天狼

         

きょう、特別な植物が開花しました。




resize2896.jpg




これです。なんだかわかりますか?




resize2897.jpg

resize2914.jpg
            Pediocactus sileri SB473 first flower at 17years from seed, own root.



天狼。学名はペディオカクタス・サイレリ(Pediocactus sileri SB473 Mohave Co. Arizona, USA)。
植物の和名は、あまり好きじゃない方ですが、この名前だけはしっくりくる。
天駈ける狼。恐ろしくプライドが高くて、栽培者に決して心を許してくれない野生的な植物です。
育てにくさでいえば、数千種を数えるサボテン科植物のなかでも随一でしょう。




resize2950.jpg

resize2965.jpg




その天狼。きょう、種から育てた株が初めて開花しました。
正確には、接ぎ木した株や、接ぎ木を経て実根にした株は幾度か咲いたことがあるのですが、
この株は、実生して以来、本体の根だけで育ててきたもので、そういう意味で初開花です。

蒔いたのは前の世紀の終わり頃。私もまだ青年でした。そこから二十年近く育てて、直径8cm。
新刺が出たぶん、下の方が縮んで小さくなるので、ここ5年くらいは大きさ変わっていません。
黒く長い刺を反りかえらせる豪壮な個体で、とっくに開花サイズになっているはずですが、
毎年、春になっても蕾が出てこなくって、新しい刺座がみっつくらい増えて、それでおしまい。
もう、東京の空の下では咲かないものだと思っていました。




resize2900.jpg




ちょっとくすんだ黄色花。花弁はとてもうすく、フリンジがあります。ここはエスコバリアと
似ている。花糸も花柱も同色なので落ち着いた印象です。顔を近づけても、香りはとくに感じない。
ことしは3月中旬に最初の水やりをした後に、刺より先に小さな蕾が顔をのぞかせてきました。
そのあと、アメ色の新刺が伸びてきて、蕾は収縮してしまうかな、と思っていましたが、
このところ暖かい日が続くうち、一気に膨らんで開花に至りました。
なぜ、ことしに限って咲いたのかはわからない。同じ年の株、さらに古い株と、私のところには
3個体あるのですが、咲いたのはこれだけなので、残念ながら種をとることは出来ません。




resize2948.jpg

resize2946.jpg




これまで、自生地の様子もふくめて、ホームページやこのブログでも取り上げてきましたが、
自生地は寒暖の差が激しく、雨量はごく少ないところ。メキシコのように色々なサボテンが
あちこちに生えているような場所ではなく、そもそも生物の密度がとても低い不毛の場所です。
この株は、温室の特等席に陣取って、水やりも年3回だけ。でもめちゃめちゃ大切にしています。

天狼は、かつてユタヒア属(Syn:Utahia sileriという独立した属に分類されていましたが、
後にペディオカクタスに編入され、最近ではスクレロカクタス属(Syn:Sclerocactus sileri)に
統合する考え方も出てきています。分類が定まらないのは、ほかのどの種とも似ているようで
似ていないということで、それだけ特異な種と言うこと。自生地でも稀少になっているため、
保護植物になっています。この種をうまく育てて、採種まで出来る凄腕栽培家は、MesaGardenの
Steven Brack氏くらいだったので、彼が引退した今後は種の入手も難しくなると思われます。




resize2922.jpg




この春、私の栽培場でいちばん印象的な開花。写真の枚数が多くなってしまいました^^;。
いや、ほんと嬉しかったですね。
















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

パキポディウム・光堂 Pachypodium namaquanum


resize2859.jpg
                  Pachypodium namaquanum in full bloom




桜の花よりひと足早く、パキポディウム・光堂(Pachypodium namaquanum)が満開を迎えました。
種から育てて20年ほどの株で、高さは60cm。温室の特等席に巨体を納めています。
去年の12月に蕾を確認してから、かれこれ4か月かかっての開花です。




resize2868.jpg
                  The buds appeared in December




光堂は、学名のとおり南アフリカのナマクアランドが原産地で、成長期は秋から春(初夏)です。
同じエリアには、リトープス等のメセン類、冬型の塊根植物や球根などが生えています。
グラキリウスなどマダガスカル原産のパキポディウムは完全な夏型ですが、これらとは反対。
光堂が育てにくい、花が咲きにくいと思われているのは、この成長サイクルに理由があります。
夏型コーデックスは休眠期の冬は水を切って休ませますが、光堂にこれはあてはまりません。
一方で、しっかり成長・開花させるためにはマダガスカル原産種以上に冬の温度管理が重要です。




resize2869.jpg
                 In February, the buds are ready to burst !!




この写真は2月に撮影したものですが、12月よりも蕾がぐっと膨らんでいます。
12月から2月という、日本のいちばん寒い時期に、植物が十分な活性を保てるような環境を
維持することが必要です。光堂は耐寒性そのものが強く、氷点下になっても枯れませんが、
それは枯れないだけで、育つという意味ではありません。凍るような環境では灌水が出来ず、
水を与えなければ元気よく育たないし花も咲きません。
この株は、最低温度6度の加温温室で、陽の良く当たる場所に置き、12~2月も2~3週間に
一度灌水しています。それでも、日照時間が短かったり、寒い日が続いたりする年には、
蕾が落ちてしまうことも。この株が最初の花をつけたのは高さ20cmくらいの時ですが、
その後も毎年咲いているわけではありません。




resize2893.jpg
                 Just started blooming in March




今回、咲き始めたのは3月の初旬。満開になった今の時点でも葉は青々と茂ったままです。
これが寒さにあたって褐変したり落葉するようだと蕾も落ちることが多い。
秋から春に成長する冬型種は、休眠する夏型種以上に、冬の日照と暖かさ(暑さではない)が
必要なのです。花は黄緑色で、直立させたホタルブクロのような形状。内弁はあずき色。
短い花梗で群がり咲く感じは、ほかのパキポディウムにはない姿ですね。




resize28f52.jpg

resize2851.jpg

resize2882.jpg
                   In full bloom, late March




光堂は、先週から今週にかけて、満開になりました。ぐるっと一周、輪になって咲く感じが、華やかなさを
引き立てます。蕾のなかには途中で萎んでしまったものもありましたが、合計で30輪以上の花が咲きました。
花弁の外側はもけもけしていますが、内側のあずき色に染まった部分には艶があり、精密な印象。
このままずっと眺めていたいくらいでしたが、今年はもう一株、少し小さ目の実生育成株が咲いていたため、
種とりに挑戦することにしました。私のところでは、光堂が二株が同時に咲くことはめったにないのです。




resize2886.jpg

resize2879.jpg
               Hand pollination with thin line, like whisker of animal or fishing line




花は他のキョウチクトウ科の仲間と同様に独特の構造を持っています。
花弁の奥では雄蕊(付属体)が閉じ合わさったような形になっていて、中の雌蕊は見えない。
授粉は、作業がしやすいように、花弁を切り取りってからはじめます。筆などは使えないので、
細くてある程度の硬さのある糸状のものを中に差し込みます。糸の先に花粉をつけたら、
もう一つの花に同じように差し込んで花粉をつけます。雌蕊は閉じ合わさった雄蕊のさらに奥なので、
切開して露出させる人もいますが、よほどうまくやらないと傷つける恐れがあります。
そのため私はこの状態で糸を差し込んでコチョコチョするだけ。光堂はほかのパキポディウムより
結実しにくいようで、過去には成功していませんが、今回は沢山咲いて、沢山授粉したから・・・。
ちょっと期待しています。




resize2883.jpg
                   This plant is 20years old, grown from seed.




さて、花が終われば、ほどなく葉が枯れ落ちて、次の成長期までのインターバルに入ります。
春だ、成長期だ、と思ってじゃんじゃん水を与えると、実は休眠期に入るところだったりする訳ですね。
といっても、初夏の頃には新しい葉が現れて再び動き出すので、そのあたりが紛らわしいところ。
コノフィツムのように厳密に秋から春に動くのではなく、初夏に新葉を出すところがポイントです。
落葉したらしばらく水を切って、新葉が出てきたら灌水します。梅雨の長雨にはあてないように
温室内等で休ませ、7月下旬から10月までは屋外に出して、直射日光と風にたっぷりあてます。
それで20年、故障なく育ってきました。


さて、あとは結実を期待するのみです。











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

この花、なんの花?

     
秋から春にかけ成長する冬型球根のなかでも、シーズンの終わり、つまり春を迎える今頃開花するものがあります。
多肉、コーデックス界隈では、球根といえばブーファン(Boophane)やハエマンサス(Haemanthus)など
ヒガンバナ科が人気ですが、これらの多くは、夏の終わりや秋口、葉の出る前に咲くものが多い。
きょうは春の陽ざしを浴びて花盛りを迎えているアヤメ科やユリ科の球根をいくつかご覧ください。




resize2774.jpg

resize2776.jpg

resize2764.jpg
                    Babiana rubrocyanea




まずはアヤメ科の球根、バビアナです。花色の鮮やかさ、バラエティでは、ケープ球根のなかでも傑出しています。
葉っぱはふつうの草花なので、多肉マニアからはあまり注目されませんが、これが野生そのままの植物なのか、
と思うほど鮮やかな花を咲かせます。このルブロキネア(Babiana rubrocyanea)は外弁が青紫で中央部はピンク。
寒さにも強く、氷点下5度以上に冷え込む無加温ハウスでもあまり葉枯れせず、花もよく咲きます。
バブーン(ヒヒ)が好むという球根の成長はゆっくりですが、少しずつ分球して増えていきます。夏は完全断水。




resize27825.jpg

resize2781.jpg

resize42782.jpg
                     Ornithogalum pruinosum




こちらも多肉というより花もの球根として知られているオーニソガラム・プルイノサム(Ornithogalum pruinosum)。
花弁は純白で、中心部のレモン色が冴えて美しい。白い花ってやっぱり綺麗だなぁ、って思わせてくれる上品さ。
小ぶりのニラみたいな葉っぱは、ほんのり青くて質感もいいですが、肉厚ではありません。しかし自生地は南アフリカの
Steinkopfあたりの過酷な乾燥地帯です。自生地画像を検索すると多肉植物と混生していたり、ブーファンみたいに
大きな球根を地上に露出していたり、じつに魅力的あふれる球根。もっと大きくしたいな。




resize2768.jpg

resize2766.jpg

resize2786.jpg
                   Ornithogalum sp. 'Neopatersonia'




最後は、謎の球根です。十数年まえに南アフリカからまとめて球根を輸入したときに入ってきたものですが、開封時、
ハエマンサスだのブルンスビギアだのに気をとられて、名札をロストしてしまいました。以来ずっと名無しなのですが、
花はなかなか面白い。アルブカ・ブラクテアタ(Albuca bracteata 海ネギと言われるやつ)に形は似ていますが、
あんなマッシブな球根は出来ません。十年以上経っても数センチの小さい球根。葉っぱは細長く自立できない感じで、
海ネギに似ています。で、この花です。ちょっと蝋細工みたいな硬い感じもあって、エビ茶の目立つ花です。

同定できるかた、ぜひご教示ください。

→ ご指摘戴いて調べたところ、アルブカとともにオーニソガラムに包摂されることが多い
  ネオパターソニア属(Ornithogalum sp. 'Neopatersonia')の花に大変よく似ていることが判りました。
  ただし、臙脂色の花はネット上でも見つけられませんでした。

















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる