アボニア・アルストニー

     
resize3036.jpg




きょうの夕方、この花の咲いているところに出会えたので、この稿を書いています。
なにしろ、長年栽培していても、蕾は毎年見るのに咲いているところに出会うのは何年かに一度。
晴れたの日の午後、日暮れの手前ほんの数時間しか開花しないのです。




resize3026.jpg

resize3028.jpg

resize3039.jpg
                Avonia quinaria ssp.quinaria = Anacampseros alstonii




アボニア・アルストニー(Avonia alstonii)。むかしは「アナカンプセロス・アルストニー」と
呼ばれていましたが、その後、鱗片状の表皮(托葉)をもつグループがアボニアとして別属に分離されました。
さらにややこしいことを言うと、白い花のタイプとピンクの花のタイプ(上の写真)があり、
それぞれを分けて、

白花タイプ Avonia quinaria ssp.alstonii
桃花タイプ Avonia quinaria ssp.quinaria

とするのが最新の分類のようです。ただ両者はとても似ていて、上記写真の「クイナリア・クイナリア」は、
白花の「クリナリア・アルストニー」として私のところにやってきたもの。でも、咲いてみたら桃花でした。

塊根のうえに芝生のような細い茎葉が密生し、ゴルフで激しくダフったときのターフみたいな形状です。
自生地のナミビア、南アフリカでは塊根部は完全に埋まっていて、ごく短い葉の部分だけが地上に出ています。
上の写真の株は国内で10年くらい育てていますが、茎葉が伸びすぎてしまっていて、野生株とは異なる姿です。

ちなみに、最近この種に「群蚕」という和名をあてる解説を見かけます。流通上も混乱が見られますが、かつて
国内でそう呼ばれていた植物はAvonia ustulataだと思われます。一見よく似ていますが、茎節がより細長く、
うねって絡み合うように育ち、塊根は円盤状に大きくは発達しません。




resize3018.jpg

resize3019.jpg
                Avonia quinaria ssp.alstonii white flower form




で、こちらは今年のはじめに入手した荒木で、白花タイプ(アルストニー)として入手したもの。
倒円錐型(コマ型)の塊根の帳面は平べったくなっていて、そこに短い葉茎が密生。ダフったターフです。
国内で作りこんだ株と比べると姿がぜんぜん異なり、葉っぱの長さは5mmくらいしかありません。
この植物の本体は質量を比較してもわかるように、塊根の部分にあります。なので、この塊根を健康な状態に
保つことが大切です。本来は地中に埋めたほうが良いのですが、多少は鑑賞したいので、三分の一くらい
見えるような形で植えつけました。化粧砂を明るい色にしているのにも訳があって、夏場に地表面が
熱くなり過ぎて塊根が痛むのを避ける意味があります。黒系の化粧砂は見栄えが良いですが、冬型多肉には
適さない場合がありますね。




resize3022.jpg




植えつけて2か月ほどで十分に発根。水をやったのは3回くらいですが吸水して塊茎部分に張りが出てきました。
葉茎も生気が戻ってきて緑色になっています。ここで調子にのって水をどんどんやると元気に膨らむのですが、
3~5cmくらいも茎葉が伸びてしまい、ボーボーのだらしない姿になってしまう。先の開花株はそうなって
しまっていますが、こちらはなんとか自生地ルックを維持したいと思っています。




resize3033.jpg




アボニアの原産地はナミビアや南アで、メセン類などと同様、典型的な冬型多肉植物の自生環境です。
ただ、コノフィツム等のようには厳密でなく、一年を通じていちばん元気なのは3~5月と10~11月です。
真冬も水は切りませんが、土が氷結しないように管理しています。また入梅から猛暑期は遮光した風通しの良い
場所で休眠させます(水は月に一度お湿り程度)。いまの時期に元気よく育てると、どんどん蕾をあげますが、
先に述べたように、夕方の一瞬しか咲かないので、勤め人をやっていると花を見るチャンスに恵まれません。


今週末は、雨がふったりやんだり、曇っていたり、あまり天気も良くなかったのですが、きょう夕方になってから
すっと陽が射してきました。アボニアの美しい花も咲いて、時が過ぎるのが惜しい日曜の午後でした。









テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

エスコバリア3種。

              
今週もサボテンです。
小型で地味で滋味深い、北米原産の小型種、エスコバリア属からいくつか。
まずはこちら。




resize3000.jpg

resize3001.jpg

resize3003.jpg
               Escobaria laredoi SB289 GeneralCepeda,Coah,Mex.




エスコバリア・ラレドイ(Escobaria laredoi SB289 GeneralCepeda,Coah,Mex.)。
いわゆるガラス白刺の系統ですが、この種の刺はあまりに細かくて、遠目には羽毛のように見えます。
雪のように白い刺のあいだから、濃い桃色の花が咲きます。小輪ですが、中心部にかけてグラデーションで
黄緑色になっていて、単調な色合いではありません。多花性なので、花殻をマメにとらないと汚くなっちゃう。
よく子吹きしますが、白系マミラリアのような整った群生株に仕立てるのはなかなか難しい。
肉質がやわらかく、日照が足りないとすぐに型崩れしやすいのです。
ただ、園芸植物として、そもそものポテンシャルはとても高いので、名人なら品評会で賞を獲るような
作品にも作りこめるんじゃないかと思います。




resize2996.jpg

resize2994.jpg

resize2998.jpg
               Escobaria missouriensis ssp.marstonii RP150 Mohave Co.Arizona, USA




つづいては、全サボテンのなかで最も広い分布範囲をもつ給分丸の小型のバリエーション、アリゾナ産の
マルストニー(Escobaria missouriensis ssp.marstonii RP150 Mohave Co.Arizona, USA)です。
基本種のミズーリエンシス(給分丸)の分布範囲は、北は極寒のサウスダゴダ州から南はメキシコまで。
驚くべきことに、この種から分化したとみらえる近縁種、キューベンシス(Eescobaria cubensis)は、
カリブ海のキューバ原産です。この種の赤く大きな果実が鳥によって広範囲に拡散されたために、
分布域が極端に広がったと言われています。

このマルストニーはアリゾナ州で難物サボ、飛鳥(Pediocactus peeblesianus)と一緒に生えています。
寒暑の厳しい環境にたえるため、小型化し夏や冬は地中に潜りこんで生活するところは、飛鳥と同じです。
自生地を何度か訪ねましたが、見つけられたためしがない。花が咲いてないとまずみつからないでしょう。
鉢栽培でも、写真のような成長開花期は瑞々しく膨らみますが、夏冬は地表面より下に潜り込みます。
その姿がまた、面白く、かわいらしいサボテンです。




resize2984.jpg

resize2982.jpg

resize2987.jpg
                Escobaria robbinsorum SB464 Cochise Co.,Az,USA




最後は、ロビンソルム(Escobaria robbinsorum SB464 Cochise Co.,Az,USA)。
エスコバリアのなかでは難物的に語られることもありますが、成長が遅いだけで丈夫なサボテンです。
小さいながらマッシブな球体に、自生地の石灰岩に同化する真っ白で太い刺が風格を与えています。
この株は実生20年くらい経っていますが、10年目くらいからあと、ほとんど大きさが変わっていません。
成長したぶん、古い組織が縮んで下部にまわっていきます。
自生地はアメリカ・アリゾナ州の最南端にあり、メキシコ国境沿いのダートロードを延々と走らないと
たどり着けないのですが、国境警察が警戒を強めている道なので外国人旅行者は簡単に入れて貰えない。
そのうち、トランプ大統領の「壁」建設でこの種の自生地が壊されなきゃいいな、なんて。

エスコバリア、場所はとりませんので、ぜひお手元に。







テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

天狼

         

きょう、特別な植物が開花しました。




resize2896.jpg




これです。なんだかわかりますか?




resize2897.jpg

resize2914.jpg
            Pediocactus sileri SB473 first flower at 17years from seed, own root.



天狼。学名はペディオカクタス・サイレリ(Pediocactus sileri SB473 Mohave Co. Arizona, USA)。
植物の和名は、あまり好きじゃない方ですが、この名前だけはしっくりくる。
天駈ける狼。恐ろしくプライドが高くて、栽培者に決して心を許してくれない野生的な植物です。
育てにくさでいえば、数千種を数えるサボテン科植物のなかでも随一でしょう。




resize2950.jpg

resize2965.jpg




その天狼。きょう、種から育てた株が初めて開花しました。
正確には、接ぎ木した株や、接ぎ木を経て実根にした株は幾度か咲いたことがあるのですが、
この株は、実生して以来、本体の根だけで育ててきたもので、そういう意味で初開花です。

蒔いたのは前の世紀の終わり頃。私もまだ青年でした。そこから二十年近く育てて、直径8cm。
新刺が出たぶん、下の方が縮んで小さくなるので、ここ5年くらいは大きさ変わっていません。
黒く長い刺を反りかえらせる豪壮な個体で、とっくに開花サイズになっているはずですが、
毎年、春になっても蕾が出てこなくって、新しい刺座がみっつくらい増えて、それでおしまい。
もう、東京の空の下では咲かないものだと思っていました。




resize2900.jpg




ちょっとくすんだ黄色花。花弁はとてもうすく、フリンジがあります。ここはエスコバリアと
似ている。花糸も花柱も同色なので落ち着いた印象です。顔を近づけても、香りはとくに感じない。
ことしは3月中旬に最初の水やりをした後に、刺より先に小さな蕾が顔をのぞかせてきました。
そのあと、アメ色の新刺が伸びてきて、蕾は収縮してしまうかな、と思っていましたが、
このところ暖かい日が続くうち、一気に膨らんで開花に至りました。
なぜ、ことしに限って咲いたのかはわからない。同じ年の株、さらに古い株と、私のところには
3個体あるのですが、咲いたのはこれだけなので、残念ながら種をとることは出来ません。




resize2948.jpg

resize2946.jpg




これまで、自生地の様子もふくめて、ホームページやこのブログでも取り上げてきましたが、
自生地は寒暖の差が激しく、雨量はごく少ないところ。メキシコのように色々なサボテンが
あちこちに生えているような場所ではなく、そもそも生物の密度がとても低い不毛の場所です。
この株は、温室の特等席に陣取って、水やりも年3回だけ。でもめちゃめちゃ大切にしています。

天狼は、かつてユタヒア属(Syn:Utahia sileriという独立した属に分類されていましたが、
後にペディオカクタスに編入され、最近ではスクレロカクタス属(Syn:Sclerocactus sileri)に
統合する考え方も出てきています。分類が定まらないのは、ほかのどの種とも似ているようで
似ていないということで、それだけ特異な種と言うこと。自生地でも稀少になっているため、
保護植物になっています。この種をうまく育てて、採種まで出来る凄腕栽培家は、MesaGardenの
Steven Brack氏くらいだったので、彼が引退した今後は種の入手も難しくなると思われます。




resize2922.jpg




この春、私の栽培場でいちばん印象的な開花。写真の枚数が多くなってしまいました^^;。
いや、ほんと嬉しかったですね。
















テーマ : サボテン・多肉植物・観葉植物
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

shabomaniac!

Author:shabomaniac!
沙漠植物、栽培、探究。

最新記事
全記事表示を読む

全ての記事を表示する

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Excite自動翻訳
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる