FC2ブログ

土から生まれるもの(新しい鉢の話)。

   
 植物だけじゃなくて、容れものにも、こだわる。
魅力的な鉢との出会いは、植物の魅力を二倍にも三倍にも引き立てます。今回は最近出会った鉢についての話です。




resize5021.jpg




 土の手触りがそのまま伝わるような、このふたつの焼き物は、西山光太さんという作家がはじめて手がけた植木鉢です。彼は、私の圃場がある地域に工房を構えていて、作品づくりのアプローチの一つとして地元の土での作陶に取り組んでいます。地域のあちこちで粘土を試掘して作品にするなかで、私の栽培場の周辺の土でもやってみようということになりました。沙漠の植物を育てる上では、ぬかるんで始末に悪い粘土質土壌ですが、彼によれば地域のなかで他にはない良質な土の可能性があるとのこと。
 その試作の際に、せっかくだからとお願いして焼いて貰ったのがこの植木鉢なのです。うちの土地の土を100%使って作られています。丸みを帯びた方は、古代の土器のように藁で焼いたもので、「覆い焼き」と呼ばれるもの。焼くとき地面に接していた部分の黒い焦げ模様が味わい深いです。とても軽く柔らかい仕上がりなので水が外側に染み出てきます。もうひとつの赤みを帯びた縦長の形の鉢は、より高温の灯油の窯で焼かれていて、こちらがいわゆる「あわ焼」の技法で作られたもの。水が浸潤しない硬さに仕上がっていますが、土の質感はそのまま残っています。この二つのような、底に穴が開いた植物のための鉢は初めて作ったとのことでした。




resize5033.jpg

resize5032.jpg
         西山光太さんのいろいろな作品
resize5036_20181215220619532.jpg
         この一番下の写真が地元の土で作陶した「あわ焼」




 ここ数年、さまざまな素材、自由な意匠をまとった多様な鉢たちが手に入るようになって、植物趣味の世界は大きくひろがりました。とはいえ千本単位の植物を圃場で育てていると、どうしてもプラ鉢が中心になってしまいます。でも、種から育てた植物が納得できる標本に仕上がったら、素敵な鉢を選びたいとは常々思っていて、それが、植物が育ったのと同じ場所の土から作られた鉢なら、すごく素敵なことだなと思ったのです。
 西山さんの多様な作品群のなかで、地元の土をつかったものは「あわ焼」と名付けられて、とりわけ素朴な味わいをもっています。今回戴いたものも、そのカテゴリーに入りますね。この地域の土は高温焼成に弱いのが難点だそうで、私のところの土は、そのなかでは高温に耐え、硬く焼ける性質があるようだとのことでした。そして、「あわ焼」以外の作品にも、鉢に仕立てて植物を植えたら映えそうなものがたくさんあります。写真の黒釉の器などは、主張の強いサボテンや塊根類にも合いそうな質感、風合いだと思いませんか。
 




resize5039b.jpg
       土の試掘・・・こんな粘土質の場所で、サボテンの地植えもやっています。
resize5044.jpg
       弥生時代の土器のように、藁で覆って焼成する「覆い焼」。窯の原型。
resize5043.jpg

       


 鉢をいただいたのが秋だったので、この二つの鉢には秋冬型の多肉植物を植えてみました。軽く柔らかい古代鉢には、塊茎を形成するメセン、モニラリア・スクタータ(Monilaria scutata)を、湯呑み型の赤い鉢には、くるくるの葉をつけるオーニソガラム・コンコルディアナム(Ornithogalum concordianum)の球根を植えてみました。実にいい感じです。不思議なことに、ほんとうはアフリカの乾燥地の植物たちなのに、杉板の縁台に置くと日本の里山に元から生えていた植物のように見えてくる。東京に持ち帰ってリビングに置いたらまた違って見えてくるのでしょう。この鉢、植えつけてから既にひと月ほど経ちますが、しっかり活着して元気に育っています。
 秋から春にかけて動く冬型多肉植物は、サボテン類などと異なり根が高温になることを好まないので、明るい色目の、こうした軽く柔らかな鉢に元々向いているのです。化粧砂も黒いものは夏場に焼けやすいので向きません。実際、私は大事にしているコノフィツムなどは、プラ鉢を避けて素焼き鉢で育てています。根が蒸れないのが、軽い焼鉢の利点です。反面、乾きやすいので灌水は頻回になります。今回の鉢はどちらも通気性に優れたものですが、古代鉢のほうは特に乾きやすいので、ほぼ一日おきに水をやっています。いずれにせよ、こうした硬すぎないタイプの鉢は、メセンなどの冬型多肉とはとても相性が良さそうです。




resize5029.jpg

resize5023.jpg

resize5031.jpg




 一方で、こうなると色々期待が膨らんでしまうのもまた事実。もう少し大柄な夏型の植物、たとえばサボテンやコーデックスなどを植えるのに適した、焼きが硬く、色合いの深い鉢も欲しくなります。高さと径のバランスはどうするか、少し縁があった方が良いか・・・デザインも個性の強い夏型植物に負けない感じで・・・などなど。いま流通する大半の鉢は汎用品で、サボテン用鉢、塊根用鉢、メセン用鉢などというものは特にありません。でも、長く植物とつきあってきたなかで、どの植物にはどんな鉢が適してうまく育つのか、その植物が映えるのか、という感覚が、私にはおおむねつかめています。それをもとに、オリジナルで鉢を作ってもらえたら面白いなぁと。そんな話を先日、西山さんと始めたところです。話が進んだら、また報告したいと思います。



















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

一点モノ⑧黒牡丹群生


 長いつきあいの黒牡丹です。
 その昔、世の中がバブル景気に浮かれていたころ、サボテン界も高級種を中心に投機的な盛り上がりを見せていました。その中心になっていたグループのひとつが、牡丹類、アリオカルプスです。日本の業者がメキシコから大量の山木を輸入し、選抜された疣の大きいもの、変わった特質を持つものは百万円を超えたこともあったと思います。ちょっと、いまのマダガスカル植物をめぐる状況と似ていますね。
 当時、私はまだ中高生で、当然何万円もする玉牡丹や象牙牡丹、連山などは手が出ません。ですが、黒牡丹、姫牡丹はタイプ差があまりないこともあって割安でした。この株も当時5cmくらいの株でしたが、数千円だった。ずらりと輸入球が並んだ当時の通販カタログ(当然、紙に刷ったもの)のなかで、数少ない手が届く宝物でした。それが、この株です。




resize5001.jpg
     Ariocarpus kotschoubeyanus 'elephantidens' old imported specimen 
 


 たぶん、四半世紀くらい育てていると思います。いつのまにか、子だくさんの群生株になりました。黒や姫は、その後も少しずつ買い足していったので、いちばん多い時で山木が10本くらいありました。だいぶ自生地を荒らしてしまったことになります。せめて大事に育てて、種もとって絶やさないようにと心がけてきましたが、それでも少しつずつ減って、今は黒牡丹の山木は3本しか残っていない。やはり、長く育てていると次第に活性が衰え、花数も減ってきます。この株と同じ頃買った最古参のもう1本は、立派な綴化になりましたが、5年ほど前に枯れました。天授を全うしたように見えました。そしてこの株もいちどは肌が茶色くなって、もうダメかと思いましたが、根部を大きくカットして再発根させたら元気が出てきた。ちょっと冒険だったけど、やはり根の再生は大事ですね。




resize4998.jpg

resize5005.jpg




 実は、ここ数年、うちでは数多くのアリオカルプスがダメになっています。もちろん大半は種から育てたもので、開花株まで順調に育ってきたもの。原因は、秋の長雨です。とくに、私の自宅から離れた栽培場は、もとが田んぼなので湿度がもともと高い。アリオカルプスは秋咲きですが、咲いたあと萎れた花が、晴れていれば干し固められるのですが、雨ふりが続くと腐ったりカビたりして、そこから成長点が冒されて、数日で腐ってしまうのです。萎れた花をドライヤーで乾かしでもするほか、防ぐ手だてが思いつきません。なので、この黒牡丹は、東京の乾いた温室に避難させていました。特別待遇の甲斐あってか、この秋もたくさん花を咲かせて、そのまま静かに休眠に入りそうです。




resize5006.jpg




(追記)
 ところで、5年ぶりか、もっとそれ以上になるかも知れませんが、ヤフオクへの出品を再開する予定です。家族からの、「植物がこれ以上増えると、人のいる場所がなくなる!」との声に、それでも増やすことがやめられないので、減らす姿勢も示さざるをえなくなりました。。自分で種から育てた植物は全部手元に置きたい派ではありますが、「(泣く泣く)手放す」ことを決意した次第。順調にいけば、初手は冬型の多肉植物を1ダースほど、今週半ばより出品する予定です。
オークション名、URLは、そのときにこちらにも記載します。

→12/5出品開始しました。
出品IDはsoteyashi   以下のURLからよろしくお願いします。
https://auctions.yahoo.co.jp/seller/soteyashi


resize5017.jpg











テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

ビカクシダ、ドリナリア・・・ボルネオ着生植物記。

    
 夏休み旅行のボルネオから帰ってきて、うちで増えたのが着生植物です。思い出すと欲しくなり、ポチリポチリと買ってしまう。ビカクシダ、ドリナリア、アリノスダマ・・・。そろそろ寒くなってきたので、リビングの壁にいくつも垂れ下がる状態になっています。ジャングルみたいでいい雰囲気だろう?とプレゼンするも、家族からは微妙な反応。。とくに赤紫色の育成ランプを照らすのが、怪しすぎる、と不評のようです。

 着生植物といってもいろいろありますが、旅行は駆け足だったので、見ることが出来たのは車で走りながらも目に付くような大きなものに限られました。大柄の着生シダの仲間です。なんといっても、出会えてうれしかったのはビカクシダ。あちこちで見ましたが、ボルネオ島のサバ州北部は、みな同じタイプのものばかりのようでした。




P82202s82.jpg

resize4780.jpg

resize4759.jpg

resize4797.jpg
     Platycerium coronarium(Staghorns)always found high on the tree



 10メートル以上はある高い枝にとりつく巨大なビカクシダ。たぶん、コロナリウム(Platycerium coronarium)でしょう。垂れ下がっている葉の長さは数メートルはあります。今回あちこちで見ましたが、いずれも密林というより、高い木の上の方で、陽当たりと風通しがとてもいい場所を好むようです。雨が数日降らなければ乾いてしまうような場所です。でも、この迫力ある姿を栽培下で再現するには、家がまるごと入るような巨大な温室が必要ですね。




resize4770.jpg

resize4758.jpg

resize4767.jpg
     The Bird's Nest fern (Asplenium sp.)are very common in Borneo



 もう少し湿った場所や、林の中の低い枝、日陰にも着生していたのがアスプレニウム(Asplenium sp.)、オオタニワタリの仲間です。観葉植物としてもポピュラーな仲間ですが、ビカクシダと一緒に日向にも生えているので、適応の範囲が広い植物なのだと思います。この仲間は日本にも分布していて、南西諸島では山菜として食べるみたい。新芽の天ぷらは美味しいでしょうね。




resize4784.jpg

resize4778.jpg

resize4801.jpg

resize4761.jpg
     The basket ferns(Drynaria sp.)the shield leaves wrapped around the branch of tree.



 これまで、あまり興味を持っていなかったけれど、今回の旅を通じてとても惹きこまれたのが、ドリナリア(Drynaria sp.)。バスケットファーンと呼ばれるように、シールドと呼ばれる葉が根際を鳥籠のように囲い、その中からいわゆるシダらしい葉を伸ばします。旅でみたものは何種類かあったように思いますが、いずれも陽当たりのよい場所で、ビカクシダよりはたくさんありました。シールドをたくさん重ねて、宿主の枝が見えないほど覆い尽くし、大変旺盛に育っているものを多く見ました。帰国後、業者さんからさっそく一枝購入しましたが、このワイルドな感じを再現するのはなかなか難しそうです。




aaaesize4794.jpg
       staghorn fern in my room
aaaresize4790.jpg
       Platycerium ridleyi
resize4796.jpg
       Hydnophytum formicarum       



 こちらは、我が家で育てている着生植物たちです。ビカクシダ・リドレイ(Platycerium ridleyi )は、去年抜き苗で購入した時は、貯水葉も茶色くなっていて、たぶん新着苗だったのですが、自分でヘゴ板につけて1年育てたら、なかなか美しく仕上がってきました。来シーズンはコロナリウムも購入してみたいと思います。アリノスダマは今年の秋に買ったもの。ボルネオでは見ることが出来ませんでしたが、この株はタイ産とのことでした。コルク着けして2か月、葉っぱも伸びてきて元気に育っているように見えます。




resize4786.jpg

resize4800.jpg

resize4804.jpg

resize4799.jpg




 さて、着生植物といいながら、シダの仲間しかアップしてなかったので、最後につけたりで申し訳ないけど、ほかにもいくつか。ランの仲間は咲いてないと私にはぜんぜんわからないです。ビカクシダやドリナリアなどは、そもそもの生育環境が、私が長年育ててきた乾燥地の植物に通じるところが多く、育てやすく感じます。ただ、やっぱり場所はとりますね。沖縄あたりなら庭木にくっつけても育てられるのかな。












テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる