FC2ブログ

ブーファン・ハエマンソイデス(Boophone haemanthoides)と、その亜種。

  
 今週ご紹介するのは、ケープバルブ。なんで今の時期に秋冬球根なんだ?と思うかも知れませんが、ちょうど花が咲いて、疑問に思って、調べたら、新たな発見があったからです。で、それがこちら、ブーファン・ハエマンソイデス(Boophone haemanthoides)。例の本、「珍奇植物 ビザールプランツと生きる」にも載せて貰った、わりと大きな標本株。端正なボトル型の球根から、秋から春にかけて出るパウダーブルーの葉は、ウェーブがかかったようでとても美しい。この写真は冬に撮影したもので、いまの季節は葉を落として休眠中ですが、花が咲くのは夏で、ちょうど今なのです。




resize5776.jpg
   Boophone haemanthoides in bloom




 それがこの花。すこしくすんだ白い花です。お茶の香りに、ふんわり甘さを加えたような、素敵なフレグランス。私の妻はジャスミンを超えてると絶賛してました。花姿はコンパクトにまとまって、ハエマンサスのような佇まいです。ブーファンといえば、もう一種ディスティカ(Boophane disticha-ブーファン・ディスティチャとも)がとても有名ですが、こちらは赤~ピンク花で、アフリカ南部の広い範囲に分布していて夏型と冬型の双方があります。葉も波打たないものが多い。太閤秀吉という愛称もありますが、歴史上の人物の頭部が思い出され、少し可笑しくなります。
 さて、このハエマンソイデス(Boophone haemanthoides)の方は、南西アフリカ~ナミビアに分布が限られ、すべて冬成長型です。花色はベージュ~白で、パウダーブルーの葉は概ね波打つ。ディスティカより珍重され園芸的には高級品として扱われます。ところがディスティカにも、葉が波打ったり青みがかる型があったりするので花を見ないと実は区別が難しい。で、この個体はやや地味な白い花が咲いたことで、ハエマンソイデスであることが明確に証明されたわけです。




resize355802.jpg
   It may be 'ssp.ernesti-ruschii'
resize5798.jpg
   flower having small bracts and shorter tepals, distinctive features for ssp.ernesti-ruschii




 ところが、ここでひとつ疑問が生じました。
 ハエマンソイデスには、実は2つのタイプがあります。ひとつは通常のハエマンソイデス(Boophone haemanthoides ssp.haemanthoides)で、もうひとつが、エルネスティ・ルスキーと呼ばれる亜種(Boophone haemanthoides ssp.ernesti-ruschii)です。このエルネスティは、当初はディスティカの変種として記載され、後にハエマンソイデスの下に移されました。このエルネスティは、そもそもはナミビアのWittputz近郊で標本が採集され、長らくその一か所にしか生えていない稀少植物とされてきました。栽培下ではウルトラ珍品で、たまにその名前で輸入される植物は、高価なハエマンソイデスよりもさらに数倍のお値段で、容易に手が出せるモノではありません。で、このWittputz産のエルネスティが基本種のハエマンソイデスとどう違うかと言うと、花の苞がとても短い。そしてブルーの葉はやや短くほとんど波打たない。さらに、栽培も難しいとされています。
 ここでもういちど、我が家の株です。この個体はそもそも、ハエマンソイデスの名前で輸入された株で、おそらくは山木です。ところが、今回咲いた花を見ると、苞はごく短く小さく、花は露出していて、これはエルネスティの特徴に合致します。念のため基本種のハエマンソイデスの画像をネットで検索してみると、苞は花を包むように大きなものが殆どで、花被片も長く、うちで咲いている花とは異なる。一方で、我が家の個体は葉が甚だしく波打つので、タイプ産地のエルネスティとも明らかに違います。いったい、おまえはどっちなんだ??と新たな疑問が頭をもたげてきました。
 



resize5799.jpg

resize5778.jpg
   bluish leaves are strongly wavy




 そこで、おなじみSANBI(南アフリカ国立生物多様性研究所)のHPをひらいて、両種についての記述を確認してみます。曰く、エルネスティは、苞が小さく、花被片が短い。また、葉のウェーブにはコロニーによる違いがある(エルネスティには波打たない型もある)と記載されています。また、ハエマンソイデスは海岸よりに分布し、エルネスティはより内陸に分布するという説明もあり、添えられた写真の“自生地のエルネスティ”は、葉が著しく波打っています。おそらくタイプ産地のものとは異なるでしょう。
 あわせて、最近刊行されたこの類についての大著「The Amaryllidaceae of Southern Africa (Graham Duncan/Barbara Jeppe/Leigh Voigt)」も参照してみました(余談ですが、この本は実に素晴らしい内容で、そのうち書評も書きたいと思ってます)。やはり、上記SANBIとほぼ同じ見解が示されていて、ハエマンソイデスとエルネスティの相違を花、とくに苞の大きさに見出しています。そして、エルネスティの自生地はナミビアの一か所ではなく、ナミビア~南アフリカ北西部に複数示されています。




resize5788.jpg
   smaller one grown from seed, 20 years.




 ここまで調べて、どうもうちにあるこの個体は、エルネスティ・ルスキー(Boophone haemanthoides var.ernesti-ruschii)と見るべき植物ではないか、という認識に立ちつつあります。ただし、基準産地Wittputzの、短直葉の特異なタイプではなく、SANBIのサイトにアップされているような異なる産地のものです。そもそも、エルネスティを亜種として認ず、ハエマンソイデスにまとめてしまう考え方もあるので、それほどこだわるところではないかも知れません。様々あるハエマンソイデスのタイプ差の範囲、とも言うのが妥当なところなんでしょう。だけど、なんだか、ちょっとだけ・・・嬉しいような気がして、この株への愛着が深まってしまうのは、稀少種をありがたがる園芸人の習い性なんでしょうか。そして、短直葉のタイプ産地のものも、いつか育ててみたいと思えてきたり・・・。




resize5785.jpg




 そうそう、エルネスティは難物、と言われますが、このタイプに限っては難しいとは感じません。9月半ば頃、涼しさを感じる頃に灌水をはじめると、すぐに青々とした葉が姿を現します。以降は、霜の当たらない陽あたりの良い場所で管理し、春まで、2週に一度くらい水をやり続けます。晩春、葉が黄色くなってきたら、水を切り、涼しい半日陰で夏越し休眠させます。うちには、他に実生のハエマンソイデスや、夏型、冬型、双方のディスティカなど数本のブーファンがありますが、どの株も枯れたり調子を崩したことはありません。たいへん丈夫な長命の植物で、ずっとそばにいてくれる相棒です。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

一点モノ⑨パキポディウム・バロニー・バロニー

  
 我が家の一点モノ、今回はパキポディウム属で唯一の赤花種、バロニーです。この一週間、ちょうど満開を迎えて梅雨空に花をそえてくれました。バロニー種には、2つの亜種が記載されていて、ひとつは真ん丸な塊茎で人気があるウィンゾリー(Pachypodium baronii ssp.windsorii)、そしてもうひとつがこちらのバロニー(Pachypodium baronii ssp.baronii)で、ウィンゾリーとの対比で「バロニー・バロニー」とも呼ばれる植物です。現在、日本で流通しているものは「ウィンゾリー」とラベリングされたものがほとんどで、このバロニー・バロニーと呼ばれるタイプは稀少なようです。うちにも、ウィンゾリーは何本かありますが、バロニー・バロニーの成株はこれだけ。ぱっと見てわかる両者の違いは、ウィンゾリーの塊茎がボールのように丸く肥大するのに対し、バロニーはバット状というか、棍棒状というか、そういった感じに育つことです。




pppresize5748.jpg
   Pachypodium baronii ssp.baronii  in bloom 




 どちらのタイプも、マダガスカル北部の限られたエリアにのみ分布していますが、とくにウィンゾリーの自生地は長らく、その名の由来でもあるアンツィラナナ州(Antsiranana)の「ウインザー砦(Windsor Castle)」の岩山、ただ一か所しか知られていませんでした。現在、この個体群は採取によって絶滅したか、それに近い状態と報告されています。「ウィンゾリー」の自生地は、その後今世紀に入って2か所、新たに見つかりましたが、こちらも個体数は多くないとのこと。一方バロニー・バロニーの方は、もう少し自生範囲が広いようです。




ssresize5705.jpg        
   Pachypodium baronii ssp.baronii grown over 25 years
resize5699.jpg
   Upper part grown outdoors, interval between the spines is narrow



 さて、この株ですが、実は四半世紀ほど育てている輸入球で、おそらくは山木です。うちに来たときは、太めのマジックペンくらいのサイズで、根際がねじ曲がり土がこびりついた、お世辞にも美しい姿の植物ではありませんでした。いま、根元から先端までの高さは1m弱。基部の太さは15cmくらいあります。2枚目の写真で、茎節の刺の間隔が上部の方が詰まっているのは、そこから露地栽培にしたからです。温室内では無遮光でも間延びすることが顕著にわかります。そのまま温室で育てていたらだらしない姿になって、枝が自立できなくなったかも知れません。
 ウインゾリーとの違いですが、ぱっと見ての違いは、このフォルムと、葉のサイズが1.5倍くらいあり、色も濃く皮革のようなツヤと質感があること。かつて、ウィンゾリーの山木も育てていましたが、比べるとまるで違う植物のようでした。塊茎のフォルムや葉の特徴以外で、両者の識別点として示されるのが花の違いです。バロニー・バロニーは花茎が長く、花弁のフリルが強く、花の中心部の「目」の部分が車輪型。ウィンゾリーは、花茎が短く(~8cm程度)、花弁のフリルが目立たず、「目」の部分は五星型。というものなのですが・・・。




dddsssresize5702.jpg

resize5703.jpg
   flower of baronii ssp.baronii, 'eyes' are round like a wheel   
resize5689.jpg
   flower of baronii ssp.windsorii, 'eyes' are star shaped



 実際に両者を比べてみましょう。我が家のバロニー・バロニーの花は、ごらんのとおりフリルは強く出ています。色合いはウィンゾリーとかわりません。花の中心部の「目」は、車輪型でバロニー・バロニーの典型株と一致します。一方で花茎は極端に短く、わずか数センチしかありません。これは、典型的な株とは一致しない。ただ、数年前に咲いたときは倍くらいの長さだった記憶もあるので、花茎の長さは条件によって変わるものでもあるようです。比較したウィンゾリーは、かつて育てていた山木から殖やした株で、兄弟間で多少個体差はありますが、ウィンゾリーの特徴と呼ばれるものをほぼ兼ね備えています。花茎はアベレージでこちらの方が長いです。これをいったいどう考えるか。




resize5746.jpg




 バロニーの仲間はマダガスカル北部の一定の範囲に、様々な特徴を備えた個体群が散らばっているものと思われます。そのなかで、とりわけ顕著な、人の目につきやすい特徴(丸いコーデックス)を持つ「ウインザー砦」の個体群にのみ、ウィンゾリーという名前が与えられたのではないでしょうか。ウィンゾリーと、それ以外のバロニー、といった具合に。でも、それ以外の個体群にも、タイプ産地のものとは異なる特徴を持つものが、実は色々あるのだと思われます。花茎のやたら短いこのバロニー・バロニーは、記載のもととなった基準産地のバロニー・バロニーとは異なるコロニーから来たものかも知れません。
 最近、「ウィンゾリーの山採り株」とされるものを、しばしば見かけます。ネットなどで画像を見る限り、根際こそ膨らんでいますが、かつて入ったウィンゾリーとは違った顔立ちの個体が多い。バロニー・バロニーとの中間型という雰囲気のものも。これらが「ウィンザー砦」の“最後の生き残り”を掘りとったものなのか、後から見つかった2か所の「ウィンゾリー」産地で採取されたものなのか、あるいはウィンゾリー寄りの「バロニー・バロニー」なのか、わかりません。いずれにせよ、バロニーのタイプは、典型的なウィンゾリ以外にも、中間的なタイプも含めて色々あるんだと推察されます。




resize5752.jpg
 



 この種の栽培ですが、バロニー・バロニーとウィンゾリー、どちらもマダガスカル産パキポディウムのなかで特に寒さに弱いものです。冬期、摂氏10度程度の最低温度を維持していてもダメージがあるようで、春に目覚めてこない株が出ます。日本では自然の木々も秋には葉を篩うので、自然なサイクルに感じてしまいますが、マダガスカルでは寒さで落葉することはなく、乾燥で落葉する植物です。葉が落ちるほどの冷え込みは堪えるに違いありません。むかし、ドイツの某園に訊ねてみたら、最低温度20度を維持し、断水もしない方が良い、という答えでした。我が家ではなかなかそんな環境は用意できません・・・。
 そんなわけで、この冬もすっかり葉を落として越冬した、我が家のバロニー・バロニーですが、今年はやたら沢山の蕾をつけて、赤い花を次々と咲かせ続けています。久々の開花だったので、セルフで種がつくか、授粉も試みてみました。結実すれば、また次の楽しみがひろがります。








テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

サボテン・多肉植物の種まき(実生)。


 まいどどうも。種まき教団の伝道師Shabomaiac!です。
毎年、なんらか実生についての記事はポストしていますが、どんな風に蒔いているのか教えて下さい、というリクエストがけっこう来るので、改めてまとめてみました。




resize5656.jpg
   自家採取したパキポディウムの種子   
resize5620.jpg
   頂き物の原産地採取の種子、正確な自生地情報がある種子は貴重




 まず、最初は種子の入手。種子で種類を識別するのはとても難しいので、信頼のおけるサプライヤーから購入、輸入することが大事です。海外の業者は送金して何か月も音沙汰がなかったり、蒔いたら蒔いたで、あれ?と思うものが生えてきたり、期待の珍種新種がゼロ発芽だったり、ということはふつうにあります。まあ、そんあもんかいなー、という気楽な構えがないと、ストレスがたまっちゃいます。
 昨年からは、種子であっても、輸入時は検疫証明書(phytosanitary certificate)の添付が不可欠になっていて、これがないと税関の開封検査で手放すことに。また、この書類を種子業者につけてもらうのもひと作業です。単価の安い種子のために面倒なペーパーワークはしたくない、だから日本には送りません、という業者も多い。さらに、せっかく証明書がついていても記載に不備があるとNG。このあたりは後日また詳しく書こうと思っていますが。

  で、一苦労して種子が手に入ったらルンルンと蒔くわけですが、まずはその時期です。ほとんどのサボテンや、塊根多肉など、春から秋に成長する夏型植物は、気温もあがり、晴天も多い4~5月が適期。反対にメセン類など冬型植物は、9~10月に蒔きます。ただ、幼苗・若苗は適応性が高いので、冬型のものを春にまいたり、夏型のものを秋にまいても、発芽してなんとかなることも多い。真夏に屋外で蒔くなんてやり方も。いずれの場合も、発芽後最初の夏はなるべく涼しく、また秋蒔きでも最初の冬は暖かく過ごさせることが大事です。
 サボテン・多肉・珍奇植物、といっても実に広範なので、属ごと、また種ごとに細かな対応は異なってきます。たとえば同じ科、同じ属のパキポディウムだけとっても、マダガスカル産は夏型、アフリカ産の光堂などは冬型と、正反対の性質です。つまり、パキポディウムだけに限っても、蒔き方・育て方の一般則は存在しないので、何千種類もあるサボテン科となら蒔き方・育て方も千差万別。しっかり書いたらそれだけで本何冊にもなります。なので、ここでは最も汎用性の高い基本的な方法を書くので、あとは応用と工夫をお願いします。その植物の原産地さえわかっていれば、地域の気象条件を調べることで、対応をかなり絞り込んで試すことができると思います。




resize5670.jpg
   毎年恒例の種まき作業。ラベル作りとか、結構手間がかかります
resize5658.jpg
   種まきには、IKEAの大きくて平たいプラケースを使っています


 

 さて、眠っている状態の種子が起動して発芽する基本条件は、水と温度です。ときには光や、ほかの条件が必要な場合もありますが、まずは、しっかり種皮が濡れる状態が一定程度続き、そのとき適温であれば、発芽がはじまることが多い。そのために、鉢に腰水したり、ビニールで覆って高温多湿の状態を作ったりするわけですね。ここも大半の、ということになりますが、夏型植物は30度以上の高温で発芽がはじまることが多い。なかには40度近い高温にならないと芽が出ないものもありますし、その温度ではダメになってしまうものもあります。こうしたことも、自生地の環境から推察できます。
 私の場合、大半の種について、以下のような環境で発芽させます。9cm角のプラ鉢に、培養土(成株を育てるのと同じもの)を半分まで入れて、その上には市販の「種まきの土」を2~3cm程度の厚さに敷きます。この「種まきの土」は、ピートモスの微粉が使われているものを選んでいます。鉢いっぱいに入れると、排水しないような、目の細かいものですね。これは、発芽した苗の根が土に絡みやすいからで、菊水や松露玉などの微細種子は、ピートモスの粉末だけを蒔き土(表土)にしています。
 以前は蒔く前に鉢土を熱湯消毒していましたが、今はそのまま種を蒔き、その後ホーマイと呼ばれる殺菌剤を規定の濃度でたっぷり噴霧しています。この薬剤は、コケの繁茂を抑えるすぐれたものですが、濃度が不適だと発芽した苗が育たないなど薬害も出ます。種は指でばら蒔きです。むらが出るのは仕方ない。大きな種子は半分土に埋めたりしますが、覆土はしていません。蒔き終わった鉢は、浅くて大き目の半透明衣装ケースに並べ、鉢高の半分まで腰水して、フタをしたうえで温室内においています。そのままだと中が高温になって煮えてしまう恐れがあるので、50-70%の遮光ネットをかけています。




resize5630.jpg
   今年の種まき、蒔いて2週間。概ね出揃ったところ
resize5627.jpg
   サボテンは、既に刺が出てきて、特長が現れはじめています
resize5629.jpg
   左はパキポ・光堂、右はウィンゾリ。一緒に蒔けないこともない。ただし、この後の管理は異なる



これで、早ければ1週間程度で発芽がはじまり、1か月くらいのあいだに出るものは出ます。プラケースで密閉していると、白絹のようなカビが出ることがあり、これは一瞬で植物を溶かしてしまいます。ホーマイや、ベンレートなどを追加噴霧することで一定程度防げますが、やりすぎると薬害が出る。私は発芽後3日目に1回、1週間目に1回、2週間目にもう1回、播種時と同濃度の殺菌剤を噴霧しています。また、発芽がある程度進んだら、フタを半分あける、または全部あけてしまえば、カビは生えにくくなります。蒔いて2~3か月たって上からシャワーしても流れないサイズに成長したら、腰水から引き揚げ、潅水管理に移します。また、1か月ほどの間に芽が出なかったものも、いったん乾かして再び同じような環境に戻すと発芽したり、あるいは外で雨に打たせていると発芽することがあります。なので、捨てずにとって、捲土重来を期すのも良いかもしれません。

 とまあ、これはあくまで一般論としてのサボテン・多肉の種まきで、これではうまくいかない種類も多数あります。いわゆる難発芽性といわれる種子で、サボテンでは、スクレロカクタスなどの北米難物種や、ウチワサボテンの仲間は、だいたい発芽しにくい。そこで様々な発芽促進策が試されていますが、確定的な方法はない、と思います。私は、針で種の尖った部分を削り取ってから蒔く方法を、時間があるときは実行しています。たしかに効果はあるけど、面倒すぎますね。また、難物サボテン等は、発芽するまでは腰水が不可欠なのに、発芽した直後からは、根際が乾く時間帯を作らないとすぐに腐ります。しかも、バラバラと時間をあけて少しずつ発芽するため、私は芽が出たものから1本1本別の鉢(腰水ではない)に植え替えています。また、菊水などのようにごく微細な種子の植物は、発芽から1年程度は、密閉したタッパーのなかで湿度を維持して育てる、なんてこともしています。こういった例外はいっぱいあるので、上記の一般的な蒔き方でうまくいかないものは、それぞれの栽培者がいろいろな工夫をしている、というわけです。




resize5644.jpg
   太平丸(Echinocactus horizonthalonius)、実生3年生
resize5653.jpg
   パキポ・グラキリウス(Pachypodium gracilius)、実生3年生(ほぼ2歳)
resize5650.jpg
   白ランポー玉(Astrophytum coahuilense)、実生3年生




 種を蒔いてよかった・・・と、楽しさ、嬉しさを実感するのは、蒔いて2年、3年くらい過ぎてから。すっかりそれらしくなった実生苗たちは、早いものは花も咲かせ始めます。稀には、斑入りや綴化のような変異株が出てくることもあるし、楽しみは尽きません。さらに10年、20年と、その先もずっと、自分のライフステージと一緒に歩んでくれるでしょう。
 実生の方法、今回はざっくりまとめましたが、ピンポイントの、属別、種別の蒔き方については、このブログの過去ログにもいくつかあるので、ご覧いただければ幸いです。もちろん、種まき30年の私でも、まだまだ試行錯誤の種類もたくさんあります。皆さんの経験や発見を共有していければと思います。



(関連エントリー、いくつか)

http://shabomaniac.blog13.fc2.com/blog-category-20.html
http://shabomaniac.blog13.fc2.com/blog-category-20.html
http://shabomaniac.blog13.fc2.com/category20-4.html







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物を中心に、世界中の面白い植物を栽培中。主に種子からの育成に力を入れています。植物とのつきあいは、幼少時代から40年。
著書「珍奇植物 ビザールプランツと生きる(日本文芸社)」

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる