FC2ブログ

野生種にこだわったサボテンの本。


 すっかり春です。園芸家にとっては朝から晩まで温室で過ごしたい季節ですが、監修役を引き受けた植物の本の仕事で、原稿書きにゲラチェックと、やることが山積み。温室作業よりパソコンにかじりついている時間が長くなっています。ほとんどのサボ・多肉たちには、この春まだ2回しか水やりをしていません。しかし、主のそんな態度にもかかわらず、植物たちは新刺をあげ、花を咲かせ、春を謳歌しているようです。サボテンや多肉植物の多くは、根が健全ならば一度の灌水でしっかり吸水し、活発に動き出します。




resize5480.jpg
   Parodia uebelmannianus WG166 Corredor Collares, Rio Grande do Sul, Brazil
resize5469.jpg
   Echinocereus viridiflorus M282.03 Kansas, USA
resize5473.jpg
   Echinomastus laui SB525 Salinas,SLP,Mexico



 私が関わっている本とは別に、今月発売されたサボテンの専門書があります。「カクタスハンドブック 原種サボテンを楽しむ(双葉社)」という本で、著者の山本規詔さんとは以前から色々やりとりをさせて戴いていて、今回も本を送っていただきました。プロの園芸家として植物園などの植栽を手掛けたり、球根のネリネ(ダイヤモンドリリー)をはじめ様々な植物の育種も手がけている方です。一方で、子ども時代からの熱心なサボテンマニアとして、あらゆるカテゴリーのサボテンを種子から育成しています。これまで、一緒に種を輸入したり、あるいは戴いたり交換したりといった交流があって、私のところにも山本さん印の貴重な素晴らしい植物がいくつもあります。ちなみに、1枚目の写真のスミレ丸(Parodia uebelmannianus)は、普及品といわれるけど、どうしてもフィールドナンバーのついた産地のわかる苗が欲しいよね、という点で一致して(こんな感性を共有できる人、ほかに知りません)、一緒に種を輸入したものです。その彼が書く本ということで、開く前から期待大でした。




resize5453.jpg

resize5456.jpg
   new cactus book 'CACTUS HANDBOOK' by Noriaki Yamamoto, my friend.



 その名のとおり原種サボテンの美しい図鑑です。帯には“原産地にこだわった野生サボテン300種”とあって、こうした本は他にないので貴重です。平成以降の日本でサボテン園芸といえば、兜やランポー玉、牡丹類に斑入りギムノと、園芸的に選抜された特定の種を集めるのが主流になりましたが、その網に漏れた様々なサボテンたちが、ここではしっかり紹介されています。実際、私が子どもの頃には、多種多様なサボテンや多肉植物が輸入されていて、愛好家にもとにかく色んな種類を集める、というタイプの人が結構いました。そういう人の栽培場は、おもちゃ箱のように多彩な植物が詰め込まれていて、整然と同じ種類が並ぶ昨今のサボテンハウスとは趣きがまるで異なるパラダイスでした。この本には、そういう目がクラクラするような魅力がたくさん詰まっています。




resize5459.jpg

resize5461.jpg




 山本さんの許可を頂いて、本の中身を少しだけ紹介しちゃいます。たとえば人気のコピアポア。5ページにわたって14種が写真つきで紹介されています。黒王丸のほかにもこんなに色々魅力的な種があること、皆さんは知っていますか。もうひとつ凄いなと思うのは、掲載されているおそらく全ての株が、このコピアポアを含め種子から育成された標本であること。その大半が山本さんの卓越した栽培技術によるものと推察されます。もちろん、いわゆる人気種だけでなく、あまり知られていない柱サボテン、ウチワサボテンなどにもしっかりページが割かれていて、多くの人にとって“新しい出会い”がたくさん詰まっている本だと思います。


 ちなみに、私がかかわっている方の本、「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」は、連休明け頃に刊行される見通しです。なんというか、私の雑食性が反映されていて、サボテンや多肉はもちろんですが、それ以外の面白い植物も、何でもかんでも盛り込んだ本になっています。当然、各カテゴリーから取り上げる種数は必ずしも多くないのですが、セレクションはある意味偏っているし、キャプションも超マニアック、みたいな感じになりそうです。こちらもぜひお楽しみに。









 

テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

新種サボテンの初開花(Mammillaria bertholdii)。


 大事に育ててきた新種のマミラリアが、初めて開花しました。
播種から4年足らずで、植物本体はまだ2cmほど、花も3cmといったところですが、小さなサボテンにとってはなかなか見事な大輪です。



resize5430.jpg
     Mammillaria bertholdii(GCG10006 San Jose de Lachuguiri, Oaxaca)




 マミラリア・ベルソルディ(Mammillaria bertholdii)は、メキシコ・オアハカ州で2013年に発見され、翌2014年に新種として記載されました。名前は発見者のAndreas Berthold氏にちなんだものです。自生地は標高1500m付近の、疎らに木が生えるような岩山で、ほとんど地中に埋もれるようにして生えています。花が咲いていなければなかなか見つけにくそうで、最近まで人に気づかれなかったのもわかる気がします。




resize5433.jpg

resize5437.jpg
   flowering at 3years from seed, on its own root



 小型のサボテンで最大でも5cm程度、基本は単頭です。同じように軟質で刺の痛くないマミラリア、サボアエ(M.saboae)やテレサエ(M.theresae)に近い種と考えられていて、球体サイズにくらべて大輪の花は共通しています。この種の特徴としては、細長く突出した疣とワラジムシを思わせる刺がありますが、前者は同じマミラリアの新種のひとつ、ルエッティ(M.luethyi)とも似ています。また、後者の刺の配列は精巧殿(Turbinicarpus pseudopectinatus)や白子法師(M.pectinifera)を想起させます。また球体のてっぺんの部分は、アリオカルプスの黒牡丹(Ariocarpus kotschoubeyanus)のように平らで、自生地では頂面のみ露出しています。




resize5428.jpg
   Mammillaria saboae 'goldii'
resize5429.jpg
   Mammillaria luethyi
resize5428_2019040721473721e.jpg
    spines of Mammillaria bertholdii 
resize5442.jpg
   flower of Mammillaria bertholdii



 この種、発見から5年しか経っていないのに、それなりに普及していて、接ぎ木の苗は各所で見かけます。私は3年あまり前に、わずか5粒ですが、運よく種を手に入れることが出来て、実生しました。そのうち、発芽したのは3つ。太い根に支えられて地面に埋もれるペタンコな感じを再現したくて、接ぎ木はせずに播種から正木で作っています。初開花まで育ててみて、成長は遅いけれど、テレサエやルエッティなどよりも作りやすそうだなという印象です。外見だけ見ると、古くからある丈夫なマミラリア、明星(Mammillaria schiedeana)のちいさい版、みたいな雰囲気もあります。




resize5435.jpg




 ともあれ、種から育てた植物の初開花は、いつでも嬉しいものです。実はもう1本にも蕾があり、うまくいけば授粉も出来そうですが、この仲間はCryptocarpic fruit、つまり果実が植物本体に内包されたままで熟する植物として知られています。なので種子は本体が枯れるか、外科的に取り出すしか手に入れることが出来ません。そんな勇気はないので、殖やすのはまだだいぶ先になりそうです。きょうはそんなことをあれこれ考えながら、小さな植木鉢に顔を近づけて花見のひとときを楽しみました。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

つかの間の春。

 
 すっかり春らしくなってきて、栽培場ではいろいろ動きが出てきました。多肉ハウスではバビアナ(Babiana rubrocyanea)が咲いていました。ここはメセンやケープバルブ、冬型コーデックスなどを中心に置いているので、秋から春が賑やかです。といっても、厳寒期はちょっと動きが止まり、春先のこの時期にまた一瞬だけ動きが出てきて、花が咲いたり、結実したり。つかの間の春です。




resize5419.jpg
     Babiana rubrocyanea
resize5424.jpg
     Haemanthus with fruits




 実は、例の珍奇植物本「ビザールプランツと生きる」の作業がけっこう忙しくなっています。私が主に担当しているのは、サボテン科(カクタス)、メセン類(コノフィツム・リトープス)、ケープバルブなど。あと、アロエ、アガベやユーフォルビア、パキポをはじめとするコーデックス類にも関わっています。やることは、載せる写真のセレクトをしたり、ライターさんが書く説明文の内容を確認したりですが、けっこう煩雑なもんですね。
 とにかく「珍奇植物」ならなんでも盛り込むというコンセプトなので、各科各属の人気種だけでなく、魅力的なもの、変わったもの、あまり見かけないものもピックアップしています。サボテン多肉とその仲間といっても幅広いので、沢山のドアを用意して、読者の方に次々と開けてみてもらう。そこで「面白い」と思う植物があったら、おのおの深堀りしてもらればいいかなと思っています。そんなわけで、入門書なのにマニアック、という不思議な本になりそうです。




resize5422.jpg
     Dudleya brittonii
resize5420_20190323221806eef.jpg
     Kumara haemanthifolia (Aloe haemanthifolia)




 そんなこんなでブログはお休みしようかとも思ったのですが、言ってみれば本のほうもこのブログのスピンオフみたいなところもあります。なので、本末転倒にならないよう、しっかり書かなきゃと思い直しました。今回は春のハウスの雑感。動き始めたサボハウスじゃなくて、あえて休眠前の多肉棟にしました。乱雑にしているので、栽培場の写真はいつもあまり載せないのですが、草ぼうぼうの感じも面白いかなと割り切って紹介します。
 ダドレアはいまが一番元気で、花梗を盛んにあげてきています。カリフォルニアの海岸あたりに生えているダドレアは、明確な冬型植物です。夏はどうしても傷むので、いまから5月くらいがいちばんきれいですね。この仙女盃は勝手に種がつくので、ことしは採ってみようかなと。同じように、アロエのハエマンティフォリア、ポリフィラといった種も、この時期がいちばん元気です。ハエマンの花があがってきたら、是非種を採りたいと思っているけれど、今年はどうか。なかなか咲かない種類です。そういえば、この種はアロエ属の再編でクマラ属(Kumara)に移されています。いまのところ、アロエの方が馴染みが良いですけどね。




resize5427.jpg
     various species of genus Bulbine
resize5418.jpg




 ここから先は眠るだけ、という種類も多い。先週もご紹介したメセンたちの大半は、今週末が最後の水やりになる見込み。これから約半年、ほぼ飲まず食わずで凌いでもらいます。ブルビネなんかは、いまこうして青々としていても、まもなく、地上からは影も形もなくなってしまう。秋にちゃんと起きてくるのか、まいど気をもむ植物です。まもなく、このハウスには50%の寒冷紗をかけて、サイドも全開にして、極力涼しい環境をつくって夏を待つことになります。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる