種として人気があるカラフルな色変異リトープスたちも一切登場せず。あくまで大地の色に染められた、
原種オンリーの世界。自生地の環境から栽培特性を推察することは出来ますが、水やりに土作り、飾り方、
といった栽培ガイドは一切ありません。やはりあくまで、「生きる石リトープス」の存在そのものに
興味と愛着を抱く人のための本と考えた方が良さそうです。逆に言えば、育てない人でも楽しむことが出来る。
もうひとつ特筆すべきことは、この大著を物した人物、Harald Jainta氏が、学者でも営利栽培業者でもなく、
南アフリカに住んでいるわけでもない、一愛好家、アマチュア研究者だということです。プロフィールには、
ドイツの製薬関連企業でマネージャーを務めていると書かれていて、1963年生まれですからまだリタイア前の
世代です。企業勤めで働き盛りの年代から、これだけの大旅行を重ねられるのは、欧州の文化的な豊かさが
あってのことだなぁと、若干羨望の気持ちを抱いてしまいます。いずれにせよ、産業的価値のないサボテンや
多肉植物についてこれだけ突っ込んだ探求を形にしていくのは、アマチュアの熱意しかなく、園芸的興味の
発展形として、こういうあり方が日本でも広がるといいな、と思いました。




resize3605.jpg




ほんとうは、彼のようにナミビアやケープを旅してまわりたいけれど、それもままならぬ身としては、
まずは暖房の効いたリビングのソファーで、生きる石たちの故郷を旅してみることにします。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

サルコカウロン・ムルチフィズム(モンソニア・ムルチフィダ)。


サルコカウロン・ムルチフィズム(Sarcocaulon multifidum)。
月界という、風流な和名があります。最近は、Monsonia multifida という学名が
国際標準になりつつありますが、日本では旧い名前のほうが通りが良いようです。
樹脂を多く含みよく燃えるので、現地ではブッシュマンの蝋燭などとも呼ばれます。

このムルチフィズム、冬型コーデックスの中では、昨今随一の人気種でしょう。
朽ち果てた骨のような幹から、産毛をまとい海藻を思わせる繊細な葉を生じます。
枝打ちする樹形は個体ごとに異なるので、同じ種であってもまるで違う表情を見せます。
花は大輪で数多く咲き、薄紙のような花弁は、光を透してきらめく美しさです。
その姿は、ほかのどの植物にも似ておらず、草木をあまり知らない人でも目を留めるほど。
珍しいだけでなく、人の感性のどこかに響いてくる、そんな独特の魅力があるからでしょう。




resize3559.jpg

resize3558.jpg

resize3555.jpg
                 Sarcocaulon multifidum = Monsonia multifida




ここ数年、多数の野生株が導入されていて、その姿に魅せられた多くの人が手にとり、
さまざまな環境のもとで栽培していると思われます。秋から春のあいだに成長する冬型種で
あることを念頭に栽培すれば、それほど難しくないという印象を受けるかも知れません。
枯れ木のような外見ですが、悪名高いオペル・パキプス等に比べれば発根しやすい方で、
採取移送時に激しいストレスにさらされた株でなければ、まずまず活着してくれる。

しかし、長く栽培していると、この植物の気難しさをだんだん感じることになると思います。
積極的に成長させようと水をやり過ぎると、新しく伸びてきた枝が徒長し細くなってしまう。
といって、極端に水を少なめにして管理すると、数年をかけて徐々に衰弱していく。
この種の近縁種で、いまや宝物級の扱いになっているペニクリナム(S. peniculinum)など、
かつてはかなりの量が輸入されたはずなのに、いま、ほとんど残っていないことが、
野生個体を長期栽培することの難しさを如実に示しています。




resize3575.jpg

IMG_2911.jpg
                  Feather like new leaves early in Autumn




ムルチフィズムの自生地は、南アフリカとナミビアの境界を流れる、オレンジ川河口付近に
ひろがる海岸沙漠です。ほとんど雨の降らない砂礫の平原で、直射日光を遮るものはなく、
たえず空気が動いています。海流の影響を受けるため気温変動は比較的穏やかで、
海霧が侵入してくる地域もある。このあたり、チリ・アタカマ沙漠のサボテン、コピアポア属の
自生環境にも通じます。

さて、この植物を栽培するうえで、理想の環境とはどういうものか。
まず、冬型種ゆえに寒さには比較的強いですが、と言って極寒を好むわけではありません。
氷点下近くまで下がるのは好ましくないし、冬でも昼間の最高温度は20度以上にしたい。
太陽光線には終日あてて、出来ればガラス越しでない方が良い。一日中風にもあてたい。
夏場も、連日の猛暑日熱帯夜は避けて、涼しくて風通しの良い場所で休ませる。
これを日本で実現するのはかなり難しいですが。私の経験では、サルコカウロンが枯れるのは、
だいたい夏の休眠期の間です。夜も気温の下がらない、蒸し暑い日本の夏を越えられず、
秋になっても目覚めることなく、本当の枯れ木になってしまうのです。




resize3579.jpg

resize3583.jpg

resize3586.jpg




もちろん、同じエリアに生えるコノフィツム等の多肉植物が、日本の環境に適応して育って
いることからも、栽培が不可能なわけではないでしょう。とくに、実生から育成した苗は根が
しっかり発達することもあり比較的丈夫なようです。山木を入手した場合は、自生地の環境を
想像しながら、できる限りそこに近づけることが大事だと思います。とはいえ、100%は実現
出来ませんから、多少徒長することがあっても、成長期に株を充実させて夏を越える体力を
養うことが必要です。かつて、輸入時の姿を維持しようと、ストイックに管理しすぎたために、
次第に衰えついに枯らしてしまった経験から、今は毎シーズン枝が1cmくらいは伸びるような
育て方を心がけています。できるだけ徒長しないように、終日直射日光にあて、風通しよく、
かつ夜は寒がらせないようにも気をつかっていますが、それでも、上の写真の株のように、
国内で育った枝は少し細くなっています。ですが、ちゃんと動いている株であれば、怖れずに
夏の休眠期を迎えられるでしょう。




resize3568.jpg




現在、数多くの野生株が日本に入ってきていますが、最初の1シーズンは良いとして、
3年先5年先にどのくらい維持されているか。いま元気に動いているように見える植物も、
実はストレスをためているかも知れません。なるべく彼らの故郷に近い環境を用意してやり、
折々の表情をよく見てやって下さい。
我が家にも十年以上育てているペニクリナムや、ムルチフィズムの山木があります。
しかし、これらが自生地で育まれた年月は、その数倍には及ぶでしょう。
思わず手をあわせたくなるような貴重な植物です。長く元気に過ごさせてやりたいと思います。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

もっと、コノフィツム!

     
最近、日本ではコノフィツムを育てる人が少なくなったんじゃないか、と思うことがあります。
かつては、多肉のど真ん中で、いまのエケベリア、ハオルチアに勝るとも劣らない人気でした。
しかし、インスタグラムなど眺めていても、「#多肉」で圧倒的に数多く出てくるのはエケベリア。
ハオルチアやコーデックスに比べても、コノフィツムはじめ、メセン類をポストする人は少ない様子。
といっても、韓国・中国からのポスト数はかなりあるので、日本では人気を失っているのかな、と。




resize3501.jpg
               Conophytum pellucidum ssp.pellucidum SB1059 East of Soebatsfontein
resize3539.jpg
               Conophytum irmae B&H2318 West of Anenousberg
resize3492.jpg
               Conophytum ectypum ssp. ectypum LAV29584 5km South of Umdaus



その理由を推察すると、ひとつは栽培が簡単ではないということ。秋~春が成長期で、この期間に
じゅうぶんな日照を確保する必要があり、風通しも求めることから、置き場所をかなり選びます。
また、ガーデニング、インテリア的な視点からは、どの植物も小さすぎて、生活空間に飾るのには
あまり適していないこと。環境が悪いとすぐに徒長したり腐るので、展示販売型の業者さんは
敬遠する傾向もあるでしょう。さらに昨今の関東関西の平野部では、夏の暑さがひときわ厳しくなり、
そもそも夏越しが難しくなっています。




resize3519.jpg
               Conophytum burgeri SH409 Aggeneys
resize3548.jpg
               Conophytum maughanii PV201 East of Eksteenfontein
resize3473.jpg
               Conophytum maughanii M1430.411 East of Pofadder



しかし、コノフィツムについて、昭和の時代から日本の栽培家は、世界に先駆けて新種を導入し、
繁殖させる知識と技術を持っていました。有名なブルゲリも、いち早く栽培法を確立して饅頭ほどの
巨大サイズに育てる名人が続々現れました。信州で数多作出された渦巻咲きなどの美花改良種は、
世界にも類を見ません。コノフィツムは、白点の美しい兜や玉扇・万象と並んで、多肉園芸における
「日本のものづくり」の象徴的な存在だったのです。それがいまや、日本で育てられる人がいなくなり、
韓国中国のコレクターのもとにどんどん流出しているのは、なんとなく寂しい気がします。




resize3481.jpg

resize3482.jpg
               Conophytum obcordellum 'ursprungianum' TS603 Lokenburg
resize3485.jpg

resize3488.jpg
               Conophytum cubicum NE of ksteenfontein(TL)               



コノフィツムの楽しみ方は、多くの種類や産地ごとの顔違いなどを集めて、コレクションしていくと
いうのがメインになると思います。ただ、ハオルチアのようにタイプの良否で選んでいくというより、
それぞれの趣味家が自分の好みを追求する傾向が強い。しかし、生産業者も時間とコストをかけて
多品種を育てて揃えるのは大変なので、基本はアマチュアの栽培家が自分で種から育てる園芸でした。
著名なハマー氏は、アマチュア出身の研究者兼栽培業者で、彼のような人たちが自生地を訪ね歩き
新種を次々導入しました。英国のアマチュア団体、MSG(メセンスタディグループ)も年に一度、
そうした種子の配布をしていて、これを目当てに会報を購読するのもセオリーでしたね。
米国の種専門業者、メサ・ガーデンが多種多量の種子をラインアップしていて、私にとってはこれが
最大のソースでした。いずれにしても、お金をかけるより、知恵を絞って時間と手間をかけないと
楽しめない園芸なので、ほんとに植物マニアっぽい人たちの世界でもあったと思います。




resize3532.jpg




ところが、そうした牧歌的なコノフィツムの世界も、じつは大きく様変わりしてきているようです。
先に日本では昨今不人気かも、と書きましたが、先日の某オークションをのぞいてみたところ、
ちょっとビックリするような価格(しかも入札されている)で、かつての市場価格の数十倍くらい。
これはどうやら国外、おもに中国・韓国の趣味家のニーズを反映したもののようで、去年あたりは
粒紋系の一部くらいが異様な高値をつけていたのが、ことしはさらに幅が広がっています。
メサガーデンも今年から園主がかわり、コノフィツムの種子はかつての5倍くらいに高騰しました。




resize3475.jpg

resize3476.jpg
               Conophytum obcordellum 'ursprungianum stayneri' RR992 North of Ceres



そんな状況ゆえ、コノフィツムは入手難となり、気軽に育てるのはかなり難しくなってしまいました。
サボテン、多肉、ソテツに塊根、熱帯植物・・・長くいろいろな植物とつきあってきましたが、コノフィツムは
鑑賞の面でも、栽培技術の面でも、栽培者に知的な想像力を求める、とても奥行きのある仲間です。
小さくて栽培面積もとらないし、種から増やせるので万金を投じて完成品を集める植物ではありません。
人気が集中する種類は種子も入手難なので、多様な個性のなかから、自分だけのお気に入りを探して
育ててみるのがよいやり方かなと。私も、いま手元にある植物を大事に継代していきたいと思っています。












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる